execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アイスランド旅行ツアー説明会最終&SM特集#6スロウブロウ
 いつもICELANDiaのブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。まだまだ暑い日が続きますね、水分補給&ミネラル補給に気を配り、食欲がないのであれば、この際アイスクリームだけは食べるとか、とにかく栄養の補給を考えて過ごし、健康に過ごしてくださいね!
 
c0003620_17122619.jpg
 

ICELANDia企画特別旅行の説明会のお知らせ◆

 このアイスランド・ツアーは音楽ファンが楽しくアイスランドの音楽フェスに参加できるよう、アイスランドの音楽をよく知るICELANDiaが企画したものです。
 このツアーは去年大変に好評だったこともあり、今年は第一回目の説明会後にツアー定員の半数が埋まっています。ツアー参加をお考えで説明会にいらっしゃらない方は特に、なるべく早めに申し込まれることをお勧めいたします。航空便やホテルの部屋数の関係で定員以上は受け付けられませんので、どうぞよろしくお願いします。
 
★旅行期間:2007年10月16日から22日(5泊7日) 

★説明会日時: 1回目 7月26日(木) 18時30分〜20時00分  終了
        2回目 8月25日(土) 16時30分〜18時00分  終了
       場所 アイスランド大使館(JR品川駅より徒歩15分)
        *説明会参加無料

★説明会お申込み方法
1.E-メールでの予約:下記アドレスに件名「アイスランド説明会予約」として、お名前・電話番号(携帯電話可)・参加希望日を書いてお送りください。
 メールアドレス: tour@free-bird.co.jp

2.お電話での予約:03-5228-3565 にお電話いただき、アイスランド説明会の予約をされたい旨、電話に出た担当者にお伝えください。

ツアー詳細 http://www.tour.free-bird.co.jp/campaign/Iceland/
 
 ++++++++++
 
 
 ★★『スクリーミング・マスターピース』サウンドトラック特別解説#6★★  
 8. "Within Tolerance" Slowblow

 映画の中ではMUM+SlowBlowということで出てくるので、誰が誰なのか少し分かりにくいでしょうか。SlowBlowは基本的にオッリ・ヨンソンとダーグル・カウリ・ピエトゥルソンのデュオで、ダーグルは映画『氷の国のノイ』の監督として、2006年3月に行われたアイスランド映画祭で来日も果たしています。
  
c0003620_2241315.jpg スロウブロウのグループ歴は長く、デビュー・アルバム『Quicksilver Tuna』を出したのが1994年のことなので、グループ結成以来かれこれ15年になります。音楽は映画を見て通りのローファイで、ホームメイド感溢れているところがすこぶるいい感じ。1996年にはセカンドの『Fousque』を出していますが、その語はダーグルが映画の勉強でアイスランド国外に出たためグループの活動は休止。
 2004年にダーグルは初の長編映画『氷の国のノイ』を監督し、氷の世界に閉じこめられた天才青年の悶々とした日々を淡々と描いて話題に。それで、ニワトリが先なのか卵が先かはわかりませんが、『ノイ』のサントラに収録された曲も含めて、スロウブロウとしてのサード・アルバム『SlowBlow』をリリースしたのも、映画と同じ2004年でした。
 
 それにしてもスロウブロウとはよく名付けたもので、彼らの音楽はボディブロウのようにゆっくりと確実にじわじわと効いてきます。最初にスロウブロウの音楽を聞いた時には、そのローファイさ加減に驚いたのですが、あの”味”が好きになると、この上なく愛おしく聞こえてくるので不思議です。
 
c0003620_225212.jpg 2004年のアルバムにはムームのクリスティン等の友人が参加しており、2004年に私がIceland Airwavesで見たスロウブロウも映画と同じラインアップのMUM+SlowBlowでした。エアウエイヴスのフェスの情報ではスロウブロウとしか書いてありませんでしたが、実際はムーム入りの演奏でした。
 サントラに収録されている曲もムーム参加曲で、クリスティンのヴォーカルが際だっています。ダーグルはとてもシャイな人で、ステージでもごくごく自然に淡々と演奏し、歌い、時々はにかんで「有り難う」という感じの人です。
 
 そうそう、思い返せば、私が初めてダーグルに会ったのはレイキャヴィク市内のカフェで、娘さんを連れたヨハン・ヨハンソンとお茶を飲んでいた時、ヨハンから紹介されたのがダーグルとオッリでした。その時は挨拶程度で、後日改めて会って話を聞いたのですが、彼がシャイなのか、私の話の持っていきかたがイマイチだったのか、たいした話をした覚えがありません。
 同じようなことをムギソンでも書くかもしれませんが、前回取りあげたアイヴォールにしても、ダーグルにしても、ムギちゃんにしても最初に会った時はものすごくシャイだっり、取材の受け答えに慣れていない印象ばかり残っています。確かに初々しかった。
 
 数年のうちにみんな国際的に名前を聞くようになり、顔つきも堂々としてきて、マスコミ応対も上手になり、善し悪しというよりも、社会人として、アーティストとして、相手に自分のことを伝える大切な術を身につけたようです。また、それができなくては生き残れないことでしょう。こうして思い出せば、私はそんな新進アーティストの、最も成長の著しい時期に触れることができたんだなぁ、と、ちょっと感慨深くなります。
 
 というような、ごく個人的な思い出や感想を抱くことができるのが、アイスランド音楽シーンのいいところです。私はアメリカン・ポップ・ロックが大好きでン十年聴き続け、レコード会社の仕事もして、来日アーティストの通訳などもしましたが、感じるものの「濃さ」が全然違うのはなぜでしょうか。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  残暑をアイスランド音楽で乗り切る!↓バナーをクリック!
c0003620_168377.jpg
[PR]
by icelandia | 2007-08-19 22:11 | News | Comments(0)
<< 東京で『スクリーミング・マスタ... アミーナ:残暑お見舞い特別イン... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加が参加するツアー説明会、2017年は3月から5月までのみとなる予定です。それ以降は未定です。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム