execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アイスランドの国歌斉唱もサッカーの宙返りハンドスローも大評判!動画でどうぞ^^
 既にご覧になった方も多いと思いますが、日本vs.アイスランドのサッカーの親善試合で、ICELANDiaのお友達、ヒルドゥルがアイスランド国家を歌いました。
 後日彼女は「ものすごく緊張して、倒れないかと思いながらスタジアムで歌ってた」と言っていましたが、なんのなんの、緊張していたのは分かりましたが、堂々とした素晴らしい歌唱で、見ていた人大勢の人々を感動させてくれました。ありがとう、ヒルドゥル!

 その時の動画は、アイスランドのニュースサイトにあります。以下のページにアクセスし、右にある三角のポッチを押してくださいね。
http://www.visir.is/thjodsongur-hildar-fyrir-japansleikinn/article/2012120229414?fb_ref=under&fb_source=home_oneline

 で、これをスタジアムから録画したお客さまがいらっしゃり、ヒルドゥルの様子がよくわかるので、併せてこちらもぜひご覧ください。


 この試合は3対1で日本が勝利しましたが、人口一億人の国に32万人の国がアウェーで戦い、1点をもぎ取っただけで素晴らしい。それに、サービス精神も旺盛というか、7番の選手が珍しいスローを沢山見せてくれたので、アイスランド・チームはとても強烈な印象を残してくれました。
 あのスローがあまりにも目立ったため、他の物事がかすんでいましたね。ただでは起きない彼らの底力でしょうか。


 関東には雪が降りましたが、どうやらすぐに溶けてくれるようです。一瞬でしたが、素敵な雪景色を見ることができ、銀世界を見ながら「ここがアイスランドだったらいいのに」と、かなり意味不明なことを思ってしまいました。

 来週から再来週にかけて、『IOf Monsters and Men』を含む、まだ私がご紹介していないアルバムがアイスランドから届く予定です。どうぞお楽しみに! (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





                                                寒い冬には心暖まるアイスランド音楽を!↓



こどもの音楽再生基金


  
  自然をアイスランドのデザイナー作品で↓
c0003620_2575895.jpg
  
 
 

 
[PR]
by icelandia | 2012-02-29 23:13 | News | Comments(0)
<< シバノジョシア写真展 「Chi... サッカー、キリンチェレンジカッ... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加が参加するツアー説明会、2017年は3月から5月までのみとなる予定です。それ以降は未定です。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム