execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アイスランド・エアウエイブス2011:3日目(1)金曜の夜に注目若手バンド・ライブを見放題!!
 アイスランド・エアウエイブスに関する前回のブログはこちら。

 アイスランド・エアウエイブス3日目は金曜日、フェスが一番盛り上がる日です。
 でも私は精神的に絶不調。本当に参った。ショックから立ち直れない自分も情けないが、常識では考ええられないような理由が原因であるところが、また情けない。だから本当は部屋から出たくない。

 音楽を聴いたり、人と話せば楽しくなるので、踏ん切りをつけて外に出ればいいんだけど・・・。

 でもこの日は私が外に出なくても、私のところに人が来てくれました。お客さまではなく、アイスランドのお土産物を仕入れたので、業者との受け渡しがこの日の午前中。音楽とは無関係なので、初めてお会いする方ですが、お兄様が趣味でピアノのアルバムを出しているというので、そんな話でひとしきり盛り上がりました。

 この日のことは、当日の夜につらつらと書いていた部分があるので、以下、そのままコピーしますね 時系列がわかりにくくならないことを祈ります。
***

 なんと、ホテルに帰還したら、ネットのコネクションがアウト。一度電気が落ちて、それからネットを建て直そうとしてもできなかったとか。明日の朝には戻るはずっていうけど・・・。超不便!

 今日は金曜の夜なので、バカ盛り上がり中です。夜中の1時半に私は帰ってきましたが、それでも割合品行方正な方で、オフ会場指定されていなくてもライブ満開の街中ではバーのセキュリティが目立ち、どこもかしこも人でいっぱい。

 帰り道では、酔払ってまっすぐに歩けない人が多すぎて、私もいっしょに左右に揺れながら歩かないとぶつかりそうになります。

 昨日行ったオフ会場のBarbaraが気入り、ホテルに帰る途中で誰が演奏してるのかなぁと入ってみると、そこはピンクの照明に照らされた男性カップルばかり・・・。夜はいつもの通りゲイバーになってたのね(汗)。

 本日の私は朝寝坊して、昼間はほとんど細々とした仕事や雑用に費やし、やっとオフ会場へ行けたのが夕方5時半頃。

 ちょっとだけ外に出た時、窓越しに見たカフェのワッフルがすごくおいしそうで、途中それを食べたんだけどね。朝食は抜きで、昼食は前日スーパーで買ったパスタだった・・・。
c0003620_23194842.jpg

 それから、インガのお願い事を私が叶えたので(これは結構大きなことなのです。)、その代わりということでもないけれど、ヨンシーにアルバムのサインをお願いしました。オッケーってうれし〜〜!!

 というようなアレコレをこなした後、昨日私が見逃したHauschkaをベッドルーム・コミュニティ・レーベルのオフ会場でやっているはずなので、そこへ向かいます。
 会場はすごく混んでたけど、それは想定内なので人をかき分け、とにかく少しでも演奏しているアーティストの姿が見えそうな場所へ移動。こういった時のコツは、図々しくなること!!

 ミキシングボードのところに一人くらいは入って見られそうな感じで、どの位置であれば背後にいる人の視界を妨げないかと、身の置き場を定められずモジモジしていると、すぐ側にいた男性がこの場所に来ていいよとばかり私に場所を譲ってくれました。ん、ヴァルゲイルじゃん。ども!
c0003620_23193912.jpg

 Hauschkaの演奏、素敵、素晴らしい!昨日の教会の演奏、最高だったろうなぁ。最近はテクノロジーが本当に進んで、ピアノ演奏といっても全く一筋縄ではなく、面白いエフェクトもいっぱい。テープを貼って音をミュートするようなアナログなやり方もしてたけど、ノイズのかけ方とかもすごく好みでした。

 このような機会はなかなか無いので、ミーハーして写真を撮ってもらいました。カメラマンはミオ君。片付けのためにそこに居たので、無言でカメラを渡したら理解してくれた(笑)。
c0003620_23215513.jpg


 そこから、もう演奏には間に合わないと知りつつCDショップの12Tonarへ。というのも、ヘルギにニュー・アルバム『Big Spring』のサインを頼んだので、もしかしたらライブの前か後にやっておいてくれたかなぁと思って。
 ヘルギに会えたことは会えたけど、サインは翌日するということでした。時間的に余裕があるので。
 
 で、12Tonarは閉店直前のせいもあり、店にいたのはヘルギのバンドと店のオーナーのみ。ヘルギ・ヨンソンのギグは昨日見たけれど、「会場が冷たい感じで、僕自身の出来が悪かった」と(はいはい、なるほどね)。で、オフ会場の12tonarのギグはよかったし(見逃してごめん。写真家のKuritaさんもやはり12Tonarのヘルギはよかったと言ってた)、明日の4時にカフィバリンで演奏するので、絶対にもう一度見て欲しい、とリクエストをされていまいました。自分が満足できるパフォーマンスを見て欲しいというその気持ちはよく分かるから、なるべく行くようにするね。
c0003620_232258100.jpg

今年の私は、どこへ行っても誰に会っても、なるべく記念撮影をしていきます。なのでヘルギともパチリ。そしてドラムスのドッディ君にもそれをお願いしました。ヨンシのドラマーでもありますね。ソロアルバム 『Thorvaldur Thor Thorvaldsson』も出しています。
c0003620_2324854.jpg


 その後、12Tonarのオーナー2名と私だけになり、オバカな話をして盛り上がるのと同時に、アイスランド音楽業界の四方山話も。それから、次のビョークのライブの後、ハルパ国立劇場に出してる臨時ビョーク売り場を私も手伝うことにしました。ライブの後だけ売り子さん。何か楽しそうじゃない?!お遊び気分で申し訳ないけど。

 年に1-2回しかアイスランドへは来られないとはいえ、9年間も通い続けているので、最近は何を頼むにしても、本当に気軽・気楽だし、私のリクエストには必ずベストを尽くしてくださるので本当に有り難い。

 思い起こせば最初は3-4年間通い、やっと何となく「あぁ、こんなのが通いつめてるな」というのが認識してもらえて、これが6-7年続くと「こいつは本気か」となり、それ以上になると「仲間(ファミリー)」扱いになるようです。仲間か特別なお客さまか、ですね。私に関して、よく「ファミリーだから」とか「僕らのひとりだから(one of us)」という表現を聞きます。どちらにしても大切にしてきた関係で、これからも大切にしていきたいと、彼らの笑顔に出逢う度に思います。

 人に対してとても暖かな彼らでも、仕事となると排他的なところがあり、(そりゃまぁ、私ひとりだけでやってることだから、理解してもらえなくても仕方がないとはいえ)最初はホント、大変でした。業者としてアルバムを卸してもらえるようになるまで3-4年かかったもの・・・。
 特にこの12Tonarはオーナーが厳しく、手強かったのです。なので余計に、こんな風にバカ話ができるようになり、裏事情なども教えてもらえるようになったことは本当にうれしい。
 この写真は、オーナー同志が「僕はむっつりするから、お前は変な顔しろよ」とか、そんな感じで撮ったもの。写真を撮った後、爆笑でした。
c0003620_23243661.jpg

 その後ホテルに戻るともう7時近く、8時のギグに間に合わせるには夕食をキチンと食べる時間がない。お腹も空いてきた。なので、またホテルでチーズとサーモンをクラッカーに乗せて食べます。シャルドネを買っておいたので、それも一口。
 
 その時間、外はすごい風雨で、長くは続かなかったけれど、一瞬、外に出ることがためらわれました。
***

 ここまでが、当日書いたもの。

 この後メイン会場で見たのが、イズノのUlfur。Kliveというプロジェクト名でアルバムを出していた人で、Kliveとは少し違うけれど、路線的にはそう違わないエレクトロニカ。
c0003620_23332429.jpg

そして、何か食べないとどうしても持たないと判断し(いつもこれだけど)、時間は取れないから、お約束のホットドックを食べに行く。私ひとりでこんなに食べたのではありません。私の前の人がオーダーしてたの。すごい!
c0003620_23352358.jpg


 次に向かったのが、ホットドック屋にほど近い美術館会場。お〜、イズノの次に美術館会場をハシゴ。やっといつもの私のエアウエイブスだわぁ、となぜか感心・安心。

 ここでお会いしたのが、今回ICELANDiaから写真をお願いした写真家のお二人。ふたりで話合いながら、とてもいいコンビネーションで写真を撮っていただき、ひたすら感謝。
 そして私が撮影したのが、お二人の姿。アーティストを撮っても私のは素人のスナップなので、写真は専門家に任せればいいだけのこと。
c0003620_23373373.jpg


 この美術館会場で見たのは、大好きなFor a Minor Reflection。そうか、とうとう美術館まで這い上がってきたか、と、何となくお母さん気分で感無量。美術館は千人以上入る(レイキャヴィクにしては)大会場なので、それなりの人気と実力がないと出演できません。
 
 キャァ〜、みんなまた背が伸びたぁ?(←最初の感想がそれかよ!)演奏の雰囲気は変わらないけど、何だか凄く息があってしっかりしたわぁ。素人臭さが抜けたというか、数年前に初めてこのグループを見た時もかっこよかったけど、もっとかっこい〜(音も、見た目もね!)。

 みなさんにもどーしても見聞きしていただきたいので、前日のKEXでのライブですが、以下のYouTube動画をぜひどう!たぶん、シガーロスのファンは、最初のこのギターを聞いただけでツボだと思います。

 キャァ〜かっけ〜!!こういう音響系ってすごく好き!この曲は、グループが自主制作した『EP』に収録!ここに、全員サイン入りのがあります。

 ここからは、シバノ・ジョシアさんが撮影した、迫力ある写真をどうぞ。

 出ました、グルッフィ君。こんなに細い彼ですが、水泳で鍛えているそう。
c0003620_23162578.jpg

普段は大人しくて地味な感じのエルヴァルも、ステージの上ではいい感じに動き回る。
c0003620_23162534.jpg

 こちらがキャルタン・ホルム。シガーロスのゲオルグの弟さん。普段はとっても柔和で、ちょっとお茶目な雰囲気。(全然音楽の話じゃなくてごめん)
c0003620_23162666.jpg

 あら、ドラムスのアンドリのソロ・ショットがないけど、彼が一番かっこいいと私は思っているのです。グループの中で一番ロックンローラー的な気がする。えと、すいません、見た目のことに終始して。でも、音はかっこいいし、本当にいいグループです。
c0003620_23162641.jpg


 ひゃぁ〜良かったねぇ、と、会場の一番前を陣取っていたツアーのお客さまともいっしょにコーフンし、その後に登場したのが、地元で大人気のAgent Fresco。ロックではあるけれど、キーボードがジャズ・フレイバーなのが特徴。ヴォーカルも高音の伸びがよくて聞きやすいしね。
 地元の子なら誰でも知ってる曲があり、大合唱でした。有り難いことに英語なので、私も歌った!
c0003620_2316277.jpg


 このステージ後、写真家の Keiko Kuritaさんが楽屋に潜入!。そして撮影したのがこの写真。For a Minor ReflectionとAgent Frescoの両方のバンドがそこにいて、ステージ後の高揚した雰囲気で楽しそう!
c0003620_21232416.jpg
この写真は、フェス中に私が現地から書いた、このブログで掲載したものです。(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





  アーティスト直筆サインアルバムを放出中!↓


[PR]
by icelandia | 2011-11-17 23:38 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス2... ムームがクリスマス・ソングを間... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム