execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アイスランド・エアウエイブス2013(9前半) 土曜日の午後、気ままな音楽との出逢いを楽しむ
 なんだかお久し振りです(汗)。
 12月は大量にサンタが山から降りてきて、数年ぶりにサンタ紹介をやったためそれでつぶれ、1月福袋が忙しく、ブログをなかなか更新できず失礼しました。ちなみに、福袋は1月末日までこちらで販売しています!

 アイスランド・エアウエイブスのレポートが途中でそのままになってしまい、すごく気になっていたので、そこから取り戻していきますね。

 それで、アイスランド・エアウエイブスのレポートを書いたところ、たった一日の出来事なのですが、チラ見したアーティスト数が多いせいか長いため、二回に分けて掲載させていただいます。
***

 前回のレポートは日本のアイスランド大使館に駐在していたご夫妻のお宅で、しこたまおいしいものを食べたという話でした。

 さて、2013年のアイスランド・エアウエイブスのレポートは、一日毎に区切るのではなく、アーティストを少しじっくりまとめてご紹介することにしましたが、一日くらい、これまで10年間やってきたように、とにかく数をこなそう!という日があってもいいんじゃないかと思い、そういう日を作ってみました。

 以下、写真は全部私のiPad miniで撮影したスナップなので、いつもの美しく躍動的なシバノ・ジョシアさん シバノ・ジョシアさん の素敵な写真とはおでんの差(注:正しくは「雲泥の差」)です。

 今年アイスランド・エアウエイブスへ行きたい!行く!という方は、こういう動きもできるのか、という参考にしていただけばと思います(とは書いたけど、参考になるのか?)。

 ま、いいや(笑)。

 ツアーのみなさんはブルーラグーンへ行き。私はゆっくりと朝寝坊して、あてもなくあちこちへ寄ってみることにしました。音楽との新しい出逢いは楽しいし、案外「へ〜、素敵じゃん!」という音楽に出逢う確率も高いのです。

 今年はホントにいい天気。去年は台風級の強風でひどかった天気が嘘のよう。毎晩オーロラ見たし。ということで、この日もレイキャヴィクには青空が広がっていました。
c0003620_3111483.jpg

 そして見に行ったのはランドロマット・カフェの Sykurのアコースティック・ライブ 。Sykurはエレクトロ・ポップなので、アコースティックは貴重。すごく楽しみにしてたんだけど、午前中から午後にかけて私は買い付け関係で人に会ったりしていたので、時間的に押し気味になってしまい、聴けたのは最後だけですごく残念。
c0003620_3133258.jpg

 夕方までの私の目的は、景色を眺めにスカイバーに寄った後、ハルパ裏のオークボートでFor A Minor Reflectionの演奏を見るというのがプランだったので、それ以外はフリー。とりあえず、スカイバーの方向へ向かって歩くと、なにやら音楽が漏れ聞こえる。
 ブックストアのIdaでやっていたのは Leaves。うわ、こんなところでリーヴスを聴けるのはうれしいけど、時間配分としては2曲が限度。ベテランだし、手堅いところでしっかりと決めたいい演奏でした。
c0003620_3142296.jpg

 この辺で寄り道は禁物になってくるけれど、またしてもどこぞの店舗からよさげな音楽が!ICEWEARの店舗では、大人には無料アルコール・ドリンク、子供には風船付きでのライブ。ハーモニーのきれいなとってもいいグループだったけど、名前が分からず・・・。ここはオフ会場になっていなくて、どうやら店舗が独自でやっていたことらしい。
c0003620_3142374.jpg

 会場の雰囲気もすこぶるいい感じ。子供も大人も安心して楽しめる穏やかで、さわやかな歌声でした。
c0003620_3142355.jpg

 無料ドリンクの写真を撮りたいだけだったのに、お兄さんが構えてくれちゃったので、お兄さん付きの写真をどうぞ(笑)。
c0003620_3142463.jpg

 そして向かったスカイバーではフランスからの Lescop が演奏していました。
c0003620_3142546.jpg

 でも、私の目的は「景色」だったので、会場は素通りして屋上のテラスへ。
 2008年にこのホテルに宿泊し、朝食のレストランからの眺めがよすぎて絶句した場所。その後、現地のアイスランド人にも「眺め最高だよ〜」と教えて、すごく感謝されました。 
c0003620_3142471.jpg

 久々に来たし、ひざ掛け用のフリースもたくさん置いてあるので、しばしボケーっと椅子に座って景色を堪能。すぐ隣からはライブの音。
 この国には20回近く来てるし、滞在日数も一年間を超えてるんだけど、その割にはレイキャヴィクにこもりっきりで、外に出ないし、もっとあちこち回りたいなぁとか、考えてました。
 そしてハルパに到着し、まずやったことが・・・・
 アウスゲイルのリハーサル を見に行ったのではなく、彼にサインをしてもらうためのアルバムをマネージャーさんに届けたのでした。で、ついでのリハーサルも見れちゃった(役得!)
c0003620_3142523.jpg

 楽屋から客席側へ行く途中、スペインから来たというカップルが、壁に映る影を利用して面白い写真を撮っていたので、私も便乗。
c0003620_3142662.jpg

 それなりに仕事はあるけど、基本的にノンビリしてたんだなぁと、こういう写真を見て改めて思う。
 そして楽しみにしていたハルパ裏にあるヨットハーバーのオークボートでの演奏を見ようと思って階下へ行くと。ん?12Tonarハルパ店の前でライブのセッティングをしてる。え? FaMR ってオークボートじゃないの?
 「寒すぎるとかで店内での演奏に変更になった」とキャルタン。
 え〜!だってこの時期なんだから、寒いって当たり前じゃん。今日は風もそんなになくて天気は悪くないのに・・・。
 ということで、結局彼らの演奏はこのように室内になりました。日本人率高し!私も大好きだし、彼らは音も見た目もかっこいいしね!
c0003620_3142637.jpg

 そしてハルパを後にして、次なる目的は夕食!夕食をもとめてウロウロするうちに、また何かに出会すだろうと、街中へ戻っていきます。
c0003620_3142719.jpg

 ハルパ前にある白いものは、彫刻じゃなくて、本物の氷河の氷でした。なので、毎日見てると形が変わっていくのが楽しい。(次回に続く)

(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


日本での扱いはここだけ!というアイスランド満載!↓


[PR]
by icelandia | 2014-01-28 03:21 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス2... サイン入りシガーロスボックスあ... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム