execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
まだ間に合います、アイスランド音楽フェス、Airwavesツアー
c0003620_18205412.jpg

ICELANDia企画のAirwavesツアー、まだ空席があり間に合います!
 http://tour.arukikata.com/modules/tour13/index.php?id=8


 アイスランド最大規模を誇るIceland Airwaves音楽フェスティバルも、あと3週間に迫っています。まだところどころTBA(To be announced =後日発表)の部分は残っていますが、アーティストの出演スケジュールはほぼ固まりつつあり、それを見る度に、どのライブを見ようかと迷う毎日に突入しています。
 
 このフェスティバル、メイン会場だけで7カ所もあり、メイン外の会場もいくつかあり、出演アーティストは約200組み。5日間のフェスですが、実質は3日間に集中するため、日時によっては「見たい!行きたい!聴きたい!」アーティストが重なり、迷って迷って悶絶死しそうになることもあります。特にそのアーティストと顔見知りで、どちらからも「ぜひ見に来てほしい!」とラブコールされると、もう本当に思いは千々に乱れます。
 
 私は2003,2004年と2回続けて行き、去年は逃していますが、一年行かないだけで話題のアーティストが続々と登場していて、アイスランドの音楽シーンが世界中から注目されいるだけあり、何だかその数も尋常ではありません。個人的に楽しみなのは、キッチン・モーターズのファミリー・ナイト。一晩、ある会場の出し物はぜーんぶキッチン・モーターズ。私はキッチン好きで、友人も多いため、見逃せないとは思いつつ、でもあちこちから見に来てと言われると・・・・。既に見たことのあるアーティストはパスするしかないかぁ、とか、12月に東京で見るだろうからいいかぁ、とか思うのですが、東京で見られるからイイというのは大間違いだとも思っています。
 
 あれは2003年だったか。ムギソンが出始めた頃でした。確かムームのサポートとしてリキッドルームで演奏したムギちゃん。ムギ方式のワンマンバンドに度肝を抜かれたのか、お客さんは何となく引いているし、ムギちゃんもお客さんのノリも愛機の調子もイマイチで、どーもその・・・煮え切らないままのギグでした。
 リキッドの楽屋で本人に会ったとき、感想を聴かれて、私も言葉を濁してしまいましたが、その2ヶ月後にAirwavesでムギソンを見た時は、もう全くの別もの。その頃、まだ新進気鋭としてレイキャヴィークのシーンが暖かく彼を迎え、その晴れ舞台ということもあり、小さなクラブでのギグはキッチンの面々を始め、現地の業界関係者でいっぱい。ライブが始まる前から、「ムギソン、がんばれ」という暖かな雰囲気に包まれ、まぁこのライブの出来のよかったこと。リキッドとは雲泥の差。
 「今日の出来はどうだった?」と感想を求められた時、やっと心から彼を褒め称えることが出来ました。「リキッドは大変だったよね」と言うと、「自分でも分かってたよ。どうも調子が出なくて」と。
 もちろんこのライブがきかっけで広く大評判になり、ムギソンがアイスランド内でも揺るぎない地位を築く大切な一歩になったわけです。
 
 そうなんです。周囲の雰囲気、オーディエンスがアーティストを盛り上げるというのも大切な要素のひとつで、レイキャヴィークだからこ体験できるものがあります。Airwavesはアイスランドのアーティストにとって、晴れの舞台です。そこにどれだけの業界人を、どれだけのプレスを呼び込めるかがまず第一の鍵になり、お金やしがらみではなく、レイキャヴィークの場合はものすごくファミリー的な要素が強く、また、このアーティストを盛り立てて、一人前にするんだというシーンの意気込みもそのアーティストに託されます。これは、本当に、他のどこの国でも見たことのない雰囲気で、雰囲気というのは言葉ではなかなか伝えられませんが、暖かな雰囲気というのは、そこに身を置くだけで気持ちがいいものです。東京ではまず滅多にない、希有な体験でもあります。
 
 なので、東京にキッチンが来るから見なくてイイというのは全然なくて、東京に来るからこそ、レイキャヴィークで見ておかないと、本当のところはどうなのか、というのが分からなくなりそう。雰囲気や設定としては、レイキャヴィークで見るに勝るものはないと私は思っています。
 
 それで、ICELANDiaが企画したAirwvesのツアー。通常のアイスランドのツアーよりも価格もぐっと抑えて、昼は自然観光、夜は音楽三昧の、一粒で二度美味しい旅行が可能です。加えて、行きはチャーター直行便の貸し切り(!)。250名近い定員のところ、10名以下のメンバーなので、200席以上空席があります(笑)。これ、マジです。
詳細はこちらのURLにあります。http://tour.arukikata.com/modules/tour13/index.php?id=8
 質問等は個別に対応しますし、人数がまとまるようであれば、説明会をもう一度ひらきますので、ご興味ある方はぜひご連絡ください。 alljostoursのgmail.comまでぜひご連絡ください。お待ちしています! (小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  秋の夜長にはアイスランド音楽を!
   バーゲン品をちょぴっと増やしました!!↓バナーをクリック!

c0003620_0434512.jpg
[PR]
by icelandia | 2006-09-29 18:27 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 募集締め切りました! 氷国で妖精がくれたもの >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム