execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
幻想的な霧に包まれたヨハン・ヨハンソンの東京公演
 いつもICELANDiaのブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。
 
 映画『スクリーミング・マスターピース』の公開に伴い、サウンドトラック収録アーティストをシリーズで特集中ですが、ここで少し中座します。
 
 だってだってぇ〜〜、ヨハン・ヨハンソンの東京公演があったんだもん!
 
c0003620_14494842.jpg ヨハンは個人的にもアイスランド人で一番付き合いが長い人であり、その上、私はヨハンの音楽がだ〜〜い好き!最近は特に、自分がヨハン・オタクであることを自覚してきました。
 例えば、ヨハンはHam(ハム)という、伝説的(飲んだくれ)ロック・バンドに所属していた時代があり、そのハチャメチャな演奏を聴きながら、ヨハンの音だけを脳内で抽出してしまう。LooqでもUnunでも、ヨハン的な響きの演奏はよくわかります。みなさんあまり聴かないようですが、・・・というか、日本で唯一のヨハン・オタクの私が押したことがないせいもあるかもしれませんが、『Dip/Hi-Camp Meets Lo-Fi』なんかもすごく面白いです(シガーロスのヨンシーや、エミリアナ・トリーナがヴォーカルで入ってる)。

  今回の来日は、ソロとしては初の東京公演。2月にも札幌でソロをやりましたが、私は札幌まで行けなかった・・・。
 
 今回の演奏メンバーは
  ヨハン・ヨハンソン (キーボード・ピアノ)
  マシアス・ヘムストック (パーカッション・プログラミング)
  ヒルドゥール・グドナドッティル (チェロ)


 ヨハンとマシアスはピッチャーとキャッチャーみたいなもので、マシアスの居ないライブは考えられないんだけど、札幌公演はどうやったんだろう?
 
 マシアスは重要なアイスランドのパーカッショニストで、ヨハンとの他にも、スクリ・スヴェリルソン等とよくプロジェクトをやっています。
c0003620_14445445.jpg 2005年には、写真家のKarin Elvarsdottirと組んで、マシアスが製作したサウンドスケープ付き(CD)の写真集『Morar-naervidd』を500部限定で発売。
今回の来日時に、何部か持ってきてもらったので、ICELANDiaショップではアイスランドからの空輸送料分を値引きしたので、興味ある方はぜひぜひこの機会にどうぞ。こちらにあります。アイスランドの荒涼とした雰囲気にひたるには素晴らしい。アイスランドの、あの寂しげな郊外の雰囲気がたまらない人は、良き逃避行の友になりそう。
 
 さてさて、ヨハンです。
 
c0003620_153720.jpg 私が今までにレイキャヴィークで見たライブはすべてヨハン+マシアス+弦楽四重奏だったので、チェロ一本では正直なところ最初違和感がありました。物量の差で弦楽器一本と4本では、歴然と音の厚みも深みも響きが違う。もちろん、それを比べること自体が意味のないことだけど、レイキャヴィークでのライブはどちらも強烈な体験だったので、どうしても比べてしまう・・・。
 
 今回のライブは7月10日と11日の2日間行われ、どちらも満席。演奏そのものは2日目の方が断然よかった。もしかしたら私の耳がチェロ一本の演奏に慣れたせいもあるかもしれないけれど、ヨハン本人も、マシアスもみんなそう言っていたので、たぶん本当にそうだったのでしょう。
 
 ごーくかいつまんで書けば、今回のライブは生演奏の楽器とPCのプログラミングを上手に組み合わせたもので、エレクトロニカでもあり、セミ・クラシックでもあり、現代音楽調でもあり、時々リズムにハード・ロックが見え隠れしたり、メロディ的にはごくポップで分かりやすかったりと、彼の幅広い音楽性がよく出ていて奥深い。こういうのはジャンル分けできませんね。ノー・ジャンル、でもだから面白い。
 
c0003620_1534375.jpg ヨハンの音楽は今回すごくダイナミックで、弦楽器の物量が少ないために、そこらへんをプログラミングでカバーしようとしたのか、緻密で大胆な試みが多かった。特にその場で録音した音の重ね方とか、リズムの合わせ方とか、心地よい程度に複雑で、わかりにくくて、それでいて、しっかりしたヨハン特有のメロディがあって、それがものすごく美しくまとまっていた。そこらへんはシガーロスの美的感覚と共通するものを今回は強く感じました。この路線だと、シガーロス・ファンを取り込んでいくかも、というくらい、時々ロックっぽかったと思うんだけど、ライブを聴かれたみなさんはどう思われましたか?
 

 そんな音の万華鏡のようなところに、霧の彫刻家、 中谷芙二子さんの作品である霧がシューっと沸いてきて、とても幻想的。特にチェロが甘いメロディを奏でる曲では、別世界にいるような気分。それから、 マグヌス・ヘルガソンのヴィジュアルがとてもよかった。2003年の国際フォーラムでのシガーロスの公演のモノクロのビジュアルが今でも私は印象に強く残っていて、あれに匹敵するくらいよかった。寂しげでシュールなモノクロの世界と、ヨハンの美しくも混沌とした世界は、とてもよくマッチしていました。下手に照明に凝るよりも、あぁいうのがいいなぁ。そういう点、演出がよかった。
 
c0003620_14521117.jpg それから、このチェロリストもタダモノではなかった!名前を見た時に気づくべきでした。彼女はLost in Hildurness)という名義で『MountA』というソロ・アルバムを出している人で、なんと新生ムームの一員!その他、いろいろなプロジェクトに関わっていて、それについてを打ち上げの時にいろいろと尋ねてきたので、そのうちにお裾分けしますね〜。『Mount A』はこちらにあります。試聴も。
 
ヨハン・ヨハンソン東京公演セットリスト 
 東京公演のセットリストですが、以下は11日のもの。10日は、8)と9)が入れ替わっていました。これからレコーディングする予定の新曲は2),5),6)
 
 1)Tu non mi perderai mai  
 2)T5
 3)Joi og Karen
 4) salfraedingur
 5) Corpus Camera
 6) V&G
 7) Sapporo 1
 8) Odiet Amo
 9) Ritual 2 (borkman cello)
 10)Ritual 1 (drone)
 
c0003620_1716506.jpg それから、今までは輸入盤しかなかった名盤『Englaborn』が、日本盤で間もなく入荷します。ICELANDiaでも日本盤に切り替えるので、かなりお安くなります(逆に言えば、オリジナル盤が欲しい人は素早くゲットしてください。残り2枚こちらです)。『Englaborn』には特典として、2003年にレイキャヴィークの教会で行われた『Englaborn』のライブ・レポート(約2万字)をお付けします!このライブは映画『スクリーミング・マスターピース』のワン・シーンとしても使われています。日本盤はこちら。

 ヨハンは今年10月に行われるアイスランドの音楽フェス、Iceland Airwavesで演奏予定だそうです。最高に素晴らしかった教会での去年のライブのレポートは、このブログにあります。その他、Evil Madness等、様々なプロジェクトでも登場するそうなので、今年もヨハンの演奏が楽しみ!
 
 ICELANDia企画、アイスランド音楽三昧ツアー決定!
 次回にでもこのツアーの話をブログに出す予定です。駐日アイスランド大使館で説明会を行います。以下のURLにあります。オフ会みたいな感じで楽しくお話しできればと考えています!
 http://www1.tour.ne.jp/search/tur/tur_dtl.php/933029/
 
 
 末筆ですが、今回のヨハンの東京公演に際しまして、ヨハン一同が多くの関係者にお世話になりました。スタッフのみなさま、気持ちのこもった丁寧な対応を有り難う御座いました。
 アリオン音楽財団の夏の音楽祭はまだまだ続きます。とても素敵な催しなので、お時間のある方はぜひどうぞ!詳細は以下にあります。
 http://www.arion-edo.org/tsf/
  (小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  素晴らしきアイスランドの音楽をあなたに!↓バナーをクリック!
c0003620_1544764.jpg
[PR]
by icelandia | 2007-07-12 15:15 | News | Comments(8)
Commented by hakka at 2007-07-13 01:12 x
初めて書込みさせていただきます。
私も11日のヨハンのライブへ行ってきました。
美しい音楽にどっぷり浸った至福の時間でした。
途中のハプニングにハラハラしましたが無事機材が復活してガッツポーズを取るヨハンとチェロリスト女性に思わず歓声を上げてしまいました。
セットリストを載せていただいてありがとうございます(流石です!)ライブで聴いていいな~と思った曲が何曲もあったのですが、これからレコーディング予定なのですね。リリースを楽しみにしています。
Commented by icelandia at 2007-07-13 10:53
ヨハンのライブをお楽しみいただけてよかったです。私も新曲がものすごく楽しみ!機材トラブルも、本人は「全部スムーズにいくより、あぁいうのがあった方がお客さんも見ていて面白いだろう」って、すごくポジティブに捉えてました。
Commented by miro at 2007-07-14 23:39 x
10日のライブを観ました。本当に感動しました。11日の方が良かったかもしれないけれど、1日目も十分すぎる位私には良かったです。また来日して欲しいなぁ。
Commented by icelandia at 2007-07-15 04:42
今度はぜひ弦楽四重奏でやってほしいですね。10日のライブも素敵でした。11日はマシン・トラブルがあって、かなり長い間(10分くらい?)演奏が中断したんです。その時、気まずいというかバツの悪い空気がなーんとなく流れましたが、トラブル解消後は逆に、ステージもお客さまもホッとして、リラックスして、互いに和めたんじゃないか、というのが11日の演奏がすごくよく感じた原因のように思います。どちらにしても、ヨハンのライブはいつ聴いてもいいなぁ。
Commented by ミズタマリ at 2007-07-21 00:46 x
こんばんは!感想が遅くなってすみません!
ヨハンライブ、、トラブルも含めて最高でした!あの会場が素敵でした!!
ヨハンの音楽と霧。ふたつにつつまれたとき、まるでアイスランドにいるように感じました……。しばし現実を忘れました。
ありがとう!
Commented by icelandia at 2007-07-21 16:39
お楽しみいただけてよかったです!あのトラブルが結果的には何だかよかったですよね。10月のアイスランドの音楽フェスAIrwavesも出るそうなので、すごく楽しみです!が、また日本に来てくれることを何よりも願いたいと思います。
Commented by ミズタマリ at 2007-07-24 01:23 x
はい、ライブはナマモノですね。
今後もアイスランドのアーチストが定期的に日本に来てくれたらうれしいです。「スクリーミング~」を見て興味を持ったバンドがたくさんいたので……。
Commented by icelandia at 2007-07-25 16:32
映画に出てきたバンドのアルバムは、かなり気張って揃えましたので、どうぞICELANDiaショップで探求してくださいね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ムームにヨハンにシガーロスに・... 新生ムーム待望の『Go Go ... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム