execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2009アイスランド・エアウエイブス1日目:ビョークの部屋公開?!助走は快調!
 お待たせしました、アイスランド・ポピュラー音楽界最大の音楽フェス、アイスランド・エアウエイブスのレポートです!

 アイスランドにはいくつか音楽フェスがあり、例えば春頃ムギソンがウエスト・フョルズルで行うフェスは、アットホームで楽しく、ムームも含むレイキャヴィクのミュージシャンのお気に入りで、みなこぞって出演します。なので、来年は行きたいなぁーーなんて思っています。

 写真は「Photo by Joshia Shibano」が入っているものはシバノ・ジョシアさん、それ以外は私(小倉)の撮影です。

アイスランド・エアウエイブス第一日目
ビョークの部屋公開?フェスの助走は快調!

 エアウエイブス期間だけ日本からいらっしゃった方は、前夜コペンハーゲン経由でアイスランドに到着、翌日からいきなりフル回転です。

午前:まずは恒例の会場下見ですが、その前に、現地新聞の取材が入りました。20名以上も日本人がドカっと集まっているので、カメラマンはびっくり。
 みなさんがホテルからゾロゾロと出て来ます。
c0003620_14355973.jpg

 カメラマンはこうしてトラックに乗り、上から私達を撮影。 我々が宿泊しているホテルは細い路地にありますが、エアウエイブスにはとても便利なロケーション。
c0003620_1436513.jpg


 会場には目印がありません。なので、フェスの本番が始まる前の下見は大切。地図があっても店名がよくわからない場合もあり、夜に迷うと悲惨です。ここはNASAという会場。主にロックものが多い。
c0003620_143726100.jpg

 レイキャヴィク初の劇場・映画館だったクラシカルなイズノ。板張りなので、いい感じで音が響きます。夕方までにイスは撤去されていました。
c0003620_1439046.jpg

 イズノの支配人のご厚意で、今年のグループも、一般公開されていない3階の部屋を見せていただきました。このツアーには、こういった小さな特典が出現します。
 
 ついでなので、観光情報センターや国会議事堂を通ったり、有名なCDショップの12TonarやSmekkleysaなどもご紹介しつつ、時にはショッピング・スポットにも立ち寄ります。ここはaurum本店。
c0003620_1440547.jpg

 近道や裏道等も含め、こうして街中を2時間丁寧に見て回るので、会得が早い人は、これで夜になっても街中をスイスイと歩けるはず。

 そして次が、本日の超オマケ・ポイント。ここはかつてビョークが長い間住んでいたアパートで、現在日本人の留学生が現地の学生とルームシェアをしています。ツアーのみなさんに場所だけでも教えようかと思って行ったところ、たまたま住人が学校から帰っていて、家の中を解放してくれました。
c0003620_14404842.jpg

部屋の作りは、ビョークと同じで、天井がすごく高くて気持ちがいい。備え付けのシャンデリアは、本物のキャンドルを灯すようになっています。

 下はYouTubeでキャプチャしたビョークが実際に住んでいた部屋。ほんの数年前まで使っていたようです。
c0003620_14315735.jpg

 後日、この留学生に連れられ、大学の授業にモグったという濃いアイスランド体験をしたツアー参加者がいたとか!Mさん、本当に有り難う御座います。いろいろとお世話になりました!

 正午過ぎ:ホテルに戻ってフェスの通し券であるリストバンドを旅行代理店氏から受け取り、後は自由行動。シバノさんが、安い方の海老スープ屋へ行ったことがないというので、お連れしました。
 夏は屋外のベンチもいっぱいになりますが、さすがにこの時期は人が少ない。屋外は寒いし。
c0003620_14424377.jpg

 店内はこんな感じ。レジで注文して、番号の紙をもらって席につきます。
c0003620_14431734.jpg

 物価高時には2千円したスープも、現地価格で値上がりしているとはいえ、日本円にすると約千円。量があるので、パンとスープでお腹いっぱいになります。フワフワの海老の身もたっぷり。
c0003620_14435522.jpg

 白身魚の串焼き。鯨、海老、貝柱、サーモン、鱈等々、レジの横にある冷蔵庫の中を指させば、オーダーできます。見た目よりも量があるので、女性ひとりでスープと串焼きは多すぎるのでご注意を。
c0003620_14442520.jpg


14:00  私の分刻みの生活は既に開始されていました。もう慣れたからいいけど、ひとりでノンビリとフェスを楽しんでいた頃とはやはり様変わり。でも、うれしいのは倍増です。大勢のみなさんに楽しんでいただき、喜んでもらえるのが一番うれしい。

c0003620_1432498.jpg 15時からダーグル・カウリ監督とインタビューを予定しているので、小一時間の間に、Kimi Recordsが期間限定で出したHAVARIという店を覗き、オフ・ベニューのスケジュールの確認と、Dr.Gunniが書いたというレイキャヴィクのガイドブックを確保。
 最近、「地球の歩き方」等からもガイドブックが出ましたが、現地でしか売っていない英語版ガイドブック『Top 10 Reykjavik and Iceland』が超優秀。私は旅行者にしては結構レイキャヴィクを知っていると思っていますが、役に立ちました。すごく実用的で実利的。
 「地球の歩き方」は写真がきれいです。極小ですが、シガーロスの写真もありましたね。ハイ。

15:00 ダーグル・カウリ監督のインタビュー。なんでも一週間後にお子さんが生まれる予定日になるので、なるべく早く会いたいということで、エアウエイブス初日に会うことに。インタビューは後日お届けします。
c0003620_14332811.jpg

 その後、シバノさんに12Tonarのオーナー2名を撮影していただきたいと思いショップへ。でも、ゲットできたのが1名のみ。ま、いいか。
 次にエアウエイブスのインフォメーション・センターへ寄り、Tシャツを買おうかと思案。でも、私の年齢ではどーも・・・・(汗)
c0003620_14533466.jpg

 なので、私でも着用できそうなTシャツはないかとNaked Apeへ。でもやっぱり(値段を含めて)気に入ったのがなかった・・・。
c0003620_14341495.jpg


16:30  本当は、16-18時の間はHAVARIで見たいアーティストが何組かいたけれど、これを見ていると時間が無くなるので、業務優先でホテルへ。  
 ホテルの部屋に戻ってメールのチェック。今年は、ホテルの部屋に無線でネットが使えるようになり、超便利!ホテルに居る間に、今朝写真撮影をした新聞の記者と電話でインタビューを受けました。あぁ、もう夕方だぁ。

18:00 夕食。19時からお客さまのご案内があるので、早いところ夕食にしておかないと、食べ損なう。小雨もパラついているので、近場のカフェで済まそうかと思い外出すると、ツアー参加者に会い「おいしい海老スープ屋はどこか?」との質問。高級店なので今から食べに行くと1時間半から2時間を見ないと・・・。
 なので、昼間シバノさんと行った方の海老スープ屋をご紹介し、場所が分かりにくいかと思い、そこまでお連れしたので、私もコース変更でその至近にある「Fish and Chips」へ。昼間、海老スープを食べていなければご一緒したのですが・・・。
 海老スープ屋はとてもローカルな雰囲気で評判がよく、身体も暖まり、おいしく、涙まで流しちゃった人がいたとか?!

 Fish and Chipsで出てくる魚は揚げてあります。魚自体はすごく美味しいけど、揚げ物なので油の臭いが気になる。ハニー・マスタードのソースは、全然甘くなくて、ブルーチーズとランチ(ranch)の中間みたいな味でハニー・マスタードではなく不合格。値段も高め。
c0003620_144611.jpg
 時間の制約もあり、他に選択種がなかったので仕方ないし、しっかりと食べられたのでヨシとします。

19:00 ツアー参加者ご案内時間。私と音楽的な趣味があいそうな人は、いっしょに行動しましょうということで、小一時間みなさんをご案内する時間を作っています。一緒に来る必用はなく、自分だけで行動してもらった方がベターですが、見当がつかないという人はご一緒しましょう、という趣向。

 ただ、水曜の夜はいつも助走で、それほど・・・なんです。特に開始直後の時間帯は、まだまだ出演者も聴衆も様子見の感じ。

19:30 Me and Slumbering Napoleon (NASA).  正直、学芸会バンドでした。悪くもないけれど、個性といえるだけの個性が無いような・・・。この時間帯は他に何もないため、雨宿り的な感じ。このスキに私は打ち合わせを携帯メールで。
c0003620_1445964.jpg


20:10 Retron (NASA).  Kimi Recordsからの新人で、ゲーム音楽とメタルを合体させたような感じ。面白いといえば面白い。個人的な趣味ではないので、Cynic Guruを見逃さないよう、Retronは1-2曲聴いてSodomaへ移動。
c0003620_14483321.jpg


20:20 Bummer(Sodoma).  少しまったりしたロック系バンド。可もなし不可もなし。
c0003620_14514223.jpg


21:10 Cynic Guru(Sodoma).  レイキャヴィク交響楽団のバイオリニストで日系アメリカ人ローランド率いるロック・バンド。なにせ交響楽団員なので、耳は確か。音楽性はキッチリ。数年前から是非ライブで聴きたいと思っていたので、素直にうれしい。
c0003620_1453425.jpg
 期待通り、全員が音楽のプロ。なので何を演奏しても気持ちが良い。基本的にはごく正統的なロックだけど、少しカントリー風味も。本領発揮はローランドがヴァイオリンを手にしたところからで、ロック系ヴァイオリニストとしては異常に旨い。音のキレがいいし、音質自体に透明感があり、いくらクレイジーにワイルドに演奏しても、育ちの良さみたいなものが出てしまい、ある意味ロックにしては洗練されすぎ。でも、聴いていて非常に気持ちがいい。メタルっぽいリズムと、洗練されたヴァイオリンの高音と、粗野なヴォーカルがすごく魅力的。
 グランド・ロックの出演者が気になるため、「ヘルター・スケルター」の演奏中に会場を去る。 ライブ前にチラっと顔を合わせたこともあり、「ライブ後に話したかったのに」と後からローランドに言われた。ごめんね〜。

22:00 Pascal Pinon(Grand Rokk).  私は若い女の子が大好きです(だって可愛いんだもん)。なので、14歳の少女が結成したというこのグループ、すごく見たかった。可愛くて、ホンワカした気持ちになれると思って。
c0003620_14541324.jpg
  到着すると、グランドロックはすし詰め状態。期待通り、とても可愛らしく優しく、穏やかなハーモニーが流れていました。到着が遅かったこともあり2曲で終了。至極残念。でも、レイキャヴィク的なゆるい感じの、等身大の自分を描いているような印象があり、実際に歌詞もそんな感じであるとか。どんな風に成長するかが楽しみなので、また見たい。

 バンドの入れ替わり時に、何とか場所を移動し、前の方へ行くと既にシバノさんが陣取っていました。
 「パスカル・ピノンよかったですよぉ。見てましたか?」とシバノさん。

22:20 Utidur (Grand Rokk).  次のバンド、Utidurにはドッキリ。突っ込み所が違うと言われそうですが、ヴォーカルの女性が美し過ぎる!
 色白もいい加減にしてくれと言いたいほど透き通った肌で、超美肌。キラキラのプラチナ・ブランドの長髪が、それこそ挑発的。カーテンみたいな白い衣装の間から、身体を動かす度にムチっとした太ももが見え隠れして、それもパンストの線がお構いなしに見えるミニで、至極セクシー。 斜に構えて唇を半開きにして、なめるような目線をするのは、計算なのか計算じゃないのか。
c0003620_1455698.jpg
 なので、男性カメラマンが食いつくように、なめ回すように撮りまくってました。 その気持ち、よーく分かります。
 話は脱線しますが、私はストレートなので、女性に性的な興味はありません。でも、この娘に「レズらない?」って誘われたら、たぶん興味本位もあって誘いに乗ると思った。ゲ〜、そう思ったことに自分でもびっくり。なので男性がこの妖艶な女性に惑わされても、驚かないわぁ。ちなみに、彼女は別バンドでもヴォーカルをやってます。
 音楽?あ、悪くありません。まだ手慣れていないようだけど、簡単に言うと、ムームの子分みたいな感じ。メンバー数が多いだけ楽器数も多く、なかなか楽しいバンドに成長しそう。

 こんな美女が動き回るのを間近で見られるのもフェスの醍醐味のひとつ。ちなみに、途中、マイクを渡され、一声「ギャー」っと叫ぶ男性がいました。これがシュガーキューブスでビョークと共に歌っていたエイナール・オウルンの息子。
 この息子は、今年は父親のバンドでもあるゴースティギタルのステージにも出ていたとか。世代交代ですよねぇ。ビョークの息子も今年は新バンドで登場したし。

23:00 この時点で既に12時間以上フル回転。終盤の4-5時間は立ちっぱなし。初日でもあるので、体力温存もあり、私はこの辺でリタイア。とはいえ、ホテルに帰る途中、今年の新しい会場で、主にエレクトロニカやDJ系を扱ったJacobsenに寄り雰囲気だけはチェック。
 良くも悪くも部屋からネットに繋がるので、結局寝たのは2時頃かな。今年のエアウエイブスも、なかなか楽しそう。<次回に続く>(小倉悠加/Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



      アイスランドの音楽入門も、マニアも絶対にこのショップ!↓







  
  アイスランドで大人気!
   雑誌『スカンジナビアン・スタイル』でも紹介の品はこちらで購入できます↓


[PR]
by icelandia | 2009-11-08 15:03 | アイスランドってどんな国? | Comments(2)
Commented by ミズタマリ at 2009-11-10 22:40 x
小倉さん こんばんは。
このスープ屋さん、絶対行きたいお店です~♪
量が多いのはうれしいけど、何種類も食べたい派としてはハーフ&ハーフがあればなーと思います。

Iceland Airwavesレポ、ありがとうございます。
「可もなし不可もなし」という感想のバンドが、逆に気になりますね~。
Commented by icelandia at 2009-11-11 16:02
ミズタマリさん、私も子供サイズが欲しいと常々思っています。たぶん、当初は地元の漁師のような人がズズ〜っとすすっていたのが、段々観光客が増えていったのではと思います。なので、ハーフ&ハーフやお子ちゃまサイズのような軟弱なことは考えなかったのではと思います。なにせ(昔気質っぽい)お爺ちゃん経営なので、そういった意見にどこまで対応してくれるかですよね。
 街中のカフェだと、ハーフオーダーは対応しているところも少なくありませんが(メニューにもそう載っているし)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 2009アイスランド・エアウエ... アイスランドの日本人留学生、が... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム