execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アイスランド映画祭:上映作品一覧
 いつもICELANDiaのブログをお読みいただき有り難う御座います。アイスランド専門のブログということだけが目立っていますが、一応音楽レーベル&ショップなので(Exciteで配信もしています)、そこのところをどうぞよろしく!なぜ唐突にこんなことを書くかというと、アイスランド盤は本当にすぐに消えていく!Mumの名盤『Finally we are no one』のアイスランド語ヴァージョンのアルバムを扱っていたのですが、扱い始めて半年で無くなった気配で(有名グループなので、たぶん再生産するとは思いますが)、それでもって地元ではちょい有名アーティストのデモ盤が数ヶ月でやはり無くなっていきました。有名無名を問わず、すぐに消えていくことも多いので、欲しいと思ったら、ぜひその場でお買い求めください。すぐに見て予約したのに入手出来なかったという場合は、ひたすらごめんなさい、です。こちらでも予測不可能なので・・・。
 良くも悪くも大資本に乗っていない手作り感覚なので、英米やJ-POPあたりの感覚とは異なることをご理解ください。・・・ビョークやシガーロス級になれば別ですが。
 
 映画と音楽を単純に同線上では語れませんが、ハリウッドの巨大資本に乗っていない映画も、一期一会かと思います。特にアイスランドのような小さな国の映画が一同に集まるのは、今回が初めてのことです。アイスランドが大好きになり、映画祭をやりたい!と志す女性2人に出逢ったのは2年ほど前でしょうか。やりたい!という情熱に動かされてここまでやってしまう行動力に頭が下がる思いです。
 
 公式サイトはここ--> http://www.bio06.jp/
 
 映画ファンの間では既に大きな話題になっていますが、このブログをお読みのアイスランドが大好きなみなさん、ぜひご注目ください!会場は渋谷(3月4日-10日)と神戸(3月18日-20日)です。詳しいことは上記の公式サイトでご覧ください。
 
 以下、長くなりますが、公開映画の概要と、私がたまたま見ていればその感想も。私(=小倉)の感想は「*」以下です。自分で書いておいてナンですが、つまんない独り言なので、どうぞ読み飛ばしてください。
 
◆『ダーク・ホース』(日本初公開)
ストーリー:冴えないフラフィティ・アーティストのダニエルとパン屋の女の子フランの出会いを中心に、風変わりなキャラクターたちのある種の「成長」を描く。
 *新作なので見ていません。『氷の国のノイ』に続くダーグルの監督作品。ダーグルはスローブローという音楽ユニットのリーダーでもあり、毎回ローファイな音楽の世界を繰り広げ、サウンドトラックも勿論自ら手がけています。

◆『氷の国のノイ』
ストーリー:アイスランド最北の人口957人の町ボルンガルヴィークで退屈な日々を送る17歳の天才ノイを巡る物語。現代アイスランドのアンニュイさとフィヨルドと火山などの自然に囲まれた生活の驚異を融合させた秀作。
 *日本公開は2004年だったでしょうか。過疎の村で青春しきれない悶々とした日々を淡々とつづる、とても好感の持てる映画でした。監督のダーグルが来日予定で、舞台あいさつやディスカッションなどもあるとか。すごく物静かでシャイな人なので、どーなるんだろう?とちょっと心配。でも、スローブローでも音楽アーティストとして舞台を踏む人なので、案外ひょうひょうとそういった場をこなすのだろうか、と。私の興味はもっぱらダーグルに。ちなみに彼は一児の父で、私が最初に会った時は、子供が生後一週間くらいの時でした。

◆『ソドマ』(日本初公開)
ストーリー:毎晩クラブで遊ぶパンクな妹とガソリンスタンドで働く普通の兄。喧噪とビートの渦が描き出す80年代レイキャヴィーク。
 *英語タイトル『Remote Control』で、80年代のハチャメチャ映画として伝説となっているそうです。実はアメリカでレンタル落ちでビデオを仕入れてあるのですが、まだそれはアメリカの友人宅なので見ていない。個人的にはと〜っても楽しみな一本。80年代といえばビョークがそろそろ世界に飛び出そうという時期。興味は尽きません。

◆『エターナル・サンシャイン』
ストーリー:ヨエルは別れた恋人クレメンタインが自分との思い出を消すために記憶除去手術を受けた都知り、自分のその手術を試すが・・・。誰もの心を揺さぶる愛に満ちたラブストーリー。
 *アメリカ映画なので、国際線の中で見た。ヴァルディース・オスカルドッティルというアイスランド人映画編集者が手がけた作品。記憶除去中にアクシデントが起こるというもので、内容的にはアイスランドとは関係ないので、単にフツーの映画として見ました。

◆『ロック・イン・レイキャヴィーク』(日本初公開)
ストーリー:80年代前半のパワフルなアイスランド・ロック・シーンを取材したドキュメンタリー。若きビョークの姿も登場。
 *これは音楽ファン必見です。ビョーク・ファンは特に見逃さないよう。「ビョークだ!」と分かるパフォーマンス・シーンの他、ニワトリが殺されるシーンがあり、そこにたまたまビョークが居合わせていて青ざめているということです。この映画は数年前に1-2度見たことがありますが、その時はビョークがニワトリのところに写っていると知らなかったので、今度はよく見ておかなくちゃ。それよりも、当時のレイキャヴィークの音楽シーンがよく分かり、アイスランドでもパンクだったのね、ということが如実に出ている映画です。なので、ビョークだけではなくアイスランドの音楽シーン全般に興味ある人は、例えば、ブッビ(この映画の主役っぽい)のグループなどを予習しておくのも悪くないかもしれません。サウンドトラックはこれ。

◆『エンジェル・オブ・ザ・ユニヴァース』
ストーリー:精神分裂病を患うパウル。アイスランドの壮大な光景が痛切に焼き付く。音楽にシガー・ロスとヒルマル・オルン・ヒルマルソン。
 *アイスランドは冬が長いせいか、精神を病む人が冬には多くなるとか。そんな少し重い題材で、これもアイスランド特有のある種の閉塞感を描いたものです。が、相変わらずアイスランドの自然は素晴らしい。サウンドトラックはアイスランドの映画音楽界の重鎮ヒルマルが担当。『Dust to Dust』というアルバムに、『エンジェル〜』や『精霊の島』の音楽が詰められ、いわばヒルマルのサントラのベスト盤になっています。

◆『精霊の島』
ストーリー:戦後、アメリカ文化が流入してくる50年代のアイスランドのバラック村を舞台に、予知能力を持つカロリナと夫トマスのもとにアメリカに渡った娘の息子バッディが帰郷する。
 *これはアイスランドの近代の歴史を知るにとてもいい映画で、第二次大戦後の日本とも非常に似通った状態だったのではと思われます。

◆『ナイスランド』(日本初公開)
ストーリー:ジェドとクロエは恋人同士。クロエの愛猫がジェドの不注意で事故死。クロエは生きる気力を失ってしまう。そのときジェドは・・。音楽はムギソン。
 *『ロック・イン・レイキャヴィーク』『エンジェル・オブ・ザ・ユニバース』『精霊の島』それから『ナイスランド』は、アカデミー賞にノミネートされた『春にして君を思う』のフリドリクソン監督作品です。『ナイスランド』は最新作なので、私も見ていません。ヒルマルではなく、ムギソンが音楽を担当したというのがミソで、いつもよりも若い雰囲気の映画なのかな?と思っています。

◆『大鴉が飛ぶとき』
ストーリー:中世アイスランドの名作『ニャールのサガ』などからインスピレーションを得たオリジナルのサガ物語。中世好きにはたまりません。1984年作という古い演出が、かえってアイスランドの幻想的な雰囲気を満たします。
 *敵討ちの戦略が面白い。日本のサムライ・ムービーには人殺しが欠かせませんが、バイキングの時代の北欧も同じような感じなのか?・・・と、超ド素人丸出しの感想です。設定は面白いし、時代背景もアイスランド好きとしは「ふ〜〜ん、こんな風だったんだぁ」と。三部作の一作だそうです。
  一時期アメリカでの公開が契約され、タイトルも『野蛮人の逆襲』のようなアメリカ人が好きそうなものになり、ストーリーも改ざんされることになっていましたが、なぜかそれが現実化せず、アイスランド人監督の作ったそのままの姿で残ることになり、うーん、上手に説明できないし、キチンと書くと長ったらしくなるのでやめるけど、結構数奇な運命を辿った映画です。

◆『イキングッド』
ストーリー:アイスランドは北欧。北欧のサーメの文化とゲルマン文化は長い間、隣り合ってきました。現代アイスランドを舞台に新しい子どもたちの友愛を描きます。
 *日本在住のアイスランド人監督による作品。私自身は見ていませんが、とても心温まる作品のようなので、楽しみにしています。見逃した方は、DVDが発売されているので、ぜひそれを御購入ください。詳しい情報はアンスール・ピクチャーズで。

◆『101 レイキャヴィーク』(日本初公開)
ストーリー:101レイキャヴィークの自分の場所に閉じこもるフリーヌルは、自分のレズビアンの母親の恋人と寝てから、人生の転機が訪れる。レイキャヴィークナイトライフも魅力たっぷり。ちなみに、101はレイキャヴィークの郵便番号でもあります。
 *いや、もう、本当に。101地区っていうのは、何でもアリであり、ひどく最先端でオープンのようで、実はメンバーが固定されている閉鎖的なところもあり、酔った勢いであり得ない関係になることもアリだろう、と。「アイスランド=大自然=オーロラ」というイメージとは対照的な狭い世界での出来事で、アイスランドの現在のカルチャーに興味がある人は必見です。ちなみにこの映画の監督は、チラリと会っただけだけど、と〜っても野性味のあるかっこいい人でした。時間が許せば映画の話を聞きたかったなぁ。

◆『フレンムル』(日本初公開)
ストーリー:レイキャヴィークのバスターミナルフレンムル。そこにたむろう行き場のない人々。高福祉国家アイスランドをシュールに描いたドキュメンタリー。監督の知人であるシガー・ロスの音楽が絶妙に織り込まれる。
 *サウンドトラックだけは、シガー・ロスが来日公演の時に会場限定で販売していたので、購入したファンも少なくなかったのでは。レイキャヴィークにはバス・ターミナルが二カ所にあり、こちらがその片方。よく知っている場所だし、確かに浮浪者でもないし、そうかといってどこへ行くのでもなさそうなのが溜まっているので、常々「この人達は・・・?」と思っていました。非常に楽しみな一本で、この映画祭の中で個人的に絶対に見逃さないぞ!という作品。この作品の前後に、シガー・ロスのPVが5.1のサラウンドで放映されるそうです。考えただけで涙しそうな設定。シガロス、よすぎ〜〜。

◆『アフリカ・ユナイテッド』(日本初公開)
ストーリー:アマチュアサッカーチーム『アフリカ・ユナイテッド』アフリカからの労働者や留学生とアイスランド人の混成多国籍チーム。痛快転戦記ドキュメンタリー。
 *昨年秋に行われた山形映画祭で好評だったドキュメンタリーですね。会場には笑いが絶えなかったとか。見ていないので見たい。きっと、(良い意味で)エゴのぶつかり合いなんだろうなぁ。日本人みたいに奥ゆかしくないだろうから。

◆『農夫ジョン』(日本初公開)
ストーリー:18世紀の農夫ヨゥンの写本を原作とするアニメ。農夫の世界観を通して、歴史、真実、虚実を垣間見せる。
 *ショート・フィルムなので、映画祭のスケジュールを見ると『フレンムル』と同時に上映されるようです。こういった作品は、核心をついている場合が多いので、これも楽しみ。

◆『スカーガフョルズル』(日本初公開)
ストーリー:アイスランド北西部のスカーガフィヨルドをカラーとモノクロで撮影。サイレント・ランドスケープ・ドキュメンタリー] (ユーロスペースでは3/5 上映後シンポジウム。3/8ライブ音楽付き上映。)
 *私はアイスランドの大自然にあまり接していません。アイスランドへ行っても、レイキャヴィークの、それも101地区ばかりに入り浸ります。旅行者としてホテルやゲストハウスに宿泊するので、「アイスランド旅行=大自然」ではない旅行者はいつも私ひとり。なので、私が日本からはるばるアイスランドまでやってきて、101地区に入り浸っていることを知ると、みなさん私を"クレイジー"だとおっしゃいます。確かにそうなのかもしれません。でも、自然は自然で別口にたっぷりと見に行きたいと思っているし、出来ることなら一人ではなく家族や仲間といっしょに行きたいので、機会を狙って待っているだけ。きっとすごく素敵な映画なのでしょう。サイレントなんて最高。見たら、都会を投げ出したくなりそうで怖いくらい。ちなみに私、渋谷生まれで、都会への憧れゼロ・・・ってことは無いか。ゼロとは言わないけど、でもすごく低い。

それから、3月5日(日)21:15〜のサプライズ上映はビョークのドキュメンタリー映画、「ビョーク」だそうです。 (小倉悠加)

  *上記映画のサウンドトラック等があります。どうぞICELANDiaのショップにお立ち寄りください。
 *ICELANDiaの母体、アリヨス・エンタテイメントのサイトはこちらです。c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
[PR]
by icelandia | 2006-02-27 01:39 | News | Comments(1)
Commented by kj at 2006-05-23 07:02 x
アイスランドがなつかしくなってこちらへきました。いくつか見ましたが、アイスランドって不思議な魅力ですね。自然の厳しさを堪能してきました。トーマス君がなつかしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド映画祭、華やかにオ... ビョーク、シガー・ロス他 自然... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド音楽フェス独自ドキュメンタリー上映会&アイスランド・エアウエイブスツアー説明会6月24日
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム