execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
なぜにアイスランドの音楽が個性的で国際的に注目されるのか?
 なぜ人口32万人の小国であるアイスランドの音楽がこれほど国際的に注目を浴びるのか?
 それは私が某大学の授業で毎回話すことでもありますが、これに関してとてもいい記事を雑誌『WIRED』の特集「これからの音楽」で見つけました。

『 WIRED』(VOL.8 GQ JAPAN.2013年7月号増刊)

c0003620_1527437.jpg  なぜアイスランドのような小さな国の音楽が国際的に注目されているのかというテーマでの記事で、なかなか的を得ています。ただ、固有名詞の読み方はズタボロですが、まぁ普通はそんなものということで、ご愛敬です。
 
 去年10月現地でお会いした方かなぁという気がします。というのも、生地が出るのが春頃とおっしゃっていたので。

 アイスランド音楽が好きでアイスランドへ実際に行ったことがある方は、12 Tonarのオーナーの話は特に面白いかと思います。

 また、レーベルオーナーでありアーティストでもあるということでヴァルゲイル・シグルズソンのベッドルーム・コミュニティ・レーベルも取りあげられていて、やはり目の付け所がいいなぁって感じですね。
 オーラヴル・アルナルズがオラファーになっているのはナニですが、彼はアーティストであり、ビジネスマンとしても優秀だという人が多いので、そこらへんも垣間見られるかと思います。

 音楽ファンはどうしても表層を見がちだし、なかなかここまでコアに知る機会も少ないと思うので、ぜひ読んでいただきたい記事です。それから、チラリと取りあげられているAsgeir Traustiが置いてあるショップは、日本ではまだICELANDiaのみででしょう。聞きたい方はこちらにあります!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ツアー説明会は大阪6月30日!↓
c0003620_23183053.jpg




日本での扱いはここだけ!というアイスランド満載!↓


[PR]
by icelandia | 2013-06-15 15:36 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ICELANDiaショップでk... バス・ツアー水先案内アーティス... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド音楽フェス独自ドキュメンタリー上映会&アイスランド・エアウエイブスツアー説明会6月24日
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム