execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ヨハン・ヨハンソン、東京での初ソロ・ライブは霧との共演
 ICELANDiaのブログへようこそ!こちらはアイスランドに関する情報ばかりを流している、一途なブログです!!
 
 いやはや、今年の梅雨はどうなった?!「うわぁ、雨ばかりでジメジメしてる〜」というのが無く、突然「ジリジリ暑いじゃん」の夏に突入した感じ。湿気の多い暑い夏は苦手なので、ひたすらアイスランドへ行きたい・・・。
 
 天気を嘆いても仕方ないので、気持ちだけでもクールなアイスランドへ。そして7月早々、本当に涼しげなアイスランドを東京で体験できるような気配です。
 
 というのも
 ヨハン・ヨハンソン東京ソロ公演!霧とのコラボ!

          ↓↓↓↓↓
c0003620_382351.jpg
 ヨハン・ヨハンソンは、アイスランドで最も期待されている作曲家で、今回は、セミクラシック寄りの演奏になりますが、元々はパンク出身なので、アーティストとして幅広い顔を持つ人です。私がアイスランドの音楽にのめり込むようになったきっかけもヨハンに依るところが大きく、やっと首都圏のみなさんにヨハンのソロを見ていただけるかと思うと、考えただけで感動しちゃうくらい(単純)うれしいです!!
 
 7月7日から渋谷のシネクイントを皮切りに日本公開されるアイスランド音楽ドキュメンタリー映画『スクリーミング・マスターピース』の中では、レイキャヴィーク市内の丘の上に建つハトグリムス教会の中でライブを行うシーンに出てくるのが彼です(ちなみに私、このシーンの現場にいました=ちょっと自慢)。
 
 ヨハンの来日は、この一年間で何と3度目!初来日は2006年12月のアパラット・オルガン・カルテットの一員としてで、この時は彼がパンク/メタル・バンドに在籍していたことがアリアリと分かる演奏でした(これも好き!)。2度目は2007年2月の札幌モエレ沼公園の『スノースケープ モエレII』のイベント(札幌まで行けず)。そして今回7月は、以下のようになります。
 
第23回<東京の夏>音楽祭2007 島へ−海を渡る音
火と氷の島 アイスランド>ヨハン・ヨハンソンの世界

  【日時】7月10日(火)、11日(水)19:00
  【会場】日本科学未来館 シンボルゾーン

       詳細は上記↑バナーのリンク先でご覧ください。


 このライブの注目はなんといってもヨハンのソロ・ライブが東京で初披露であることと、音楽と共に「霧のアーティスト」の中谷芙二子さんによる霧環境が作りだされるということ。
 ヨハンのソロ作品は、シンとしたアイスランドの空気そのものが再現されているような音作りなので、霧との相性は抜群。というか、想像しただけで鳥肌が立つほど幻想的で素晴らしい。ヨハンのソロに関しては、前述の2004年の教会ライブ(『Englaborn』上の写真のアルバム)と、2006年10月に再びレイキャヴィーク市内の別の教会でライブを見ています(『IBM User Mannual』下の写真のアルバム)。彼のソロ・ライブがいかに感動的かは、こちらのブログをお読みいただくと少しは雰囲気が分かるでしょうか。
  

 今回は、ヨハンの重要な相棒であるパーカッショニストのマシアス・ヘムストックとの来日であり、その他数名アイスランドからミュージシャンやビジュアル・アーティストが来日するようなので、悪かろうはずがなく、これは本当に楽しみです。演奏曲目がどのようなものであろうと、ものすごく印象深く感動的であることは疑う余地がありません。う、考えただけで涙が出そう・・・。
 
 それで、一体ヨハン・ヨハンソンというアーティストはどのような曲を聴かせるのかは、ICELANDiaのショップに試聴がありますので、特に『Englaborn』と『IBM』をご注目ください。今回の演奏はたぶん『IBM』が中心になると思われますし、楽器編成としては『Englaborn』に一番近いことでしょう。
 
 以下はショップで扱っているヨハン関係のアルバムです(ブルーになっているアルバムのリンク先に試聴や詳細があります)。
 
ヨハン・ヨハンソンのソロ名義
 Englaborn
 Virthulegu forsetar
 Dis
 IBM1401, a user's manual
 
グループ/プロジェクト名義
 Apparat Organ Quartet 
 Evil Madness
 Dip/HI-CAMP MEETS LO-FI
 Kitchen Motors/キッチンモーターズ誕生
 Ham/Skert Flog
 Unun『Super Shiny Dreams』
 『Kitchen Moters family album』
 
プロデュース・ゲスト参加作品
 Siggi Arman『Mindscape』 『Music for the addicted』
 Skuli Sverrisson『 Seria』

 ヨハンは日本のみなさんに広く知っていただきたい才能の持ち主です。やっと東京でソロが聴ける絶好のチャンス。この機会に是非、ヨハン・ヨハンソンの音楽の世界をご堪能ください。ぜひぜひお見逃し無く!(小倉悠加)
 
↓サウンドトラック『スクリーミング・マスターピース』
    予約受付中!送料無料!

c0003620_8141334.jpg 
[PR]
by icelandia | 2007-06-21 03:33 | News | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< レイキャヴィーク市バス:運賃5... 『日本×氷国』〜五感で感じるア... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム