execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ピカピカの天気に恵まれてアイスランド西部フョルドの街をあちこち見学
アイスランド・エアウエイブス&オーロラツアー説明会予定!
c0003620_959404.jpg
アイスランド・エアウエイブス&オーロラ・ツアー説明会実施中
7月30日(土) 17:00~18:00 (小倉は現地からSkypeで参加予定!)
8月13日(土) 14:00~15:00(この日以降、小倉は普通に参加)
8月27日(土) 13:00~14:00

 ※7/30は15時~16時半にアイスランド音楽ドキュメンタリー上映会を開催致します!(有料)
詳細:http://icelandairwaves.jp/information.html
***

 アイスランドは西部のフョルド地方に滞在中の小倉です。まとまった時間を取れるのがここだけなので、アクセク書いてます。
 先日ご紹介したイサフョルヅルの150周年記念のこの記事と、今回のブログは同じ日の出来事です。盛りだくさんでした〜。

 前のブログでご紹介したアイスランドの民族衣装による大撮影会の後、私をホストしてくださったご家族と向かったのが隣町であるボルンガルヴィック(Bolungarvik)そこの山の頂上がとても景色がよく、グリーンランドまで見えるということなので行ってみると・・・・
 おっとおっと残念。霧が濃くて何も見えませんでした。
c0003620_22133262.jpg

 危ないから端っこへ行かないで!というこんな看板も、全く意味がわからず、見えないから怖さが分からない。分からないから「綱の外に出てみよかなぁ」と冗談で言ったら、マジで止められました。だよね〜。ゴメンなさい。
c0003620_2275771.jpg

 景色はないけれど、可愛らしい高山植物(?)がたくさんあったので、それを写真に撮りまくりました。小さな花は大好きです。
c0003620_227583.jpg

 霧で海を隔てた風景は無理だったけれど、道中は素敵でした。それに、今度また来ようとも思えるし・・・ただし、ここまでの道は急で危険なため、年に2ヶ月ほどしか開通されていないそうです。
c0003620_221153.jpg

 イサフョルヅルからボルンガルヴィックまではトンネルが開通していて、それが6年前だとか。私が以前来た時はトンネルがなかったので、7年前に来てたのかな。ブログを遡ればわかるのですが、横着して調べてません。とにかく久々の西部です。

 イサフョルヅルからトンネルに入り、そのトンネルを出て海岸を少し後戻りする感じで走ると、以前の漁村を思わせる古い建物を残した博物館的なものがあります。
c0003620_227589.jpg

 昔の漁夫の格好をしたおじさんが迎えてくれます。建物の中には昔のアイスランドの生活を残したものがあるけど、こういうのはレイキャヴィク近郊でも見られるので、それほど珍しくはない。どちらにしてもアイスランドの昔の生活は貧しく厳しかったのだなぁと改めて思った次第です。そりゃぁ人肌で暖まりたくなるよね。
c0003620_22122614.jpg

 そこからイサフョルヅルに戻り、今度は逆側のシンゲイリ(Þingeyri)へ。途中、ホストのお母さまが週末だけ住んでいるという素敵なログハウスに寄り(これが牧場付きの、見晴らし抜群の一軒家で、超羨ましかった!)、英語が話せないお母さまを交えてシンゲイリへ。あぁ、アイスランド語やならくちゃ。
c0003620_22173067.jpg

 そこで休憩したのが名物カフェ。なんでもベルギー人が始めたカフェだそうで、雇っているのも外人のみ。ここは英語がデフォルト。そしてベルギー・ワッフルは当たり前に本場仕込み。甘酸っぱいルバーブのジャムと、フワフワのアイスランドのフレッシュクリーム。アイスランドの乳製品を知ってしまうと、日本の乳製品は臭くて食べられません(ごめんなさい)。
c0003620_22184791.jpg


c0003620_22161298.jpg  ワッフルでの珈琲・タイムを楽しんだ後、ここに面白い場所があるから行ってみよう、と連れて行かれたのが、ゲートをわざわざ開けて進んでいった場所。ゲートがあるということは、個人所有の場所なのか?そこらへんがよくわからないのですが、なんとそこは「トヨタの森」。そうです、日本車のトヨタ。

 なんでも、日本のトヨタが植林を始めた場所だそうで、今では結構な範囲の場所が林になっています。植林については実は賛否両論で、アイスランドの景色らしくないという意見もあり、どーなんでしょうか。アイスランドの夏の名物となっているパープルがきれいなルピナスも元来はアイスランドの植物ではなく、土壌を肥沃にするからという理由でアラスカからもってきたものだそうです。あれほど咲き乱れているのに、アイスランド従来の植物ではないというのが不思議な感じがします。
c0003620_22161427.jpg

 ここは日当たりがいいらしく、既に実り始めているベリーも。これはクロウベリーか何かなのかな。食べてみましたよ。甘味は少ないけど渋くもなかった。こちらがブルーベリー。まだまだ青くて食べられませんね。実も緑で、葉も緑なので、写真だと見分けがつかないかもですね。一度アイスランドでブルーベリー狩りしたいなぁ。
c0003620_22161429.jpg

 フィヨルドなので道中の景色は素晴らしく、お天気もよくて最高。いいな、いいなぁ。たまにしか来ないからいいのかもしれないけど、でも自然がこんなに近くていいなぁ、いいなぁ。
c0003620_22152344.jpg

 そうそう、道中は羊によく会いました。羊のお母さんと子供が道路を隔てて別れている場合、子供が母親の方に走っていくので、どちら側に母親がいるかを見極めるのが大切だそう。もしも羊をひいてしまうと、自分の車の修理代も羊の損害賠償もドライバーの責任なので、羊に罪は無く、全責任が運転手にかかってきます。なのでみんな、道路で羊をみるとすごい勢いでクラクション鳴らして追い払う。ドライバーが素早く見つけて追い払ってしまうので、私は写真撮る時間なし・・・。

 帰宅すると、親戚の方がいらして、盛大に外で魚とロブスターのバーベキュー。野菜もたっぷりあったし、満足でした。
c0003620_2214511.jpg

 そして前のブログに書いたように、21時からのライブへ。道中、息子に頼まれている猫写真の被写体を発見!(猫なら何でもオッケー)
c0003620_22142964.jpg

 駆け足でしたが、少しでも西部フョルドの観光をしていただたでしょうか。あと数回程度はこの西部の話を書けると思います。それではまた!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



     アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by ICELANDia | 2016-07-22 10:00 | 現地滞在レポート | Comments(2)
Commented by airwaves tourの昔の参加者 at 2016-07-23 14:46 x
私が飛行機に乗り遅れ、前入りできなかったのは2008年ですから,前回西部に行かれたのは8年前かと。
Commented by ICELANDia at 2016-07-28 09:56
なんとあれは怒濤の2008年でしたか。もう8年も前になるのですね。時間が経つのが早すぎて、訳分かんなくなってました。教えていただき有り難う御座います!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ビョークのあのヘアピースをお裾... 民族衣装も素敵!アイスランド西... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム