execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
会った!見た!AirwavesTour10月19日レポート!
到着して休む間もなく濃厚に始まったICELANDia企画の音楽フェスツアー、2日目は何ともアイスランド的な出来事から始まります。

ツアー第2日目 2006年10月19日

この日の予定
8:00 起床
9:00 ホテル出発
11:00 新聞の取材
12:30 昼食
13:00 関係者打ち合わせ
14:30 昼寝(これは重要!)
16:00 関係者打ち合わせ
17:30 夕食 (このへんの時間帯からオフ・ヴェニューでもライブをやっているので、それを見てもいい)
20:00 フェス本格突入
25:00 ホテル帰宅、就寝
  
 かなり詰まっているけれど、街自体が小さいので、うまくいけば充分にまわるはず。2日目は現地時間に慣れるため、ずっと起きていた方がいいけれど、無理して長い間起きていて、次の日にぶっ倒れたことがあるため、今回はみなさまに迷惑をかけないためにも、ひたすら体力温存の方向。
 
 しかし、上記はあくまでも希望的予定で決定ではなく、やはり実際は若干かけ離れたものになりました。

実際の行動 
9:00ホテルを出て関係者に会う予定のカフェへ。ビョークが今でも応援していて、シュガーキューブスの仲間がやっているSmekkleysaというレコード会社の社長Asi(アウシー)と会う約束。アイスランドの音楽関係者で、一番ビョークに近い人物です。
c0003620_11503.jpg この時期、海外からのマスコミも多く、かなり忙しい人なので、今回だけは無理かと思っていたけれど、彼と初めて会ったのは2003年で、私がこうして継続してアイスランドの音楽を応援していることは彼もよく知っているので、朝一の時間を割いてくれました。
 ・・・って、それは有り難いんだけど、いきなりアイスランディック時間。アイスランド人は日本人のようにピタリと時間に来ません。30分遅れはアイスランディック・タイムと私が呼んでいて、かなり当たり前のこと。1時間遅れもあり得るようです。しかし、私は日本から来たばかりなので、まだキチキチしている。なかなか会えない人なので、ツアーのみなさんとチラリと会っていただこうかと思い、何人か一緒にお連れしたので、あまりにも遅いのは困る。
 万が一を考え15分遅れの状態で電話したら、「ごめん、5分後に行く」ってホント?それで45分経っても現れないのでまた電話したら、「ごめん、出る直前に電話があって、それを済ませてた」。ということで、自転車(!)に乗って颯爽と現れたのは予定を1時間近く過ぎてのことでした。
 「来月、シュガーキューブスの再結成があるけど、来る?」って、そんなに何度も来られるわけがなく、招待して!と冗談で言ったら笑ってた。(プライヴァシー保護のため写真の顔にはボカシをかけてあります。)
 
c0003620_1154563.jpg 11:00 いきなりアイスランディック・タイムの洗礼を受け、それでも11時きっかりにホテルに戻り新聞取材の記者を待つ。私がホテルに到着すると同時にまずはカメラマンがやってきて、テキトーにそこらへんで撮影し、5分後に記者がやってきた。
 この記者とは何度か電話で話したことがあり、記者というかラジオのDJというか、音楽評論家というか、ロック・アーティストというかーーアイスランドではいろいろな職業を掛け持ちする人が多いので、さほど驚くことではない。Dr.Gunni(ドクトル・グンニ)は地に足のついたロックをやっている人です。
 静かな場所がよかったので、ホテル・ボルグ(かつては迎賓館として使われた由緒正しきホテル)へ行き、そこでお茶を飲みながらあれこれを話す。
c0003620_1203878.jpg 「ところで、何でドクトル(ドクター)なの?博士号でも持っているの?」と逆取材。
 「いや、博士号とは関係がなく、最初にライブをやった時に、ドクトルXXX(XXのところ忘れた)のドラムスを使ってたんで、いつもそのドラムスを使うからそう呼ばれるようになった」そうだ。
 なぜレイキャヴィークが好きなのか、なぜアイスランドの音楽なのかを私に語らせると長い。なんかず〜っと話してた。
 
12:40 取材終了無罪放免。そこから徒歩数分のところに個人的に大好きなシルバー・アクセサリー屋があり、仕入れさせてもらうことになったので、「適当に電話してアポとって」ということだったので、電話をする。アポを13:10にしたので、それまでの30分間、周囲のニット店をまわり、ショップのお客さまから頼まれたものを捜す。

c0003620_1221549.jpg
c0003620_1223072.jpg
13:10 arum(アウルム)というショップでデザイナーのグズビヨルンに会う。彼女の店を見つけて大好きになったのは、初めてアイスランドを訪れた2003年5月のこと。それ以来、アイスランドへ行くたびに見に行っていました。私はバブリーな頃、この手のものにたっぷりと貢ぎ、デパートから専門店まで時間をかけて見て回ったので、ジュエリーに関してはかなり煩い。たくさん持ってるからこれ以上増やしたくないし、とびっきり魅力的でない限り欲しくない。で、このブランドは、私の感性とピタリと共鳴して、すごく好き。大好き。
 朝からコーヒーばかり飲んでいたので、コーヒーは辞退して、早速いろいろと見せてもらう。正直、値段は高めだけど製品が素晴らしいし、パッケージも素敵なのでオッケー。あれこれとオーダーし、日本のデパートも扱うらしいという話も聞き、サイトを日本語化してあげる約束もして、
 「あなたの注文は土曜か日曜に、必ずホテルに届けるから心配しないで」と。
 それから、以前に購入したイヤリングを片方無くしてしまったため、廃盤になっているというそのイヤリングの相棒を作って貰えることにもなった。有り難う!
 
14:30 昼夜がひっくり返っているような場所では、ここらへんで限界が来ます。単なる観光であれば多少の疲れは無視するけど、今回は私がツアーを引率しているので、倒れる訳にいかない。なので、ホテルに帰り、部屋でテキトーにスープをすする。16:30にはSmekkleysaの店で朝Asiから会うよう言われた人とのアポがあるため、あまりゆっくりとは寝ていられない。電話もあちこちにかけなくちゃ。でも、横になるだけで疲れは違うので、1時間弱ウトウトする。

16:25 目的地の途中にZonetというレーベルのオフィスがあったことを思い出し、Zonetへはアルバムを大量に取りに行かなくてはならないので、その打ち合わせがてら、突然オフィスに押しかける。と、・・・細かいことは省略するけど、オーナーが変わっていて、在庫の半分はそのままだけど、残りの半分はある人物の自宅にあるという。なるほど、だから自宅に連絡してこいと言われていたのか。どちらにしろ、せっかく来たのでということで、あまり大量にならない程度に見本盤を貰う。

c0003620_123293.jpgc0003620_1234362.jpg 16:35 5分ほど遅れてSmekkleysaの店へ。ここは由緒あるレコード・レーベルでもあり、店頭には、なーんとビョークの「Who is it?」のPVで使われていた、鈴がいっぱいついた衣装が飾られていた。う〜ん、雰囲気ある場所だわ。

 ここで会ったのは、Lobster or FameというSmekkleysaの歴史を刻む展示会を日本でやれないだろうか?ということで、どのような物事が必用で、どういう物品があるのかを教えてもらいました。この展示会は、レイキャヴィークの美術館で見ているので、ある程度は知っているものの、縮小ヴァージョンはどのようなものが可能か、というのが一番知りたかった。
 レイキャヴィークはカフェ・ミーティングが普通です。なので、またコーヒーを飲んで目を覚ます。日本では滅多にコーヒーは飲まないけど、レイキャヴィークは水がいいせいか、すごくコーヒーがおいしい。
 
c0003620_1242840.jpg17:20 Smekkleysaの店に戻るとMamutが演奏中。見たいと思ってたので、キャッチできてよかった。ツアー仲間や別口で来ていた日本人の若者に会う。店内には前述の展示会用に作ったパネルなども展示されていて、ゆっくりと店内を見たかったけれど、18:00からの12Tonarに出ているアクトが気になり、トナーへ。


17:40 12Tonarではライブの真っ最中。外まで客があふれ出ていて、中に入れない。同じく外にあぶれている仲間に会う。トナーの庭の方を見ると、何だか私の方を見てあいさつをしている風の男性がいる。う〜ん、どこかで会っていたのだろうか?見たことがあるよーな無いような人で、う〜ん、思い出せない、ので無視。(後で気づいたのは、この人は12Tonarの社員で、彼がこの店に入った当時私がよく出入りしていて、いっしょに食事したこともあった。今回、少し太っていたしメガネを掛けて無くて分かんなかったのよぉ。ゴメンネ)。
 ライブが終わり、客が減ったので中に入る。店に入っても知っている顔が無いので、地下へ。お目当てのライブは18時からなので、10分ほどそこでウダウダ。
 上の階で演奏が始まったので地上に上がると、もうそこは人でいっぱい。そして背後を振り返ると、レジのところに見慣れた顔、顔、顔。12 Tonarのオーナーと長年の店員で、私に気づくと、みんな驚いたように満面の笑顔で、人混みをかき分けて、せめても握手をということで手を伸ばしてくる。
 ライブはとてもエネルギッシュで、ハーモニーも決まっていて、どこかラテン調で、カラリとしていて、アイスランドらしからないなぁと思ったら、目当てのPetur Benではなく、アメリカからのTilly and the Wallだったということ。18時きっかりに始まったし、疲れで頭が回っていないこともあり、これが見たかったアーティストだと勘違いして、次へ移動。
 
18:30 お腹も空いたので夕食。本当は部屋で何か食べようかと思ってた。アイスランドはやたら食費が高い。朝食は付いているけれど、昼と夜を5千円程度の予算では、まともに食べられない。だけど、せっかくアイスランドまで来たのだからラムを食べようという案が上がり、ツアーでご一緒した方としばし食事。
c0003620_1251887.jpg  ものすごく忙しないが、食事場所とホテルが3-4分ほどしか離れていなかったため、ライブ会場に持ち歩くのは辛い量のサンプル盤をホテルに置きに行く。それも、ディナーを注文して、そのディナーを調理中の合間にホテル急いでホテルを往復した。はぁ〜〜、たぶん、これを読んでいるだけで、みなさんも、もう疲れてきたかと思います。私の一日、長いっしょ。
 アイスランドのラム肉は本当に臭みがなくておいしい。ただ、量がありすぎ。時差もあってメロメロの老体なので、そんなに食べられない。夜の部はこれからが長いので、ワインを飲みながらゆっくり食べているわけにもいかず、二人一皿にすればよかった。
 
19:40 それにしても、本当に分刻みの行動で、ウトウトでも昼寝をしておいてよかった。ということで、次はDimmaレーベルの社長、アダルスティン宅へ。
 Dimmaというのは今年のアイスランド音楽賞でジャズ・アルバム大賞を受賞したシッギことシグルズール・フロサソンのレーベルで、「もうすぐアイスランドへ行くから」と言っていた待って貰っていた支払や、Dimmaレーベルの他のアルバム、シッギの今後の日本での活動など、あれやこれやをミーティング。とても心地の良いリビングで、赤ワインなどもいただき、 ホッペがぷちぷちのとびきり可愛い男のお子さんもしょっちゅう出てきて長居してしまいました。
c0003620_1264426.jpg  それにしても親子の会話は世界共通なのか(アイスランド語は分からないけど、たぶん)
 「今、お客さまが来ているからこの場所は使えない。その代わり、お前はアイスでも買ってきて食べなさい」と(たぶん)言って子供にお金を渡す。  
 (アイスを持って子供が帰ると)「ボク、ここに居ていいかな?」
 「ネイ!(NOのこと)」
「どうしても?ね?いいでしょう?!」
「ネイ!ネイ!ネイ!」と父親が言うので、私も「Nei! Nei!」と調子に乗る。
でも、こうしているともう21時過ぎ。私は絶対にGrand Rokkへ行きたい、Jaraを見たい。

+++ Iceland Airwaves2日目のライブ・スケジュールはこちら ++++

21:30 すごく遅くなってしまったけれど、Grand Rokkへ。レイキャヴィークの中心街は小さく、ギュっと詰まっているので、移動は楽だとはいえ、移動が楽でなければ、このようなクレージーなスケジュールは組めない。
c0003620_1273642.jpg 私が行った時には、彼女のパフォーマンスは最後の3曲程度だった。Jaraの話をするとまた長くなるけれど、とにかく私は彼女のベビー・ヴォイスが大好きで、絶対に会ってみたい人だった。もうやたら顔も仕草も可愛くて、後日彼女と会った時にこの日のパフォーマンスが全く練られていなかったこと等を聞いたけれど、まぁいいのよ。すごく可愛かったから。いかに可愛かったかは、この人のブログでも分かる通りです。
グランド・ロックもAirwavesが終わると閉鎖になるそうで、途中、移転したとはいえ由緒正しきライブ・ハウスだったので、何だか残念。

 ここらへんの時間帯は、 実はGuakurinnに見たい人が集中していたんだけど、 一度既に見ていたり(thorir)、見なくても何となく想像がつくもの(Eberg)は涙を飲んで切り離し、レイキャヴィークで一番新しいレーベル、ベッド・ルーム・コミュニティの会場Idnoへ。
 
22:00 Nico Murphyはアメリカ人だけど、MySpaceで聴いて気に入ったので、見るべしと思った。後から気づいたことだけど、ビョークがアテネ・オリンピックの開会式で歌った「Oceania」のピアノはこのニコが演奏していた。
 正直、この種の音楽をあまり聴いている方ではないため、歴史(?)に疎いのだが、いつからこんな風に電子楽器と生楽器が上手に共存するようになったんだろう?ヨハン・ヨハンソンにしてもそうだ。
 情感も情景も豊かで、すがすがしいさわやかな感じの音色とメロディで、前のJara(ヤラ)があまりにも素人だったこともあるかもしれないが、「音楽を聴いた!」という実感を得た内容の濃いライブでよかった。
 ベッドルームのマネージャーにあいさつをしなければならないため、楽屋へ寄るので外に出ようとすると、いっしょにいた仲間が騒ぎ出した。
 「ヨハンだ!小倉さん、ヨハンですよ!」
 「ん?どこどこ?」
 お〜、ヨハンじゃないの。2年前は会えなかったから、3年ぶりかな。一時期、私は外を歩くとヨハンに会い、サブウェイでチープなゴハンをしたり、ライブのポスターをいっしょに貼りに行ったり、何となくよく出くわした時期があった。ヨハン、洋服がサイズアップしたね。貫禄出たね。

c0003620_1281667.jpg ヨハンとは後日改めて会うことにして、Idnoの楽屋にチラっと寄ると、そこには元シュガーキューブスのドラマーのシッギが居て(よく会う)、それからニコと、ニコの次ぎに演奏するValgeir(通称ヴァルギー)にも会う。カメラを向けると、「写真撮られるの大好きだよ」と言って、気軽に応じてくれた。音楽から想像して気むずかしいのかと思ったら、すごくフレンドリーな2人でした。

c0003620_1285251.jpg23:00 Valgeir Sigurdssonは、前のニコに続き、Medullaでビョークと共演。映画『束縛のドローイング9』の中で、(サントラ未収録の)日新丸のテーマを書いている人でもある。なので、少しの間でも見たかった。23:30からのSeabearもすごく気になり、また、他のツアー仲間はMugisonを見に行ったので、彼らをムギちゃんと会わせてあげたいと思い、ムギソンがやっている美術館会場へ。なのでSeabearはパス。このグループを見た人は全員すごく気に入って、彼らのアルバムを求めて街を彷徨えど見つからず、「小倉さん、どこで売ってるか知りませんか?」と。SeabearはICELANDiaのショップにあります。デモ盤なので、アイスランドの店頭では捜しにくいかも。
  Valgeir の演奏は、ニコよりもエレクトロニカ・アンビエント寄りで、腰を落ち着かせて聴けば、随分と入り込んだことと思う。でも、ムギソンも気になりIdnoを後にする。
  
23:30 ムギソンはワン・マン・バンドではなくなっていた。彼の話をするとこれまた長いけど、最初に会ったのは彼がまだイサフョルズに住んでいた2003年で、とってもシャイではにかんだ感じの青年だった。彼は2003年のAirwavesでレイキャヴィークに本格進出し、私はPravdaというクラブで行われたそのライブにたまたま居合わせた。ファミリーとも言えるメンバーに囲まれた心温まるライブで、ずっとアイスランド語で話していたのに、私の顔を見つけると英語に切り替えてくれたことは、今でも心に暖かく残っている。
 2004年のAirwavesでは既に彼は国際的な存在となり、Nasaというメイン会場でトリを務めた。それも、ガールフレンドやラッガがゲスト・ヴォーカリストとして出演し、ムギパパまで出てきて大いに盛り上がり、彼のものすごい成長を見せつけられた。
c0003620_130057.jpg 2006年、久々に見たムギソンは、ムギバンドを従え、文句なしの上質パフォーマーになっていた。アイスランドの片田舎出身の、無垢でシャイな彼はもうそこには存在せず、自信に満ちあふれるライブで、歌にも迫力が出て、とにかくもう文句はありません。でも、あのレベルになると、今度は英米のパフォーマーと対等に見なくてはならなくなり、上手に表現できずに歯がゆいのだが、アイスランド出身云々は関係ないレベルなので(だって、シガーロスみたいに特徴ある音楽じゃないし)、世界にゴマンとパフォーマーのいるブルースやロックというカテゴリーの中でどれほど活躍できるか、旨くて迫力も実力もあるだけに、今後どう個性を出していくかが課題。デビュー当初はものすごい個性を放っていたけれど、同じ事はくり返しやりたくないそうで・・・。
  ムギソンの成長を見て年月の経過にひたっている間にライブはお仕舞い。仕方ない。途中からしか会場入りしなかったのだから。ここでツアー仲間を捜すが全く見当たらない・・・。どうしようかと迷った結果、ヴァルギーのパフォーマンスが終わっていないことを祈りつつ再度Idnoへ。でも、結局、彼のパフォーマンスは終わっていました。
  
c0003620_1351314.jpg

 ここからThe Whitest Boy Aliveを見に行く体力は残っていたけれど、彼らがライブをやる会場は一度はいると出られなくなるし、調子に乗ってここで無理をすると明日に響くので、大人の分別をもって本日はリタイア。
 ホテルに戻り寝たのは、やはり夜中の2時過ぎでした。つづく。 (小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  アイスランドの音楽SHOP、試聴もあります!↓バナーをクリック!
c0003620_0434512.jpg
[PR]
by icelandia | 2006-10-29 01:46 | アイスランドってどんな国? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オーロラもクッキリ!10月20... Iceland Airwave... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
小倉参加最終!5月13日Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加がアイスランドに拠点を移す関係で、小倉が参加するツアー説明会の最終は5月13日です。それ以降も説明会はありますが、小倉はビデオ参加等になる可能性が高いです。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム