execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
平和の柱をアイスランドへ:小野ヨーコさんが寄贈
 さすが、小野ヨーコさんは目のつけどころがいい!彼女もアイスランドが大好きだそうで、きっかけは14年前にレイキャヴィークで個展をひらいた時のこと。個展はキャルヴァル美術館(Kjarvalsstadir)で行われ、ここはアイスランドへ行くたびに私が毎回足を運ぶ大好きな美術館でもあります。
 
 ヨーコさんは今月下旬にアイスランドを訪れる予定で、その際にはレイキャヴィーク市で行われるウインター・フェスティバルに参加。平和の柱についてのディスカッションを行い、その際レイキャヴィーク市にアートのコラム(column=柱)を寄贈します。
 
 どのような柱かは見てのお楽しみですが、長さが10-15メートルあるもので、世界中の人々からの平和への希望が詰まっているそうです。光に照らされるその巨大なガラスのコラムには二編の詩が刻まれ、そのひとつはヨーコさんが書いた「A dread you dream together is reality」、もうひとつはジョン・レノンの「イマジン」からの歌詞で「Imagine all the people, living life in peace」。前者は直訳すれば「皆が夢見る(思いつく)恐怖は現実」で、戦争や災害のことを指しているのでしょうか。 ジョンの方は有名な「みんなが平和に暮らしているのを想像してごらん」というくだりです。アメリカ大陸とヨーロッパ大陸の間の北端に平和の柱を置きたいということです(拍手!)。
 
 ということは、今年の春以降にアイスランドを訪れる人はこのコラムを見ることができる、と。設置場所はどこなんだろう?レイキャヴィークに名所がひとつ増えることは確実ですね。見に行くのがとても楽しみ!(小倉悠加)

 *どうぞICELANDiaのショップにお立ち寄りください。
 *ICELANDiaの母体、アリヨス・エンタテイメントのサイトはこちらです。c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
[PR]
by icelandia | 2006-02-05 00:02 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド人、大挙してスペイ... 『あいすらんど共和国』開国!! >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム