execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ビョークの楽屋潜入も成功アイスランドから帰国!お土産話は次回から!!
 いつもICELANDiaブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。
c0003620_23375032.jpg

 先週末に帰国しました!!
 いつものこととはいえ、最終日は会う人を詰め込まなければならず、昼間何名か会った後、夕食を20分で済ませ、夜の9時から夜中までに3名に会うという強行軍。まぁ、最後の最後は酒飲みついででしたが。

 それにしても今回アイスランドから発送した荷物の多かったこと。いつも郵送料にはウンザリですが、さすがに日本円で10万を超える郵送料には絶句。現地通貨だと、もう言語道断の凄さです。
 郵送料のあまりの高さに郵便局員が「船便にしたら?」と言ってくれたけど、途中で箱が潰されたりしたら困るので、いつもの通り素直に航空便にしました。これを追跡してみれば、10月24日現在通関して既に東京まで来てるとのこと。
c0003620_23424365.jpg

(写真と文章は超無関係。写真は何となくアイスランドの雰囲気がするかしらと思って(笑))

 荷物といえば、例年は10月のフェス中にアイスランドでの新譜等をある程度漁り、帰国してからじっくりと考えて追加オーダーを入れていましたが、それをやると、彼らは必ずクリスマス前で送るのを忘れるか、ものすごく遅くしか送ってこなくてイライラするため、今年は何でも多めに買っておくことに方針を変更。
 それから、彼らの荷造りはいくらお願いしてもいつもいい加減なので(日本人から見るとね)、私自身でパッキングをするのが一番確実。

 そんなわけで、アイスランドではお買い物の猛攻。買い物というか仕入れですが。
 レイキャヴィクのレコ屋として有名・名門となった12Tonarのオーナーなど、私が立ち寄る度にニターっとして笑いが止まらない様子。ビョークを産んだ悪趣味(bad taste)店でも、いくら私が細かく注文を付けようと、ニッコニコで対応。
 キミ・レーベルの倉庫に行った時も同様で、どうもアイスランドの音楽業界では私が名物女になりつつあるのか、「ユーカにはよくしないといけない」というような不文律があるのか(それともみんな、何となく私には逆らえないと思ってるのか)、かなりの無理難題でも絶対にその場で断られることは、一切ありません。
 ビョークのアルバムにサインがほしい、ビョークの楽屋に入れてほしい(潜入しました!)、ヨンシーの妹に頼んでヨンシーからサインを貰う等、普通は門前払いのリクエストをかなりこなしました。そうは言いつつ、あまりにもご迷惑になりそうなリクエストは決して出していないつもりなのですが・・・。
 ヨンシーの妹さんに託したと、それだけを聞くとヒンシュクですが、彼女はアイスランドのあるアーティスト(故人)のドキュメンタリーを制作していて、ありとあらゆる映像資料がある中、どこをどう捜しても見つからない映像がありました。 それはドキュメンタリー映画の主題をひっくり返すくらい貴重なものですが、私がたまたまそれを録画して持っていたのです。そのような貴重な映像を私は提供しているので、元気に生きてる兄貴のサインをお願いすることは、それほど無謀ではなかろう・・・と。どちらにしても、抜け目なく機会を使ったかな?

 というわけで、これがヨンシーと、それからヨンシー&アレックスのサイン。個別にも売りますが、半分は福袋に入れる予定です。希望者が多いと思われるため、販売方法は後日ツイート(@yukaogura)及びブログで発表します。
c0003620_23331848.jpg

 アーティスト本人直筆のサインは他にも、ヘルギ・ヨンソン(隠れファンが多いですよね?!)、ムギソン(新作がアイスランドで大評判!)、ヴァルゲイルを始めとするベッドルーム・コミュニティ一派(全員じゃないけど)、シン・ファンことシンドリ(最高にアート!)、ハムレット(12Tonarイチ押し最新アルバム!)、スノッリ・ヘルガソン(キミ・レーベルの最新イチ押しアーティスト!)、For a Minor Reflection(相変わらずイケメン揃いの素敵な男子!)ええと、他に誰かいたかな?そうか、ビョークか。ビョークお姉様は、ご機嫌がいい時にソ〜っと側近からサインを頼むので、まだ到着していません。到着したら、私も絶対に一枚確保します!

 これが芸術的すぎるシンドリ(Sin Fang)のサイン。シンドリのサインはもっと頼めると思います。頼んでみないとわかんないけど・・・。これ、全部コレクションしたくなるわぁ。
c0003620_23332420.jpg

 あとゲットしてきたのは、ビョークのツアー会場のみで販売しているTシャツ。ビョークが表紙になっている新聞等も若干ありますが、それは福袋行きになると思います。パスカル・ピノンのTシャツやトートバッグも若干あります。
c0003620_23362240.jpg

 物事の性質上、こういったものは全部限定数。ビョークのTシャツくらいはまだ入手できそうだけど、どうだろうか・・・。

 そんなこんなのブツは、ICELANDia音楽ショップの「お土産コーナー」に徐々に出していきますので、ぜひ時々覗いてくださいね。
ICELANDia音楽ショップ「アイスランド出張土産」
http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1115238&csid=0

 それで、いやはや、今年のアイスランド・エアウエイブスはケタ違いに凄かったです。国立劇場ハルパの登場もそうだし、一年ほど前からの観光キャンペーンのおかげで今年の夏から秋にかけて非常に観光客が多く、レイキャヴィクの中心部の商店は、軒並み売り上げが前年の3割アップ。多いところでは5割アップだったそう。
 そんなこともあり、街中が活気づいて会う人の表情も明るく、そんな地元の状況も、フェスの雰囲気に大いに寄与していたようです。もちろん、フェス自体の内容も、テンコモリの盛りだくさんで、見聞きできてうれしいというより、重なって見られないものの方が断然多くなり、私なんて、交響楽団を聴きながら、キラキラ、ヨハン・ヨハンソン、ハウシュカ等をやってた教会へ行けないことを腹立たしく思っていたりして・・・。フラストレーションたまったわぁ。もっとも、教会の内容の一部は、後日オフ会場でリベンジしたけど。

 今年はシバノ・ジョシアさんと、Keiko Kuritaさんの2名のプロ写真家が、このブログのために写真を撮影してくださっているので、写真を含めながら、フェスの様子は後日たっぷりとお届けできればと思っています。
 
 時系列でフェスを追うのが辛いので、今年は会場毎のレポートにしようかとか、ちょっと迷っている最中。どちらにしても、写真はゴージャスになります!

 とりあえず、無事私も帰り、荷物も数日中に届きそうだということのご報告でした! (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




  店主、アイスランド出張土産を放出中!↓



 

 
 

 

 

 
[PR]
by icelandia | 2011-10-24 23:43 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 2011年アイスランド・エアウ... アイスランド・エアウエイブス史... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム