execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アミーナ:残暑お見舞い特別インタビュー!
 ICELANDiaからみなさんへ残暑お見舞い申し上げます。

 ホント、毎日暑いですよねぇ。アイスランドを思い浮かべ、氷河の写真を見て、何となく涼しくなった気分になっていただけることを願います。
c0003620_17181626.jpg

 さて、今回はアミーナ(amina/amiina)のスペシャル・インタビューをお届けしましょう。アミーナの音楽はもうお聴きになりましたか?シガーロスのバック演奏で活躍してきたので、彼女たちのことをご存知の方も少なくないことでしょう。
 数年前からEPをリリースし、徐々に本格的デビューの体勢を整えてきたアミーナが、今年デビュー・アルバム『Kurr』を発表。日本での発売は7月のことで、アイスランド音楽ドキュメンタリー映画『スクリーミング・マスターピース』の公開とも相まって、とてもいいタイミングでのことでした。試聴はICELANDiaショップのこちらでどうぞ。

 女性4人組のアミーナの音楽は、お伽噺のように可愛らしく慈愛に満ちて、聴いていてこれほどホーッと息をつける音楽も珍しいことでしょう。アイスランドの澄んだ空気を音楽に乗せてゆったりと運んできてくれるアミーナは、これを言うとちょっと強引かもしれませんが、ギーザとクリスティンの双子姉妹がいた頃のムームをもっとお伽噺チックにしたらこうなったのでは?というような雰囲気もあります。でも、アミーナはアミーナ独特のサウンドなんですけどね。 
 そんな素顔を、ICELAND REVIEWの記者ヨーナス・ムーディが現地レイキャヴィクでキャッチ。ICELANDiaはICELAND REVIEWから翻訳掲載許可をいただいたので、今回はみなさんに残暑お見舞いとしてそのインタビューをお届けします。

The Mad Hatresses' Party: マッドハッター(いかれ帽子屋)のお茶会
 by Jonas Moody

ヒルドゥルのティーカップには、大豆ミルクの塊が層になって浮いている。彼女は急いで最初の一口を飲み、その塊を散らす。テーブルの上には所狭しと自家製のケーキやクッキーが並んでいる。4人の女性はその一角を少しばかり陣取り、柄の揃っていない皿のあれこれをつまんでいる。

彼女たちはピンクの頬にキラキラと輝く目をした4人の女性。メンバーもそうであるし、グループとしてのアミーナも可愛い。編み物や、キラキラとした音の楽器を愛することも、そのイメージを壊すものではない。

それでも鏡を通して見ると、彼女達のグロッケンシュピールは音楽の厳粛さに矛盾するし、ジャバウォッキー(注:「鏡の国のアリス」が手にするナンセンス詩)のごとくメロディアスで不可解だ。彼女たちのサウンドはグループのお茶会の話題のように、親密で滑らかな会話に富んでいる。例えばボーイフレンドとの夏の計画や、歌うノコギリやコリアン・ベル等の話のように。

歌詞というほどのものはないが、だからといってアルバム『Kurr』がリスナーの琴線に触れないということはない。それどころか、最も思いがけない共鳴の仕方をする。

c0003620_17185332.jpg


M(Moody):テーブルの周囲はとても心地よい。彼女たちのアルバム・カバーのような感じではあるが、そこには巨大マフラーはなく、紅茶とクッキーが乗っている。

MS(María Sigfusdottir):私たちはテーブルに焦点を合わせるの。ライブの時には、小さな楽器が乗っているテーブルがあるし。まるで料理をしているとか、何かを作っているような、そんな感じ。

SS(Solrun Sumarlidadottir):いつもそんな風なの。私たちの間にはいつもテーブルがあって、そこにあるのは楽器だったり食べ物だったり。

HA(Hildur Arsaelsdottir):編み物も、音楽の制作と似てる。

SS:あれは全部私たちが編んだのよ。あそこまで編むのに何日かかかっていて、みんなで順番に編んでいった。

HA: 編み棒に気づいた?あれって小槌なのよ。

SS:それはみんなが集まって、自分の周囲にある世界を作り上げるということ。

M:ということで作り上げた最新の世界が『Kurr』である、と。「クックッ」という鳩の鳴き声だよね。そのタイトルはどこから?

MS:その言葉の響きが好きだし、その意味も、見た目も気に入っているの。

HA:私も言葉の響きが好き。

SS:それを私たちは育んでいるの。音と質感を。音を言葉で表したものをアルバムのタイトルとしてもってくるのは、いい感じだと思うわ。

M:擬音語(Onomatopoeia)にした、と。

(困惑した表情)

M:Onomatopoeiaというのは、音をそれっぽく言葉にしたって意味だ。

SS:なるほど、それってどう書くの?

M:おっと、難しいよ。ギリシャ語だし。綴りはメールで送るよ。

HA:歌詞がないから、私たちの音楽を言葉に要約するのは難しい。

SS:だから曲名には困ったわ。

M: ごく普通の言葉もあれば、人名もあったし、全く意味のないタイトルもあったね。例えば「Sogg」みたいに。

(確かにと、互いに顔を見合わせて)

MS: 黒板に書いた言葉を消したつもりが、いくつかのアルファベットが残っていて、それを何ヶ月か見続けていたの。それを合わせると「sogg」になった。

M:「Kolapot(coral poking/サンゴを突く)」はどこから?奇妙だよね。

MS:ヒルドゥルと私がその曲を登録しなくちゃならなかった時、事務所へ歩いていく途中、ある人物の物語を作ったの。その人は・・・

HA:小屋か何かに住んでいて・・・

MS:よく覚えていないけれど、かなり強引な物語だった。元はKolakot(coral cottage)で、彼らが住んでいた小屋の名前だった。

SS:だけど、kをpに変更したの。その方が響きが良かったから。

M:かなり複雑なプロセスなんだね。音楽もそんな風に作るの?

SS:個々に音楽を書くことはないわ。みんなせーので素材を鍋(pot)の中に放り込んで、何が出来てくるか、ってこと。

M:でも、手当たり次第何でもそこにあるものを放り込むってことじゃないだろう。4人ともクラシック音楽の教育を受けているミュージシャンだし。

SS:この街では大勢の子が音楽教室に通うから、誰でも何らかの音楽教育は受けている。だからそこで、いろいろな楽器に持ち替える自由が生まれている感じね。

MS:気に入った楽器を手にとって、何か素敵なことができないかと考える。このようにして演奏すべきという型にとらわれずに。

M:独自の楽器が多いよね。叩いたり、揺すったり、突いたり、こすったりするーー例えば、歌う器、親指ピアノ、ノコギリやチェレスタのように。何がそうさせるんだろう?

MS:手軽なところにあるし、演奏が簡単。手にとって、試してみればいいだけだから。叩けば音が出る、とか。新しい楽器の演奏方法を習わなければならないとなると、そこで音楽的なアイデアがストップしてしまう。

SS:あぁいう楽器だと、ごく自然にやれるわ。

MS:そういう楽器はとても透明な音色をしていて、それって弦楽器とは正反対。弦楽器はもっと粗野で、複雑な音をしている。金属系の楽器はすごくクリアな音でしょう。弦楽器と反対の音色が欲しかったの。

c0003620_17362654.jpg M:その他、何か変わったものは?

 SS: キラキラに塗られた電気ギターとか。

 MS:ほらみんな、他に何があった?

 HA:そうだ!あの有名なコップ琴があった。

 MS:4個のワイングラスにマイクを付けた。

 MS:それからシタール、アコーディオン、ハープシコードに、ハーモニウム。

M:シガーロスやムームと共に、「krutt(cute=かわいい)」ムーヴメントの代表として語られることもあるようだけど、自分達でもそう思う?

MS:それは大きな誤解だわ。2-3年前、金曜の夜になると新聞にいろいろな名前と場所が書かれていた。ちょうどアイスランドへ帰る飛行機の中で新聞を広げたら、そこに「オタク集団のリーダー」として私の写真があって、私が「左翼で、詩を読み、政治的意見を持っているが政治問題に関して何も知らない」と書いてあった。私はアイスランドにさえいなかった時期なのに。全く馬鹿げてたわ。

ちょうどその時に「krutt」が出てきた。それを話の種にしたり、冗談にしたり。そして2005年にSnaefellsnesにKrutt Festivalがあった。

SS:あの当時はネガティブで、身が縮まるような使い方はされていなかった。

MS:あのフェッスティバルはジョークだった。kruttの講義や展示会があり、ムームとニックス・ノルテスが演奏した。でもその後、kruttが本気で受け止められてしまい、(夜のニュース番組の)「Kastljos」に取りあげられて、kruttという言葉を定義しようとしたりして、手に負えなくなってしまった。kruttという言葉はとてもささいなもので、マジに受け止められるべきじゃないから、ホント、へこむわ。kruttのレッテルを貼られた人達はいい感じのことをやっているから、それをへこませるのはよくないと思う。

SS:あの言葉は、上昇し始めた人々を引きずり下ろそうとしている感じね。なんでそういう風に人を潰さなくちゃならないのか、私には分からない。

M:その言葉はどうあれ、アイスランドから生まれてくる音楽を特徴付けようとする傾向はある。それについてを3年前にインタビューした時、こんなことを言ってたよね。「誰かから、”あなたと妹は似てるわね”って。でも私は彼女といっしょにずっと育っているから、自分たちの違いしか分からない」。そう発言してから3年の経験を積み、それについてはどう思う?

MS:アイスランドでは、ポップ・ミュージック文化が60年間なかった。未だに何がシングルで、何がA面でB面なのかさえわからない。私にはどういったフォーミュラでブランド付けをして、どんな風にこの仕事が成り立って、ラジオでかかりやすいように曲を3分の長さにすべきなんてことが無い。

アイスランドで始めた時は、そんなルールなんて全く気づいてないし、だからある種の自由がここにあるのかもしれない。ここでアルバムを作り、人々に気に入ってもらえれば、それが広く発表される。イギリスで音楽をやりたいっていう若者と話したことがある。彼らはすごくよく知っていて、バンドを組む前からどうすべきかっていうのをね。ジャンルを選び、そのジャンルによって、あれとこれを揃えて、っていう。

ここでは誰でも楽しくあちこちを駆け回って、音楽を作り、それを発表する。アイスランドでバンドをやるというのは、他の国でのそれとは考え方が異なる。

M:アイスランド以外でのアミーナの立ち位置というのは、シガーロスとの長年の共演者ということだろうね。アルバム3枚、そして数年間のツアー活動と、シガーロスとの活動が自分たちの音楽の影を薄くしてしまっているようには思えない?アミーナとしてではなく、シガーロスといっしょに演奏している女性達という。

SS:でも、本当に私たちは長い間そうだったんだもん。

HA:本当に!

SS:そこから逃れたいとも思わない。

MS:バンドとして始動した時に助けられたし。

SS;ツアーでの体験は音楽業界の勉強になった。

MS:私たちをシガーロスと結びつけるのは自然なことよ。でも、ゆっくりとアミーナの名前も定着させていきたい。でもそれには時間がかかるし、シガーロスとのツアーをやめて1年しか経ってないし。

M:彼らとはまたツアーする?

SS:可能性はあるけど、自分たちのプロジェクトに力を注いで、自分達の居場所を見つけたい。

M:4人の男性バンドとのツアーの後、こうして4人の女性バンドになるのはどんな感じ?

MS:4人いっしょの時は、いつも結構女の子っぽかった。私たちは特に・・・クールじゃなかったし(と言いながら、小柄なマリアはかっこをつけて、眉毛を触る)

HA:いい感じよ。ツアー中、ヘルス・フード店に寄れるし。

M:これから多くのヘルス・フード店へ寄る他に、未来には何が待っているだろうか?

SS:これ以上イヤと思うまで、ずっと続けるわ。

MS:バンドに入っていると、自分の人生を計画するってことができない。

SS:でも私たちは女性だし、家庭を持つとどうなるのか・・・。

HA:でもそれは、同時多発性にすればいいんだし。みんなでミニ・アミーナ(mini-Amiina)を作るわ。アミーニナ(Amiiniina)ね!

 このインタビューはIceland Review.comの許可を得て翻訳掲載しています。オリジナルのインタビューはヨーナス・ムーディ( Jonas Moody)、翻訳は小倉悠加で、著作権はそれぞれに属します。オリジナルの記事はこちらにあります。事前許可のない抜粋、引用等は一切を固くお断りいたします。 (小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  アイスランドの音楽で猛暑を乗り切る!↓バナーをクリック!
c0003620_168377.jpg
[PR]
by icelandia | 2007-08-15 17:30 | Pops | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド旅行ツアー説明会最... フェローの歌姫を世界に紹介した... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム