execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アイスランド・エアウエイブス2012(9): ビョークと仲良くソラリス鑑賞も!
c0003620_1451413.jpg もうすぐクリスマスですね。ICELANDiaショップでは、アイスランドのクリスマスからや音楽やキッチン小物など、北欧チックなクリスマスのお手伝いに役立つものを集めてみました。

 例えば、アイスランド好きへのプレゼントには、こんなタグはいかが?アイスランドのクラフト展で仕入れてきたものです。

 c0003620_1451462.jpg こちらのアルバムは、この作品のみに収録されたビョークのクリスマス・アルバム曲が収録。アルバム全体がバラエティに富んでいて、楽しくクリスマス気分に浸れます。

 その他、キッチンタオルや、聖歌隊が歌うクリスマス。私が大好きなアルバムなどもご紹介しています。厳選したので、あまり商品数はありませんが、ぜひこちらの一覧をご覧くださいね。併せて、アイスランドのニット小物も見ていただけるとうれしいです。


== 2012年アイスランド・エアウエイブス・レポート(9)==
11月3日後半

教会クラシックライブ、ギター・チル・アンビエント、
楽しいポップロックまで最強ラインアップ!

 photos by Joshia Shibano
 クレジットがないのは私のスナップ写真

 前回のレポートはこちら

 一応おさらいをすれば、土曜日は午前中から午後にかけてブルーラグーンへ行き、レイキャヴィクに戻ると急いでオフ会場の Marketaを見た後、 Marina HotelFor a Minor Reflectkon を。
 前回、私のスナップをお届けしましたが、For a Minor Reflectkonはシバノさんが撮影してくださっていたので、そこからレポートしますね。
 
 ベース奏者が風邪でダウンし、ベースがすごく急ごしらえだったにも関わらず、上手に息を合わせていました。
c0003620_1493088.jpg

 翌日に シガーロス の公演を控え、そのリハーサルを抜けて自分のバンドのライブをこなしにきたキャルタン。
c0003620_1493543.jpg

 このバンド、年々切れ味もドライブ感もよくなってきていて、何かのきっかけさえあれば、いつでもブレイクしそうなクオリティ。みんな見た目もかっこいいし、ひたすら応援!
c0003620_1494141.jpg

 ここで日本人ファンと会っていただけるようマネージャー氏にお願いをして、楽器を片付けた後、シガーロスのリハーサルへ直行しなければならないキャルタンを除いて、みんな丁寧に会ってくれました。メンバーのみんな、いつもありがとう♪

 そしてこれからがメイン会場のパフォーマンス巡りになります。1時間ほど間があったので、その間にサっとホテルに戻って簡単なメールチェックなどを済ませ、夕食をとって教会のFrikirkjanへ。
 
 ここで行われたのが、SOLARISのスペシャル演奏会。ソラリスといえばタルコフスキーの映画ですが、彼らがその映画の音楽を再構築するという試みで、それに関するインタビューは以前ご紹介済みです。ここ
 
 今回はその音楽を教会という荘厳な雰囲気の場所で、ベッドルーム・コミュニティ・レーベルが誇る新進気鋭の現代音楽作曲家ダニエル・ビャルナソン指揮 によるオーケストラと、 国際的に評価の高いダーク・アンビエントのベン・フロスト が電子楽器演奏を重ねるという贅沢。それも前半、後半の計2時間強という長丁場。
 アイスランド・エアウエイブスの場合、メイン会場でも40分が普通なので、2時間強はものすごい。たぶん、アイスランド・エアウエイブス史上初めて!
c0003620_1445568.jpg

 この演奏が素晴らしかった。静けさの中に感じる情熱とでもいうのでしょうか、オーケストラの分厚い緊張感を切り裂くように、電子音が割り込み、冷静を装いながらも裏に激烈な思いが潜んでいるような、そんな微妙に揺れ続ける世界感を、繊細かつスリリングな演奏でたっぷりと楽しませてもらいました。唸るような、さすがのベッドルーム・クオリティ!
 
 いくらでも居座っていたかったけど、Skuli Severrissonをどーしても聞きたかったので、前半後の休憩時間にIdnoへ移動。これ、完璧に後ろ髪引かれたわぁ。

  Idnoに到着すると、この前オフ会場でチラ見をしたカナダの Mo Kenny がやっていた。おや、予定はオルロフ・アルナルズじゃなかったのか?
c0003620_1445688.jpg

 そして待ちに待った Skuli Sverrisson の登場。私は2年ほど前にアイスランド・エアウエイブス終了後に行われたスクリのライブを見ていて、あれが素晴らしかった。彼が奏でるギターの微妙なうねりは、まるで脳をマッサージされているような感じで、とても心地よかった。あれが忘れられず、あぁいうライブを期待していると・・・・。
 バックに誰もいない!そのうちに誰か出てくるのかと思ったら、ずっと一人。それも、アルバム曲のメロディーのモチーフは時々チラっと使うけど、それだけで、最初から最後まで鬼のギターアンビエント!それはそれでよかったけれど、でもバンドで見たかったなぁ。
c0003620_1523031.jpg

 後日、私が帰国する際、スクリとアルバムを出している オスカル・グジョンソン に空港で会い、スクリの話もたくさんでて、彼によればスクリはあぁいうのが一度すごーくやりたかったということでした。アーティストがそうしたいというのであれば、それがあの時点の彼がやりたい音楽なので、それはそれでいいかと思うけど、でもバンドで見たかったぁ(クドイようだけど、だってあのバンド、本当に素晴らしかったんだもん!)

 この日は強風ではなかったので、会場移動も楽。なので次は 美術館会場 へ。

 そこでやっていたのが Sin Fang(シンドリ) 。彼のバックには Seabear仲間のSoley などもいて、顔なじみファミリーで気分もほっこり。シンドリって、自己主張が無いのかと思うほど寡黙な印象なんだけど、ライブの彼は、いつも緊張したような顔つきなんだけど、音楽は表情豊かで、個性がしっかりと出ていて、とてもいい。
 シンドリは2013年2月にリリースされる新作『Flowers』をぜひお楽しみに。アーティストとしての規模感というか、大胆にシンドリの世界感が出ていて、これがすごくいい出来なのです!!!
c0003620_1534735.jpg


 そしてなぜ私が美術館会場へやってきたのかといえば、Sin Fangと一石二鳥だったのと、また、もしや ビョーク が飛び入り?という淡い期待をもって、 Dirty Projectors を見たかった。

 こちらがセットリスト。
c0003620_1544364.jpg

 アイスランド・エアウエイブスでは、ほとんど海外のバンドを見ず、アイスランドのアーティストばっかり見てますが、いやぁたまには海外のバンドもいいものです。楽しいし、なにあのハーモニー?!どうやって重ねてるのかわからないけど、ハーモニーがよすぎてびっくり。
c0003620_1552566.jpg

 見た目のことで申し訳ないんだけど、白いタイツは足が太く見えると実感。白いと目立つからね。遠くから見ればいいけど、フォトブースは最前列なので、同じ女子としてちーと気になった。
c0003620_1561485.jpg

 女性の方が目立つけど、彼ががっちりとバンドをまとめてる感じでした。ヴォーカルに男女両方いて、どちらもリードが取れるのは、やっぱりプラスだなぁ、と。オブモンスターズもそうなんだけどね。
c0003620_1561568.jpg


 残念ながらビョークは出現せず。後日談ですが、ビョークはソラリスを聞きに行っていたそう。ちゅーことは、私はビョークと同じ音楽を、同じ観客として聞いていた、と。ひゃ〜!l (次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





                           北欧のニットアイスランドのクリスマス・グッズや音楽はここ!↓

 
[PR]
by icelandia | 2012-12-18 01:58 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シバノジョシア写真展:アイスラ... アイスランド・エアウエイブス2... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム