execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
9:アイスランド・エアウエイヴスの醍醐味を満喫、LaylowとMammutは大注目株!
 アイスランドへの融資に関するIMFの決定がまたまた延期され、これで3度目!国民も気が気ではないことでしょう。各国のアイスランド銀行の口座も凍結されたままだろうし・・・。おぉ、サブッ!
 それにどうやら経済危機関係のプロテストが激しくなりつつあるようで、心情を察すれば無理からぬ事とはいえ、とにかく何とか納まってほしいものです。
 というような、不安定なニュースが続く中、音楽で何とか人々の心を盛り立てようと、15日にはアイスランドの有名どころの国内向けアーティストが出揃い、無料コンサートを行うということです。国内向けにシガーロス、ムームやビョークは入りません。あぁいうのは海外向けアーティストなので。
***

10月18日(土)うわぁ、こんなにゆっくりと楽しめるなんて。LayLowは逸材!

 この日は予想外にすんごくよかった!ここ数年のIceland Airwavesの中でも、一番楽しめた日でした。ノンビリゆっくり楽しめた、初期のAirwavesに近い雰囲気だったのかも。

  この日、予定していたこと(実際にどうだったか)
10:30 CDセール!(大好評でした!だってぇ安く提供したもん!)
12:30 ラウルスとランチ (話は楽しかったがスープがイマイチ)
14:45 オフ・ベニューご案内 (誰も来なかったのでひとりでノンビリ)
15:00 ヒャルタリン (見た!)
15:40 Bedroom Community (少しだけ)
17:00 Olfur Arnalds (最後の最後の買い出し時間が必用でパス。でも、Eliza Newmanをこの時間帯に見た)
17:45 Heida Dora (ダークホースだった)
18:20 Disa and Ragga (よかった)
19:00 Lay Low (実は予定外で見た。超儲けものパフォーマンス)
19:00 夕食 (少し遅れて食事)
20:00 Bob Justman (途中から見た)
21:30 Dikta (期待通りか期待以上の出来!)
21:30 Stereo Hypnosis (会場の位置関係もあり断念)
21:45 Eberg (つまんなくて2曲ほどで出た)
22:15 Sprengjuhollin (これも期待に添わず2曲で出た)
22:30 Mammut (最高!最高!)
23:00 CSS (最後に相応しくノリノリだった)

10:30 ツアー参加者向けCDセール!
 毎年やってます(たしか)。ツアー参加者への特別サービスで、免税よりもどこよりもお安くCDを提供!特に今年は通貨価値の関係で、とてもお安く出すことができました。
 「えー、こんなに安いのぉ、昨日大量買いしなきゃよかったぁ」等々の声も。
 そんな風なので、フー忙しかった。それほど大げさな準備は必要ないとはいえ、説明から計算まで全部自分ひとりなので、やはり目がまわります(足し算がもっと得意になりますように)。
 ここで売れ切れてしまったアルバムは、この日の午後、再度買い出しに。

12:30 ラウルスとランチ
 雑誌『ソトコト』7月号のアイスランド特集で取りあげられた、ソルヘイマルに住むラウルスとランチの約束。そして事前にオーダーしておいたハープを貰いました!
c0003620_18105212.jpg
 最初は忙しいから作れないと断られていましたが、私が来氷する時に手渡せば自分で送付しなくて済むということに気づいて、作ってくれました。有り難う!!
 ポロンポロンとつま弾くと、透明な音が周囲に響いてとてもいい感じ。
 「弦を張ったばかりだから、少しの間音程が安定しないけど、一週間もすれば大丈夫」とか、「温度差の激しい場所に置かないで」とか、あれこれと私に注意事項を申し渡します。あぁ、私も欲しい!自分の分も注文しておけばよかった。

 そして向かったのは、「世界一美味いシーフードスープ」と書いてあるのにつられて、港の先っぽの方のレストラン。で、これが・・・期待外れ。牛乳ベースなのに、臭いの強いハーブが入っていてミスマッチだし、シーフードの出汁が利いていると言っていいのか疑問のお味。なのに量ばかり多い・・・。
c0003620_18112943.jpg
 
 それでも、ラウルスとの会話はノンビリで楽しいものでした。いかに知的障害者との仕事が充実しているかは、こんな言葉に集約されていたようです。

 「知的障害者といっても、一言では括れなくて、いろんな人がいるけど、その誰もがすごくスペシャルな存在だ。彼らは僕を丸ごと受け止め愛してくれる。彼らからの愛情は絶対的で、あぁいった愛情にを注がれる体験は何ものにも代えがたい。完全無比な愛情を注いでくれる存在なんて、この世の中で彼らしかいない。そりゃ木工を教えるのは大変だ。同じことを何度言っても覚えてくれないこともある。でも、それはその人の個性だと思わないとね」
 恐れ入りました。外見とか、経済力とか、そんなことしか見ない我々よりも、偏見なく愛情を注いでくれるから、それが自分の原動力であるということ。世の中、それが全ての原動力であれば、きっともっと平和で暖かな世界ができることでしょう。

 ハープは完成までに時間がかかることもあるけれど、注文があればまた作ってくれるそうです。希望者はショップ のお問い合わせフォームをご利用ください。

 レストランにあったこの時計、欲しい〜。
c0003620_18115098.jpg



14:45 オフ・ベニューご案内
 ン?ツアー・メンバーはまた誰も現れなかった。ちょっと寂しい気はするけれど、気楽なことは確か。仕事=義務のある物事は、自分だけで気楽に行動するのとは違うのです。もちろん、みなさんと話すのも楽しいし、どんなアーティストを見て、どんな感想を抱いているのかちょっと尋ねてみたかった。

 街角で炊き出しを見た。けれど、特に貧しいひとのため、というのではない印象。ランチは食べたばかりだし時間がないので、素通り。
c0003620_18132096.jpg


15:00 ヒャルタリン@Skifan
 SikifanというCDショップで見たオフ・ベニューのヒャルタリン。昨日大きな会場で見無かったのは大失敗だったけど、こうしてオフでも見たかった。最初のキミ・ナイトでも見たから彼らは今回二度目だけど、何度聴いてもいいわぁ。
c0003620_18134756.jpg
 
 見ているのが超美人ばかり!
c0003620_1814925.jpg


16:00 Ben Frost@Kaffibarrinn

 特にベンを見に行ったわけじゃなくて、ベッドルーム・レーベルのは誰がやっているんだろう?とカッフィバリンに寄ってみた。異常に混み合っていて、前にいけないので、鏡を撮ったのがこの写真。
c0003620_18143616.jpg

 フルで1曲も聞かないうちに終わった・・・。セットチェンジに時間がかかるというので、とりあえず外に出る。そうだ!午前中に売り切れてしまったアルバムを買いに行かなくちゃ(なんと仕事熱心!)。

16:10 12 Tonar
 実は先日、オーナーのラウルス(ソルヘイマルの彼と同じ名前だけど別人)とランチにしようと言っていたけれど、弁護士との相談が長引いて約束通りに来られそうにないというので延期にしたら、結局延期のまま遂に時間が見付からず。
 お土産のTシャツを渡す。

「え?なんでサイズがXXLなんだよ。僕はそんなにまだ太ってないよ」って言われたけど、
 「それはバイキング・サイズじゃなくて、スモールな日本人サイズだからね。大きすぎたら、乾燥機に高熱で入れれば縮むでしょう。それから、そのTシャツは結構セクシーなことが書いてあるから、日本人に見られないように気をつけて着てね〜」と言うと、「え〜、セクシーって何だよぉ」と目を丸くしてたけど、実は浅田飴のマークが入っていて、漢字で「喉のナントカ浅田飴」みたいなのしか書いてない(笑)。

17:25 Cafe Rosenberg到着
 少し予定よりも早かったけれど、お腹も空いてきたので、何かつまみながら聞くかと、Cafe Rosenbergへ。ここは2年前はSmekkleysaの店が入っていた場所。いつのまにかにカフェになってた。
 
 単独行動なのですごーく気楽。最前列の少し横のテーブルに1席空いていたので、そこを陣取る。
 なんでも婦人会だか何かが入っていて、カフェのお茶代は有料だけど、ワッフルは無料提供!ただしフォークが無いので「手で持っていって食べてね」とのこと。充分です!

17:40 Eliza NewmanCafe Rosenberg
 ワッフルをほおばりながら聞いたのがエリザ。去年はNasaで見たっけ。エリザはアイスランドのポピュラー音楽史に名を残す名ガール・グループ、Kolrassa Krokridandi(別名 Bellatrix)のヴォーカリストとして活躍した人で、なんと、コールドプレイのサポートを務めたことも!グループのアルバムはこちら
c0003620_18154581.jpg
 去年はバンドだったけど、今年はシンプルにギターとピアノでいい感じ。結構パワフルな歌だけど、座りながらお茶していることもあり、まったりします。フー。
c0003620_18152047.jpg


18:15 Heida Dora@Cafe Rosenberg
 なぜかエリザの後にベリーダンスがあり、個人的にはどうでもよかったけれど、そうかといって居心地のいいここを離れたくなかったので、居座ることに。

 次なるHeidaは、うわぁ、思いの外すごーくよかった。無名の女子です。見たことも聞いたこともない。
 小柄なヘイザ・ドーラはアコギ一本で弾き語り。おぉ、この雰囲気。かつてニューヨークにあったフォーク・シティを思い出させます。とても澄んだきれいな声で、素直に真っ直ぐ歌い、好感度大。歌もまずくないどころか上手で、さりげない演出も面白い。
 例えば、ある男子をステージに呼び。真ん中に座らせて「あなたはママのボーヤ」みたいな曲を歌っちゃう(アイスランド語なので内容は?)。呼び出された男子は苦笑い、ヘイダは悪びれもせず歌い続け、観客の笑いを誘う。あぁ、アイスランド語理解したいよぉ。会場の雰囲気は抜群。
c0003620_18162693.jpg
 聞いていても飽きないし、疲れないし、安心できるし、私はこのHeidaという無名の女性のステージを心から楽しみ、疲れた吹き飛んだようにさわやかな気分。大拍手!

 ステージの後、彼女が私の席の近くに座ったので、声をかけました。「とても素敵なステージで、アイスランド語がわからず残念だったけどすごく楽しみました。有り難う。ところで、音楽専攻の学生?」
 「そうか、外国人が来ているのを忘れていたわ。英語で話せばよかったわね。気づかずにごめんなさい。私は学生だけど専攻は経済学。音楽は趣味でやってるだけ。」
 「(私、ほとんどのけぞって)え”〜、マジ?!ぜひぜひ今後も音楽活動を続けてね、私すごくファンになっちゃいました!」

18:40 Disa & Ragga@Cafe Rosenberg
 ここはアコースティック系ばかりなので、セットチェンジといっても5分程度。サクサク進むので、これも気持ちいい。
c0003620_1817232.jpg
 DisaとRaggaの母娘コンビは上手いに決まっているので、とにかく安心。先日のNasaはフル・バンドだったけど、こちらはギターとドラムスだけ。親子なので声の個性も揃うのはいいけど、どちらにしても二人とも超個性的!素敵!
 この小屋、ホントいいわぁ。最高!

19:10 LayLow@Cafe Rosenberg
  居心地はいいしせっかくなので次のLayLowも見ることにする。なにせ超話題、超人気の彼女。
 以前、美術館会場でリハーサルをする彼女を見ていて、「あぁ、ブルースなんだ、わかった」ということで、それ以上聞いたことの無い人でした。
 正直、あまり期待してなかった。のが・・・最高によかった!うわぁ!!!
c0003620_18173781.jpg

 曲調は確かにブルースだし、それ自体には何の変哲もない。音楽自体はそれほど目新しくはない。 LayLowの何がそれほどいいかと言えば、声!歌声!これが抜群。
 歌い方に独特のニュアンスがあり、それが心地よいのと、声が・・・あったかい。例えが悪いけれど、出汁の利いた豚汁!コクがあって、豊かで、滋味があって、角がなくて、フワっとした弾力があって、その声に包まれているのは至福の極み。
 あぁ、アコギ一本のパフォーマンスでLayLowを始めて真面目に聞いてよかった。バンドよりもこっちの方が、彼女の声が持つパワーが本当によくわかる。
 もう気持ちよくて気持ちよくて、あったかな羽毛布団にくるまっているような感じの声で、最高でした。間違いなく逸材です。
 
 もっと言えば、大々的に売り出せばノラ・ジョーンズよりも売れるかも。ブルースがベースなので、洗練されたものを歌わせたらどうなるかは未知数だけど、あの声だけで、そこそこ売れてしまいそう。

 私は音楽に関して、「癒し」という言葉を使うのがなぜか好きでない。でも、彼女の声は、まさに「癒し」でした。あぁ、天使の歌声みたいな、オキレイな声じゃないです。もっと野性味のある・・・そう、肝っ玉母さんになっていく女性のイメージかな。

 ひれ伏しました。参りました。レイロウ。大満足です。

アイスランド国内だけじゃ済まないだろうと思っていたら、帰国後すぐに、インターナショナルで争奪戦になっていることを知りました。

20:00 夕食
  ここの記憶がブチ抜けています。知っている人、教えてください。m(__)m

21:20 Bob Justman@Hafnarhus museum
 ヴァルゲイルのお勧めだったし、レストランからも近かったという理由で美術館会場へ。あらま、ガラガラ。なので最前列へ。
c0003620_1818572.jpg
 可もなし不可もなし、かも。でも途中からバック・バンドのメンバーが増えた時、ベースがFlisのバルディ・コリで、彼はアイスランド・スーパージャズの一員として来日したこともあるから、思わず最前列から手を振る。ステージ上の彼も、おぉ、という感じで微笑んでくれたので、それが単純にうれしかった。

21:40 Dikta@Hafnarhus museum
 先日オフ・ベニューで見逃したし、いつかは見なくちゃと思っていたので、Diktaをここで見られてよかった。なかなかいいバンドです。ヴォーカルもうまいし、曲構成も上手だし、演奏もしっかりしてる。平均的以上のバンドということで、まとまりすぎている感じがしないでもない、っていうのは辛口かな。
 いえ、CDはよくても、実はライブは下手っていうバンドはいるから、彼らはそういう意味では期待を裏切らない実力者で、引きつづきファンでいることを決定。
c0003620_18183386.jpg
 
 イギリスがアイスランドをテロリスト扱いにした直後なので、早速このような風刺も。
c0003620_1819115.jpg

 ヴォーカルがいいバンドはイイ!私は少しハスキーな男性ヴォーカルが好きで(究極はスティング)、ディクタのホイクルは、結構その線なので、ピアノ曲などはドツボでした。

22:00 Eberg@Organ
 Diktaはものすごく楽しく、私の好みだし、最後まで見ていたかったけど、実はEbergも気になっていた。最後に彼のライブを見たのは2004年だったかな。数年前にアップル製品の宣伝に彼の曲が使われてちょこっと有名になったけれど、その後が続かず。どうしたかと気になっていた。
c0003620_18193028.jpg
 
 以前見たライブのバンド構成はMacとヴァイオリンとギターだった。元々それほどヴォーカルは強くないとはいえ、今回はドラムス入りのバンドがバックだから、なんかもうヴォーカルが軟弱でヘニョヘニョなのばかりが目立つ。2曲で萎えました。こんなことなら、しっかりDiktaを見ておくべきだったと美術館会場へ帰ったけれど、Diktaは終わってた・・・orz.
 
22:30 音楽難民状態に
 この時間ではきっとStereo Hypnosisも終わってるだろうし、進行をチラ見できるほど会場が近くないし、それでは「困った時のIdno頼み」でIdnoへ行く。
 それに、 Sprengjuhollinというこのバンド、割合いいとも聞いていたし、YouTubeで出で見た感じも悪くなかった。なのに、ライブはなんか全然面白くない。またまた2曲で萎えて出てきました。それとも別バンドだった?
c0003620_18195914.jpg
 うわぁ、この会場がダメだと、もう行くところがないんだよねぇ。どうしようかと、Airwavesの小冊子を見る。Mammutか、面白いかも。

 なぜか当初の予定にMammutを入れていなかった私。2年前にオフ・ベニューで見たからいい・・・って思ってはダメですね。見よ、見よ。

23:00 Mammut@Organ
 ちょうど前のアクトが終わったところらしく、最前列がガラガラ。このタイミングで陣取っておかなくちゃ。陣取り時間が長いと苦痛だけど、15分程度なら許容範囲。

 そして出てきたのが、オッ、編成の変わった新生マムット。誰が変わったのかは、あんまり分からないけど、ギターとベースが女子というのは、確実に前と違う。チラリと聞いた不確実情報では、ベースの女子はヨンシーの妹だというけれど、ヨンシーの妹というより、見た目はリヴ・タイラーの妹。かっちょいいです。

 演奏は最初から超フル回転。こんな調子で最初から飛ばしてい大丈夫かと思ったけれど、そのまんまず〜〜っと飛ばしっぱなしで走り続け、問題なかった。面白かった。よかった。
c0003620_18202259.jpg

 ヴォーカルの彼女は声も姿も適度に可愛くて、パンチが効いて、抜群にいい感じ。ここまでロックして歌える女性ヴォーカリストというのは・・・あぁ、もちろんビョークですが、Mammutのヴォーカルも逸材と見ました。

c0003620_18214550.jpg しかし私は、演奏しているこの子達のお母さんみたいな年齢なんだけど、こんなに首振ってノリノリになっていていいのか?と自問自答。答えはもちろんオッケーなんだけど、体力がかなり限界。

 今、彼らのセカンド・アルバムを聴きながらブログを書いているけれど、思わず拍子を取りたくなる。ライブを知ってるだけに、あぁ、いいわぁ。みなさま、Mammutのセカンド・アルバム『Karkari』はファースト以上にかなりお勧めです!このアルバムはアイスランドから送ってもらえるかわからないため、売り切れたら入手できるのは来年の秋?

24:00 CSS@Hafnarhus museum
  はぁ〜、最高によかったぁと会場を出ると、目の前でオフオフ状態。窓越しにチラリと見ただけでしたが、こうして、アチコチにゲリラ的なオフ・オフベニューが登場しているのです。
c0003620_18205030.jpg

 さて帰ろうと思うと目の前に美術館会場への長蛇の列が。こういうの見ると、プレス・パスを使いたくなる。で、優越感に浸るだけのために美術館会場へ。でも、プレス・パスを持っていても、入場制限はかけられていて、数人出るのを待って入場。
c0003620_18211057.jpg
 
 会場内は死ぬほど盛り上がってました。CSSというカナダからのバンド。アイスランドじゃないけど、ま、いいか。すごく手慣れていて、盛り上げ方も上手。こんなに疲れ切った私でもあぁ、楽しいと思わせるだけの説得力あるパフォーマンスで、2-3曲楽しく見ました。

 ふぅ〜、盛りだくさんなのは毎日だけど、今日は本当に楽しかった。心底、いろいろな音楽を楽しみました。こんなにゆっくりと楽しめたのは久しぶりかも、と思うほど。本当に充実した一日でした。 (小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



Airwaves on Saturday to me was superb. I used to like acoustic folk music and I found I still love it! It was at Cafe Rosenberg, I was most relaxed, enjoyed myself being in Reykjavik, and enjoyed music! I was especially impressed by Heida who was simply and beautifully folky. Disa and Ragga was super, needless to way. And oh boy, LayLow. I would have never known her power (of her voice) if it was not an acoustic set! I have no doubt that her voice and her singing style would make her famous even outside Iceland. Singing voice like hers is very very rare. Last but not least, Eyglo, I am sorry I did not stop to speak with you. When you said, "hi", I did not realized it was you. Actually there are quite a few people I can not quite recognize but they seem to know me. It took me more than 30 seconds to realize it was you, and I tried to get backk to the place where I saw you, but it was too crowded to find you again. I wish I had a little conversation with you there. Next time! Yuka

産経新聞文化欄『逸品の美学』掲載商品↓
11月28日駐日アイスランド大使館展示即売会 詳細はここ

 








  アイスランドの音楽がいっぱい!↓
 
[PR]
by icelandia | 2008-11-13 18:53 | Pops | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 10:アイスランド音楽フェス最... アイスランドのアウルム・ジュエ... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド音楽フェス独自ドキュメンタリー上映会&アイスランド・エアウエイブスツアー説明会6月24日
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム