execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
原田知世アイスランド・レコーディング、その2:アットホームなスタジオでの1日目
 原田知世さんファンのみなさま、お待たせしました。
原田知世さんのニュー・アルバム『eyja』のアイスランド・レコーディング・レポート:その2です!   前回のレポートはこちら

『eyja』アイスランド・レコーディング初日:
ヴァルゲイルのスタジオはとってもアットホーム!
 
 2009年7月1日はレコーディング初日。少しばかり緊張します。朝10時からスタジオは開きます。日本から到着したばかりの頃は、時差の関係で早く目が覚めます。アイスランドの朝10時は日本の夕方7時になります。なので、時差に慣れていない時は、アイスランドの早朝に活動した方が身体も楽です。

 我々が到着すると、スタジオの前には、珍しい柄の車が!
c0003620_13383460.jpg


 見れば分かりますね。今日はピアノ録りの日なので、調律師さんが到着済みでした。
c0003620_1339729.jpg

 ヴァルゲイル・シグルズソン所有のスタジオを少しご案内すれば、スタジオは2階建てになっていますが、傾斜地に建てられているため、1・2階のどちららも、すぐに外にでることが出来ます。1階から外に出るとすぐに道路だし、2階は庭に面しているので、すごくリラックスできる場所です。

 自然光がサンサンと入るコントロール・ルーム(副調整室)と小さなレコーディング・ブースが2階にあり、1階には、ストリングスを入れて録れる大きなスタジオと、残響がゼロの無音室。事務所やキッチン、それから今までヴァルゲイルが使っていたベッドルームを、サブの副調とブースに改築中でした。

 副調はこんな感じ。写真は中二階のようになっている部分から録りました。
c0003620_13395765.jpg

 天井がとても高く、前にスクリーンを垂らして中二階から見れば、さならが映画館気分になれそうです。

 下の階のスタジオは・・・。2007年に録画されたものですが、以下の動画で場所の感じは分かっていただけるか、と。ヴァルゲイルのソロ・アルバムからの曲を演奏しています。
 知世さんの曲で使ったピアノも、上のビデオで写っているものです。それから、上記のビデオで女性が演奏しているグロッケンも、音を撮りました。

 上記のYouTubeのビデオは欧米の数ある音楽フェスの中でもトップ5に入ると言われているアイスランド最大の音楽フェス、アイスランド・エアウエイブスのポッドキャスト用に撮影されたものです。 ICELANDiaでは毎年、このフェスを見に行くツアーを旅行代理店とコラボで企画しています。ご興味ある方はこちらをご覧ください。今年も10月に行きます。その時にはヴァルゲイルのスタジオ見学もさせてもらう予定。

 打ち合わせ中のヴァルゲイル、伊藤ゴローさん、知世さん。アシスタントのミオも頭だけがチラリと見えます。ピアノの音色や、録音する楽曲のパート等々の打ち合わせだったことでしょう。
c0003620_13411069.jpg


 ピアノの打ち合わせが一段落し、時間ができるとこうしてみんな、各人様々な理由でパソコンとにらめっこになります。私自身も含めて、全員がMacでした。マネージャーBさんの頭のところに、ブースが見えていますね。
c0003620_13414566.jpg

 知世さんは、ご自身のサイトの日記用に文章を書いていることが多く、ゴローさんの場合は、ストリング関係の楽譜の件で日本とやり取りしていたのと、あとロンドンから荷物が到着せず、行方もなんだかよく分からず、それで数日間一騒動ありました。ゴローさんの荷物は日本への帰国便でも積み残され、ホント、往復両方荷物が届かなくて、かわいそうでした。

 ロンドンを経由してヨーロッパのどこかへ行かれるみなさま、我々が気をつけたところでどうしようもありませんが、ヒースロー空港では一日数千個と言われる迷子や積み残し荷物があるようです。それを避けるためにはロンドンは経由しないのが一番と思い、なるべくロンドンを避けて私はアイスランドへ行きます(代わりにコペンハーゲンを経由します)。あと、大切なものは手荷物として持って入ることですね。

 バスケットの選手かと思うほど背が高いのが、ピアノを弾いてくださったダニエル・ビャルナソン。ゴローさんと比べると頭ひとつ丸々違いますね。
c0003620_1343763.jpg

 ダニエルは基本的にはクラシック畑の人で、アイスランドでは才人としてピアニスト、作曲家・指揮者として、幅広い分野で活躍する新進アーティストです。

 ピアノを撮り終えた後、プレイバックを聞くヴァルゲイルとダニエル。手の形が同じなのが面白かった(笑)。
c0003620_13433565.jpg

 このスタジオにはスタッフが何名かいて、ヴァルゲイルはもちろんのこと、裏方として一番お世話になったのはアシスタント・エンジニアのミオで(写真は後日出てきます)、雑事の手配を責任を持ってやってくれました。多謝。
 そして次にお世話になったのが、キッチンのスタッフで、細やかな心遣いでいつもタイミングよくスタジオにお茶をもってきてくれ、昼食も夕食も、彼らが担当。ケイタリングの選択が少なく、ピザ等のファストフードになってしまうアイスランドで、スタジオを出なくてもヘルシーな料理を提供してくれた彼らにもひたすら感謝。ランチもディナーもみんな揃って頂くことができるので、これが結構楽しくてアットホーム。
c0003620_13451217.jpg
 フキンを持っているのがインターンでドイツから来ていたヨハン。もうひとりがイギリス人のポール。ポールは最初インターンとしてこのスタジオに来て、その働きぶりが優秀だったので正式にスタッフとして雇い入れられたそうです。

 彼らの作る料理の味はおしなべてよく、この日のランチのメインだったパスタはマッシュルームの香りが利いた美味しいものでしたが、次に出て来たピタパンが微妙で、ブルーチーズの入ったソースとフレッシュ・オレンジを挟んで食べるというもの。ブルーチーズ好きの私でもビミョーな一品で、正直アイデア倒れ。でも、みんな嫌味なく明るく「ビミョ〜」と言うので、笑えたひとときでした。

 さて、アイスランドは公共の場所は禁煙です。このスタジオは個人宅でもありますが、スタジオは公共の場なので禁煙。自ずと喫煙者は外で一服します。そこで見たのが庭にあるトランポリン!気が向けばいつでも使用オッケー。
 ということで、親睦も兼ねて(?)知世さん、ゴローさん、ヴァルゲイルの3人で、ワーワー、キャーキャーとトランポリン運動!
 みなさんトランポリンはしたことがありますか?結構からだにガツンと衝撃がきます。下手すると頭がクラクラして酔うし。知世さんやゴローさんはまだ時差が取れていないところなので、気分が悪くならないかと、実は私はハラハラしながら見ていました。
 が、そんな心配はヨソにみんな大はしゃぎ!レコーディング一日目の緊張は、ここでイッキに無くなった感じでした。

 ここがスタジオの副調を出たすぐのところ。とてもキレイな陽の光だったので、マネージャーのBさんが知世さんを撮影中。その後に見えるのがトランポリン。
c0003620_13455997.jpg

 スタジオ内では、ゴローさんが「いろいろな音を撮りたい」というので、スタジオのあちこちから楽器をかき集めます。前述のグロッケンもそうだし、ヴァルゲイルが調弦しているミニ・ハープも。別のハープも見つけましたが、どうも調弦が難しくて断念。
c0003620_13464823.jpg

 夕方近くになり、今回のアルバムのアートディレクターで知世さんのご主人でもあるエドツワキさんと、フォトグラファーのARIKOさんがロケハンを終え、ヴァルゲイルへの挨拶も兼ねてスタジオへやってきました。

 そんな感じで、暖かな雰囲気の中、レコーディング一日目を無事終了。時間はたぶん夕方7時頃だったでしょうか。主役の知世さんやゴローさんはホテルへ。エドさんや私はノルディック・ハウス(アルヴァ・アアルト建築)というところで開催されている「101 Tokyo」という展示会の一環として、この日アミーナとトクマル・シューゴのライブがあったので、腹ぺこ状態を抑えてライブへ。
c0003620_13472990.jpg

 考えてみると個人的にはアミーナほどよく見るグループもないかもしれません。というのも、アミーナのメンバーは、アイスランド・エアウエイブスというアイスランドの音楽フェスへ行くと、誰かのバックで必ず見る顔で、古くは私が初めてエアウエイブスへ行った2003年まで遡ります。単なる思い出話ですが、アルバム・リーフのバックについていたのが、シガーロスとアミーナのメンバー。その場にいた時も、音楽が卒倒しそうによかったと思ったけれど、あれを聞きに来ていたのが、ヨハン・ヨハンソンやキラキラも含むキッチン・モーターズの面々、ムームのメンバー、ムギソン etc etcと、アイスランド的には音楽業界関係者勢揃いで、オーディエンスの顔ぶれが異常に凄かった。

 で、トクマル・シューゴよかったです。アミーナの音ともマッチしていた。トクマル・シューゴのメンバーに、某日本のレコード会社のアイスランド担当がいたということも聞いたので、本当はお会いしたかったのですが・・・。

 ちなみに、この日のランチ(!)と、ライブの様子は7月のブログで書いています。これがそれ。

 ライブの後は、知世さんとマネージャーさんに頼まれた買い物をして、夜の10時頃レストランを探し、まったりとひとりで夕食。・・・知世さん達はどこで食べたんだろう。この日がヴァルカン料理でしたっけ?>知世さん <続く>

*写真は原田知世さんの事務所であるショーン・ハラダから許可を得て使用しています。無断使用はお控えください。

(小倉悠加)c0003620_13213440.gif



         注目!Iceland Airwavesツアー説明会8月27日! c0003620_13412854.jpg




  アイスランドの音楽入門も、マニアも絶対にこのショップ!↓







  
溶岩ジュエリーはアイスランド好きに大評判!こちらで購入できます↓

[PR]
by icelandia | 2009-08-24 13:57 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シガーロスのスタジオ見学実施!... アイスランド航空サイト表紙にエ... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
小倉参加最終!5月13日Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加がアイスランドに拠点を移す関係で、小倉が参加するツアー説明会の最終は5月13日です。それ以降も説明会はありますが、小倉はビデオ参加等になる可能性が高いです。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム