execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
moshimoss 新作にフィーチュア!ロウクロウ/ Lily and Foxのヒルドゥル元気です!
アイスランドに滞在中のICELANDiaの小倉です。

 毎日本当にドタバタで、いろいろな人と会って話をしています。外が白夜で明るいのをいいことに(?)時には夜の11時ごろまで立て続けに。

 やり方が不器用なのかもしれませんが、私が何をどうしたいのか、その考えがどこまで実現できているのか等、直接会って話すことがとても大切だと感じているので、丁寧にそれをやっています。

 さてさて、そんな中、私が以前ブログで何度か取りあげていた、ロウクロウのヴォーカリストで、Lily and Foxというソロ・プロジェクトを留学中に日本で立ち上げたヒルドゥル・クリスティンに会ってきました。

 そしてなんと、彼女が来日中にレコーディングした、日本のアーティストとコラボ曲が入っているアルバムが発売!そんなこんなを、サクっとインタビューしてきました。
c0003620_9493969.jpg


小倉(以下O):元気?
ヒルドゥル(以下H):はい、元気です。悠加さんは元気ですか?
O:はい、私も元気です。ありがとう。で、日本語にする?それとも英語?
H:最近日本語をあまり話していないので、日本語はちょっと難しい。
O:そうだよね、アイスランドにいるとなかなか日本語話す機会がないよね。
H:はい、時々、日本人の人を街で見かけて話しかけると、とても驚かれます。
O:わかるわぁ。(注:ここらへんまでは頑張って日本語だった!)

秋頃に音楽活動再開!
O:今は何をしているの?
H:日本語の専攻で大学を卒業して、今はアルバイトをしてるの。まだ仕事を始めたばかりで、それで結構いそがしくて時間が過ぎてしまう。
O:音楽活動は?
H:ロウクロウのドラマーがバンドを辞めて、それで新しいドラマーにしたけど、またその彼もうまくいかなくて、あれこれしているうちに、当初のドラマーが戻ってきて、それでもう半年くらいあまり何もできなかった。
 バンドのメンバーも6人いるから、なかなか6人揃って練習もできないし、まして曲作りとなると、いろんな意見が出てきてまとまらなかったりするから、結構たいへん。
O:それじゃソロ活動は?
H:それもお休み状態。日本にいる時にすごく集中的にやっていて、帰国してすぐにアイスランド・エアウエイブスにも出たから、ちょっとお休み中って感じ。
O:どちらも休止中っていうのも、ちょっと勿体なくない?
H:もう少し経ったら、ソロもバンドも活動を再開するし、たぶん夏の終わり頃から秋にかけてレコーディングして、アイスランド・エアウエイブスまでにはアルバムがリリースできるようになればと思ってる。
O:それじゃそれを楽しみにしてるね!

恋しいのは日本のB級グルメ?!
O:日本のことは思い出す?
H:もうすごく帰りたいです( 日本語で)
O:何が一番恋しい?
H:食べ物がすごく食べたい。
O:どんな食べ物?
H:ぜんぶ!トンカツ、お好み焼き、ラーメン、餃子・・・( 出てくるのがB級ググルメオンパレード)スシもおいしかったし、天ぷら、お弁当とかも。
O:スシはアイスランドにもあるけど、日本のスシとは違うからね。
H:本当に!日本のスシがぜったいにいい!ご飯が違う!(力説)
O:だよねぇ。日本で本当の日本食を食べた誰かが、日本食屋やってくれないかなぁって思うよね!

コラボ作品レコーディング秘話!

『endless endings』
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=59472044
c0003620_1114416.jpg
O:ところで、日本のアーティストとコラボしたのよね。それについてを教えて。
H:日本にいる間に知り合ったmoshimossさんのニュー・アルバムで、一曲ヴォーカルをやらせてもらったの。
O:日本にいる間にそういう活動ができてよかったね!
H:『endless endings』というアルバムに入っている「Hvert sem er 」という曲のヴォーカルを私が担当。歌詞も書いたのよ。
O:で、レコーディングはどんな感じだったの?
H:それが今だから告白するけど、曲をもらっていたけど、ヴォーカルの歌詞をどうするか全然やってなくて。やってないというか、頭の中ではあれこれ考えてはいたけど、考えがまとまってはいなくて、「どんな感じ?」って尋ねられると、「考えてるから大丈夫」と言ってたし、確かに考えてたんだけど、でも、全然やってなくて、レコーディングするその日、「うわ、まだやってないどーしよー」なんて思っていて(それってダメじゃんw)、電車に乗ってる時に書き始めて、そしたら結構すぐに書けたからよかった(笑)。
O:土壇場でじつまを合わせるところがアイスランド人!
H:電車の中で書き終えて、それから、どんな風に歌おうかとか考え始めた。現場に着いた時は、さも以前から用意していたように涼しい顔してたけど、実はその日の昼間電車に乗ってた時にかき上げて、電車の中で密かに練習してたっていう(笑)
O:すごー!でもそれであれだけいい感じのヴォーカルができちゃうのが、さすがだよね。
H:自分でもすごく気に入ってる。あまり練りすぎず、自然体だったのもよかったのかもね。自分でもそう思う。
 それはmoshimossさんが自由にやらせてくれたことが大きかった。何かあれこれ制約があったら、きっと迷ったり悩んだりしていたと思うの。でも好きにやっていいと言われたから、ごく自然体でできたんだと思うわ。とても有り難かった。moshimossさん、ありがとう。

O:また日本に来られるといいよね。
H:ホント、また絶対に行きたいし、Lily and Foxのアルバムを出したら、日本ツアーをやることにしてるから、その時はぜひまたみんなの顔が見たい。
O:それまでに日本語を忘れないようにしてね。
H:ハイ、ガンバリマス!
c0003620_950106.jpg

 彼女とお茶をしながら、こんな感じの他愛ない話をあれこれしました。日本での留学を終え、アイスランドの大学も卒業して、アイスランドで仕事を持って日常を送っているけれど、どこかに色濃く日本を引きずっていて、本当に日本が忘れがたいんだなぁという印象でした。
 ロウクロウのヴォーカリストとしても活躍し、そして何よりもLily and Foxのアルバムを完成させて、ぜひ日本でまた素敵な歌声を聞かせてほしいですね!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ツアー大阪説明会6月29・30日決定↓
c0003620_23183053.jpg




日本での扱いはここだけ!というアイスランド満載!↓


[PR]
by icelandia | 2013-05-23 09:55 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス・... アイスランド滞在中:いきなり大... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド音楽フェス独自ドキュメンタリー上映会&アイスランド・エアウエイブスツアー説明会6月24日
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム