execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アイスランド・エアウエイブス(8)どうしても止められないKiasmos、安定のSoley、締めはGusGus
  アイスランド最大の音楽フェスティバル、アイスランド・エアウエイブスのレポートの最後の方ですが、写真が多くなりすぎたので、土曜日の最終日は前半と後半に分けました。前回はこちら

 お客さまとの会食といっても時間はそれほどなく、1時間でレストランを後にして、ハルパへ向かいマス。そして数曲聞けたのがSofia Bjorg。伸びやかな美しい歌声のネオ・フォーク。どこかで必ず頭角を現してくると思います。まだ助走してる感じだけど、たぶんあと1-2年経験を積んでくると、とってもいいアーティストに成長してくれると思います。
c0003620_19152834.jpg

 そして待ってましたぁ。大好き!大好き!大好き!と単にコーフンする変なオバサンになってますが、Kiasmos。オーラヴルとヤヌスのプロジェクト。オーラブルはちょうどサラ・オットとのショパン・プロジェクトのツアー中で、このアイスランド・エアウエイブスだけのために帰宅。アイスランドに居たのは1晩か二晩で、本当は二人揃ってインタビューしたかったけれど、全く時間無しで残念。でも、Kiasmosは相変わらず気持ちがいい。
c0003620_19155582.jpg

 ヤヌスがKiasmosで作るビートは、エレクトロ系というのとも少し違っていて、オーラヴルの音もポストクラシカルっぽく、メロディアスではあるけれど、メロディに頼りすぎてもいなくて、不思議な浮遊感があるけど、ライブでガンガンくるところはノリノリだし、古いフレーズだけど、「チョー気持ちいい!」の極み。
c0003620_1916265.jpg

 アイスランド・エアウエイブスでは、なるべく以前に見たことが無いアーティストを見るようにしているとはいえ、やはり自分の音楽的趣味には勝てない。Kiasmosは以前に何度見た?と思うほど見てるけど、いいのです。全部行きます。行ける限り。
c0003620_19164041.jpg

Kiasmosと同じ会場で次はBeach House、そしてBattlesとアメリカからの人気者が続くけれど、私はお隣の会場のSoleyへ移動。

 Soleyを最初に見たのはSeabear時代に遡り、数年前にソロをオフ会場で見た時に、「この女性は絶対に日本でも受ける!」と確信を持ってン年。その間、Sin Fangことシンドリのバック・バンドとして出ていたり、ソロとしてメイン会場で見たり、前年は自宅でもインタビューさせてもらい、ずっと注目し続けている人。2015年にやっと念願の来日を果たせてよかった。セットリストは来日公演とほぼ変わらず。ゆったり聴けてほっこりした。
c0003620_19205234.jpg

 さて、ずっと立ち通しだったこともあり、体力的に辛いこともあり、座れる椅子のあるカルダロンへ。何度も書くけど、ハルパ内にはいくつも会場があって便利。2階から、Kaldalonという会場がある階下へ行こうとすると、2階への上り階段は怒濤の列。Beach HouseとBattlesの列みたいだった。一旦降りると二階に戻る時に苦労しそう。

 そしてカルダロン会場でやっていたのがJacke Magnet Quintet。いつもお世話になっているヤコブ・マグヌソン率いるグループ。去年か一昨年も見たけど、その時よりもぐ〜っとまとまってグループらしいサウンドでした。基本はフュージョン。ものすごく正直に言うと、80年代バリバリの感じのフュージョンで、私は新しさをあまり感じないけど、たぶんその時代を体験していない世代にはいいかも。でも、グループとしては決して悪くないどころか上手いし、聴きどころも盛りだくさん。何よりも、ヤコブが一番得意として大好きなジャンルの音楽なので、彼がミュージシャンとして嬉々とキーボードを演奏している姿がとてもいい。
c0003620_19211713.jpg

 ここでシンデレラタイム到来。でも最後の日だから掟を破り、最後の力を振り絞ってGusGusへ。といっても夜中一時過ぎからなので、あと1時間もある。Battlesは混んでるのが分かりきってるので、お隣会場へ。

 Suaun & Starrはアメリカのアーティストで、二名の女性シンガーをフィーチュア。ショーマンシップ豊かな楽しい典型的なアメリカン・ファンキー・ポップ・ソウル。楽しいことは楽しいけど、音楽的には特に新しいところはなく(だからの安心、安定感なんだけど)、良くも悪くも普通。アイスランド・エアウエイブスでは珍しいタイプの音楽。3-4曲くらいは楽しく聴ける。こんんなディナーライブがあれば、私は乗るんだけどなぁ。
c0003620_19214582.jpg

 そして遂に本日、そして2015年アイスランド・エアウエイブス最後の本番ギグ、GusGusへ。バトルズ最後の2曲くらいは聞いた。こうして見てしまうと、あぁ最初から見ておきたかったかもと思わせる演奏。

 GusGusの開始は若干押して、夜中1時半過ぎ。久々にPresident Bongoの姿を見たかったし、ダニエルとホグニの2大ヴォーカルでのGusGusも見たことがなかったので楽しみにしていたんだけど、どうやらボンゴ氏はSerengettiだけに絞ってGusGusを抜けたようで、どこか私が想像していたGusGusとは異なっていた。それでも、ダニエルとホグニ二人が歌っているのはゴージャスで素敵。
c0003620_19231839.jpg

c0003620_19234126.jpg

c0003620_19234188.jpg

時間が時間で、若者についていけず夜中の2時頃にリタイヤ。2015年も結局欲張って見たけど、出演250組の五分の一程度かな。

 もちろん人気アーティストや知り合いのアーティストのライブを見るのも楽しみだけど、近年はフォトブースで毎年見かける海外のフォトグラファーやDJ、ライター等とも顔なじみになってきて、話したことはなくても「毎年お姿は見かけてました」みたいな会話があり、何となくそんなところでも連帯感が生まれてます。私は日本から毎年来てる、不思議な熟年女性のような感じ?
 ハルパからの帰り道、人気のホットドック・スタンドは大盛況。これが夜中の二時過ぎか?と思うほど。というか、そんな時間帯だからこそ混んでいるのがフェス期間ですね。
c0003620_19261732.jpg

 フェス自体は翌日の日曜日も軽くやっているけれど、私自身はツアー10周年の記念ディナーがあり、その後に少しだけ何かを見ようかなぁという程度で、これでほぼフェスは終了としました。(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



     アイスランドの文化を運ぶショップ!↓

[PR]
by ICELANDia | 2016-05-15 19:29 | 現地滞在レポート | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス(... アイスランド・エアウエイブス(... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム