execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
音楽文化大国! アイスランド国立劇場ハルパ、オープニング・コンサート動画鑑賞できます!
 何となくまだ落ち着かない中、ICELANDiaブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。
 
 個人的には地震でジムが使えなくなってほとんど途方に暮れ、やっと今月末に再開になるという情報が入り、うれしい!これでやっと私の日常が戻ります。

 先日のブログでもチラリとお知らせしましたが、国立劇場ハルパがオープンしました!レイキャヴィクには音響設備が整ったそこそこの大きさのホールが存在せず、念願の文化施設です。
c0003620_23413665.jpg

 計画当初はバブル初期で、ゴージャスなあれこれの計画が盛り込まれていました(こちらのブログをご参照ください)。建設開始約一年後に経済崩壊があり、工事現場が放置された時期もありました。 ホールの周囲に予定していたホテルや銀行本社は建設前だったため、当然計画は白紙に。 作りかけたホールは取り壊すにも多額に資金がかかるため、何とか資金繰りをして、約2年遅れの2011年5月ついにオープン。
 
 こけら落としは5月4-5日、アシュケナージ指揮の交響楽団演奏でした。以下のオープニング・コンサートは5月13日のもの。アイスランドのテレビで放映され、たぶん期間限定かと思いますが、動画を2本見ることができます(読み込みにかなり時間がかかります)。

アイスランド国立劇場ハルパ:オープニング・コンサート(その1)
http://http.0.muli.rs.ruv.is/video.ruv.is/4577483$1.wmv
c0003620_23425813.jpg

 動画が2本ありますが、たぶんこちらが最初。ゴージャスなロビーで演奏しているのは、今年1月にメゾフォルテのメンバーとして来日したオスカル・グジョンソン(サックス)と、ラテン・ジャズをやっているトマス・エイナルソン(ベース)、ドラムスは・・・顔が見えないので分からない・・・。
ビョークのバックとして来日したこともあるワンダーブラスの演奏、ワーグナーやアイスランドゆかりの楽曲の後、中盤でアイスランド・スーパージャズのリーダーとして来日したこともある シグルズール (シッギ)・フロサソンが交響楽団をバックにサックス・ソロ。
c0003620_23423320.jpg

 シッギといっても「誰?」ということになるかもしれませんが、彼が音楽の教育現場を根本から改善し、質の高いミュージシャンが現在のように排出されるようになったという立役者なのです。ジャズ大学の学長。
 この後、どうやら様々な有名曲をアレンジしたものやヴェルディのオペラが演奏されているようです。
 それにしても、人口たった32万人で、この音楽文化度の高さはいい意味で異常。

アイスランド国立劇場ハルパ:オープニング・コンサート(その2)
http://http.0.muli.rs.ruv.is/video.ruv.is/4577336$1.wmv
c0003620_23435263.jpg

 たぶんこちらが第二部。青年合唱団の後はGusGus(Hjaltalinのヴォーカル入り)、Dikta、そしてPall Oskar様がゴージャスなバック・メンバーで登場。ここらへんはポピュラー音楽ファンが見てもとても楽しい(写真はPall Oskar様)。
 最後の一時間はベートーヴェンの第九!ビデオで見られる指揮はすべてペトリ・サカリで録画は5月13日。5月4-5日はアシュケナージ指揮だったそうです。
c0003620_2344233.jpg

 日本では中小規模のホールですが、人口32万人の国にとっては宝物でしょう。それに、箱物行政ではなく、入れるべき中身の音楽もたっぷりと持っているのが素晴らしい。
 日本の30万都市でもこの程度のホールは存在することでしょう。その都市に交響楽団があり、大合唱団があり、バンドが200-300組いて、国際的に活躍するアーティストがごろごろ存在するというのは・・・。
 この映像を見て、改めてなんかアイスランドって音楽的にもの凄いと改めて感じた次第です。

 紆余曲折はありましたが、念願のコンサート・ホールが完成して本当によかった!
***

ヘディング・ホーム/シグルズール・フロサソン・アイスランド・スーパー・ジャズ・カルテット
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=357404
c0003620_23463340.jpg アイスランド音楽賞の年間最優秀ジャズアルバム賞受賞作品です。まぁそんなお墨付きはどうでもいいとして、アイスランドらしいこっくりとした暖かな音色のジャズなので、ぜひ。日本盤は、クリスチャーナのヴォーカルトラックもボーナスとして入っています。
***

 21日の音楽ドキュメンタリー鑑賞会&ツアー説明会&オフ会の三つ巴ですが、鑑賞会は満員御礼です。説明会は若干名余裕あり。オフ会は飲食店なので余裕ありです。土曜日の夜、みんなでおいしくアイスランドの肉をいただきませんか?ラムですが、臭みがなくてとてもおいしいです。安全安心、ホントに。
 詳しくはこちらをご覧ください。 (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




  音楽で楽しみ、心に潤いを与えませんか?↓
c0003620_1544764.jpg




2011年もアイスランド・エアウエイブス・ツアー!↓
c0003620_355719.jpg
[PR]
by icelandia | 2011-05-16 23:55 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド音楽マニア向け:ヨ... ICELANDiaTVのアーカ... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
小倉参加最終!5月13日Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加がアイスランドに拠点を移す関係で、小倉が参加するツアー説明会の最終は5月13日です。それ以降も説明会はありますが、小倉はビデオ参加等になる可能性が高いです。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム