execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アイスランド・エアウエイブス三日目(後半) 成長したVOK、待望のKiasmos、新人も盛りだくさん!
 今年のアイスランド・エアウエイブスにビョーク出演決定!ムームやオブ・モンスターズ・アンド・メン、アウスゲイルなども出てくるはずなので、今年は本当に豪華なラインアップ。小国の、北の孤島の音楽フェスだけど、自国のアーティストだけで充分に素晴らしい!ここにシガーロスが入ってきたら卒倒ものですね。
 アイスランド・エアウエイブス&オーロラツアーの説明会は3月28日(土)です。詳しくはこちらをご覧ください。
***

前回はこちら)え?夜になってメイン会場の本番になったんじゃないの?と思われるかも知れませんが、このオフ会場が私には超大当たりで、無名の若手バンドの宝庫であり、気軽に出入りするのにちょうどよく、(これを言うと笑われそうだけど→)雰囲気が10年前の、まだ小規模でローカルなフェスだった頃にそっくり。あまりにも心地よくて、つい長居をしてしまいました。なので私のiPad撮影ばかりで失礼します。

Ring of Gygesは、4月のバンド・コンテストで見ていたバンド。結構手堅い感じで、若手バンドにしては弾け度が少ないのがバンド・コンテストで票が伸びなかった原因かな。演奏自体はとってもいいんだけどなぁ。
c0003620_354929.jpg

 Lockerbie(ロケルビー)日本でもアルバムが出てるグループ。日本人が好きそうなアイスランドっぽい音を出す。日本人が好きそうな感じの、音響系のサウンド。正直言って小粒の印象だった。
c0003620_349405.jpg

 この間に、近隣にあるHurraやGaukurinnの会場ををチラチラと見ていた。というような会場のハシゴが5-6年前までは割合簡単にできたのに、近年は良くも悪くもそれが出来なくなってしまったので、Hitt Husidの出現は非常にうれしい。

 それから、驚いたことに、このHitt Husidはオフ会場だけど夜10時以降もやってた。でも、オフィシャルでは午後6時頃までの予定しか載ってない。この会場の責任者がたまたま私がよく知る人なので尋ねてみたところ、オフ会場とメイン会場の差別化もあり、オフ会場は夕方以降はやらないことになっている。だけど、多くの若いバンドから「アイスランド・エアウエイブスに出演したい」と迫られるので、夕方以降は非公式に開けているという。フェスの事務局がそれを知ってか知らぬかは私には分からないけれど、とりあえずは「止めろ」というお達しも出ていないようで、そこらへがレイキャヴィクの懐の深いところ。
 会場へ行ってみれば夜遅くまで予定が詰まっていたので、余計に私は入り浸ったという訳。
c0003620_3493945.jpg

 そしてHitt Husidのようなローカルな雰囲気は薄いけど、会場のハシゴがしやすいのがハルパ会場で、ハルパでは最大4会場を見てまわれる。こちらは劇場タイプの座席があるカルダロンで行われたDopurのライブ。男女2人だけの、激しいノイズ系ユニット。「エッジのきいたパフォーマンスでひきこまれた」と写真家のシバノ・ジョシアさんの弁。
c0003620_3573098.jpg

 こちらは去年のツアー打ち上げライブでお世話になったVOK(ヴゥク)。
c0003620_3574378.jpg

 毎年バンド・コンテストの優勝者は本当に優秀で、アイスランド・エアウエイブスで必ずチェックしておきたいグループ。去年はとにかく一生懸命だったけれど、今年はステージ展開にも演奏にも余裕が感じられた。マルグレットのヴォーカルは相変わらず魅力的だし、マルチプレイヤーとしても活躍。アイスランドの女性ヴォーカリストってなんでみんなこんなに素敵なんだろう?
c0003620_3574180.jpg

 そしてツアーのお客さまがものすごく楽しみにしていたKiasmos(キアスモス)のメイン会場演奏。ハルパの気持ちのいい環境で、思う存分楽しんで演奏したオッリとヤヌス。
c0003620_3591268.jpg

 ポスト・クラシックのオーラヴル・アルナルズの顔ではなく、ノリノリのエレクトロ・キッズになるオッリを見るのも楽しい。それでも、アルバムを聞いても分かるとおり、ここかしこにセミクラのオーラヴルの音や、ブラッドグループで使ってるヤヌスの音も入ってきて、その辺は知識があればあるほど細かく楽しめる。
c0003620_359147.jpg

 Kiasmos最高!大好き!来日公演実現させたい!!
c0003620_3591641.jpg

  彼らのライブ、日本の音楽ファンも絶対に好きになると思います。この二人、本当に楽しそうに演奏するんです。音も気持ちがいいし。何度でも見たい!!(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




          アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg

全国各地上映中↓
c0003620_1946897.gif
[PR]
by ICELANDia | 2015-03-20 04:04 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 2015年3月20日天気に恵ま... アイスランド・エアウエイブス三... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム