execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アイスランド・エアウエイブス2日目(前半):シガーロスのスタジオでヨンシーのライブ音源を初体験!他
 それにしても今日は寒い!

ICELANDiaTV 第5回  ぜひご視聴ください!
http://www.ustream.tv/recorded/10892180
c0003620_21403657.jpg

 昨日配信した番組のアーカイブです。前半はたっぷりとイマジン・ピースタワーやオノ・ヨーコさん関係の話(リンゴ・スターもいらっしゃったのです!)。後半はエアウエイブス関係のあれこれのサワリ!ムームのファンはもしかすると必見かも?!

 さて、やっとエアウエイブスのレポートの続きです。前回はこちら

アイスランド・エアウエイブス2日目(前半)
いつも最高のスタジオツアー、ヨンシーのライブも聴いちゃった!


午前 朝食を終えるとすぐにスタジオ・ツアーへ出発。このツアーならではの企画で、シガーロスとヴァルゲイルのプライヴェート・スタジオを回ります。

 まずはシガーロスのスタジオへ行きますが、ちょっと時間に余裕があると思われるので、途中ホフディ・ハウスへ寄りました。それって何?と思われるかもしれませんが、80年代初頭、ソ連とアメリカが核の力で冷戦をしていた際、世界初の女性大統領であったヴィグディス・フィンボガドッティル女史の提案で当時のレーガン大統領とゴルバチョフ書記長がこの「家」で会い、冷戦の崩壊へとつながったという、歴史的に大変重要なレイキャヴィク会談が行われた場所です。
 見てお分かりの通り、周囲に何もないため、警備がし易かったという利点も(笑)。
c0003620_21453564.jpg

 ちなみに、観光地としてここを訪れるのは、日本人くらいのものと言われるほど、あまりみなさんいらっしゃいません(イタリア人も見かけたことあるけど、ね)

 そしてここがシガーロスのスタジオです。この日はアメリカ人のアーティストがレコーディングしており、シガーロスのメンバーと共にスタジオのオーナーである方が彼に許可をもらい、こうして私たちにスタジオ内の見学をさえてくださいました(いつもありがと〜〜!)。
c0003620_21465541.jpg


 参加者の中にミュージシャンがいらっしゃり、このオルガンで(本家本元!!)シガーロスの曲のさわりを弾いてくださいました。なんといってもこの楽器でレコーディングしていますから、もろにソノモノの音で、感激!
c0003620_21471848.jpg


 ヨンシーのお父さまが組み立てたという、鍋のフタやフライパンでできたドラムセットなど、結構面白いものがあり、いつ来てもいい感じのスタジオです。

 それで、この時コントロール・ルームのPCのディスプレイに、「Jonsi」とたくさん書いてあることを参加者が見つけて、「何かやっているんでしょうかね?」というので、私がすかさずエンジニアにそのことを尋ねると、「ヨンシーのライブ・アルバムをミキシング中」ということ。その事を聞いただけで心臓バクバク(笑)。
 「一曲でも一瞬でもいいので、その音源、何か聞かせてもらえない?」と厚顔な私が言ったところ、「まだ作業途中だけど」と言いつつも、一曲フルに聞かせてくれました。キャ〜〜、感激!!


 もうそれで参加者全員、胸がいっぱい。今日一日の仕事が終わった感じ。今日はもうこれで充分で、この後のことは全部オマケみたいなもん(少なくとも私はそんな気持ちでした)。関係者以外で、世界で一番早く、このライブ音源を聴いたのが、我々ツアーグループだったことでしょう。いやぁ、思い出すだけで未だに感激です!

 このスタジオの周囲は自然に恵まれ、シガーロスがビデオ撮影をした場所もあり、みなさんいろいろと本当に堪能してました。

 ここでランチの時間。ヴァルゲイルのスタジオへ移動する間のガソリンスタンドで、サンドイッチをいただきました。
c0003620_21485121.jpg

 例によって、アイスランドのパンはおいしいし、ボリューム満点。コップを置いたのは、大きさの比較です。これでハーフ・サイズ。確か私はラムのスライスか何かを頼んだ覚えが。でも、何だか胸がいっぱいで全部食べられなかった。

 ここで新聞を眺めていたら、前日ビョークがEva Jolyと行った記者会見の記事が!
c0003620_21491475.jpg

 そして向かったのがヴァルゲイルのスタジオ。毎回書きますが、ヴァルゲイル・シグルズソンはビョークのコラボレーターとして10年間活躍し、彼女がアカデミーにノミネートされた「I've Seen It All」や、アテネ・オリンピックで歌った「Oceania」といった作品に色濃く関わってきた人です。現在はこのスタジオを拠点に、ベッドルーム・コミュニティ・レーベルを起こして、音楽性の高い最先端のサウンドを展開。ヨンシーのソロ・アルバム『Go』のアレンジャーを務めたのも、ベッドルーム所属アーティストのニコ・ミュリーでした。

 スタジオに到着すると、アシスタントのミオ君が待っていてくれて、まずは一階のキッチンでコーヒーをいただきました。

 そして1階の広いレコーディング・ブースを見学し、ヴァルゲイルのいる2階へ。椅子に座ってカメラに囲まれているのがヴァルゲイルです。
c0003620_21494650.jpg

 ここでは、これからリリースするという、マン島出身アーティストの音源を聴かせてもらいました。バックの音がいかにもヴァルゲイル的!

 またこの時に、今年のエアウエイブスではベッドルーム・コミュニティ・ナイトがないけれど、来年はまた気を入れてやるから、という話をしてくれました。今年はレイキャヴィクにいるベッドルームのアーティストがヴァルゲイルしかいなくて、それはなんか本当に寂しかった。
 いつもなら、ニコ・ミュリー、ベン・フロスト、サム・アミドン、ヘルギ・ヨンソンが必ずいるのにぃ。それから正式メンバーじゃないけどここ数年毎年顔を合わせていたのがマジケルで、彼も居なかった。さびし〜。

 それで、近年の私、みんなとあまりにも顔見知りになってしまい、記念撮影をなかなかしなくなっているので、今年は記念撮影するよう心がけました。ということでパチリ。
c0003620_21501124.jpg

 この後、ビョークの自宅を見に行きましたが、バスを降りるとすごい雨。バスは目立つし、プライベートな場所なので、日本人がバスで乗り付けたっていうのは、あまりよろしくないだろうと思い、少し離れた公共プールの駐車場に車を止めたので、ものの3分くらいのところとはいえ、歩くのが辛い。
 で、ビョークの家に近づけば近づくほど降りが激しくなるような・・・。天気がよければ、彼女の自宅の前は海沿いの遊歩道なので、家をチラ見しながら散策でもしようかと思っていましたが、それどころじゃない感じ。なので、チラっと家を見て、サッサとバスにもどって見学終了。

 ホテルに帰ったのは15時半か16時頃でした。

 アイスランド・エアウエイブス2日目にしてこの充実感。ホント、もうこの日は何にも見無くてもいいかも、というくらいこれで満足。(後半に続く)(小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




シバノジョシア写真展 「Children of Nature」c0003620_22155488.jpg





レア盤が普通に売ってるアイスランド音楽専門店!↓









クリスマスにはアイスランドからの涼やかなシルバー・ジュエリーを!↓

 
 




 
 
[PR]
by icelandia | 2010-11-17 21:52 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス2... 今、アイスランドで一番熱いキミ... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム