execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アイスランド・エアウエイブス2011:3日目(2)絶好調の夜は趣味のアーティストと初体験のメタル・ライブ!
 前回のブログ。そして私はベッドルーム・コミュニティの注目株であるPuzzle Mutesonを見にIdnoへ向かうのですが、その途中で見かけたNASAの列がドすごかった。

 何をやっていたかといえば、アメリカからの tUnE-yArDsで、プレスの入場も制限されているほどだったとか。シバノさんが写真を撮ってきてくれました。熱気でピントが合わないほど会場は凄まじかったそうです。
c0003620_0322353.jpg


 私は品行方正(?)にお気に入りの小屋であるイズノへ行き、エアウエイブスのお作法に則り(マイルールだけど)、人混みをかき分けて一番前へ。

ちょうど始まる前でよかった。Puzzle Mutesonはイギリスはワイト島出身のシンガーソングライターで、とっても繊細な歌声(超好み!)。そこに(ヨンシーと同じく)ニコ・ミュリーがアレンジしたこれまた超繊細なアレンジが加わり、私の音楽的趣味としてはこれ以上あり得ないほどの超ドツボ。
 バックのメンツを見ると、すごいなぁ。ベッドルーム・コミュニティ・オールスターズ状態。ソロで立てる人ばかりがバックについてる。例えば、キーボードのダニエル・ビャルナソンは現代音楽の作曲家であり、クラシック楽団の指揮者。ギターのベン・フロストはノイズの帝王(だと私は思う)。トロンボーンとヴォーカルのヘルギ・ヨンソンに関しては何度かこのブログで書いた通り。パーカッションのヴァルゲイル・シグルズソンはこのレーベルの親玉。前日、交響楽団で自作曲をプレミアした人だし、ビョークと10年間やってきた人です。この会場の写真は私のスナップ。
c0003620_036339.jpg

 Puzzle Mutesonに関しては別口にブログにしますが、実は私、ハマリにはまって、悶絶死しそうな状態。あくまでも私個人の音楽的趣味だけどね。

 ニンマリしながらPuzzle Mutesonに心酔した後は、私の周囲でバズっていたOwen Pallettを同じ会場で。
 カナダからのアーティストで、以前はファイナル・ファンタジーと名乗っていた人ですね。ずっとベッドルームのスタジオでレコーディングしていて、それでイズノにベッドルーム一派として出演という流れだったとか。
c0003620_040956.jpg

この人のバイオリンは独特だし、そこに裏声をかぶせたりして、声の感じも七変化で面白い。ニュー・アルバムは誰がプロデュースしたんだろう。やっぱりオーウェン自身かな。ベッドルームのレーベルが持つ音作りと、オーウェンの雰囲気と、すごくベクトルがあってると思うから、きっと素敵なアルバムになるだろうなぁ。楽しみ!
c0003620_040238.jpg


 で、ここまでが本来の私の音楽的趣味に基づく動きでした。そして、じゃじゃ〜ん、今夜最後の私のトリを務めてもらうのはHAM!
 1988年から5-6年間活躍したバンドですが、現役の間は、酔いどれすぎてどーにもならなかったというのが伝説。でも、その後に評判が高まり、時々再結成コンサート等もやっていました。で、その時のメンバーにヨハン・ヨハンソンが入っていたりします。
c0003620_0414685.jpg
 ポスト・クラシックのヨハンがメタル!というのが、珍しくもないのが音楽カテゴリーの隔ての無いアイスランドのいいところ。
 HAMはこの秋、久々に再結成アルバム『 Svik, harmur og daudi 』を発表。この内容がすごくいいと業界内で評判。私が聴いても悪くないと思うので、メタル好きならもっといいのかも!

 HAMはビョークが主題歌を歌っていた映画『Sodoma Reykjavik』のサウンドトラックの多くの曲を手がけたことが、現役時代の一番の功績だったとか。

 そんな歴史も興味深く、また現在ではシンガーであるオッタル・プロッペがベスト党員であるためレイキャヴィクの市議会議員。はい、市議はメタルのシンガーです。市長はコメディアンって、どんな都市なんか・・・。

 というわけで、ライブ前から殺気立つ美術館会場に戻ってきました。係員から「写真ブースは最初の3曲まで」と念を押され、抜け駆けの特等席へ。
 そして登場したHAM。うぉ〜〜!!
c0003620_043578.jpg
 低音響くわぁ。ヴォーカル迫力あるわぁ。客のノリが異常だわぁ。メタル、おもしろ〜〜!!!
 
 実は私、メタル・ライブ初体験。私の音楽人生ン十年の中の希有な出来事です。良くも悪くも、メタルの美学を探究・追究したことがないので、ただひたすら面白い。もちろん演奏もすごくしっかりしていて上手。じゃないとこんなの聞けないよね。

 最初から結構なモッシュ状態。
c0003620_043623.jpg

 3曲終わったところで私はすぐにフォトブースを出て、「安全」で楽な二階へ。ちょうどイスが空いていたので、座りながら縦ノリ。ひたすらずっと縦ノリ(笑)。じっと聴き入るような類の音楽ではなく、これは縦ノリして聞くのがお作法だと感じました。が、イス席で縦ノリしてたのは、私と、前列の青年3名ほど。少数派でした(笑)。

 自分の年齢と、とっている行動を改めて考えると落ち込むので、それは考えずひたすら縦ノリ。

 私がフォトブースを出た後ほどなくステージ前ではすごいモッシュとなり、一足遅れたシバノさんはブース近くで身動きが取れなくなる悲劇。凶暴な観客に押しに押され、危険なのでセッキュリティに裏口から出してもらったとか。メタルの撮影は命がけ?

 HAMを堪能すると、もう夜中の1時過ぎ。うひゃ、仕事があるからもう帰らなくちゃ。ということで、ホテルに到着した後に書いたのが、前回のブログの文章。

 え?夜中の1時過ぎに仕事?と思うかも知れませんが、これがあるのです。翌日の土曜日の午前中、お客さまにCD等のセールをするので、凝ったことはしないけれど、値付けとか、解説とか書いて、準備をします。
 この写真は、準備完了後に撮影。ここにはまだインガの旗が2つとも揃っていますね。寝たのは5時近かったと思う。
c0003620_0472883.jpg


 アイスランド・ウエイブスは本当にありとあらゆる音楽を聞くことができて楽しいし、今年のフェスはまた去年以上の盛り上がり。なぜかといえば、アイスランドの景気が回復しつつあり、街の雰囲気も明るく、お祭気分が似合っていたし、去年がすごくよかったので、噂を聞き付けてやってきた、という人も。また、ビョークが出演するという目玉もあったので、複合的な理由の作用でそうなったと思われます。
 いやぁ、今年は本当にすごいわ。なにせオフ会場が混んで入れないところばかりっていうのが、以前にはあまりなかった現象だから。(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





  アーティスト直筆サインアルバムを放出中!↓


[PR]
by icelandia | 2011-11-18 00:50 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス2... アイスランド・エアウエイブス2... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム