execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アイスランド音楽フェスIceland Airwaves3日目絶好調へ:Mum,Kalli, Mr.Silla, SJS Big Band他
 ICELANDiaのブログにお立ちよりいただき、いつも有り難う御座います。Iceland Airwavesはこの日で絶好調。しかしこの絶好調というのがクセモノで、見たいものがバッティングして見られないという事態を示します。
 それならオフ・ベニューのギグへ行けば、随分と見たいアーティストをたくさんつまみ食いできるのですが、時間がぁ〜〜。
  
2007年10月19日 Iceland Airwaves3日目

10:30 ツアー・アドバイス任務
 旅行代理店側はこのツアー・アドバイス時間を17時からに設定していましたが、そんなぁ〜〜。今年は15時頃からオフ・ベニューでのライブがあり、17時なんて佳境もいいところ。そんな時間帯にアドバイス時間を設定しても不便なだけなので、その時間を私が無理矢理午前中に移動。それはいいけれど、今日は在氷日本大使館の臨時代理大使とお会いすることになっているため、それさえもどうしても切り上げる必要があり、本日は勝手ながら通知を出して午前10時半から11時頃までに設定。
c0003620_1024899.jpg 所定のカフェでみなさんを待ちつつメールチェックをしようとラップトップを広げると、前日の終了の仕方がイマイチだったせいか、どーもパソが立ち上がってくれない。コンセントのアダプターを忘れてしまったので、電源をつなぐこともできない。困ったゾ。
 仕方ないのでボケーっとカプチーノを飲みながら、気持ちだけ焦りました。ただラッキーなことに、アイスランドの日本大使館はアップル・ストアと同じビルに入ってる!なので、これはアップル・ストアに駆け込むしかない。
 
11:20 アップル・ストア 
アップル様には本当にお世話になっておりますm(__)m。アイスランドのアップル・ストアもとても親切で、たぶん電源が尽きて内蔵電池保持のために冬眠しているのだろうという判断。その通りでした。私もそうは思ったものの、コンセントのアダプターがなかったので、調べようがなかった。アップル・ストアで充電完了を待つ時間はなく、仕方ないのでラップトップをそこに預けて(預けないでくれと言われたけど)、日本大使館へ。

11:30 在アイスランド日本大使館 
アイスランドの日本大使館では、私がアイスランドの息子が勤務しています。2003年、初めてアイスランドを訪れた時に案内役をしてくれた青年で、それからまぁ随分と日本語が旨くなったこと。

ここで、渡邉臨時代理大使とあれこれをお話させていただきました。お忙しいところ、時間をとっていただき本当に有り難う御座いました。半分は日本アイスランド協会の一員としてお会いしましたが、半分は私個人の活動についてでもありました。文化的なことにとても理解のある大使で、話をしていて私自身とても参考になったことが多かったです。あれやこれやと話題が飛ぶので申し訳ないと思いつつ、そのあれやこれやが全部私の頭の中にあり、それをひとつずつ実現していきたいと思っているので、ぜひそれは知っていただきたかった。

良くも悪くも私はストレートに物を言ってしまうので、特に日本人の目上の男性とお話しするのは非常に苦手。そんな私の話を、外交官だけあり非常に上手に話を聞いていただき感謝でした。お昼までごちそうしていただき、有り難う御座います。話が尽きず、長居をしまして失礼しました。

15:00 Seabearのアルバム明日は全く時間的余裕がないので、とにかく必要なことは本日全部済ませておかなくては・・・。ということで、1週間前から伸ばし伸ばしになっていた、Seabearのアルバムを取りに行く。SeabearのアルバムはドイツのMorrレーベルからも発売されていますが、アイスランドでは出版社が出しているのです。なので、Smekkleysaや12Tonar、Senaといった通常のレーベルとの取引ではなく、新たに開拓する必要があったので、オフィスへ出向く。

c0003620_10252610.jpg特に難しい問題はないけれど、CDの輸出はやったことがないというので、その辺の手順を確認。担当者と話していると、Seabearの主要メンバーが地下のスタジオを使いにやってきました。
「この前はライブに来てくれて有り難う」
「すごく楽しかったから、アルバムを仕入れに来たの」
という簡単な会話でしたが、日本からはるばる有り難うという気持ちはとても伝わってきました。

Seabearは『Singing Arc』というデモ盤を去年扱い、評判もよく、今年の春からニュー・アルバムの『THE GHOST THAT CARRIED US AWAY』を扱い始めていました。出版社からのアルバムであるため、中間に人を介さないと入手できず、ずいぶんと高い価格になっていたので、これで少し価格を下げることができるようになりました。

アイスランド国内流通版は中に8枚のアートワークが封入されている楽しいアルバムです。アその絵を額に入れて部屋に飾ると、それだけですごくレイキャヴィクっぽいというか、アイスランド的な雰囲気になるかも。そういう点ではとっても得した感じ。音楽もオーガニックで、心温まる手作り感にあふれているので、ムーム的なのが好きな音楽ファンには絶対的にお勧めです。

c0003620_10335480.jpgそれで、その時にすごーく可愛い絵本を見つけました!全ページカラーで、絵がすごく凝っていて、細部を見るのが楽しい。アイスランドに昔から伝わる妖精の話だそうで、内容も英語なので日本人でも読めそうです(時間が無くて私はまだ読んでいません)。北欧のアートや絵本が好きな方には、ぜひ手にしていただきたい絵本です!

15:30 再び12Tonar 
SeabearのCDと絵本をホテルの部屋に投げ入れて、再び12Tonarへ。いつもであれば、注文はホテルに届けてもらうけれど、Iceland Airwaves中はあまりにも忙しそうで、それを頼むことさえはばかられたし、もしも忘れられたりすると非常に困るので、自分で受け取りに行くことに。ショップには、この日ライブをする予定のグループが来ていたけれど、今日もまたまた時間がない・・・・。ということばかりで落ち込む・・・・。

15:50 Naked Ape 
c0003620_10314535.jpgIceland AirwavesのオフィシャルTシャツを取り扱っている地元ブランド。ICELANDiaショップでも扱うことができればと考えて、通り道だったこともあり寄ってみました。結論としては、Tシャツは5千円程度で売りたいけれど、輸入した時点でそれを軽く越えるとなると、Tシャツ1枚1万円近くでは日本ではどうなのか・・・・。という価格の問題で断念。それに、ハンドペイントなので、品質も均一じゃないし、かっこいいんだけどなぁ・・・。みなさん、どう思いますか?

16:00 Aurumで打ち合わせ
次はIcelandCafe.comで扱い始めたAurum製品の買い付け。デザイナーのグッガとあれこれと話ながら日本のみなさんに気に入ってもらえそうなもの(=私の趣味でもあるかも)を選び、パッケージングの問題なども話し合って、まぁとにかく仲良くやっていきましょうということで、結構アバウトでした(笑)。

新しいデザインの中には、アイスランドの溶岩を使ったものや、ナショナル・コスチューム(伝統衣装)の金属部分のデザインをジュエリーにしたもの、ある美術館とコラボしたデザインを、日本用にアレンジして特別に作っていただいたものなど、かなり素敵なアクセサリーが多く、とっても満足。でも支払がたいへん・・・・。

17:00 ホテルへ
またまた荷物を部屋に置きに戻ります。このブログをまともに全部読んでいる人がどれだけいるかわかりませんが、いったい私がどーやってこんなに分刻みであちこち回れるんだろうと思いませんか?それは街が小さいのでひたすら「歩く」のです。
一日の歩行距離は5キロは下らないことでしょう。昼間歩きまわり、夜にはライブがあり、それも歩くし立ち見なので、かなり体力を要します。なので普段、運動不足の私は辛い。

17:30 旅行代理店担当者と落ち合う
ツアーに同行してアイスランドに来た旅行代理店の担当者は、別ツアーの企画開発のため地方へ出ていました。その担当者がレイキャヴィクに帰ってきたので、あちこちご案内することに。担当者にこのツアーの魅力を知っていただくのはとても重要なことです。

18:10 Fjallabraedur(@Frikirkjan)
Fjallabraedurというのはmountain boysという意味だそうで、無骨な山男の合唱団というところでしょうか。今回私がアイスランドに来た当初、シガーロスのSundlauginスタジオで出逢った2人が加入しているということで、どちらにしても見たかったから好都合。ここは、去年ヨハン・ヨハンソンが『IBM User Mannual』のプレミア・ライブを行った教会です。

それで、この歌声がいかにも無骨!そこがすごくいい!何の曲を歌っているのかわからないけれど、何だかすごく「土着感」があり心にジーンとしみます。合唱としてのテクニックがどうということではなく、一生懸命歌ってます!というのがいい。心優しい無骨感にノックアウトです。
c0003620_1037728.jpg

長居はできないため合唱団が終わったらすぐに出たけれど、この後Siggi Armanをやったそうで、う〜〜、見たかった!ツアー仲間で見ていた人がいて、毎回そうなんだけど、Siggi Armanをライブで見た人は、必ず気に入ってアルバムが欲しくなります。ボソボソっと、申し訳なさそうに歌っているようで、それでいてストレートで真摯な彼のライブのよさは、体験しなくちゃわかんないことでしょう。それもセッティングが教会とは出来過ぎ!

18:50 ゴージャスに食事!
昨日の私の夕食は450円のホットドック一本でした。アイスランドに来たら一度はこのロブスターハウスのスープをすすりたい!と思っていたところ。魚がとびきりおいしいレイキャヴィクなので、魚介類系のスープはどこで食べても美味しいとはいえ、ここのロブスタースープはピカ一。

食べたのはスープ、前菜、ロブスターのガーリック焼き、デザート。これでもうお腹いっぱい。ワインをグラス一杯だけ飲み、割り勘で12,000円。メインとデザートは1人前を半分に割ってこの値段。安くはないけれど、外食が高いレイキャヴィクでは(日本円が弱いことも高く見える一因)、割合上手に食べたと思います。毎日分刻みの行動なので、正直少しはゆっくりしたかったし、一時間半の食事は許すことにしました。食べるのに夢中だったのか、写真がない(笑)。

20:00 Kalli(@Reykjavik Museum)
会場めぐりを再度開始。メイン会場を網羅しなくてはならないので、まずは美術館からスタート。やっていたのはKalliで、かつてカリフォルニア・サウンド命だった私にとっては、初期のジャクソン・ブラウンを思わせるところがツボ。
c0003620_10393399.jpg
ICELANDiaショップでは以前から彼のアルバムを置いているのですが、アイスランド的というところからははみ出るので、イマイチ認知が足りないかも。
アイスランドというよりも、70年代のアメリカのシンガーソングライター系が好きな人(=私)にはドツボです。Kalliを聞く度に思うのは、例えばテレンス・ボイランとかテリー・リードとか、マニアックなものを好んで聞く人に向ければ必ず受けることでしょう。日本のAORマニアが好きそう。本当に。

20:20 Weapons(@Gaukurinn)
元気いっぱいのパンク・トリオがやっていました。
c0003620_10404681.jpg

次に隣のOrganという会場も見るけれど、ライブとライブの間だったようで、とにかく会場だけを見て終わり。

20:30 Mr.Silla &Mongoose(@NASA)
Mr. Sillaというのは女性です。それも、新生ムームのヴォーカルとして前面に立っている女性のひとり。彼女も少々ハスキーな声の持ち主で、ソロで聴くと声に独特の表情があります。自分のバンドであるMongooseとのライブは、ブルージーな感じ。
c0003620_10412868.jpg

この時間帯は、本当は7oiを見に行きたかったし、本人にも「今年は絶対ね!」と宣言していたにも関わらず・・・。会場が離れているため、会場を網羅しなければいけない時に、Barinnまで行けない orz すごくゴメン。

片や旅行代理店担当者氏は、これだけ簡単に会場をサクサク回れるとは知らず、しきりに感心。「これだけで充分に楽しいし面白いです。音楽がわかればもっと面白いでしょうね」と。
確かにその通りです。よく知れば知るほど、誰がどのグループに出ていたとか面白くて仕方ないのと同時に、あれもこれも見たいけど、重なっていて見られないというフラストレーションにもなり、どっちがいいやらぁですが、一期一会を楽しめばいいのでしょう。

そうそう、一期一会といえば、オフ・ベニューで見ていたのでいいと思ってIdnoでのSeabearを見なかったら、Idnoの演奏には元ムームのクリスティン他、ムームのメンバーが数多く入った大所帯だったということで、後でその話を聞いて涙でした。

20:50 Samuel J. Samuelsson Big Band(@Idno)
うっひゃぁ〜〜。入場したトタン、大音量のファンキーな演奏。なんだと思ったらビッグ・バンド。ビッグ・バンドといっても正統的なジャズではなく、ひたすらファンキーな演奏。なにせ人数が多いので、音の物量が違う。写真では写しきれていませんが、管楽器だけで20本はあったことでしょう。
c0003620_10424255.jpg

音はシャープだし、物量・音量でも圧倒されるし、これは楽しかった。儲け物だった、見ものだった。感心して眺めていると、あ”〜〜オスカルじゃない!そうか、Jagurのメンバーが入っているんだ。Jagur(ヤグア)というのはアイスランドきってのファンク集団なのです。私の場合は、『静寂の余韻』というオスカル・グジョンソン(&スクリ・スヴェリルソン)のアンビエント・ジャズなアルバムに感激したのがオスカルを知るきっかけでしたが、アイスランドのミュージシャンは何でもこなすからね。

そしてよく見れば、オスカルの弟のオマールもいるし、もっとよく見るとキッチン・モーターズで来日したFlisのメンバー(バルディマール、ヘルギ、デヴィッズ)もいる。クラシック奏者として見たことのあるような顔もあったし、演奏を聴けばこれがプロ集団であることは一目瞭然。いやぁ、楽しかった。旅行代理店氏も動画まで撮って楽しんでいました。

21:30 Esja(@Idno)
ビッグバンドの後、代理店氏はここでリタイア。会場巡りの続きは明日ということにしました。私は2階へ行って10分ばかり休憩。ビールを飲んで下に行くと、Esjaのライブ。Daniel AgustとMInusのKrummiのデュオということで注目。チラ見で申し訳無かったけれど、ブルースを期待したら、カントリーに傾倒していたので外に出ました。

22:30 Mum(@Reykjavik Art Museum)
ちょうど代理店氏とまわっていた時間は、Rokkuro, Petur Ben, Fabulaをやっていて、実は見たいと思っていた。そして、チラっとでもいいからSingapore SlingやPlant's and Animalsも見たいんだけど、それをやっているとMumに対して中途半端な時間になったり、入場できなかったりするとイヤなので、とにかく、Mumをしっかりと見られるように体勢を整え、早い時間から美術館会場に入りました。Mumの前のTrentemollerはノリノリで楽しかったです。

ということで新生ムーム!
c0003620_10453276.jpg

ニュー・アルバム『Go Go Smear the Poison Ivy』を聴いての通り、おもちゃ箱はひっくりかえったままだし、オモチャの種類がもっと増えて、にぎやかにワイワイと楽しくやっている感がとても出ていたライブでした。新生ということなので、演奏曲目はすべてニュー・アルバムから。

ギーザとクリスティンの頃の妖精チックなヴォーカルが好きだった人には、もしかしたら違和感があったかもしれないけれど、私は新生は新生で好きです。

一番印象的だったのは、双子姉妹に代わったMr.SillaとHildurの2人。Hildurはヨハン・ヨハンソンのチェリストとして7月に来日した彼女です。HildurはLost in Hildurnessという名義でアルバムを出していて、クラシックっぽい印象が強いけれど、実はそうではないというのはこのインタビューで本人が言っていた通り、ムームのパフォーマンスはとても力強く、また弾けていた。それはMr.Sillaも同じ。Mr.Sillaは自分のパフォーマンスではブルージーでフォーキーな感じだったけど、それがMumではポップに味付けされ、彼女の異なる側面を見せてくれていました。
c0003620_10455654.jpg

バックの演奏もヴォーカルに合わせて楽しくポップな感じになっていて、ハンドメイドのオーガニック味にも規模感がでていました。

ムームの片鱗が無いとは言えないけれど、イメージとしてはガラリと変わっているので、グループを別名にしてもいいかと思ったほど。ただ、ひとつ気になったのは、オルロフの姿が見えなかったこと。Airwavesではソロとしても出ていたし、アルバムのレコーディングにも参加しているし、ギーザが抜けた時は彼女の代わりを務めたのもオルロフだったし、新生メンバーとして写真にも出ているし、なのになぜ、このステージにオルロフが居なかったんだろう?

とにかくとても楽しいライブでした。来年早々来日するそうで、きっと楽しいステージを見せてくれることでしょう。その時はまたHildurに会いたい。

24:00 散歩がてら(@Lido)
ここでツアー仲間のカメラマンと連れだってLindoという今年から加わった会場を散歩がてらチェック。メインストリートから一本入った奥にあるので、少しわかりにくい。特に入り口がどこかわからない建物で、そういう人が多いのか、建物の周囲にぐるりと入り口を指す矢印が貼り付けてありました。

Iceland Airwavesの会場というのは、美術館を除くと小劇場やいわゆるクラブ/ライブハウスのような場所が多く、このLindoというのはガラス張りのビルの中にあって意外な雰囲気。そして会場は建物の地下。ムムッ、廊下でマリファナの臭いがするぞ。マリファナを吸うこと自体は自己責任でどうぞという感じだけど、建物の中は全面禁煙のはず。マナーを守りましょう。で、この国ってマリファナは合法なんだっけ?!
c0003620_1054578.jpg
 
ちょうどギグが終わったところらしく、会場はモワモワした雰囲気ながらライブはやっていなかった。でも・・・あ!ムギちゃんじゃない。久しぶり!ヒゲもじゃになったぁ。バンド仲間のPetur Benもいっしょ。私に同行していたカメラマンのjoshiaさんがムギソンと会ってすごく興奮してました。ムギに写真を撮らせてと言ったら「Peturとキスしてるところがいい」とは、お茶目な。普通の写真じゃダメなのか、私とはお腹の見せあいっこをして、joshiaさんに撮ってもらいました(笑)。joshiaさんは来年の春、今回のアイスランド旅行で撮影した写真で展示会をする予定だそうです。楽しみ!(小倉悠加)c0003620_13213440.gif





  アイスランド土産を放出中!↓バナーをクリック!
c0003620_1544764.jpg



 アイスランドのデザイナー商品は↓
c0003620_2575895.jpg
 
[PR]
by icelandia | 2007-10-28 10:59 | Comments(0)
<< Iceland Airwave... アイスランド音楽フェスIcel... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加が参加するツアー説明会、2017年は3月から5月までのみとなる予定です。それ以降は未定です。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム