execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ヨハン・ヨハンソン、オーラヴルに続くアイスランドの美しきサウンドスケープ遂に登場!
 ご存知の通り、アイスランドからはポストクラシカルの素晴らしいアーティストが輩出されています。その代表が今年ゴールデングローブ賞を獲得し、グラミー賞に現在ノミネートされているヨハン・ヨハンソンでしょうか。若手だと近年ブリット賞に輝いたオーラヴル・アルナルズですね。
 レイキャヴィクを拠点とするベッドルーム・コミュニティ・レーベルの多くのアーティストもそういった傾向にあるかと思います。
 それじゃ次は?という答がズバリこの作品。そしてこの二人がアイスランドでは有力視されています。もちろんICELANDiaショップでもイチ押しです。

Jon Olafsson & Futuregrapher 『 Eitt 』
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=95580922
c0003620_3553138.jpg

 エレクトロのアンビエントと、メロディの美しさを際立たせる生ピアノ演奏の美しきサウンドスケープ。キーボードを担当するのはこれまで数多くのグループを経て活躍し続けるベテランのヨン・オラヴソン。その生ピアノをやさしく包むエレクトロ・アンビエントを担当するのは、ヨンと20歳の年齢差のフューチャグラファー。
 10-11月にアイスランドへ行った際、新譜を手当たり次第聴いていた時に、特に気になった一枚です。
 
 ざっくりと二人のことをご紹介すれば、ヨンはこれまでに130枚以上のアルバムに様々な形で寄与しているアイスランドのベテラン・ミュージシャン。キーボード奏者としてはアイスランド音楽賞でベスト・キーボード奏者賞に2度輝いています。演奏のみならずソングライターとしても優秀で、何曲もヒット曲を持っているし、ミュージシャンとして、ソングライターとして貢献したアーティストは、ビョークを筆頭に、メガス、ラッガ・グロンダル、エミリアナ・トリーニ、ジョン・グラント等、ビッグネームが目白押し。
c0003620_3535433.jpg

 そして現在エレクトロ界で注目を集めるフューチャグラファーはヨンより20際年下で、近年ミュージシャン仲間とレーベルを起こし、先進的なアーティストを紹介する傍ら、例えばサマリスやルクスピン等のアーティストのエンジニアやリミックス等を最近では手がけて話題に。もちろん自身もエレクトロのアーティストとして活躍。このアルバムでは、シンセやエフェクト、そしてフィールド・レコーディングを担当。ちなみに彼の最新作は2014年リリースの『 Skynvera 』
c0003620_3535345.jpg

 そんな二人がアルバム『Eitt』を作ったきっかけは、ヨンは任されているレイキャヴィク郊外のコパボグルという街のコンサートホール、サルリンの音楽シリーズの企画を練っている時、異色の取り合わせとして、最近話題のフューチャグラファーと共演してはどうか?という話題が持ち上がったこと。
 実は私、知らない間にこのシリーズのライブを今回見ていました。それはフェロー諸島の歌姫であるアイヴォールとヨンのジョイント・ライブ。アイヴォールは「通常のライブとは違うけど、でも楽しいと思うからぜひ」という一言を加えて私を招待してくれてたのです。彼女はよくアイスランドに来ていて、Nordic Council Awardのパーティの時もこうして会ってた。
 実際、確かに彼女のソロ・ライブ形式とは異なり、ヨンが彼女のデビューからのことを話ながら、共演したり、トークしたりと、ヨンがゲスト・アーティストを上手に盛り上げながら楽しくライブを進行していくもの。

 このライブ・シリーズは人気で、通常はアイスランド人がよく知るアーティストとの組み合わせであるけれど、たまには新進の、それも今まであまり共演したことのないタイプの演奏家と組んではどうだろうと、突拍子もなく出て来たのがフューチャグラファーの名前だったそうです。

 二人揃っては会えなかったけれど、フューチャグラファーとヨンには別々に会い、二人とも異口同音に驚いていたのは、このアルバムがすごく話題になっていること。特に外国勢(私も含めて!)からの注目度が高く、売れ行きもすこぶるいい、と。

 「とりあえず、どんなことが二人でできるかを話し会った。ゆったりと聴ける音楽にしようということで合意し、アルニ(フューチャグラファーの本名)から、”とにかく音数を絞ってゆっくり!”という指示が出た。私は今まで、特にライブでは、いろいろなテクニックを使ってライブ演奏し、客を飽きさせないように次々と音を出してきたクチだから、音をなるべく伸ばしてるなんていうのが、実は辛くてね・・・」と話してくれた。
 「まず私がスタジオで、ひとりでピアノを演奏し、それをアルニに送った。彼がどんな音をそこに入れてくれるのか全く想像ができなくて、なんだか宿題を出した時みたいに、ワクワクしたよ。どんな結果が出て来るんだろうか?」と。
 「彼が作ってくれた音楽は素晴らしいし私もとても気に入った。けれど、ここまで話題にはるとは本当に予想外。先日はヨガのインストラクターから”これでやっとオーラヴル・アルナルズ以外の音楽がかけられる”と言われた。」なるほど、それはすごく納得!

 アルニはアルニで、「彼はベテランだから、あれもこれも知ってるしやってる。僕は彼より20歳若いけど、僕の感性を信じて、お互いにイコールのアーティストとして共作できた。彼はとても温厚だし、素晴らしいアーティストだ。」
 「それにしてもこんなに話題になるとは驚きだ。先日もアイスランドの新聞社から記事を書きたいと連絡が入った。イタリアのサイトでもこのアルバムのことが取りあげられるらしい。君だって日本からだよね。レーベルを起こして初めてだ」とうれしそう。

 実際、私が結構な枚数を購入したため、このアルバムはレーベル設立以来、初めて再プレスするまで売れたアルバムに。

 アルバム・タイトルの『Eitt』はアイスランド語でズバリ「1」。数字のイチです。「一枚目だからね」ってまんまジャン(笑)。これから二枚目、三枚目と続いていくことと思います。

 b
喧噪の都会の中にいても、このアルバムさえあれば、心の平和を取り戻せそうな美しく悠々とした響きに心奪われる透明感あふれるサウンドスケープ。さりげなく子供音声なども聞こえてきて、一瞬自分が別世界の環境の中に居るような気にもさせてくれる。


 このアルバムはICELANDiaショップではアーティストの二人のサイン入りで販売中ですが、HMVやタワーなど大手インポート・ディスク・ショップでも入手可能なはず。

 オーラヴルはデビューして7年くらいかな?ヨハンはポストクラシカルを制作し始めてから10年強。このコンビも今後息の長い素晴らしい活躍をしてくれると期待してます。ぜひお聴きください。心の中にまだ見ぬアイスランドの風景が広がると思います。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



     アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓

 
[PR]
by ICELANDia | 2015-12-19 03:58 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス2... アイスランドの若者に爆発的人気... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム