execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ビョーク・ファン注目!ウナの初ソロは情感豊かで艶やかなバイオリン演奏満載!
 10-11月のアイスランド滞在でゲットしてきた新譜のご案内をチビチビやっております。

直筆サイン入り Umleikis ( Una Sveinbjarnardottr )
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=95556941

 アーティスト名がUmleikis(ウムレイキス)。それ誰??って感じでしょうけれど、実はみなさん音はよく耳にしているかもしれないアーティストです。裏の大物という言い方が正しいかはわからないけれど、ビョークはホモジェニックのツアーからずっとの付き合い。先日の、ビョーク50歳のお誕生日にも演奏を任されていました。
c0003620_23142246.jpg
 正体はとえいば、ウナ・スヴェインビャルナルドッティルというバイオリニストで、現代音楽からポピュラー、ロック系までをこなすバイオリンの才女。アイスランド交響楽団の第一バイオリニストであり、レコーディング・セッションの場合彼女がリーダー役を務めることもしばしば。『残響のテロル』のオーケストラのレコーディングの際も、私が真っ先に声をかけたのがこのウナでした。ビョークの最新作『Vulnicura Strings』においても、即興で演奏を任されているのが彼女です。現在までにレコーディングに参加したアーティスト数は100組以上。イチイチ覚えていないくらい多くのアーティストから頼られている存在です。

 その彼女の、いわば遅すぎたソロ・アルバムがこれ。アーティスト自身がレイキャヴィク市内の店に卸しているし、クラシックのセクションに置かれるので、ポピュラー・ファンで彼女の存在に注目している人が素通りしているという情況。私にしても、本人から「遂にソロ・アルバムを出したのよ。ぜひ聞いてね!」と声をかけられるまで分からなかった次第。
 
 自宅に訪ねてまず「お茶?ワイン?」と言われ、思わずワインをいただいてしまい、ましてインタビューのつもりもなく、それでもいろいろと興味深い話がありました。例えば曲作りのエピソードとして、数ヶ月間とはいえアジア系のひどい(どんな意味かまでは突っ込んで聞いてません)ボーイフレンドと付き合ってしまい、それがトラウマで何年も抜け出せなかった時に作ったのが中盤の曲だとか、現在の夫と出会って落ち着いた頃に時に書いたのが最後の方の曲であるとか。もちろん長年作りたいと思っていたアルバムをやっと完成させられてうれしいということが第一でしたが、よく聞けば一筋縄にはいかない感じの背景で曲が書かれたようです。
 
c0003620_22144233.jpg

 現在は産休中で(上の写真は、下のお子さんを抱えながらサインをしてくれているところ)、だからこそ子供が寝静まれば階下のスタジオで曲作りに励んでいるそうで、「二枚目はもっと早く出せる予定!」と、産休を楽しんでいるようでした。産休なので、オーケストラのスケジュールには振り回されずに済むので、不定期のレコーディングの仕事は喜んで受けているとも。
 肝心のこの作品は、ベッドルームコミュニティに代表されるような、現代音楽、エクスペリメンタルが好きな音楽ファンであれば、すごく楽しく聴けると思います。私は生粋のクラシック・ファンではないため、クラシック専門のリスナーが聴くとどのような感想になるのか分かりませんが、かなり聞きものも多いのでは。
  全てオリジナル曲で、感情、情感のこもったメロディラインで、現代音楽ほど難しく無く、ほどよく聴き応えがあり美しい、そして女性らしい穏やかさが全般に感じられて心地がいい。艶やかなバイオリンの音色をたっぷりと楽しめる、聴き応えある作品です。

 なのでビョークのファンはたぶん必帯のアルバムですし、バイオリンの音色を、そしてウナが作り出す独特の世界を楽しみたい方はぜひ。このアルバムも私は大好きです。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



     冬はアイスランドのニット製品が実用的↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by ICELANDia | 2015-12-04 23:16 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ムームのシッラ、ソロで本格始動... 孤高のサウンドスケープで人気、... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム