execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2009 アイスランド・エアウエイブス4日目(前半):オフ・ベニューでダブル・シンドリ!
 ICELANDia が旅行代理店の協力を得て、毎年行っているアイスランドの音楽フェス、アイスランド・エアウエイブスのレポートです。10月だったのに、まだ完結してない・・・(年内完結ガンバ!(笑))

アイスランド・エアウエイブス4日目(前半)
手作りハープの達人ラウルス健在
オフ・ベニューでダブル・シンドリ!!

前回のレポートはこちら

 水曜日から始まったアイスランド・エアウエイブスも4日目。この日は土曜日なので、エアウエイブスではスペシャル・イベントとして、世界一の露天風呂ブルーラグーンでDJ付きのハングオーバー・パーティをやっています。
 アイスランドが初めてだったり、ブルーラグーンへ行ったことのない人は、絶対!のコースです
が、私はパスさせていただきました。ブルーラグーンは気持ちよくても、昼間からお湯につかるとドっと疲れるので。

 その代わり、例によって(?)またもやあれこれをこなします。

11:30  Larus Sigurdsson 去年と同じく、土曜日は仕事が休みになるので、ハンドメイド・ハープの達人ラウルスが健常者と障害者が共に仕事をする共生コミュニティのソルヘイマルからレイキャヴィクへ出て来てくれました。そして、ツアー参加者の方がオーダーしたハープを持ってきてくれました。有り難う!!
c0003620_128634.jpg

 去年のランチは、「アイスランドで最もおいしいシーフードスープ!」という触れ込みの店へ行ったけれどイマイチだったので、今回は素直に近所で食べることに。行った先は美術館(Hafnarfus)。レイキャヴィクの美術館は小さいところだとお茶だけしかできませんが、少し大きなところはかなりキチンと食事ができます。
 私達がいただいたのはスープ。それでパンの代わりにサラダにできるというので、野菜不足を感じていた私はサラダも。値段は・・・忘れたけど、たぶん千円程度。味はおいしいし、量もあるし、ヘルシーなので、実質的にはお値打ち。
c0003620_1291349.jpg

 去年会った時は、経済崩壊直後だったので、まだまだそのインパクトが実際に感じられていない時期でしたが、「で、あれからどうなったの?」と尋ねると、福祉関係の予算削減で「いつまで仕事があるやら」とため息をついていました。

 雑談しながら「で、新しいアルバムも持ってきてくれた?」と聞くと、彼が出してきたのが『Calder』のアルバム。Calderというのはスタフラエン・ハコンとの共演盤。ン?違うよ。「あなたのニュー・アルバム」って言ったでしょう。ソロのニュー・アルバムのこと。

 「オー、ノー、ゴメン。そうだったのかぁ。一番新しいアルバムのことだと思った」と。うーん、英語は難しい。ミスコミュニケーションでした。your latest albumだけじゃダメで、your latest solo albumにすべきだったのね・・・。で、互いにゴメンゴメン状態。
c0003620_1305291.jpg  ずっと前に『Calder』の最新アルバムを仕入れておきながら、本日までショップに出していませんでした・・・。私って何て商売っ気ないんだろう(苦笑)。ここにあります。アンビエントが好きな方には、激お勧め盤です!

 ラウルスとはこうして毎年会っているけれど、一度も彼のパフォーマンスを見たことがないので「私がいる時にいつか絶対にやってね」とお願いして別れる。さて、来年はそれが実現しますよう!

13:00  Dynamo Fog(Skifan) 普通だったら全くスルーしていたであろうグループ。でもシンドリが入ってるので見てきました。ビョークの息子のシンドリです。
 去年はSlugsというグループでデビューし、デビューアルバムも出したけれど、どうやら解散した気配。ハチャメチャなパフォーマンスで、こじんまりまとまるよりもと思ったけれど、あれをツアーで毎日やるって出来なかったのが理由?と思ったりして(本当のところはわかりません)。
c0003620_1322187.jpg

 今回のこのバンドは、ごく普通。風貌も普通。パフォーマンスも普通で、普通づくし。どんな風に普通かというと、普通のロック(笑)。3人編成なので、音がタイトでワイルド感があり、そこらへんはよかった。
 それにしてもシンドリ幾つになったんだろう。最初に見かけたのは2003年のエアウエイブスで、別バンドでベースを弾いていたっけ。あの頃はまだ細身で、こんなにオッサンぽくなかった。
c0003620_13317100.jpg


14:00  Gunnar Gunnarsson(Kaffitar) アイスランド音楽に相当詳しい人でも、グンナル・グンナルソンって誰?という感じだと思います。当然です。だってミュージシャンじゃないから(笑)。
 グンナルはとても有名な俳優さんで、ひょんなことがきっかけで知り合いました。私がMySpaceでアイスランドの友人の友人のリンクを辿っていくと、なんだか不思議なインタビュー・ビデオに出逢った。
 真面目そうなインタビューだけど、どーもその内容が、相手をバカにしているのか、真面目なのか、はたまたこれがヤラセなのか、マジなのか、よく分からない。ものすごく微妙。これです(アナウンスはアイスランド語・インタビューは英語)。

 他のビデオも似たり寄ったりで、あまりにも不思議すぎて、「失礼ですが、あなたはいったい誰なのでしょう?」というメッセージを送ったのがきっかけ。日本人が食いついたのが面白かったのか、このテレビシリーズのDVDを送ってくださり(英語字幕に感謝)、楽しませてもらいました。
 結局、これはコメディなので、前出のインタビューも笑って正解(ホッ)。
 その後何度か私がアイスランドへ行っているので彼に連絡を入れていましたが、互いにスケジュールが合わず、今回が初めての対面。

 というわけで、 ICELANDiaにしては珍しく非音楽関係者。とても有名らしく、彼が待ち合わせ場所のカフェに入ってくると、一瞬そこにいた人全員が彼に注目。 グンナルは柔和な表情の中にも俳優然としたカリスマチックな雰囲気があり、「さすが俳優はミュージシャンとは違うわ〜」と私はひたすら感心。
 それでもって、付属の子供がかわいいので記念ショット。
c0003620_1334592.jpg

 「妻が仕事で出ていてね。今日は子守りの日なんで、どこへ行くにも誰と会うにも子供がいっしょだ」
 「子供は前妻との間にもいて、もう大きい。君も子供がいるの?(高校生男子がいます)へぇ、随分と大きいんだね。」

 それで、現在もこのテレビ・シリーズ「Sigtid」は続いていて、現在は北欧諸国でこのグンナル扮するフリーマンがドタバタを繰り広げるという内容。結構評判はいいそう。で、現在のシーズンが成功したら、北欧以外の諸外国、例えば日本なんかはすごーく行きたい、と。絶対に来てちょーだい。何でも協力するから!
 
 ミュージシャンとは雰囲気が違うけれど、クリエイティブな活動をしているというところでは共通点があり、とても魅力的な人でした。
 この時、シバノさんに写真を撮っていただいたのですが「赤ん坊がいると、どうも大人よりも赤ん坊が主役になってしまいますね。グンナルを撮るべきなのに、どうしても赤ちゃんの表情のいいのを撮ろうとしてしまう(笑)」。というのがこの写真です。
c0003620_1352895.jpg


15:00  Dr.Ills または Drills(Havari) Havariはキミ・レーベルが出したアンテナ・ショップで、とりあえずはクリスマスまでの限定期間オープン。置いてあるCDが、キミの取扱いや、キミに関係の深いアーティストのものばかり。ここでいっぺんにあれもこれも買える訳ではないので、品揃えとしては中途半端。だけど、キミの話題盤が欲しいというだけならオッケー。
c0003620_1423832.jpg
 場所は、私が勝手にスケボー公園と呼んでいる、大きな銀行に近いスクエアから至近距離。旧カウプシング銀行の前(現在はアリオンって名前になったのかな)。
 12 Tonar、Smekkleysa、Skifan他の音楽ショップが固まっている一角から離れているし、人通りが少ないとは言わないけど、それほど多くもないし、なんでここに出店したの?とキミ・レーベルの親分のバッリに尋ねると
 「Nasa(メイン会場)の近くだから、
エアウエイブスの時にみんなが通ると思って」というのが答え。
 でもさ、Nasaがオープンする夜の時間帯に、このショップは閉店してるジャンーーという突っ込みは入れなかったけど、不思議な場所にオープンしたものです。スケボー公園から通りを見渡ししても、へっこんでる場所にあるから、目立たないどころか全然見えないし・・・。12 Tonarはコーヒーが無料だけど、このショップは有料。高くはないけど、居心地は断然12 Tonarだなぁ。 でも、ライブ・スペースはいい感じです。ステージ側から入り口の方を見ると、こんな感じ。
c0003620_1431333.jpg


 これからHavariで演奏するのはシーベアーのシンドリが組んだ新しいバンド。エアウエイブスの冊子には記載されていなくて、この情報を最初にくれたのがキミ・レーベルの親分であるバッリ。彼が印刷してくれた紙には「Dr. Ills(ドクター・イルズ)」と書いてあった。なーるほど、ドクター・ビョーキなのね、と、そのネーミングの妙に感心したのですが、当日Havariへ行くと「Drills(ドリルズ)」となっている。どっちが本当なんじゃ〜〜い!!??
 ドリルズは未知数でも、シーベアーはみんな注目しているので、私を含む日本人音楽ファンや留学生もいて、「あと6日で出産予定日!」というアミーナのヒルズルも。
c0003620_1374846.jpg

 この時に、シンドリのパートナーのインガと子供にも会ったので、昨日の夜の個展のお礼と共に「ごめんなさいね、あまりシーベアーのことを知る人がいなくて、個展よりもグンニに注目が集まって」とお詫びすると、「とんでもない。昨日は日本からのお客さんに沢山来ていただいて、すごくうれしかったとシンドリは言っていたわ」と。・・・この国の人って、なぜみんなこんなに心優しいんだろう・・・。
 話を音楽に戻せば、ドリルズはシンドリのソロだと考えるのが妥当だという印象。でも、Sin Fang Bous よりもロック寄りに聞こえたのは、ライブのせいかな。シンドリは基本的にとてもバランスのいいポップ・センスを持っているので、口当たりはいい。音楽的にはまだ練られていない印象はあるけれど、まとまってきたら今までよりもロック寄りのシンドリが出てくるのではないでしょうか。
 それにしても、ドクター・イルズなのかドリルズなのかーー。

15:45  Reykjavik! Acoustic set(Lost Horse Gallery) Reykjavik!のアコースティックが聴きたくてLost Horse Galleryを探すも見つからず orz。去年、Lost Horse GalleryでReykjavik!とBen Frostのライブを見ているので場所は知っていると思っていた。それに、エアウエイブスの冊子にある地図上でも去年と同じ場所になってるし・・・・。
 冷たい雨の中、シバノさんと近辺をウロウロしたけれど見つからず、私は寒くてギブアップ。シバノさんはその後、あれこれの人に尋ねて、明後日の場所にLost Horse Galleryが写ったことを突き止めて、ライブを見たそうです。
 そのライブはアイスクリーム付き(!)だったそうで、見逃して残念だったけれど、もうすぐツアー終了とはいえ、寒空の中を彷徨って体調不良になるのは避けたいし、まだ夜の部もあるので、Havariへ戻る。

16:20  Hjaltalin(Havari) 寒さに震えながら20分ほど彷徨い、結局Havariに戻ってきました。ちょうどHjaltalinが始まる前に到着できてよかった。うー、室内は暖かい!
c0003620_1442441.jpg

 教会ライブに続いては、インストア・ライブでいい感じ。手堅いことは分かっていても好きなので見てしまう。教会ライブで聞いたニュー・アルバムからの曲を通常の編成で聞くことができ、これはこれでよかった。人気者のヒャルタリンなので、ストア満杯なのかと思ったら、割合空いていてちょっと拍子抜け。いつも通り淡々とやっているし、ごく地元でのリラックスしたライブで、あぁ、こういうのがエアウエイブスの醍醐味なんだよなぁと、再度か再再度か10回目か分からないけれど、つくづく実感。<次回に続く>(小倉悠加/Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



      アイスランド国内でしか見つからないものも、ここならある↓







  
  アイスランドで大人気!
   今なら期間限定お得なお値段で購入できます(1月半ばまで)↓


[PR]
by icelandia | 2009-12-29 23:13 | アイスランドってどんな国? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 2009 アイスランド・エアウ... 2009 アイスランド・エア... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム