execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
キッチン・モーターズ三昧!10月21日氷国ツアー・レポート(後半)
20:00 感激のSiggi Arman 
 この時間帯、誰を見るべきか非常に迷い、まずは場所が近いという単純な理由で美術館のDaniel Agustを見ることにした。彼は元GusGusのヴォーカリストで、バングギャングのバルディ・ヨハンソンの叔父さんだとか。ダニエルはこの夏、『Swallowed a Star』という内容の濃いアルバムを発表している。が、ダニエルはチラ見で終わった。確かにかっこいい、歌はうまい、バックの演奏もシャープで乗りもいい。つまりはプロのエンターテイナーだから、かなり進行が読める。非常にクオリティの高いパフォーマンスだけど、レイキャヴィークに来たからには、インターナショナル・スタンダードのそういったギグではないものを私は楽しみたい。19時にSiggi Armanをこなしておけば、20時には腰を落ち着けてこのダニエルを見ることができたけれど、19時は見逃しているため、ここはもう、シッギ・アルマンしかないでしょう。
 
 幸いにも、Idnoへ行った時には、シッギのパフォーマンスはまだ始まったばかりのようだった。あらま、ピアノはシガーロス(キャータン)ですかぁ。おぉ、やっぱりこっちの方が(私には)正解だわ。
 シッギ・アルマンは、シガーロスのお気に入りアーティストだ。初めて彼らがアメリカをツアーした時、シッギ・アルマンのデビュー・アルバムを会場に流し、確かその次のアメリカ・ツアーには、彼をサポートとして同行させている。だから彼のライブを一度はすごーく見たかった。
 
c0003620_1151224.jpg さすが一筋縄ではないシガーロスのことだけあり、シッギ・アルマンには尋常ならぬ魅力がある。彼はシンガー・ソングライターで、基本的にはギター一本での弾き語り。ガタイの大きさに似合わずハスキーというよりもショボショボした声で、ボソボソと歌う。堂々としていない。一段高いステージに居る彼は、消え入りそうな感じさえする。修行僧が業に励むかのように「私は人の前に立って歌わなければいけない」という悲壮な決意を持ってステージに上がっているような印象さえ受けかねないほど、媚びたところが微塵もない。
 これがイイ!
 音楽は商品である前に自己表現であることを体現したのがシッギで、たどたどしい歌ではあるけれど、心をこめた真摯な姿勢が、技術的な旨い下手とは関係のないレベルで人の心を打つ。その彼を友人であり国際的ミュージシャンであるキャータンが控えめな演奏でアクセントを付けながら、シッギの歌を支える。シッギの曲はメロディがそれなりに面白い。洗練されているとは言い難いけれど、独特の節回しも魅力です。見ていて本当に気持ちがいいし、感動を覚える。
 
 シッギ・アルマン、素晴らしかった。ジーンときました。やっぱりレイキャヴィークだよなぁ、こういう音楽環境があるって、本当にうらやましい。
 それで、こうして帰国して彼のアルバムを聞くと、飾り気の無いファーストの『Mindscape』も親近感がわくし、2枚目の『Music for addicted』は、ヨハン・ヨハンソンのプロデュースで、シガーロスのメンバーも全面的に協力していて、シッギの個性を生かしながらきれいにまとめてあって、友情だよなぁと思うのです。なので、帰国してから、このアルバムがヘヴィ・ローテーションに。
 
20:45 Olof:真摯なパフォーマンスは続く
 この時間帯、かなり見たいものが重なっている。念願の7oi君も見たかったけど、シッギの後にヘヴィなエレクトロニカを聴く心境にはなれず、そのままIdnoに居残ってオルロフを見ることにする。
c0003620_1161949.jpg オルロフって誰?と思われるかもしれないが、ムームの双子ちゃんの片割れが抜けた時、日本に来日したのが彼女です。それから、2004年のAirwavesではスロウブロウのステージにも立っていた。弦楽器の特異なマルチプレイヤーで、例えばアミナやKiraKiraとは同世代で学校に通った仲間。
 私の予想に反して彼女はバイオリンを持たず、手にしたのはウクレレと何か私の知らない楽器。彼女もシッギに続いてとても真摯なパフォーマンスで、雰囲気のある歌を歌っていた。「次の曲は私の大切な妹に捧げます」とか、一曲づつ必ず友人や家族に捧げて、「今日、この場に来ている私の母親に、みなさん大きな拍手を御願いします」と、とてもアットホームな雰囲気。演奏が上手で普通なので、彼女のパフォーマンスは当たり前に過ぎたけれど、彼女の家族や友人を思う暖かな心は歌からにじみ出ていて、やっぱりいいなぁと思った。

20:45 KiraKira  
 夕食後からずっとIdnoというチョルトニン湖畔の劇場に居座っている。今夜のこの劇場は、キッチン・モーターズ・ナイトなので、キッチン・ファミリー総出演(アパラットは別格で昨日やったけど)。
c0003620_1165280.jpg KiraKiraことクリスティン・ビョークのパフォーマンスは、以前同じこの会場で見ていて、彼女のライブもオーガニックでとても面白い。今回は乙女ちっくでもコアなエレクトロニカ・アルバム『Skotta』も出し、どんなサプライズが飛び出すのか?と見たいのはヤマヤマだけど、ビッギには義理がある。仕方ないので、KiraKiraは東京でみるからいいや、ということで自分を納得させて、クリスティンは2曲だけ見て美術館会場へ(この後、ムームのクリスティンが出てきたようです)。
 
 Idnoの出口へ向かうと、先ほどライブをやったオルロフとシガーロスのキャータンが笑談している。というか、オルロフはちょーっとばかり酔っていて、陽気になっているようだった。彼女のパフォーマンスもとても好きだったので、お邪魔かなと思いつつ、ひとこと「とても誠実な歌で感銘を受けました」と言うと、オルロフはかなりすました顔になり、「有り難う御座います」と丁寧に返してくれた。キャータンには以前インタビューさせてもらったことがあるので、彼にもひとことあいさつして、会場を出た。
 
21:10 Biggi 
 Biggiはアイスランドでとても人気のあったマウスというバンドのリード・ヴォーカリストで、そこで10年以上活躍した後、バンドが解散。2年前からソロとしてイギリスに渡り、今月に初ソロ・アルバムを出したので、実績を買われていきないメイン会場でのギグ。どこかのパーティで知り合って以来、時々なにげに近況報告を貰っていたので、晴れ舞台を見てあげなくちゃ、と。
 ビッギは迫力もあるし歌がうまい。当たり前よね。10年間も人気バンドのリードを張ってたのだから。ポップ・ロックだったマウスのイメージを生かしつつ、新しい側面をサウンド的に演出し、ヒット曲を既に持っている人なので、それを取り入れつつ盛り上げて、プロらしくきれいにまとめられたステージ構成だった。彼が舞台に立つのは初めて見たし、やっぱり来てよかった。
 
 バックステージに行こうとすると、またしてもガードが固い。でも、先日の新聞記事が効いたようで、「あぁ、新聞に載ってた人ですね。どうぞ」とスンナリ。やはりどこの国でもマスメディアの力はある。
 
 久々に合うビッギは、文字通り一回り大きくなっていた。今回2年ぶりにアイスランドに来て気づいたのは、人が大きくなっている!平たく言えば、みんな太った。素人はいいとして、お願いだからパフォーマーはあんまり太らないで。誰かを見る度に、Totoのデヴィット・ペイチを思い出し(古くてごめん)、そのうちコートか何かで体型を隠すのかなぁ、なんて。ヨハンみたいいつも背広姿であれば、隠しようもあるけど、ロッカーはTシャツだからビール腹が目立つ。
 c0003620_15384946.jpg 「ソロ・アルバムのリリースですって?!おめでとう!」
 「お〜、日本からわざわざ有り難う」と言って、コラボレーターでありプロデューサーのイギリスの友人を紹介してくれる。イギリスの友人というのは、東洋系の男性なので、イギリス男性特有の”チ!東洋の女か”モードはない。よかった。レイキャヴィークを出て、ロンドンでどんな活動をしていたかなど、ひとしきり話すと、早々と楽屋入れ替えだそうで、そこを追い出される。それじゃまたメールででも連絡を、ということで、ビッギとは別れた。
 
 美術館会場の次のステージはリーヴスだ。デビュー当時からすごく好きなバンドだけど、どうもイマイチのめり込めないのは何故なんだろう。悪くないんだけどなぁ。アイスランドのバンドというよりも、私にはイギリス系のバンドに聞こえるせいだろうか。一応最初の2曲はリーヴスも見たけど、以前NASAでフルに見ているし、これもチラ見で終わり。
 
22:30 Evil Madness:想定外でヨハン再登場 
 またまた中途半端な時間になってしまった。どーしたもんかと思いつつ、足はふら〜っとIdnoへ。困ったときのIdno頼みというか、私の音楽的指向がこの会場と合ってるんだなぁ。
 
 と、そこで目にとまるものが・・・。あれ?今日もまたオーロラ?!あぁ、出てるよ出てる。オーロラだわぁ。昨日ほどクッキリとは見えないけど、それでもちゃんとオーロラ。しばしベンチに座って眺めていると、昨日ほどではないけれど、シュルシュルっと形を替えてカーテンのようにヒラヒラするオーロラの光が見える。2日間も続けてこうして街中から見えるなんて、何とラッキー。郊外へ出れば、きっとすごいのが見えるんだろうなぁ。
 
 と思いつつ中へ入ると、30秒で誰かのギグが終わった。今日は午前中ゆっくりもせず、時差にもめげず、昼寝もせず、あちこちに顔を出すので、オバサンはツカレタ・・・。ステージ前にはあまり人がいないので、バッグを枕に寝そべることにする。ん?寝るってそんなのアリかって?アリです!!
 神経が図太くなったのと、本当に疲れていて、こうでもしないと保たない。そこに再度心優しい日本の青年が現れて、私にオフトンならぬコートをかけてくれました>有り難う!次に誰が出てきてもいいや、キッチンだからキッチンぽくインディーでいいし、誰かの友達の友達が出てくるんだろうから、きっと知り合いやら、知り合いの知り合いやらが出ているのだろう、と。
 
 舞台の上でセッティングが始まると、あれ?アレッ?またヨハンがいる。そうか・・・。点と点が結びついていなかったけれど、次のEvil Madnessはヨハンが入っているプロジェクトであることを思い出した。
c0003620_1191582.jpg 昨日12 Tonarへ行って買い付けをした際、その場で運ばれてきた新譜が摩訶不思議なブックレット付きアートワークの『Evil Madness/ Demon Jukebox』というアルバムだった。クレジットを眺めて、「へぇ、ヨハンが入っているんだ」ということと、アートワーク全般がとても綺麗だったので、私としてはかなり多めに買ってきた。店主に言わせれば「僕らが作った中で一番ゴージャスな盤。この仕様は初回限定にしようと思ってる。今のところプレスしたのは500枚。たぶんその後はごく普通のパッケージになると思うけど、まだ決定はしていない」と(興味ある人は左のジャケ写をクリックしてください。試聴もあります)。

 そーかそーか、次に演奏するグループがそのEveil Madnessなんだ。偶然とはいえ、Idnoに来てやっぱりよかった。
 メンバーはヨハンと、コンピューターを扱う3人組。「とてもダークな音楽だ」と言われていた通り、確かにダークな世界が広がる。夕刻に教会で聴いた、生楽器と電子音の共演でのヨハンとは天国と地獄の違いがある。

c0003620_1175039.jpg しかしダークであるとはいえ、スッキリとした音作りだし、疲労困憊の身であるため、あまり明るくスカっとした音楽よりも、そのまま「あぁ、疲れた!」と言える雰囲気の少し重めで暗めの音楽の方が、好都合だった。さすがにミュージシャンが出てきたので横になるのはやめて座って見ていたが、どーも身体が重いので、行儀悪いとは思いつつ、また横にドロンと寝かせてもらった。ミュージシャンに失礼かとは思ったが、好きな格好で楽しめばいいという流儀だと解釈してもらえることを祈り、そのまま寝ころんで聴いていた。するとそれが、スンゴクよかった。なにせ少々古い作りの劇場で(レイキャヴィークの歴史的建造物であり、初めて映画が上映されたのがこの場所だった)板の間であるから、低音が床にビリビリと響いている。これが絶妙なマッサージのようで、途中眠りそうになるほど気持ちよかった。

c0003620_1203827.jpg 「Evil=邪悪」な「Madness=狂気」の「Demon=悪魔的」な「Jukebox=ジュークボックス」というが、ここにヨハンが加わっているのがミソで、彼の知的でキリリとした響きの電子音がそこらここらに散らばり、邪悪で重たいトーンの中に、一縷の光を与えている。確かに昼間の光の中で聴く音楽ではなさそうだけど、夜、しんみりと流せばオツな雰囲気をかもす。
 それに、タイトルを読んでいると、ブラック・ユーモアというか、なかなか笑えたりもする。1曲目から順に「グロテスクな内側」、「モンスターを理解すること(注:内なる怪物ってことでしょう)」「ひどく病んでいて、恐怖な芸術詩」「奇異な概念の要素」「とても成功した不運」「飢餓のポルノ」「わけわからずのテレビ・パーソナリティ」「祈祷する女性グループ」「???(解読不能)」「個人的悪魔的サイコドラマの突然の瞬間」「予期せぬ出来事とごっちゃになった恐ろしくも夢のような暴力」「長時間の継続的反復的深いイライラと抑制不可能な苦悶に刺激されて」「見慣れない植物(目が覚めると両手が無かった)」。これらのタイトル、それらしくもあり、それらしくなくもあり。

 当初このプロジェクトは、ピンク・フロイドの『狂気(Dark Side of the Moon)』よろしく、「ヨハンのダークサイド(Dark Side of Johann Johannsson)」かと思っていたら、翌日本人に会った際、それは否定されました。これは彼が中心のプロジェクトではない、と。
 誰が中心であってもなくても、やはりそこに各人の個性が入っているので、面白い。メンバーはStilluppsteypaが中心で、そこにBJ Nelsen, DJ Musician, Curver, Petur Eyvindssonとヨハンが加わっている。
 
 レイキャヴィークならではのアンダーグラウンドな世界にどっぷりと浸れて、しあわせ〜〜。外に出ようと身支度をしていると、「ハーイ!」と私に声をかけてくる女性がいる。よく見れば、Jaraだった。先日グランド・ロックで見たとっても可愛い女性。
 「ここに座る?座ってもいい動物の上に」と、面白い表現なので、最初は何のことかわからなかった。そして、彼女は限りなく敷物に近い毛皮のコートを上を指す。有り難う、板の間に寝てたんで、ちょっと冷えたから、毛皮はありがたい。
 そこに一瞬腰を降ろして、四方山話。Evil MadnessでPCを扱っていた、赤いストライプ・シャツの男性がボーイフレンドだという。明日時間があれば会いましょうということで別れた。近くで見ると、肌がきれいで本当に可愛らしい顔立ちで、ベビー・ヴォイスだしいい感じ。
 
 あぁ、これで今年のAirwavesも終わりだなぁと思いながら出口へ向かうと、お馴染みの12 Tonarのオーナーがそこにいた。2003年の夏に初めて訪れた12 Tonarは音楽ショップであり、自社レーベルはもっていなかった。そこから数年で、ビョークやシガーロスを生み出したSmekkleysaを抜く大手レーベルになっていったというのだから、すごい。彼の仕事も店頭での販売から、レーベルオーナーとしての仕事にシフトしていき、最近では滅多に店頭で見なくなってしまった。私がアイスランドの音楽をこれほどよく知らない時期に、いろいろなことを教えてくれた人だ。
 「新聞記事見たよ。アイスランド音楽業界を代表して、心からお礼を言いいたい。本当に有り難う。」
 「こちらこそ素敵な音楽をサポートしてくれて有り難う。」
 「12月にキッチンと一緒に日本へ行く予定で航空券まで買ったんだけど、どうしてもその時期アイスランドに居なくちゃならなくて、結局行けなくて残念だ」
 「これから日本との縁は増えるでしょうから、きっといつかは来ると思うよ。機会があればぜひいつでもどうぞ」
 日本とまったく縁がなかった頃、彼には私だけがその小さく細い綱のような感じだったかと思う。その時に話してくれた夢が徐々に現実になりつつあり、その躍進ぶりを見ていると、私も嬉しい限りだ。ビジネスには厳しいけれど、着実にステップ・バイ・ステップで進む人なので、今後も何か面白いことを大いにやってくれるのではと期待している。 
  
 暖かで華やかな空気の会場を出ると、空にオーロラの姿はもうなかった。これで私はリタイアしたのだが、次に出演したニックス・ノルテスもビッグ・バンドっぽくて面白かったそうで、これを見たツアー仲間からそのことを聞いて少し後悔。翌日の朝の予定がなければたぶんそのまま長居したけれど、午前中にヨハンとの約束を入れてしまったので、体調の調整に走ったのがアダでした。この悔しさは、来年はらしましょう!
  
 ということで、1-2曲の”チラ見”を含めると10アーティストほど見たことになる。正直、その中で深く心に残っているのはほんの一握りで、やはりそこらへんにアーティストとして成功するかしないかの分かれ目があるのでしょう。感激した音楽を胸一杯に詰めた一日でした。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  アイスランドの音楽SHOP!↓バナーをクリック!
c0003620_11483981.jpg
[PR]
by icelandia | 2006-11-06 18:05 | アイスランドってどんな国? | Comments(2)
Commented by Taragona at 2006-11-06 23:27
やっと拝見できました。
とことん音楽漬け!!ですねー おもいっきりテンションが
上がって、楽しそう!
それにしても、ワタシでも名前を聞いたことがあるような方から
コアな方まで幅広く出演しているんですネ。客席との距離感も
近くて魅力的に感じました。。
Commented by icelandia at 2006-11-17 17:37
Taragonaさん、こちらも楽しく読ませていただいています。私とは正反対みたいな旅で、大自然を満喫できるという点ではすごくうらやましいです。続きを楽しみにしていますね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 10月22日アイスランド音楽三... ブルーラグーンでパーティ:10... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム