execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アイスランド・エアウエイブス・フェス開始前日、DJ飛行船&宇宙船とSin Fang
(前回はこちら) アイスランド・エアウエイブスの本格始動を翌日に控え、アーティストは最終調整、そして我々もフェス前に取材をこなそうと駆け回ります。
 
 この日は、もう何年も前から気になっていたアーティスト、DJ Flugvel og geimskipこと、ステイヌンに会うことにしていました。何年も前ってどの位なのよ?!って感じですが、たぶん6-7年前。12 Tonarに彼女のデモが置いてあり、それがすごく面白くて、ICELANDiaショップでも扱ってきたアーティストです。

 MySpaceが流行っていた時代に、一度彼女の写真を使いたくて連絡を入れた覚えが。アイスランド・エアウエイブスでも過去に何度か名前を見かけて、見に行ったものの、会場がわからなくて逃したり、時間があわず見られなかったりで、念願の対面!みたいな感じでした。

 で、この可愛い女子が ”DJ飛行船&宇宙船”。
c0003620_321745.jpg

 取材というより会って雑談したかったので、まぁ雑談が主でしたが、それよりも驚いたのは、アウスゲイルのマネージャーが彼女についていたこと。アウスゲイルのプロデューサーであるキッディがステイヌンのファンで、彼女がライブをやる度に毎回見に行き、一派に招き入れたそう。

 私とステイヌンの会話で面白かったのは、いかに私が彼女のことをずっと前から知ってるかということで、「何時頃から?」と尋ねられたので、「パイナップルのレーベルシールみたいなのがケースに貼ってあったデモから扱ってる」と言うと、「え〜〜、信じられない。あれって私がまだ高校生で、授業中にあのパイナップルの紙を切ってはケースに貼ってた!」と。
 
 アーティストと話していると、普通に話して普通に終わることもあれば、ある瞬間、何かすごいレスペクトを得てしまうことがあり、私の場合は「アイスランド・エアウエイブスを10年以上見続けている」というのがキーワードであることが多いけれど、今回の場合は「パイナップルのレーベル」でした。アーティストであるステイヌンさえも忘却の彼方にあったような情報だったようです。

 それがきっかけで、あ〜でもない、こ〜でもないの、半ばガールズトークになり、そして最後はいかに彼女が日本に憧れていて、日本へ行きたいかという話と、いかに偶然がぐるぐるまわり、11月下旬に日本へ行くチャンスを得たかということ(彼女は私がまだレイキャヴィクにいる間に日本へ行ってしまい、東京で会えなくて残念)。この時は、ソングライターのワークショップ参加だったし、突然のことでライブは断念。

 彼女のことは後日2回ほどライブを見る機会に恵まれるので、その時にもう少し書きますね。最後に3人でピースをして記念写真。
c0003620_325626.jpg

 この後、確か私はアパートを出てホテルに移り、Sin Fangことシンドリの取材へ。ソーレイとシンファンの4月の来日は既に発表済みですが、去年のこの時点で既に来日話は持ち上がっていて、必ずインタビューしてこなくちゃというアーティスト。それに既にライブを見られてよかった。アイスランド・エアウエイブスのフェス中はとにかく見たいのに見られないライブだらけになるため、フェス前に見ておけると、ちょっと気が楽。でも、そのライブがよすぎて、やっぱりフェスでの盛り上がりの中でも見ておきたくて、やっぱりやっぱり、ものすごく心が揺れるのです。

 そして向かったのがシンドリのプライヴェート・スタジオ。写真家のお父さまが広めの写真スタジオを持っていて、その奥のスペースがシンドリの音楽スタジオになっています。
c0003620_334775.jpg

 インタビューは2月に行ったトーキョー・ノーザンライツ・フェスティバルのイベントで一部ご覧いただいた通り。アレックスもインタビュー内で語ってくれた、ヨンシーのヴォーカルが入ったSin Fangの新曲を丸々一曲、超先取りでお聞きいただけてよかった(一応動画だったし)。残りのインタビューの部分は、今後行う予定のワークショップ等で公開する予定です。
c0003620_34535.jpg

 日本はずーっと昔から行きたかったので、大変にうれしいと語るシンドリ。そして日本へ行った時に食べたいものは「ラーメン!」だそう(笑)。ご当地のおいしいラーメンが食べられますように!
c0003620_342514.jpg

 シンドリは細身なので、他のアイスランド人男性と比べると小さい印象ですが、実際は背が高い。だから、こんなポーズでいっしょに写真を撮ったら、私は顔が出せない。私の身長は164センチで、日本女性にしてはちっこくない方なんだけど・・・。
c0003620_344357.jpg

 下の写真は私のスナップですが、シンドリのスタジオの壁には、パートナーであるインガやシンドリ自身がデザインしたポスターが貼ってあり、とてもいい雰囲気。
c0003620_345794.jpg

 シンドリのスタジオは、なぜか出版社の地下にあります。シーベアーの、幻のアイスランド専門盤は(インターナショナル盤とはアートワークが全く異なるものでした)、この出版社がリリースしたものでした。
c0003620_353317.jpg

今年のリストバンドはこれ(セルフィーなのでピンぼけで失礼)。c0003620_36796.jpg 近年、取材用のプレスパスも写真のフォトパスも発効が非常に厳しくなっているため、今回私はフォトパスは申請しませんでした。が、なぜか、私のパス封筒の中にはフォトパスが入ってた。普通はフォトパスかプレスパスのどちらかしか貰えないはずなんだけど・・・。白いのは、指定ホテルのランチ・ライブへ行くと、ビールと無料ランチが貰えるという特典付き。
 
 そして夜、日本からのお客さまが到着。毎年思うことですが、これが最初で最後のアイスランド旅行になる人も少なくないでしょう。なので、本当にフルにアイスランドを、フェスを楽しんでほしい。けれど、詰め込み過ぎるのも楽しさを削ぐので、そのサジ加減が結構難しい。
c0003620_355530.jpg

 最初の夜はゆっくりと休んで、次の日からフェスをとことん満喫してほしい。ここでの鍵は、とにかく休むこと。フェス&観光はハードスケジュールなので、体調管理が一番大切!(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




          2月28日TAMA映画フォーラムで上映↓
c0003620_1946897.gif












アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by ICELANDia | 2015-02-24 03:09 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス一... Soley & Sin Fan... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム