execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライヴで楽しみたい:アイスランドのトラッド

 ビョークやシガーロスがきっかけで、アイスランドの国に興味を持ったり、アイスランドの他の音楽に興味を持つ人も少なくないと思います・・・というか、そういう音楽ファンがたっくさん来てくれたのが、5月2日に行った『氷国』のイベントでした。みなさんどこから手を付けたらいいの?という感じでしたね。私自身もそういう思いだったので、その気持ちはよく分かります。
 もう少しディープにアイスランドの音楽を知りたければ、ビョークやシガーロス、またはムームが関わっている他のアーティストを聴くのも参考になるし、彼らのルーツを知る早道は何と言ってもアイスランドのトラッドを聴くことです。トラッド=民族音楽ではなく、「誰もが知るメロディ」ということで。
 というのも、アイスランドでは音楽が禁止されていた時代があるため、伝統音楽と言える特徴的な音楽に乏しく、その代わりに発展したのが、抑揚のついた語り部(リミュール)でした。リミュールについてはまた別の機会に取りあげることにして、今回は「アイスランド人が幼いころから親しんだメロディ、誰でも知っているメロディ」をトラッドとしたいと思います。そして現在のアイスランドで、最も親しみやすくオリジナリティ豊かなサウンドでトラッドを演奏するのがギター・イスランシオです。
 
 ギター・イスランシオはアコースティック・ギター3本(そのうち一本はベース)の3人組で、デビュー以来本国ではすごい人気。2002年、2003年と連続でレイキャヴィーク市を代表する音楽グループに選ばれた他、出すアルバムは全てゴールド。アイスランド音楽賞でも、メンバーがそれぞれに最優秀パフォーマー賞やコンポーザー賞を幾度となく受賞。名実共にアイスランドを代表する音楽家であり、結成以来、国家から駆り出されなかった万博は無く、それほどその実力は広く内外から認められています。
 特にリーダー的存在のギタリスト、ビヨルン・ソルオッドセンは北欧でも最高峰と言われるギター・テクニックの持ち主で、ギター・イスランシオの演奏自体とても切れがよく、すがすがしく爽やかなサウンドである上、ビヨルンがそこかしこに高度な技術でさりげなく楽しいオカズを入れて、実に楽しく聴覚をくすぐってくれます。
 愛知万博でたまたま彼らを見た人は、その演奏クオリティの高さに驚き、その後ギター・イスランシオのアルバムを探し回ってICELANDiaに辿り着いたり、やはり万博で見て、今度はぜひフルコンサートで見たいからと、東京公演のために新幹線に乗って上京してくださるという人もいるほどです。
 そしてこのグループの一員として来日するのが、前回のブログでご紹介したアイスランドのブライアン・ウィルソンこと、グンナル・ソルザルソン。ギター・イスランシオは北欧トラッドを演奏するグループなので、彼のオリジナル曲ばかりが登場するわけではなく、アイスランドが誇る大作曲家がこのグループに加わったのは、アイスランドや北欧のトラッドなメロディが大好きで、彼自身そんなメロディから触発されることも少なくないため、アイスランドの素晴らしい音楽を世界のみなさんに知ってもらいたいという一心なのだそうです。
 
 いろいろな音楽をアイスランドから取り寄せて聴いていると、そのすべてにそこはかとなく漂う共通の雰囲気があります。その雰囲気とは共通する音階でありメロディです。ビョークを引き合いに出すなら、彼女が作るメロディの中に、どことなくアイスランド的なものが潜んでいて、彼女の独特なサウンド作りに加えて、アイスランド的なメロディが他の英米のアーティストとの大きな差になっているように感じます。  
c0003620_2205298.jpg 特に彼女は最新アルバムの『メダラ』で、アイスランドで元も有名な女性作曲家ヨウルン・ヴィザールの「Vokuro/Vigil」を取りあげているので、それを聴くと少しだけその雰囲気がつかめることでしょう。そういえば、10年ほど前にHector Zazouのアルバムでビョークが歌った「Visur Vatnsenda-Rosu」もアイスランドのトラッドでしたね。GIも同じく、ヨウルンの曲を取りあげています。
 そんな聴き方がベストであるとは言いませんが、あるアーティストの背景を知ることはとても面白く知的にも刺激的で、私はアイスランドのトラッドに触れれば触れるほど、アイスランド出身のアーティストの奥深くを見るような気がしていますし、そういうのをみなさんとも共有したくて、ICELANDiaのショップには、クラシックから童謡、トラッドまで、アイスランドの文化的側面が見えてくるものを揃えるように心がけています。
 
 そんな音楽をみなさんに聴いてもらいたくて結成されたのがギター・イスランシオです。アイスランドのトラッドはほとんど知られていないため、生演奏に触れる機会は本当に貴重です。アイスランドのトラッドなんて聴いたことがないと思うかもしれませんが、聴けば日本の童謡などに通じる哀愁を帯びたメロディや、それこそビョークやムームに通じるものを見いだして、きっと驚かれることでしょう。
 
 ギター・イスランシオは2004年には上海音楽祭に出演し、近年は北米を制覇すべくまずはカナダからツアーを開始しているそうです。彼らの音楽をあえてカテゴライズするのであれば、フォーク・ジャズというところなのでしょうか?トラッドを基調とする演奏の合間に英米のポップ音楽ファンがよく知る曲を入れたり、オリジナル曲を入れたりと、内容はバラエティに富んでいます。
 
 そして、こうしてアイスランドのトラッドを名グループの演奏を日本で堪能できるのも、2006年に日本とアイスランドが国交50周年を迎えている特典。6月末に行われるギター・イスランシオの日本ツアーは、駐日アイスランド大使館公認の50周年記念行事でもあります。
 
c0003620_21594172.jpg
ギター・イスランシオ
  東京公演

6月29日(木)
テアトロ・スンガリー青山(表参道)
 前売り4,500円 
 当日券5,300円  
(*ワン・ドリンク、アイスランド食材試食アリ)

 
 チケットはICELANDiaのショップで扱っています。どうぞ生でアイスランドの息吹を感じるこの機会をお見逃し無く!(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  アイスランドの音楽SHOP、日本盤購入で送料無料!↓バナーをクリック!
c0003620_0434512.jpg
[PR]
by icelandia | 2006-05-29 18:06 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 90分のアイスランド・ミュージ... 来日決定!氷国のブライアン・ウ... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム