execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2009アイスランド・エアウエイブス2日目:前半はヴァルゲイルとシガーロスのスタジオ見学!
 昨日は「アイスランドの文化と言語」という一般教養の授業のある大学にお邪魔し、アイスランドの音楽についてを紹介させていただきました。モグリも含めて(笑)受講いただいた学生のみなさん、有り難う御座いました。少しでもアイスランド文化の理解に繋がればうれしいです。
 諸々のアレンジをしてくださった先生、PCのオペレーションを手伝ってくれた学生さん、お世話になりました。有り難う御座います。

アイスランド・エアウエイブス2日目(前半)
アイスランドのホーム・スタジオ大公開!
ビョーク・サウンドの要ヴァルゲイルとシガーロスの濃厚ツアー

 前回のレポートはこちら

 
 エアウエイブス開始2日目はテンコ盛りで濃い日程でした。音楽ファンには涙ものの貴重なチャンスなので、スタジオ見学のオプショナル・ツアーは全員が参加!

 まずは朝、バスでレイキャヴィク郊外へ。行き先はヴァルゲイル・シグルズソンの自宅スタジオ。今年、ヴァルゲイルのベッドルーム・コミュニティ・レーベルは、レーベル設立以来最大の催しを計画しているため大忙し。スタジオ・マネージャーは泊まり込みが続き、ヴァルゲイルも前夜ヨーロッパからアイスランドに帰ってきたという状態。半ば頼み込んで今回はスタジオを解放していただきました。

 ここが外観。ごく普通の民家です。
c0003620_17484194.jpg


 左からヴァルゲイル、私、ミオ。ここに来て彼らに会うと、原田知世さんのニュー・アルバム『eyja』のレコーディングで何日かを過ごしたことを思い出します。
c0003620_0565113.jpg


 ここが2階のコントロール・ルームで、ヴァルゲイルの本拠地。とても居心地のいい空間です。
c0003620_17495013.jpg

 こちらは一階の大きなブース。知世さんのアルバムのストリングスやピアノ等々もここで録音されています。
c0003620_17502017.jpg


 2階のコントロール・ルームにみなさんをお招きしたところ。ミオが説明役を買って出てくれました。羽根のように広がって見える楽器は、オーストラリアでヴァルゲイルが見つけたという限定ヴァージョンのウーリッツァー。
c0003620_17514581.jpg


 出来たてのホヤホヤの、ヴァルゲイルの新作(映画のサウンドトラック)を聴かせてもらいました。アーティストが作った作品を、アーティストが制作過程で使ったそのものの音響で聴くことは、滅多にない機会です。細かいことですが、ここで聴かせてもらった音は、ヴァルゲイルが作ったファイルからのそのままのもので、CDではありませんでした。
c0003620_175563.jpg
 スタジオの音響はよく考えられて組まれているので、音の細部が際だち、本当に美しい。特にヴァルゲイルは繊細なところに凝るので、私自身もすごく嬉しい体験でした。帰宅して聴くと、同じはずなのに音がボケていて、やーなのよね−。
 
 この場所は天井が高く、こうして中二階があります。下が覗けるんだよね〜。逆に言えば、下に人がいる時は、スカート姿で上を歩かない方がいい。
c0003620_1758571.jpg

 部屋の隅に置かれていた楽器。黒いカゴの中には、知世さんのプロモーション・ビデオ撮影に借りたこともある、小さな楽器がゴシャっと入っています。
c0003620_17565071.jpg


 プロモーション・ビデオといえば、知世さんとレコーディングをしたメンバーに、知世さんのPVを見てもらいました。ヴァルゲイルもミオも、「雰囲気があり、とてもいい感じの出来映えだ」と感心していました。スタジオのスタッフ一同から、知世さんのスタッフ一同へのよろしくとの言葉をお預かりしました。
c0003620_17472347.jpg


 扱うプロジェクトが増えて、手狭になってきたため、以前はヴァルゲイルが使用していたプライヴェートルームをスタジオに改装中。
c0003620_17584371.jpg

 ここがオフィス・スペース。スタジオ兼アーティスト事務所兼レーベルなので、業務も多岐にわたります。
c0003620_1759363.jpg


 ザっと一周した後、ベッドルーム・コミュニティのエアウエイブスでのスケジュールを教えてもらい、エアウエイブスのために、このスタジオ内で特別に作られた限定アルバムを紹介。希望者は写真撮影やサインなどもしてもらいました。この限定版がアイスランド以外で入手できるのは、 ICELANDia音楽ショップのみです(これこれ)。
 
 それほど大きな場所ではないため、滞在は1時間弱を予定していましたが、かなり時間オーバーになり、食事は後にまわしてシガーロスのスタジオへ。

 コンクリ打ちっ放しで外観は殺風景ですが、以前はコミュニティプールだった場所が、現在ではシガーロスのスタジオになっています。
c0003620_1803864.jpg

 中はこんな感じ。DVD『Heima』の数曲はここで撮影されていますね。文字通り、シガーロスのホーム(家=heima)です。実はこのスタジオも拡張工事中で、写真の真正面の壁は、最近ぶち抜いたそう。
c0003620_182611.jpg

 下は去年の写真で、上と比べると、壁の有無がわかりますよね。
c0003620_1825114.jpg


 右手の二階がコントロール・ルームになります。ヴァルゲイルのスタジオ同様、周囲の景色が目に入る場所で、自然に囲まれたアイスランドのスタジオっていいなぁ。
c0003620_1834428.jpg
 これが窓から見た景色。川も流れていて、四季折々の景観を見る事ができます。素敵ですよねぇ。
c0003620_17463647.jpg

 
 何気なく置いてあったセットリスト。いくら私が厚かましくても、「ちょーだい」とは言えなかった・・・でも、すごく欲しかった(笑)。
c0003620_17454561.jpg


 このスタジオは、以前はシガーロスの4人が共有していましたが、現在はキャルタンと写真のビッギがオーナーです。
c0003620_1841552.jpg


 今年は改装中で、トイレが外されていたり、キッチン・エリアに置いてあったアートや私物、写真が少なくなっていたのが残念。それでも、シガーロスのスタジオであることには違いなく、ビデオやDVDで見る雰囲気そのものでした。
スタジオを解放してくれたオーナーにひたすら感謝。そして我々が訪れた翌日は、スクリ・スヴェリルソンがここでニュー・アルバムを録音したそうです。翌日、内緒で見に来たかったかも(笑)。

 スタジオ内を一通り見学した後は、スタジオの外を散策。やはりDVD『Heima』で一曲録画された場所がすぐ近くにあり、ここはどこを見ても、シガーロスの本拠地なんだなぁということを改めて実感。
 スタジオの駐車場の向かい側はセーター屋があります。
c0003620_1862434.jpg


 そしてバスに乗り込み、やっとランチにありついたのが午後3時頃。でも、空腹を感じているような精神的余裕はありませんでした。
 ヴァルゲイルはビョークのサウンドを10年もの間支えた要の人物のひとり。彼のアルバムを聴くと、「あぁ、こういった音作りがビョークの心に響いたのだろう」というところがそこかしこにあり、周囲のブレーンの大切さをひしひしと感じさせます。
 シガーロスのスタジオは、彼らが世界の音楽ファンを魅了した名作を生み出し、多くの時間を過ごしている場所です。周囲の景色や環境を見ると、なるほど、あのサウンドは、こんな自然に囲まれた場所だからこそ生まれてきたのかもしれない、とも。

 アイスランドの重要な音楽アーティストの生活や創作空間を垣間見ることができて、私も満足でした。日本からわざわざやってくる音楽ファンのためにとスタジオを開けてくださった上、時間的なことにもご配慮頂いた関係者に心から感謝します。

 ここまでの前半だけでも充分に濃厚ですが、この後が結構スゴクなります。<次回に続く>

*「Photo by Joshia Shibano」のクレジットのある写真は、写真家のシバノ・ジョシアさんからご提供いただいています。シバノさんはご自分のブログでもアイスランドの写真をアップしているので、ぜひお立ち寄りください。こちらです。(小倉悠加/Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



      アイスランド国内でしか見つからないものも、ここならある↓







  
  アイスランドで大人気!
   雑誌『スカンジナビアン・スタイル』でも紹介の品はこちらで購入できます↓


[PR]
by icelandia | 2009-11-13 18:14 | Comments(0)
<< アイスランドで総人口0.5%を... 2009アイスランド・エアウエ... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加が参加するツアー説明会、2017年は3月から5月までのみとなる予定です。それ以降は未定です。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム