execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今年のアイスランド・エアウエイブスは凄すぎてどーすりゃいいの(独り言)
 いつもICELANDiaブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。少しの間更新をサボってごめんなさい!

 そして今回のブログは、もしかして支離滅裂かも。というのも、今年のアイスランド・エアウエイブスが凄すぎる!!私は2003年からずっとこの音楽フェスを見続けて来ましたが、なんか今年はモーレツ(←死語)にエキサイトしてしまっています。

 なので、以下の文章は、今年このフェスを見に行くとか、いつか見に行ってみたいとか、見に行ったことがあるとか、そういう人だけお目通しください。アイスランドについて興味がある・・・という普通の人には、暗号みたいで何も理解できないかもしれません。

 つーことで、今年のアイスランド・エアウエイブス。

 だってもう、本当に凄いんだもん。ハルパという国立劇場がこの春にオープンしたこともあり、なんと ビョークが出演!!!キャァ〜〜!!!思い起こせば去年、「ハルパがオープンして、例えばビョークが出たらみんな見に来るかな?」と、アイスランドで最もビョークから信頼されているという人から尋ねられたのですが、それが実現するなんて、本当にうれしい!
 え?私の答えは簡単で、「尋ねるまでのこともなく、当たり前。ビョークが出たら、外人テンコモリでワンサカ来るよ」と、私が英語でどう言ったのか知らないけど、そういうニュアンスで言ったつもり。
 来年はきっとシガーロスだな!(と、既に決めつけて、もう来年を楽しみにしている私。ダメだ、今日の私はうれしすぎる!)

 それだけで、このフェスがなんだか異次元の、別次元のものになってしまうのですが、その上に ヨハン・ヨハンソン 3年ぶりの教会ライブ!これはもう、決定的に金縛りライブでしょう。その上、ビョークのコラボレーターとして長年貢献してきたヴァルゲイル率いるベッドルーム・コミュニティ(BC) の面々( ヴァルゲイル、ニコ・ミュリー、ベン・フロスト、ダニエル・ビャルナソン、パズル・ミュートン)は、レイキャヴィク交響楽団と共演!ヴァルゲイルのところは、ポストクラシック、ダークノイズ、ネオフォーク等、最先端で斬新なサウンドをこれでもかと聴かせるので、交響楽団と共演なんて、もう涙、涙・・・ 
 そして涙といえば、BC&交響楽団を聴いていると、どうやらヨハンのライブに間に合わないかもしれないこと。

もうこれだけで充分に堪能して、帰国していいだろうと思える感じの内容。

でも、アイスランド・エアウエイブスの醍醐味というのは、聴く前から「絶対に感動するよね」と分かりきっているアーティストを探ることよりも、素晴らしい音楽を作っている無名アーティストとの出逢いにあります。なので、いつものクラブ・ホッピングも止めたくないし、特にこの2-3年で一度アーティストが主要な面々が固まってきたので、今年の私は若手を中心にあれこれ見聞きしたいと思っているのです。だから、絶対安全圏の大御所ばかり見るのは控えよう、とも。

 そうは言っても、やっぱりFor a Minor Reflection は見たいし(だって、音がメチャかっこいいんだもん)、デビュー当初から見てる関係で、娘のように思ってる Pascal Pinonの成長も見たいし、安全圏だけどOlafur Arnalds も漏らしたくないし(今の私には、ヨハンよりも実はオッリの方が見たい)、昔からシンガーソングライターが大好きな私はSoley がお気に入りなので、初ソロは見逃せないし、Yagya でチルアウトなんていうのもすごく素敵だと思ってる。

 アイスランドの音楽フェスなので、私はなるべくアイスランド勢を見るようにしているけれど、今年は始めて日本からのアーティスト、 mi-gu(荒木ゆうこ)さんが出るし、次には オノ・ヨーコさんのプラスチック・オノ・バンドまで!

 ムームは出ないみたいだけど、フロントで歌っているシッラのソロ(Mr.Silla )はいつも心暖まる演奏だし(たぶん、バックにグンニは出て来ると思う)、ムームということではオルヴァルが正式メンバーである FMBelfastは、アイスランドっ子の盛り上がりを体験するのに最高!(死ぬほど混む。会場が壊れるかと思った)あぁ、FM Belfastは想像しただけで楽しすぎる〜。Kimi Labelのアーティストがほとんど全員ステージに上がるくらいの勢いでやるし。

  Sin Fangことシンドリのソロも見たいし、え〜ヨハン・ヨハンソンの前は Hauschkaなのぉ。どうしよう・・・BCとモロ被ってる(身体がふたつなくて号泣)。

 個人的に大好きなのでMugison も見たいし、伝説の酔いどれバンドHAM の再結成も、アイスランド音楽オタクとしては見逃してはいけないと思ってる。そして、どう切り取ってもすごくいいライブをやる Agent Fresco, Mammut, Retro Stefson, Lay Low、Dikta等を見る余地がほとんど無い。もっとも、私は相当今まで見て来ているので、だからヨハンは飛ばそうかと少しだけ腹は括れるんだけど。

 今まではアミーナと出ていた Kippi君も今年はソロがあるし、去年登録し損なって非公認のオフ・オフ会場でやってた Hellvarも今年はメイン会場に登場。ヘイザのヴォーカルは大好きだし、第二のビョークになるか?と言われていたのも納得。

日経アメリカ人で、昼間は交響楽団のバイオリニスト、夜はロックンローラーになるローランド率いる Cynic Guruも個性的だし(ロックにしてはバイオリンの音がメチャクチャキレイ)、あぁSvavar のクマちゃんのような笑顔と暖かい歌声にノックアウトされるのも好き。ここ数年たっぷりと聴いたので今年はパスしようかと思ってるけど、 Hjaltalinはポップで親しみやすくライブもすごくいいので、彼らのライブ未体験者は是非。

で、アイスランド人以外は見ないようにしていると言いつつ、 Owen Pallettも見たい。でも、教会の シンニード・オコーナーはパスだと思う。

 え〜、とうとうメガス まで今年は出るの?!すごい!メガス大師匠!!ビョーク好きの人は見逃さない方がいいですよ。なにせビョークは、忙しくなっても出来る限りメガスのバック・ヴォーカルはやってたくらいの人。平たく言えば、アイスランドのボブ・ディランみたいに、一本調子の歌だけど、でも、絶対に一度は聴いておいて損は無いと思う(私は過去2度ほどライブを拝聴し、インタビューまでさせていただきました。酒臭かった(笑))。

 あぁ、今年は久々に GusGus見たいよねぇ。HjaltalinのホグニもGusGusのニュー・アルバムに入っていて、ヴォーカルがものすごくパワーアップ。 Daniel Agustさまとマエストロ・ホグニのコンビなんて、これも身もだえもの。 サミーのビッグ・バンドも、見た事ない人はぜひ!

 シュガキュ関係を網羅したい人はGhostigital は不可欠だし、去年Stafraen Hakon がよかったし、ハープを作ってくれるLarusも出てくるだろうから、見に行かなくちゃ。Q4U って80年代のバンドのあれ?というポップ・バンドも出て来るそう。これって半ば怖い物見たさに見てみたい!それに Pornopopまで!Pornopopは全アルバム持ってるんだけど、ライブを見た事がないし、エアウエイブスに今までは出てなかったんじゃないかな。
 おぉ、Ghostigitalの前に、話題の Samarisが出るじゃん。Elin Ey はMezzoforteのキーボードのEythorのお嬢さんのはず。
 
 そして 究極の親子対決が!それはビョークとシンドリ・エルドン。全く同じ日の同じ時間に別の場所で演奏。ビョーク・マニアはどちらへ行く?! 

 メイン会場で見られなそうな人は、なるべくオフ会場で捕まえようと思うけど、そんなに上手く時間調整がいくかなぁ。

 あぁもう、文字通り、ピンからキリまで、心躍るアーティスト満載で、今年はお茶を飲む時間も、食事時間もゼロにする覚悟か、と。いつも欲張りすぎて、バテで途中で投げ気味になる時があるので、今年はホント、ペース配分をよく考えなくちゃ。

 今までは、私が行きたい会場が固まっていたからいいけど(徒歩30秒から2分の範囲)、今年はハルパが出来て、ちょっと離れているので(5分程度)、それを行き来するのは辛いから、どう上手に各会場を回るかですね。どの会場も、ほぼ絶対に時間通りにいかないから。

 という、超独り言のブログでした。これを難なく解読できる方は、かなりアイスランド音楽を聞き込んでいると認定します。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




  アイスランドのトラッドもあります!↓


[PR]
by icelandia | 2011-09-28 01:06 | アイスランドってどんな国? | Comments(2)
Commented by lehkost84 at 2011-09-28 23:55 x
ヨハンが教会なんですね、ライヒは諦めます。。
アイスランドのディランは是非拝みたいところです。
Commented by icelandia at 2011-09-29 00:00
lehkost84さん、ヨハンはソロの時はいつも教会みたいです。すごくいいので、未体験ならぜひ。私はベッドルームと交響楽団のコラボにしたいと思っています。でも、教会のラインアップが素晴らしくて、ホント、腸がちぎれそうな思いをしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド現地からのUst配... 続報:中国人が購入するというア... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム