execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アイスランド・エアウエイブス2011:4日目(1)民家でのDJパーティに屋外ライブ、FaMR取材も!
 2011年アイスランド・エアウエイブスのレポートをシリーズでお送りしています。前回のブログはこちら。
***

 2011年アイスランド・エアウエイブスも終盤となり、金曜の夜思い切り盛り上がると、もう土曜日はゆるゆるでいいっかぁとなります。が、去年からのエアウエイブスは盛り上がりのレベルが以前とは異なる感じで、土曜日もすごいんです。ホント。
 
 午前中の私は、前の晩に用意した品物をみなさんに公開です。今年はお土産ものもあったので、かなり便利にご利用いただけたと思います。小物で人気だったのがひつじのモコモコキーホルダーで、かわいい上にとってもリーズナブル(確か300円程度でご販売した記憶が)。早いもの勝ちでした。
 アルバムはトラッドものがよく出ていたのと、昨夜のHAMのライブがめちゃ面白かったから、同僚に配りたいというのでHAMのアルバムを複数枚持っていかれた方が印象的でした。ちょっと残念だったのは、各種サイン・アルバムをこの日までに揃えることができなかったこと。
 それでも、とにかくある程度は揃えることができたし、CDショップの店頭では気づかなかったり、分からなかったりというものもあったと思うので、少しでも役に立てていればいいなぁという感想に今年も尽きました。
 ちなみに、見に来てくださった方全員に、アイスランドのキーホルダーをお土産としてお渡ししました。
 
 さて、また食事の話です。昨日の夜、ホットドックを食べた後、ホテルに戻りクラッカーをつまみ、朝食もクラッカー。なので、そろそろしっかり食べた方がよさそうです。
 
 毎年、お昼はツアーのお客さまといっしょに食べることが多いのですが、今年は昼食・夕食ともゼロ。これまでは毎年、ストリート・パフォーマンスがしたいとか、オフ会場に飛び入りしたいというご相談が割とあり、そんな方と食事をしていた記憶が。今年はそれがゼロだったので、ちょっと寂しかったかも。

 でも、ツアー中はひとりでゆっくりする時間がほとんど無いので、ひとりでの食事は考え事をしたり、携帯メールをしたり、ボケっとする格好の時間ではあります。
 
 これが土曜の昼に食べたランチ。以前もアップした写真かと思います。ふわふわの甘エビサラダで、マンゴーとかジューシーなフルーツも入っているところが特徴。また、私は白いパンが苦手なので、アイスランドでよく出て来る雑穀の黒いパンもありがたい。ガーリックブレッドでした。
c0003620_2315553.jpg

 で、私があらかた食べちゃったところにシバノさんからの電話。3軒ほど離れた中華料理屋にいらっしゃったようで、それなら二人でご飯すればよかったね、と。シバノさんが私のカフェに来ると、また私の携帯が鳴り、今度は以前日本のアイスランド大使館に駐在していた公使参事官からでした。
 以前の大使も含めて、私が何をしているのか気になるのか、日本の情勢が気になるのか、しばしばお声がけをいただきます。で、彼は何でも本屋の上のカフェにいるそうで、お茶しない?ということですが、私はランチを食べかけだし、シバノさんは私のカフェに来たばかりだし・・・
 でも、そのカフェというのも3軒隣だし、数分で往復できるからいいか、と、カフェのランチは食べかけのまま飛び出して彼のいる本屋へ。そして、2階のカフェに居たベネディクトをキャッチしました。一年ぶりに会うのがうれしくて、思わずジェスチャーが外人並みに大げさになったためか、周囲がから注目された・・・ハズカシ。
 私の帰国2-3日前に彼の家へ食事へ行くことをその場で決めました。

 カフェに戻ると、シバノさんはワッフルを注文。ひとりでゆっくり・・・なんて思っていると、急にあちこち動き回るようになるのも、小さなレイキャヴィクの特徴でしょうか。 
 
 シバノさんと軽く打ち合わせをして、外に出ると、広場でこんなライブをやっていました。が、これがどのバンドだったのか・・・。撮影したシバノさんも分からないそうです。でも、雰囲気はこんな風でした。
c0003620_2341683.jpg


 そして向かったのがカフィバリンのオフ会場。昨日ヘルギに約束したので見に行きました。それにしても、私が好きなアーティストって、どうしてたまたまこうもベッドルーム一派になってるんだろう。去年のモッディもそうだったしなぁ。
c0003620_2345016.jpg

 あまり混まないうちに行ったので、今回は前の方のイスに座ることができてよかった。
 ヘルギ・ヨンソンはこの場所に慣れているし、私もここで何度もヘルギを見ているし(ソロじゃないけど)、やりやすかったみたいで、確かにハルパの時よりもずっとヘルギらしかった。それに、バックの演奏も、この場所の方がよかったと思うな。特にギターの轟音はものすごく印象に残った。いいバンドだなぁ。ニュー・アルバムもバックの音がハードになって、ちょっとシガーロス風なテーストも。以前のアルバムはアコースティックな響きの方が勝っていたけど、今回はバンドっぽくて、どちらのヘルギも私は好きです。
c0003620_2352131.jpg

 彼のニュー・アルバム『BIg Spring』には、そんなテーストがよく現れています。

 この後、ベン・フロストが出てくるそうで、ベンも大好きだけど・・・。『By the Throat』をやるのであれば、絶対に居たんだけど、何人もギタリストが出て来るヤツをやるというので、あれは数年前に見たからいいか、という判断。でも、これがすごくよかったそうで(前回の評価は実はボロクソで、私は前回の数少ない賞賛者だった)、前回との違いも見えただろうから、見逃して残念。

 でも、他にすごく偵察(!)したかったライブがあったのです。題して「i8ハウス・パーティ」。これはハウス・ミュージックのパーティではなく、民家でパーティをやるというコンセプト。「i8(アイ・エイト)」はアイスランドで一二位を争う名ギャラリーです。私から見れば一番だけどなぁ、なにせエゲルトも所属しているし。
入り口には、なぜか毛布をかぶった人が。自宅の居場所がなくなってるとか?
c0003620_236193.jpg

 行ってみるとたしかにまんま民家で、DJはやってるけど、部屋に観客が10人も入れば満杯の狭さ。あまりにも狭くて笑えます(笑)。
c0003620_237020.jpg

 ちゃっかり(?)スープやビールも売っていて、そこそこ商売になるのかな?とも。ーーということは、食品衛生法とか、そういうのは関係無く食品を売っていいのね?という野暮な疑問は捨てて、要は楽しくやればいいのでしょう。
c0003620_2381347.jpg

 DJはGusGusとかHjaltalinとか、結構そうそうたるメンバーが出ていたようです。が、私たちが見た時に誰がやっていたのかは分かりません・・・。
 
 こちらは、土曜の午後のお決まりのオジサンの溜まり場(これ以降の写真は小倉のスナップ)。
c0003620_23125145.jpg

 ん?このブルーラグーンみたいなのはなんだ?プレス・ラウンジに指定されていたバーの入り口に、こんなものが出没していました。が、私は次なるアポがあるため、指定の場所へ急ぎます。
c0003620_23135611.jpg


 そして取材場所へ向かいます。18時に取材をさせてもらったのは、For a Minor Reflection。「もう一度しっかりと彼らの写真が撮りたい!」という写真家のKurita Keikoさんのリクエストが発端でしたが、ついでなので、トーキョー・ノーザンライツ・フェスティバル用にもあれこれを取材。ついでに(ついでばっかり!)、アルバムにサインを貰ったり、も。
c0003620_23155285.jpg

 4人揃ってると壮観だし、かっこいいわぁ(私は単なるミーハー)。やっぱりロック・グループは見た目も大切だし、みんな素直でいい感じの青年だし(こう書いているウチに、ニターっとして口角が上がってくる)、私は好きだわぁ(単純にミーハー(笑))。
c0003620_23151126.jpg

  見た目が一番ロッカーっぽいアンドリが身に付けていたペンダントが、ヴァイキングのルーンのドリーム・シンボルビョークのタトゥーはサインポストですね。
c0003620_23171562.jpg

 あん、記念撮影したのが、ひとり帰ってしまった後で残念。
c0003620_23174699.jpg

 この取材の後、シバノさんはホテルに一旦戻り、Kuritaさんと私で食事をすることにしました。お互いにシッカリ食べようということで合意し、魚料理がおいしい(と私は思う)Oliverへ。いつものことながら、ここは混んでいて1時間待ちと言われたけど、まぁ30分くらいかな、というのが普通なので、30分後に再集合ということで各自解散。
 レイキャヴィクは狭いので、クリタさんも自宅まで5分、私もホテルまで5分なので、余分な荷物を置いていくとか、そういうのをやりたかったのです。

 いつもは食べ物をしっかり録る私が・・・写真がないところを見ると、カメラを忘れたのかな?魚がおいしい店ではあるけれど、私は鳥肉が食べたかったので、赤ワインに鳥肉。これがおいしかったぁ。誰も何も語らないけど、アイスランドの鳥肉は臭みが全くなくて、フワフワに軟らかくて大好き!

 この日私が見たい夜のギグは、深夜12時からのGusGus。あえてもっと言えば、オーラブル・アルナルズだけど、ハルパというのが気になって及び腰になっていました。彼のような音楽はハルパにぴったりのはずだけど、もしもまた、オーディエンスが借りてきた猫のような感じで、雰囲気が冷たいと、私は本格的にハルパ恐怖症(先入観という意味)みたいなりそうなので、これは、すごく迷った結果、行かない!にしたのです。

 ということは夜12時まで時間があるので、ご飯の後、ちょっと休憩することに。で、ホテルに帰り、ツイートしたり、仕事関係のメールをしているうちに、すごく眠くなってきたので横になる。

 考えてみれば、ここ数日まともな睡眠時間がないし、動き通しだし、赤ワインはグラス一杯とはいえ、日本の2倍の量があるので、そりゃ酔うよね。11時までひと眠りすると起きられなくなる可能性があり、でもGusGusはものすごく見たいので・・・。結局、私は寝ることを選択したけど、そこに至るまでの2時間、まどろんでは10分おきに時間をチェックし、GusGusへ行くべきかを体調と相談していたのです。最終的に行くのは無理と判断したのが11時40分頃かな。行かないのであれば、最初からゆっくりと眠っておけばよかったとも思ったけれど、でも、どうしても、どうしても見たかったことも真実でした。

 案の定、翌日に「GusGusすごかったねぇ」とみんなから言われた。私が当然GusGusを選択して見ているだろうと、関係者もみんな思った訳ね。当たってるわ。でも、ま、疲れ過ぎて見られない時もあるということなのでしょう。けど、未だにちょっと悔しい。GusGusは、ずっと前の2003年とか2004年に見たことがあるけれど、それ以来見る機会がなかったし、今年はヒャルタリンのホグニまでヴォーカルで入ってるので、ちょっとレベルが違うぞ、ということで、大注目だったんだけどなぁ。来年にでもリベンジします!
 Olafur ArnaldsもGusGusもクリタさんが写真を撮っているはずなので、それに期待しています!(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





  アーティスト直筆サインアルバムを放出中!↓




 
 
 
[PR]
by icelandia | 2011-11-22 23:24 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス2... アイスランド・エアウエイブス2... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
小倉参加最終!5月13日Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加がアイスランドに拠点を移す関係で、小倉が参加するツアー説明会の最終は5月13日です。それ以降も説明会はありますが、小倉はビデオ参加等になる可能性が高いです。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム