execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
原田知世『eyja』アイスランド・レコーディング、その4
 原田知世さんのニュー・アルバム『eyja』のアイスランド・レコーディング・レポート:その4です!前回のはこちら
『eyja』アイスランド・レコーディング3日目:
ストリングス録り&ヴァルゲイルのミックス
 
 原田知世さんのニュー・アルバム『eyja』のアイスランド・レコーディング3日目です。知世さんの本格的な出番はヴォーカル録りまで無いので、知世さんファンには少し物足りない内容が続きますが、もう少々のご辛抱を。

 で、私の文章が長くて読むのがたいへ〜んというのも聞いているので、今回はサラっと行きますね(と言いつつ、サラっとなんて書けたことがないんだけど・・・(笑))。

 この日はストリングスの録音日。前日から、アシスタント・エンジニアのミオからくり返し「必ず前夜には楽譜を印刷し、開始30分前にスタジオに来てセッティングを」と言われ、楽譜が印刷できるよう、プリンターまで貸しだしてくれていたのに、なんと、朝スタジオに来てみると鍵が開いてない・・・Orz.
c0003620_2312296.jpg

  待ちぼうけを食っているのは我々だけではなく、どこかのロック・バンドのメンバーもいて、なんでも「あと20分後に国営ラジオの生放送があり、それに使うための音源を取りに来たんだ」と。

 それでもほどなくドアが開き、録音は時間通りに開始となりました。集まってくれたのは女性ばかりのストリングス隊。チェロはムームのメンバーとしても活躍中のヒルドゥルでした。
c0003620_23123452.jpg


 録音の段取りを話合うヴァルゲイルとミオの黄金コンビ。ビョークのアルバムでもこの二人のコンビでエンジニアリングが行われたことも多かったそうです。
c0003620_2313284.jpg


 各人、それぞれの仕事中のスタジオの全景。プロデューサーの伊藤ゴローさんの背後のドアからすぐ庭に出ることができます。
c0003620_23133170.jpg


 外を見ながらたたずむヴァルゲイル。何を見ているのかと思ったら、
c0003620_23135873.jpg


日本人チームが楽しくトランポリン中。ストリングスの録音は、演奏していない我々もとても緊張したので、いい息抜きになっていました。
c0003620_23233261.jpg


 この可愛らしい男子はヴァルゲイルの息子さん。アットホームなスタジオです。
c0003620_23142290.jpg


 即興の部分を打ち合わせするゴローさんとヒルドゥル。
c0003620_23144786.jpg


 これはお昼ご飯です。アイスランドのポテトは大きくておいしい!赤いのはラタトゥイユのようなソース。家庭的でいつもおいしいスタジオの名物ランチ。
c0003620_23151433.jpg


 この日は天気もよく、スタジオにいてもそれほど仕事がないので、知世さんはエドツワキさんARIKOさんと共に郊外に写真撮影へ。残された我々は、ストリングスを入れる作業に従事します(ったって、私は何もできないんですが(笑))。

 そこにやって来たのが、昨日負傷しちゃったオーロラちゃん。お利口にスタジオの隅に座って、ヴァルゲイルと私の似顔絵を描いてくれました。
c0003620_23153875.jpg


 それを見たゴローさんも、オーロラちゃんに似顔絵を描いてもらいました。手の包帯が痛々しいけれど、本人は包帯を何となく誇らしく思っているのだそう。
c0003620_2318034.jpg


 ヴァルゲイルが自分の曲にストリングスをミックスしている間、ゴローさんは外で少しばかり休憩。何を描いているのかな?
c0003620_23184858.jpg


 みんなが少しノンビリしている間、ヴァルゲイルは黙々と作業を続けます。ゴローさんと同じく、私もヴァルゲイルの音の世界は大好きなので、巨匠がラフ・ミックスを作っている間、ほとんどずっと背後のソファに座って聴いていました(役得!)。
c0003620_23193415.jpg

 私がヴァルゲイルに注目したのはビョークのアルバムで、彼は『セルマ・ソング』(映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のサウンドトラック)から、『束縛のドローイング9』までずっとビョークのコラボレーターとして関わっています。
 ビョークというと『ホモジェニック』を最高峰アルバムとするファンが多く、確かに重量級のアルバムで大好きですが、私個人は『ヴェスパタタイン』がぶち抜けて至上のアルバムで、そこで多くのビートを作っているヴァルゲイルには本当に脱帽です。
 エンジニア・プログラマーというのは地味な役割ですが、職人芸と洗練されたセンスが必用とされる分野で、その制作現場をチラリとでも見せていただけるのは、音楽ファンにとってこの上ない喜びでした。

 ゴローさんはずっと外食する時間もなかったので、楽しい場所がいいなぁと思い、かなりローカル色の強いシーフード店へ。レストランではなく、屋台に近い感じ。注文はレジに並ぶし、ビールの栓抜きもセルフだし、串焼きなんか発泡スチロールの皿に出てくるけれど、乱暴なまでにシンプルなのが受けています。海老スープが結構おいしい。<次回へ続く>

*写真は原田知世さんの事務所であるショーン・ハラダから許可を得て使用しています。無断使用はお控えください。(小倉悠加/Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



         注目!Iceland Airwavesツアー締め切り間近! c0003620_13412854.jpg




  アイスランドの音楽入門も、マニアも絶対にこのショップ!↓







  
溶岩ジュエリーはアイスランド好きに大評判!こちらで購入できます↓

[PR]
by icelandia | 2009-09-13 23:22 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド語も翻訳してくれる... アイスランド・エアウエイブス・... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
小倉参加最終!5月13日Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加がアイスランドに拠点を移す関係で、小倉が参加するツアー説明会の最終は5月13日です。それ以降も説明会はありますが、小倉はビデオ参加等になる可能性が高いです。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム