execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アイスランド・エアウエイブス2013(3)オケ共演圧巻のオーラブル、芸術家集団ベッドルームレーベルを堪能
(前回のブログはこちら)  今年のアイスランド・エアウエイブスは本当にメチャクチャすごかった!ライブの数もものすごいし(たぶん750ギグくらいじゃなかったっけ?!)、内容のクオリティの高さも素晴らしいのが大半だった。

 もう全貌など掴めたもんじゃありません。なのでこの際開き直ることにして、数多くのアーティストを見ることはやめて、ゆったりと大人の女性として楽しむことに徹底しました!(とはいえ半日で10組のライブを回るような、そういう以前の周り方もしちゃいましたが。ついいつものクセが出ちゃった(笑))。

 それぞれにメインのギグはあったと思いますが、 私が最高に感激したのは、 オーラブル・アルナルズ で、まだ二十代半ばなのにあの充実度はちょっとあり得なかった。

 アイスランド交響楽団との共演で、最新アルバム『For Now I am Winter』のアルバムを最初から最後まで通して演奏するという大コンセプト。で、それがこのライブの後半。前半はマックス・リヒターがリコンポーズしたヴィヴァルディの『四季』。私はなんたって幼稚園時代からの四季ファンだから興味はあったけど、ゆったり大人の女性として楽しむとは言ったところで、そこまでゆったりと時間を過ごせた訳ではなく(←まだ思い切りが足りない!)、後半からハルパの大ホールに入りました。

 で、ハルパに到着した時にホールの12Tonar前で演奏していたのが Oyama で、けだるい感じのヴォーカルと、うねるようなゆるいギターが絶妙なコンビネーションで、知らない間にぐいぐいと引き込まれていく不思議な魅力のグループでした。
c0003620_2114988.jpg

 これにはちょっとしたアクシデントがあり、なにせ大ホールではアイスランド交響楽団が『四季』を演奏している。でもロビーでは大音響でオルタナロックのOyamaの演奏。どうやら大ホールの中までこのロック音楽が届いてしまうようで、演奏途中に誰かがメンバーに耳打ちし、その後「大ホールでのオーラブル・アルナルズの演奏に支障が出てるから、休憩時間まで僕らの演奏を一時中止します」 というアナウンス。
c0003620_2115842.jpg

 え〜、もうオーラヴルやってるなんて!と焦ったら、そうではなく、演奏していたのは四季だったようです。Oyama側が「大ホール=オーラブル」という意識になってたのでしょうね。
 という曰わく因縁付きの演奏で、大ホールの前半の演奏が終わり、20分の休憩に入ったところで、Oyamaは演奏を再開していました。

 そして私は大ホールへ。
 
 ズラリと並んだアイスランド交響楽団のメンバーと共演するのは、27歳になりたてのオーラブル・アルナルズ。若手のポスト・クラシック・コンポーザーとして近年めきめきとその名が知られるようになってきた。二十歳そこそこで、学校の仲間か何かであろう若いストリング・カルテットを従えてのデビューを知っているので、すごく感慨深かった。

 実はこの演奏の数日前、彼のスタジオで少し立ち話をして、「故郷のアイスランドでのフルオケとのライブで、緊張してない?」と尋ねたら、「いや、もうフルオケとの演奏はルーチンになってるから・・・でもやっぱりアイスランドでのフルオケは初めてだから、ちょっとストレスはあるね」と。

 このライブでは最新アルバムをフルに演奏。交響楽団の音色は端正で上品で、そこに丁寧に、丹念にオーラブルがつむいでいく電子音も痛々しいほど美しく、両者が溶け合うようにからんでいく様が見事だった。シンプルなメロディだからこそ、オーラブルの一音一音に感情をこめたエモーショナルなピアノ演奏が際立った。
 バックのビジュアルもシンプルで、矛盾した言葉を連ねるけれど、ミニマルなゴージャス感という表現がぴったりでした。
c0003620_214726.jpg

 途中数曲歌ったアルノル・ダンの歌声は、シガーロスのヨンシーとはまた違った声質のきれいなソプラノで、普段ガンガンとロックを歌っている彼からはちょっと想像し難い芸術的な響き。アルノルのこのヴォーカルをあぁいう風に使えば最大限に生かせると思ったオーラヴルは、やっぱりものすごい天才なんだなぁと感心。
c0003620_214722.jpg

 どの曲も川のせせらぎのように流れ、次々と変化し続ける情景と共に、私の心の中も揺れ動き、遊び回り、アイスランドのあんな風景や、こんな情景、自分が出逢ったあんな出来事や、後悔してるこんな出来事などもなぜか思い出されて、すごく感慨深く感激したライブでした。

 アイスランド交響楽団というプロの演奏集団が、オーラヴルの痛いほどのみずみずしい感性を支えたんだろうなぁ、素晴らしいコンビネーションだなぁ、と、しばらくその場を立つ気がしないほど、浸りきりました。

 私は生の弦楽器の響きが大好きなので、アイスランドでこんな豪華な演奏を聴かせてもらって幸せでした。ホント、素晴らしかった。

 このライブに関しては、写真家のKeiko Kuritaさんが楽屋にも潜入して写真を撮ってくださっているそうなので、それは後日お届けできる予定です(こちらの記事です)。

 静かな音の多いクラシックのライブなので、シャッター音に気を遣いながら撮影してくださったシバノ・ジョシアさんにも感謝。

 そして今回のアイスランド・エアウエイブスでもうひとつ、たっぷりと堪能したのが ベッドルーム・コミュニティのハトグリムス教会でのライブでした。
 アイスランド・エアウエイブスとして今回初めてハトグリムス教会の使用許可が下りたということで、ベッドルーム全員、超張り切って取り組んだこのライブも聞き物!

 これも凄かった。ほとんど休み無しで、ぶっ続けで5時間くらい演奏が続きます。セットチェンジといっても5分程度。
 ベッドルーム・コミュニティのメンバ−、親分である ヴァルゲイル・シグルズソンを筆頭に、ベン・フロスト、ダニエル・ビャルナソン、ナディア・シロタ、それから最近このメンバーに加わったジェイムス・ヴィニィ が、入れ替わり立ち替わりの演奏で、あまりよく区切りがわからない。
 それぞれに個性があるけれど、ベッドルームとしての共通の音色や音の質感があり、それがごく自然に流れていきました。
c0003620_2251110.jpg

 正直なところこれも最初から聴けたわけじゃなくて、途中からの参加。結構超満員で、最初の30分ほどは座れる席が見当たらず通路に座ることに。

 休憩時間になったので、会場を一周していると、真ん中の通路の広いところの席が空いたので、パッとそこに陣取ると、なんと隣3名ほど全員私のツアー・グループの人。さすがいい席とってる!そこは、通路を隔ててミキシング・テーブルの後ろだから、音響のバランスも悪いはずがない。

 音響と言えば、教会は天井が高く、ミキシング次第では大惨事にもなるし、大成功にもなる。ここはベッドルームのいつものエンジニア氏と、この教会の音響になれてる係員とのチームワークで音響を組んだそうで、とても響きがよかった。
 ハルパの大ホールでの音は端正で、スッキリした感じで、こちらの教会は暖かみと余韻がよかった。どちらがいいとかではなく、そういう質感を感じたということだけです。
c0003620_2251242.jpg

 その席に落ち着いてしばらく聴いていると、私の横の席が空き、その席をパっと掴んだのが・・・ヴァルゲイル本人!演奏中につき、軽くハグして小声で、「演奏素晴らしかったし、この教会でのライブおめでとう」と言って挨拶。

 そして私が一番楽しみにしていたのが ベン・フロスト。 ベンはいつも奇想天外で、実験的で、あっちにぶっ飛んでいて、本当に大好き。あまりにもあっち方向で理解できない時もあるけれど、でもそのぶっ飛び度が好きなので、それはそれでいいんです。去年は2ドラムスのパフォーマンスだった。

 その点、今年のベンは普通というか、分かりやすいというか。電子音、ノイズ、ストリングスの共演で、彼が得意なとんがった美しさと狂気で素敵だった。教会の荘厳さが、ノイズのおどろおどろしい雰囲気に溶け合って印象的でした。

 私のお目当てはベンだったので、そこで去ってもよかったけれど、居心地がいいし、音楽も好き系なので、そのまま最後まで居座ることに。で、これが大正解で、最後まで居てよかったぁ!

 トリは ジェイムス・マクヴィニィのパイプ・オルガン演奏で、そういえば私は本格的なパイプオルガンのライブを聞いたことがなく、あのド高い天井にパイプオルガンの圧倒的な音量が放たれると、ロック音楽もメじゃないほどノーテンにきて、パンチがあったわぁ。あれを聞いた後は、大音響のロック音楽をノリノリで聞いた後の爽快感!
 そこで思ったのは、なるほど教会でのパイプオルガンというのは、信者を圧倒させるのにとっても効果的なのね、ということ。どうでもいいけど・・・。
c0003620_2251159.jpg

 こんなのばかり紹介してると、アイスランド・エアウエイブスってクラシック系フェス?と間違われそうですが、そうではありません。中心はロックです。が、ジャンルは本当に問わなくて、クラシック的なものも、ジャズ的なものも、ソウル・ファンク的なものも、ラップもメタルもあり、何でもアリです。たまたま私の琴線にふれたのが、今年はクラシック系が目立っただけで。(次回に続く) (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


アイスランドのクリスマスも満載中!↓


[PR]
by icelandia | 2013-12-06 02:23 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 世界一軽くて暖かい?!北欧の魅... アイスランド・エアウエイブス2... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム