execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ヨハン、ムーム、シガーロスの新譜を速攻ゲット! キャルタンはツアー不参加
 アイスランド満喫中のICELANDiaの小倉です。

 趣味のところで仕事もしているため、どこまでが趣味でどこまでが仕事なのかよくわからず、また、趣味のつもりが仕事になっちゃったりするため、線引きが全くできていませんが、昨日は音楽的には収穫どっさりの一日でした。

c0003620_1029671.jpg
まず12Tonarでヨハン・ヨハンソンの新譜『Copenhagen Dreams』をゲット。これ、12インチとダウンロードのみだそうです。ヨハンの5月のツアーでは、ハンドメイド(?)のCDを150枚限定で発売。
 アイスランドだけが別格で、12TonarレーベルからCDを入手できます。で、私も別格扱い(?)になり、仕入れさせていただけることになりました。アイスランド以外では世界唯一!!! 数日以内に商品としてショップにアップしますね。
 ここ数作、暗く重い作品が続いていましたが、 今回はフル・オーケストラではなく、少人数のストリングとクラリネットやチェレスタ、電子楽器などで構成され、いい感じに明るく身軽な感じで、私はとても好きです。

 その後、パスカル・ピノンの双子ちゃんとお茶をしました。来週から2週間、アレックスの自宅(ということはヨンシーの自宅でもありますね)で、レコーディングとのこと。日本へまた行きたい!と盛んに話していましたよ〜。
c0003620_1029662.jpg

 次にBad Tasteへ行くと、「シガーロスの新譜が今日入ってきたから。はい、どうぞ」と、新譜『Valtari』を早速一枚ゲット!3面見開きのジャケットです。
c0003620_1029745.jpg

 キャルタンだけはアメリカに居て無理ですが、他のメンバーからはサインをいただいてみなさまにご販売できそうです!
 「リリースに際して何かイベントとか計画してるのぉ?」と尋ねると、「いや、特になにも〜〜」と言いつつ、「僕らって君の携帯番号知ってたっけ?」と、いつもは携帯番号など無頓着な彼らが確認していたので、何かあるかもと、一応思ってます。このリリース関係で電話かかってきたら、即時出動する予定(笑)。

 ただ、そこで聞かされたのですが、シガーロスのツアーにキャルタンは加わらず、代わりに、ゲオルグの実弟のキャルタン・ダグル・ホルム(For a Minor Reflectionのメンバー)と、ヨンシーのキーボードとして活躍したオーラヴル・ビヨルン・オラフソンが参加だそう。
 キャルタンはツアーはやらないけど、グループ脱退ではないとのこと。

 その後、アイスランド・エアウエイブスのツアー関係でのアレンジで歩いていると、目の前のドアからムームのオルヴァルが!あれ?FM Belfastのメンバーはベルリンに居るよね?だって、ローアとお茶しようと思ったら、「悪い、今ベルリンなの」だったもん。
c0003620_1029724.jpg
 話を聞けば、オルヴァルは別行動で、来週あたりから同行するのだそう。
 なんで私がいるのか?と目を疑った感じのオルヴァルの顔が面白かった。でも私も、彼はグループと共にベルリンだと思ってたので「なんでオルヴァル、アイスランドにいるの?」でした(笑)

 「サンプルがあがってるから、待ってて」と、今出て来たばかりのビルに再度入り、ムームの新譜『Early Bird』のサンプル盤をゲット。
 
 新譜はムームのごく初期の、まったりしたピコピコがふんだんに楽しめるアルバムです。以前の音といえばそれまでだけど、ある種の懐かしさと共に、やっぱりとても新鮮な驚きを届けてくれる内容です。
 以前からのムーム・ファンは必聴でしょう。大好きになると思う。

 それで、あれこれをやって帰る途中、ヨンシーとすれ違いました。彼の自宅と、私が宿泊しているところは2ブロックも離れていないので、どこかで出会すだろうとは思っていたんですけどね。互いに「Hi」と挨拶だけはした。

 たぶん、アイスランド音楽ファンであれば、これでもうお腹いっぱいですよねぇ。ヨハン、ムーム、シガーロスの新譜に、生ヨンシー(笑)。

 あれこれは、なるべくマメにツイートしていますので、よろしければフォローしてくださいね。
小倉悠加のツイッター
https://twitter.com/#!/YukaOgura

 5月22日は私の誕生日で、日本からのお客さまとゴールデンサークルを回ってきました。たった3名でドライバー・ガイドを雇い、ツアーのヴァンを使用するという、超贅沢なヴァージョンでした。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





                                                アイスランドからのフレッシュな音楽を!↓





c0003620_1029671.jpg
[PR]
by icelandia | 2012-05-23 10:35 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランドでチョコミント色の... アイスランド現地情報紙の表紙も... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム