execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アイスランド・エアウエイブス2013 (12) 音もルックスも最高FaMRリハ&本番
 オーラヴル・アルナルズ公演を体験できた方、本当にラッキーでした。最後の最後は、空調の音を切ってくれ!と恨んだほど本当に繊細な音で、涙腺がゆるんで仕方ありませんでした。大勢の方が感涙・感動したことと思います。

 東京公演はその後も別の意味で凄くて、打ち上げで飲んだ後は御一行様が一番楽しみにしていたカラオケ・パーティー。4時間歌いまくりでした(特にアルノルw)。当日のインタビュー時にそのアルノルから「ライブ後、カラオケ行かない?」と誘われた私はホイホイついていき、洋楽カラオケ三昧で帰宅は始発。
 爆笑続きの、怒濤の4時間で、ライブの雰囲気とは正反対でした。でもそんな風に弾ける時間あってこその、彼の音楽なのかなぁとも思ったり。オーラヴルはもともとメタルやってた人ですからね!

 オーラヴルのインタビューは来週お届けする予定です。

 さてさて、アイスランド・エアウエイブス2013年のレポートは結局脈略がなくなってしまったので、ホント反省。ウー、伝え方を試行錯誤をしたということをご理解いただければ幸いです。
***

 (前回はこちら)今回は私が大好きで、ずっと追いかけてるFor a Minor Reflectionです。シガーロスの弟分として登場し(実際に弟がいるし)、もう何年になるでしょうか。ギター2本、ベース、ドラムスの4名男所帯で、すごくかっこいい音を出すし、見た目もかっこいい!今年はキャルタンがシガーロスのサポートメンバーとして世界をまわり、ミュージシャンとして一回り成長した姿を見せてくれました。

 彼らの最新盤は2012年アイスランド・エアウエイブスのライブをCDとDVDに納めたセット。自主制作盤。

For a Minor Reflection CD+DVD
  『 Live at Iceland Airwaves 』

http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=66482801
c0003620_3181696.jpg 2012年のアイスランド・エアウエイブスを見た方、特に彼らのライブを見た方は客席もよく写されているので、思い出にぜひどうぞ。
 
 さて、私が今回彼らに会ったのはアイスランド・エアウエイブス開始直前のリハーサル場。エアウエイブス前のリハーサル・スタジオは満杯なので、彼らはレイキャヴィクの街外れに位置する建材の倉庫を知り合いから借りていました。

 メンバーが留学したり、キャルタンがシガーロスとワールドツアーに出ていたりでなかなか揃って音を出す機会がなく、一ヶ月ほど前から集中的にリハーサルを開始。取材はリハーサルでの音が出来上がってからしか入れなかったようです。

 で、ここが彼らのリハーサル室。かなりガンガン音が響きます。今までよりも演奏が骨太になった?ドライブ感が増した感じで、音のうねりがすごくいい感じでした。
c0003620_328573.jpg

 印象的だったのは、テクニカルな面でキャルタンがいろいろと仕切っていたこと。リーダーが存在していないようで、やはり彼がイニシアチブを取ってるなぁという感じ。
c0003620_3285745.jpg

ベースのエルヴァル。真面目そうな服装ですが、Tシャツにネクタイが描かれているだけ(笑)。
c0003620_3302891.jpg

 ピアノが弾きたいとだだをこねるアンドリというのが、仲間内のジョークになってました。なぜ?
c0003620_3291691.jpg

 どこからどう見てもいつもかっこいいグッフィ。念願かなって今回は二人でお茶しました。うふっ。
 その時、彼が私の目を真剣に見つめて放った言葉が、「日本に留学したいんだけど、どう思う?」話の内容はどうとも、イケメンから見つめられるとドキっとするよね。私があと20-30歳若かったらと思った(笑)。
c0003620_3315336.jpg

 真面目な集合写真。
c0003620_3315468.jpg

 「なにか面白いことをやって」というリクエストに応えてくれたショット。この場所でのインタビューは、トーキョー・ノーザンライツ・フェスティバルで動画でご覧いただいた通りです(見てない人はごめんなさい)。
c0003620_3323595.jpg

 ガランとした場所で、休憩時間にはここでサッカーをやって遊んだりしていました。こんなところでリハーサルやってるのね、というのが不思議な感じ。面白いけど。
c0003620_332369.jpg

 帰り支度をするメンバー。手前のヒゲの男性が彼らのマネージャー。我々をレイキャヴィクの街中から、この倉庫まで送迎してくださいました。
c0003620_3323763.jpg

 そして後日、アイスランド・エアウエイブス2013での演奏(オフ会場)。固定ファンが沢山いて、特に日本女性が前の方で目立っていた感じで、とてもうれしかったです。演奏後、丁寧にファン対応していたメンバーがとても爽やかな感じで、益々好きになってしまいました。
c0003620_333212.jpg

 音も見た目もかっこいいし、ホント、何とか日本に呼びたいと事ある毎に感じます。(次回に続く
-------------
 アイスランド・エアウエイブス・ツアーの説明会の第一回目が3月15日(土)にあります。詳しくはこちら。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


日本での扱いはここだけ!というアイスランド満載!↓


[PR]
by icelandia | 2014-03-12 03:33 | News | Comments(0)
<< アイスランド・エアウエイブス2... 待望!オーラヴル・アルナルズ来... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加が参加するツアー説明会、2017年は3月から5月までのみとなる予定です。それ以降は未定です。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム