execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アイスランド・エアウエイブス(6)ビョークの記者会見遭遇 見事だったホグニとセレンゲティ
 アイスランド・エアウエイブス3日目の金曜日のレポートです。前回は(こちら)。3日目ともなると、パフォーマンスも各ジャンルともに選りすぐりで絶好調。容赦なく音楽があちこちに流れ、夜中が近づけば近づくほどパーティは盛り上がっていきます。
 この日の最初のスケジュールは、この年初の試みである業界向けの物事。「アイスランド音楽、ビョークとシガーロスを超えたところ」というタイトルのレクチャーがあり、それに参加。で、日本人なので会場に開始10分前程度に到着。するとまだ何かをやっている雰囲気で会場が満杯。「あれ?私、時間や曜日を間違ったかな?」と思い、前を見てみると・・・。ビョーク!!!
 世界的に報道されたので、みなさんもご存知かと思いますが、環境保全に関する記者会見を作家のアンドリと共にやっていました。というか終わったところだったみたい。
 記者会見なので写真はオッケーのはずだけど、終わっちゃったので、遠目からしょこっと取りました。こんなん。
c0003620_141892.jpg

 アイスランド音楽のレクチャーはなかなか興味深く、さすがに現地の音楽研究者だけあり、知識も深い。私が観察してきたことは、それほど外してないし、大枠とか重要ポイントは外してないことも確認。1時間ではその程度で充分でした。

 私がそんなことをしている間に、シバノさんはDream Wifeを撮影。Utidur, Halleluwahとヴォーカリストとして引っ張りだこのラッケルと、イギリス留学中に出逢ったお友達との3人組。ビデオを見ても、上手にパンク、ロック、ポップしていて、ラッケルって達者だわぁ。見てるだけで楽しいし、なかなかいいグループです。
c0003620_1365051.jpg

 そして今回の私のナンバー・ライブに輝いたのが、ホグニのオフ会場ライブ。メインストリートに現れたアルダ・ホテルという新しいホテルで、ヒャルタリンやグスグスのヴォーカルでお馴染みのホグニがソロを披露。
 これが・・・ストレートど真ん中の私の趣味!思わず「ホグニさま・・・」と何度心の中でつぶやいたことか。ギターを弾く姿しか見たことがない人が、いきなりキーボードを弾いている衝撃。その上、そのピアノがぽろぽろレベルではなく、「本当はキーボード奏者だったの?!」という巧さ。おかずの入れ方とか、コードの使い方とか、音色の使い方とか、思わず仰け反ったことが何度あったことか。
c0003620_1441077.jpg

 お願いです。そういうバラードを、そういうピアノの演奏で、ずっとずっと歌い続けてください。他の音楽は一切要りません!(←嘘!)私、もうメロメロでした。私の今年のアイスランド・エアウエイブスはここで終了でオッケーという満足レベル。ごちそうさまでした!
 
 次はヨフリヅルだし、このまま座っていればいいので、フロア座りから椅子に陣取ったところに、Morr Musicの親玉であるトーマスが現れたので、広々とした席の半分を譲ってあげる。ここぞとばかり、2016年のMorrレーベルのアイスランド・アーティストのリリース予定をしっかりと尋ねた。「今週はずっとシンドリ(Sin Fang)の家に入り浸りで、打ち合わせばっかだよ。アルバムも出るし、その前にEPも出せそうなくらい作品があってね。セレクトが大変さ。パスカル・ピノンも出てくるし、ヨフリヅルもどうかと思って見に来た」と。トーマスもアイスランド・エアウエイブスに来る外人の常連入り。

 そして始まったヨフリヅル(パスカル・ピノン、サマリス)。なんかいつもの彼女と違うぞ。ん?震えてる?どうやら初のソロ・ライブだったようで、随分と緊張しているようでした。生のパーカッションに、自分のギターと若干の電子音を入れた雰囲気のある音楽で、パルカルともサマリスとも異なるヨフリヅルの世界感が出ていたと思います。たぶん、オルタナ・ジャジーみたいな感じを作り出したいのかな。彼女のお部屋にお邪魔して、歌ってもらっているような、すごく親密な感じがして私は大好きでした。
c0003620_145727.jpg

 アイスランド・エアウエイブスは夜、正式にライブ会場で演奏が行われるメイン会場と、街のカフェや本屋等、適宜行われるのがオフ会場。そして今年オフ会場の仲間入りをしたのが、Icewearの大規模ショップ。ここで行われたのがLara Runnars。以前はカラフルで弾けたポップだったのが、最新アルバム『Pal』では、荒涼としたアイスランド的なサウンドスケープを取り入れて、かなりのイメチェン。そういう雰囲気をしっかりと出していたので、メイン会場で聴く機会があればいいなぁとひたすら願いながら次へ。
c0003620_1455897.jpg

 以下、少し私自身のスナップ写真が続きます。前日に見られなかったので私はAxel Floventの会場へ。時間の都合で長居できなかったけれど、ライブでもしっかり歌えるし、バンドっぽい音作りになっていたのがちょっと意外。もっとフォーキーでアンビエントな感じなのかと思っていたので。バンドの方がサウンド作りに幅ができるので、大正解だと思った。あと数年かかるとは思うけど、大幅にステップアップするのを期待している新人。
c0003620_1533564.jpg

 ここで数をこなします。去年、新人バンドばかりを大勢出して見応えがあったHitt Husidにも偵察程度にちょっと寄った。演奏はElectric Elephant。熱演でした。楽しかった。
c0003620_159214.jpg

 こちらはまだティーンで話題のシンガーソングライター、Mani Orrason。前日シバノさんが写真を撮ってくれていましたね。年齢の割にすごく落ち着いていてびっくり。周囲を固めていたミュージシャンがベテランなのか、フォークというかロカビリーっぽく聞こえていた曲も。どちらにしても、歌唱力もあり、ソングライターとしても有望。
c0003620_1591937.jpg

 再度Icewearのショップに戻り・・・どうも書いてあるバンドとは違うバンドが出ていたようで、調べてもバンド名がわからずでごめんなさい。分からないことが分かっていたせいか、動画で撮っていたので、オルタナ・バンドであることは判明。
c0003620_159342.jpg

 オフ会場の激しいハシゴ状態。IdaのDreprun。カントリー・フォークのような感じ。30分で5組くらい見られるのも、移動時間が短いから。この辺になると、もちょっと練習してね、というミュージシャンが居ない訳ではないけれど、そこそこ全部聞けます。
c0003620_1595140.jpg

 Osushiという回転寿司(アイスランドでは高級な部類のレストラン!)でのギグ。あまりにもちょっとぉなので、一曲で退散。オフ会場のスケジュールを見るとDanimalなのでしょうか。
c0003620_20284.jpg

 ここからがメイン会場。見たかった念願のMikael Lind。そしてベッドルーム・コミュニティ・レーベルのスタジオ・マネージャーであるポール・エヴァンスがバイオリンで参加。こういうアンビエントは好物なので、うれしかった。二人ともよく知ってる人だし。ミカエルのニュー・アルバム『 Intentions and Variations 』が素晴らしいので、ぜひ!
c0003620_201876.jpg

 ミッカの演奏を最初から最後までしっかり堪能した後はNasaのVaginaboys。夏にレイキャヴィクに来たときに既に見て居て、仮面で見た目が怖い割には、メローなポップで不思議なギャップ。
c0003620_221414.jpg

 次は話題のSerengeti by President Bongo。何が話題かといえば、よく分からないけどいろんなショップで「セレンゲティがいい」と何度も言われたから。なるほどプレジデント・ボンゴと言えばGusGusの中心人物・・・と思っていたのが、どうもこの年はGusGusからは離れてセレンゲティに絞っていた気配。
c0003620_232139.jpg

 周囲にベテランの名手を揃えて、どこまでが即興でどこまでが構成してあったのか全くわからない状態。40分休みなしだったか、もしかしたら一度くらいはどこかで一息ついたかで、とにかく演奏は延々と続き、延々と変化し続けるのです。これ、確かに形容の仕方があまりなくて、フリー・ジャズとフリー・エレクトロをまぜたような感じ??聴かないと分かんないという意味がよく分かった。
c0003620_235482.jpg

 大音響のライブではピカ一だった。ものすごく楽しめた。気持ちよくずっと踊ってた。(でも、私の音楽的趣味の関係で、ナンバーワンはやはりホグニ様です。)セレンゲティは話題だから一応半分くらい見たら移動しようと思っていたのは大間違い。写真家のシバノさんも、写真だけと思っていたら、結局ずっと最後まで居残ったという。聴き応え十二分。ライブの醍醐味満載。もう一度見たい!と何度思ったか。きっと今後またレイキャヴィクでライブをやっていたら、必ず足を運ぶと思う。
 そしてこんな頭でっかちなボーイフレンドをゲット!
c0003620_21029.jpg

 セレンゲッティがあまりにもよすぎて、結構楽しみにしていたBraidsは、数曲聴いて会場を離れた。

 既に疲れているけれど、深夜にはまだ時間があるので、ハルパまで足を伸ばして、座れるカルダロンへ。そこで見たのがWhen Airy met Fairyというルクセンブルクのグループ。なんでもヴォーカリストがアイスランド人女性。暖かみのある歌声の聞きやすいポップでした。去年、アイスランドのイベントで来日してたみたいだけど、アイスランドのグループとして語るのは無理があると思ったなぁ。
c0003620_213258.jpg

 次はEast of My Youth。こちらも暖かみのある艶やかな女性ヴォーカルを中心としたグループで、非常にいい感じのインディー・ポップ。やわらかなリズムで、電子楽器を使いつつ生楽器の音を生かしていてとても好きでした。
c0003620_213320.jpg

 ここでぴったり深夜12時。うわ、この日も一体何組見たんだろう?10組?どのアーティストもそれぞれ個性的で、楽しませてもらいました。ありがとう。(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



     アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by ICELANDia | 2016-01-29 02:07 | 現地滞在レポート | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シバノジョシア/アイスランド写... アイスランド・エアウエイブス(... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム