execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アイスランド・エアウエイブス2011:2日目(3)番外編はムギソン、キラキラ、ヨハン、何でもあり!
 前回のブログはこちら。この回のブログは、アイスランド・エアウエイブス2日目、木曜日の番外編です。番外編は写真家の シバノ・ジョシアさん が、雑事に追われる私に代わり、これは!というアーティストをチョイスして、撮影してきてくださった写真をフィーチュアしています。

 それにしても、プロと素人の差は歴然ですね。前回のブログは、シバノさんの写真と私のスナップが混在していますが、コンパクトカメラのお任せモードで撮影しているので、一応は映っているけど、プロの写真とは比較になり得ない。
 私のスナップとの混在で本当に失礼しております>シバノさん。

さて、アイスランド・エアウエイブス2日目木曜日のオフ会場は、会場数が前日の5割増し!どこへ行こうか迷うところですが、人気者がKEXに結集していました。
 KEXの会場紹介の時も出しましたが、この日に出演したのがヨハン・ヨハンソンもここでやりました。オーラブル・アルナルズも同日に予定されていましたが、キャンセルになってしまい、オーラブル目的で行った人は残念。
c0003620_23585537.jpg


 そしてオーラブルに代わって出てきたのが、いつ見ても迫力満点のマムット。私がマムットを初めて見たのは・・・2006年のオフ会場だったでしょうか。
 バンドとして見違えるほど成長し、パワフルな女性ヴォーカル中心のロック・バンドとしては、ほとんど100点満点ではないでしょうか。いつどこで聴いても、絶対に間違いの無いチョイスがこのマムットです。
c0003620_23585645.jpg


 こちらはムギちゃんことムギソン。ニュー・アルバム『Haglel』が大ヒット中。去年まではウエストフョルズルのスザヴィックという小さな街に住んでいましたが、今年からレイキャヴィクの大学で音楽を学び、修士課程をとっているそうです。
c0003620_23585748.jpg

 日本では「元漁師」というふれこみでしたが、漁は夏のバイトで幾度かやった程度で、肝いりの本物の漁師ではありません。
c0003620_235856100.jpg
 でも、風情が本当に漁師っぽい(笑)。まだ30代半ばで、素敵な奥様と可愛らしい男の子が2人の四人家族。時々ムギファミリーを見かけますが、微笑ましいです!

 これはDillonというオフ会場でのスヴァヴァル。ここでも暖かな歌声に加え、ユーモアたっぷりのMCで会場を沸かせていたそうです。
c0003620_23585717.jpg


 Reykjavik Backpackersでの Hyrrrokkin。ヒョロォロォロォキィンと読むのだとか。デビューほやほや時代のロウクロウをもう少しポップにした感じとのことなので、将来性がありそう。それにかわいい女子はどこで見ても可愛いね。
c0003620_013853.jpg


 それにしても、オフ会場充実しすぎ。これだけで満腹になりそうです。

 そしてこちらが教会ライブの写真。私があまりにも何度も「教会が見たい!教会が見られない!身体がふたつほしい!」と言うので、それに呆れたのか、哀れに思ったのか、シバノさんから「小倉さん、私が教会のギグ全部ビデオ撮ってきましょうか?」と優しい言葉をいただきました。
 それと、今回は Keiko Kuritaさん さんにも写真をお願いしているので、写真家二名がいつも同じライブを撮影しても・・・ということで、二人が手分けしてくださいました。

 これは日本でも根強い人気のあるクリスティン・ビョルクことKirakiraの特別パフォーマンス。いつもはまったりとアンビエントな彼女ですが、今回は驚くほど重低音をきかせた演奏で、ダークな雰囲気さえ漂わせていたとか。ん?いつもは白やピンクの明るい色の服が多いクリスティン。黒服の彼女って初めて私は見たかも。
c0003620_23585984.jpg


 アイスランドの業界関係者から注目されている Dream Central Station。 会場はIdno。キャッチーなロックで、いわゆる売れ線に乗りやすそうな感じす。この手の音を聴くと、ローリング・ストーン誌に絶賛され、あわやインターナショナル・スターになるかと思われていたものの、一枚のアルバムで消滅(解散)したヤコビナリーナを思いだします。もしや、あの時のバンド・メンバーが入ってたりして?
c0003620_23585912.jpg


 こちらはロック系のメインが多く登場するNasaに出演したエストニアからのIiris。ヴォーカル女性の激しいパフォーマンスに、会場が大いに盛り上がっていたそうです。
c0003620_2359028.jpg

 うーん、こういった雑多な雰囲気が私にとってのいつものアイスランド・エアウエイブスで、やはりハルパが異次元に思えますが、それは私自身の慣れの問題なのでしょう。なにせ2003年からずっとこのフェスを見続け、今年初めてハルパが現れたので、私自身も慣れてないということに尽きますね。
 アイスランド・エアウエイブスはこれが中盤、まだまだ盛り上がり続けます。(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





  アーティスト直筆サインアルバムを放出中!↓




 

 

 
 
 
[PR]
by icelandia | 2011-11-14 00:06 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ムームがクリスマス・ソングを間... アイスランド・エアウエイブス2... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド音楽フェス独自ドキュメンタリー上映会&アイスランド・エアウエイブスツアー説明会6月24日
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム