execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アイスランド・エアウエイブス(7)ジョン・グラント・シークレット・ライブ他でローカルな醍醐味を満喫
 この前アイスランド・エアウエイブス2015のレポートをしたのが1月でした。すいません。マイ・ペースです!(ポジティブだからいいってもんじゃないですが・・・)
 と言うわけで、お待たせしました!やっと続きを書きます!4ヶ月も中が開いてしまいましたが、時間がある時にでもリンクを追い、過去記事に遡り思い出していただければです。
 前回の記事はこちら。なので、盛り上がりに盛り上がった金曜日の翌日、土曜日の「私はこうやって過ごした」のレポートです。実質的には土曜日が最終日。日曜日もあるけど、ほとんどアフター・パーティの感じ。

 さて、この日の私はまずはお友達であり、歌も大好きなスヴァヴァルのオフ会場から。彼の歌はやっと3枚目の『Double Rainbow』のコンピレーションに収録できてよかった。それもデュエット曲で、お相手の女性ヴォーカルはアカデミー賞受賞シンガーでもあるマルケタ。彼女は今はレイキャヴィクで二児を育てるエンジニア、プロデューサーのミオの奥さま。アイスランドにはいったいどれだけ才能ある音楽アーティストが移住しているのか、最近訳分からずになってきたほど増えています。
 
 相変わらず暖かい歌声で、MCも楽しいスヴァヴァル。私を見つけるとすかさず、「ユーカ、渡したいものがあるから最後まで居てほしい」と言われて、ん?なんだなんだ。
 見た目がクマちゃんみたいな彼は穏やかな歌声で、老若男女に人気があります。別の日には老人ホームでも演奏していましたっけ(この記事に写真あり)。
c0003620_18584049.jpg

 そしたら手渡されたのが「はい、ひとつどうぞ。ニュー・アルバムのダウンロードコード付きのチョコレートだよ」。ひゃ〜、うれしいし、とってもいいアイデア!チョコを贈ると自働的に音楽も付いてくる!なのですが、私はCDを既に持っていたので、ずっとこのチョコは楽しみにとっておいて、この記事を書くにあたり、初めて開けてみました
c0003620_1859276.jpg

 アイスランド地図やアイスランドホースが描かれているチョコや、ボトルの形(地酒のボンボンか?)が入っていて、楽しい!これはお土産にもいいでしょう。まだ食べていませんが、ココナッツの匂いがしてるぞ。アイスランドっぽくない(笑)。

 その後は港の方にできた評判のオフ会場の様子も見たいし、先日のホグニのソロがすごくよかったので、やっぱりヒャルタリンでのホグニも見たい気持ちがムクっと沸き、Bryggjan Brugghusへ。まだ前のYljaが最後の曲を演奏中に入り、次のヒャルタリンは結構前の方に陣取れた。最前列はお子様専用のように子供達が集まっていたのが印象的。
 小さな子供を持つ若い親が大勢来ているようで、子供だけ最前列にして、親は後ろの方に居るのです。自発的にそうなっていくところが、とってもレイキャヴィク的かも。
 
 ヒャルタリンはデビュー当初から知っているので、お馴染みの人気グループ。男性ヴォーカルのホグニは言うまでもなく、女性ヴォーカルのシッガもあちこちのプロジェクトに顔を出す押しも押されぬ人気歌手。この二人のコンビネーションが悪いはずがなく、演奏もいつものメンバーで間違い無し。ステージの斜め後ろに小学生くらいの男子が3人ほどいて、そのうちの二人がすごーく熱心にドラムスやキーボード奏者の手元を見たり、いっしょにリズムを取ったりしていたのも可愛かった。将来、ミュージシャンになりたいのかな?こちらの子供も、後から親が迎えに来てました。あ、音楽に関係ない話ばかりですね。
c0003620_18593445.jpg

 でも、そんな風に小さい子もライブに親しみ、親も子供を連れて楽しみに来られるので、そんなところがとてもいいなぁと毎回感じます。とっても小さい子が泣き出すと、当然親はその子を抱えて外に出るし、それで文句を言う人は皆無。小さな子やその親を見る目が温かくて(日本は空寒い!)いつも感心します。

 次の予定があるので、外に出ると向かい側にカップケーキの店が。お、おいしそ〜。
c0003620_18595987.jpg

 でも、これを食べるとなると飲物も必用になるので、お隣のアイスクリーム屋Valdisへ。ここも美味しい!大好き!お姉さんのユニフォームが清潔感があってかわいい。好きだわぁ。そして番号札を取り、何分待ったんだか・・・とにかくアイスクリームにありついて、一息ついて、街中に戻らなくては。
c0003620_1901770.jpg

 私がスヴァヴァルやヒャルタリンを見ている間、シバノさんに頼んで、FMBelfastのアルニ(シンセ担当のノッポさん)が新たに作ったユニットのMilkyWhaleの写真をゲットしてもらいました。すごく躍動感のある楽しいステージだったそう。ポップで楽しいので、前述のコンピにも入れました。

 そして遅れないように行ったのが、ハトグリムス教会前の通り沿いにある床屋。なぜかといえば、そこでジョン・グラントがシークレット・ギグをするという。シークレットといいつつ、そして確かにアイスランド・エアウエイブスのオフ会場のスケジュールには載っていなかったとはいえ、床屋のFacebookページではアナウンスされたので、人が超満杯。それでも、前のギグが終わったところの入れ替え時で中に入ることができ、我々の持ち前の図々しさで写真が撮りやすい位置をゲット。
c0003620_191140.jpg

 アンプラグドとはいえ、アコースティックギターをアンプにつなぎ、ヴォーカルをマイクに通すくらいのことはする昨今(じゃないと離れたところまで音が届かないし)、この日は完全アンプラグド。ギターはそのままの音、ヴォーカルも生声のみ!スゴ!!!

 ここでGMFをみんなで熱唱。これが結構熱いパフォーマンスで、先日のアイスランド交響楽団との共演とは真逆の超シンプルかつベーシックな環境で、貴重な体験。やはりこういうのはレイキャヴィクでないと体験できない。
c0003620_1912936.jpg

 ええと、私は1月に書いたブログで、4月の来日を既に臭わしていました。というか、行くからよろしくという一報が入ってた。という訳で、4月に行われたHostess Sunday Specialに出演したジョン・グラントは、ライブ後すぐ帰宅せず、数日東京の滞在を楽しみました。Facebookに鎌倉へ行った写真を載せてますね。自転車でまわったそう。

 話が横道に逸れてジョンの来日のことになってしまうけど、私は最後の一日案内を買って出て、少し都内のあちこちへ。彼は言語にとても興味があり、「日本語は中国語と似てるのかと思っていたら、全然違っていて、ものすごく美しい言葉に聞こえる。」ということで、日本語の教本を数冊ゲット。あまりにも美しい日本の写真集が多く、また図鑑のイラストもきれいで、あれもこれも買いたくて頭を抱えてましたっけ。

 実際に会って話してみると、歌から受けた印象と同じでとても繊細な人。思いやりや気遣いなどは私の方が全くダメ子で、私が男っぽくてジョンの方が物腰がやわらかでどことなく控えめで、男女逆だったかも。でもそれは、日本という未知の国に初めて来た外人と、ずっと日本に住んでる日本人だからという事でもあったかとも。そうだ、そーゆーことにしておこう。

 ニュー・アルバム『Gray Tickles, Black Pressure 』(←ICELANDia ショップのCDはアイスランド盤&直筆サイン入り)が全英トップ5入りして、人気沸騰のジョンの貴重なアンプラグド・ライブを体験した後は、翌日帰る年配のお客さまと会食。
c0003620_1932038.jpg

 今年11年目になる私のアイスランド・エアウエイブス・ツアーは、若い人が中心ですが、結構熟年の方もいらっしゃいます。最高年齢は70代です。下は19歳!なのでどなたでも安心してどうぞ。説明会も開始していますので、ご興味ある方はぜひ。

 写真も多くなり、文章も長くなってしまったので、この日は前半と後半に分けますね。なので(次回に続く)です。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



     アイスランドの文化を運ぶショップ!↓

[PR]
by ICELANDia | 2016-05-14 18:21 | 現地滞在レポート | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス(... アイスランド最大の新聞にICE... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム