execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:環境・エネルギー関係( 8 )
ペット・アルミ回収率82%、新聞古紙40%、アイスランドはリサイクルでもリード
 今日は立秋で、暑さもピーク。本日を境に、「残暑お見舞い」です。
 暑くて、暑くて ICELANDiaのブログ記事が前回で400本目だったということを忘れていました。これが401本目になります!
 500本目は何かお祝いしましょうか。

 ブログも大変にいいのですが、もっとまとまった文献の形にしたいので、今後はそれを課題とします。アイスランドの魅力が詰まった文献をお届けするのに、時期も熟してきた感じがしています。

 今回も少しニュースをまとめますね。
 
いろんなものが流れ着くアイスランド
 この春グリーンランドから白熊が流れ着いて驚いたアイスランドに、今度はグリーンランドからウエスト・フィヨルズでにセイウチが到着。残念ながら最初から健康を害していたようで、目撃されてから数日で命を落としたそうです。こういった動物達がアイスランドに流れつくのは本当に希なことで、今年はどーしちゃったのでしょうか。
 また、今年の夏はアイスランドには渡来しないはずのウズラも見つかり、どうやらヨーロッパ本土から飛び立ったところ、アイスランドに迷い込んでしまったような気配。気温が高い現在はいいとして、寒気が入ってくるとエサも少なくなるため、生きながらえることはないだろうと言われています。

氷河の表面がぐちゃぐちゃで危険
 この夏、アイスランドで最も神聖な場所とされるスナイフェルス氷河(スナイフェルスヨークトル)にあまり近づけそうにない。というのも、この地域で雨が多く降り、氷河にぬかるみや割れ目が多く、非常に危険な状態になっていて、観光に適さないからだ。通常なら観光客が氷河ツアーを楽しむ場所も、今年は全てキャンセル。
 氷河をハイキングするのは危ないということを示す看板も何もないので、地元のツアー会社は、観光客に危険を知らせる告知をするよう当局に呼びかけている。
 ちなみに小説『地底探検』では地底の世界への入り口とされているのがここ。 という話はいろいろと聞いているものの、まだ行ったことがないので、ぜひ来年は行く!と思っているICELANDiaです。

植物も外来種が・・・
c0003620_13504035.jpg 俗名Giant Hogweed (Heracleum mantegazzianum:和名なし)と呼ばれる植物が繁殖し始め、問題になっている。この草は繁殖力が強く、アイスランド本来の植物を絶滅させる危険に限らず、この草の汁が肌についてそこに太陽光が当たると、まるで火傷のように皮膚が炎症を起こすため、先日それを知らずにこの草に触れ、遊んでいた男児が被害にあったというレポートがありました。放置すればこれも社会問題です。
 また家庭の庭で育てられていたチャービル(料理で使うハーブ)もいつのまにか自然の中で繁殖し始め、雑草として駆除が叫ばれている。
 このニュースを聞いて思い出したのが、背高泡立草。あちこちで、ごく自然の風景として見られた日本のススキが、背高泡立草の姿に変わっていった時期を私はよく覚えていて、あれはヤダ!アイスランドにそのようなことが起こりませんように。

過去12ヶ月のインフレ率13%以上!
 ICELANDiaはアイスランドが大好きなだけで、経済のことはあまり得意ではありませんが、アイスランドの12ヶ月のインフレ率が13.6%って、すごすぎ〜〜。インフレの大きな要因は、ISK(アイスランド・クローナ)の為替が下がったことにより、生活の多くを頼る輸入品の値上がりですが、それにしても・・・ですね。

 旅行者から見れば、結局はあまり変わらずといったところでしょうか。というのも、去年はISKがやたら高かった。今年のISKは去年より20-25%程度安く(日本人から見れば)なっていますが、物価が上がっているため、それほど為替差による旨みは感じられないようです。

 バブリーだった経済が弾けたのかまだ弾けてないのかは、私にはわかりませんが、不景気になってきたことは確か。でも案外良い面もあるようで、例えば、去年は保育士の確保が大変で園児が自宅待機になったことさえあったけれど、今年は保育士の応募が多く人材確保には困っていない、と。

 また、レイキャヴィクの中心部は貸しアパートがほとんど無く、中心部に住みたければ購入するしか選択がなかったけれど、バブリーな頃に建てた物件の売れ行きが悪いため、賃貸にまわされるものが出てきたので、中心部の住まい探しに選択種が広がったとか。

ペット、アルミ缶のリサイクル率抜群82%
 再利用可能資源のリサイクル率が高いのはいいことです。なんでも使うアイスランド人はやっぱり賢い。
 資源が乏しいアイスランドでは、とにかく使えるものは使う!世界最大かつおしゃれな露天風呂のブルーラグーンなど、発電所の副産物。言い方を悪くすれば、産業廃棄物の再利用。
 商魂たくましいと言うか、アイスランドの古紙はスウェーデンに売られているそう。アイスランドのリサイクル率はすこぶる高く、新聞は40%が古紙としてリサイクルされ、アルミやペット・ボトルに関してはなんと82%!もしもアメリカでのアルミの回収率がアイスランドほど高ければ、新しくアルミ工場など作る必用もなくなるのではと言われている。(小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



 Hot! I mean the temperature in Tokyo. It is too hot to remember that it was my 400th blog article last time. Here's some more news from Iceland. They are getting polar bears and walruses from Greenland and quail from Europe which usually do not fly to Iceland. Yuka

 注目!Iceland Airwavesツアー説明会の最終は9月6日(土)です。
c0003620_22285641.gif




  2年に一度の在庫一掃セール中!↓







  
アイスランドからの涼やかなシルバー・ジュエリー!
          ロハスデザイン大賞最終ノミネート作品はこれ↓


[PR]
by icelandia | 2008-08-07 13:52 | 環境・エネルギー関係 | Comments(6)
アイスランドの環境対策等、総合案内
 本日もICELANDiaブログをお読みいただき有り難う御座います。
 
 2007年11月22日、テレビ朝日系『報道ステーション』で長野智子キャスターのアイスランド取材レポートが放映されました。新聞のタイトルは「温暖化クライシス…氷の国アイスランドの意外な不安…“寒くて人が住めなくなる…”」

 今年に入り、全国放送でいくつかの番組がアイスランドに焦点を当てていましたが、今回の取材はとても新鮮な切り口でした。一番突っ込んで取材していたので、私のようなアイスランド・オタクが見ても興味深く面白かった。随分と時間をかけて丁寧な取材をなさったことでしょう。あの時期(この取材は10月ですよね)晴れた日は数日しかなかったので、かなり時間も取られたのではとも思います。
 
 長野智子さんは大学の後輩(2-3年下)に当たるようで、個人的には存じ上げませんが、何となくうれしい!機会があれば、ぜひお話させてください!・・・ってきっと、そのような有名人とはご縁がないかもしれませんが。

c0003620_2245735.jpg


 毎回、全国放送でアイスランドに関する報道がある度に、このICELANDiaブログのアクセス数がものすごく延びるので、アイスランドに興味を持たれた方のために、以下にアイスランドの国や環境等に関する過去のブログをまとめておきます。また、私自身もアイスランド関係の講演、原稿執筆等を行っていますので、何かの機会にお目にとまれば幸いです。

◆環境、エネルギー関係
見応え充分:『ニュース23』アイスランド特集の感想
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-05-01/#5992491
経済発展と自然破壊の狭間でゆれるアイスランド 
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-04-01/#5890472
エコ・コンシャス最先端:水素バスの走るアイスランド
 http://icelandia1.exblog.jp/m2005-02-01/#876213
ビョーク、シガー・ロス他 自然破壊反対コンサート
 http://icelandia1.exblog.jp/m2006-02-01/#3561383

◆2007年5月に行われた4年に一度の総選挙
4年に一度の総選挙,結果速報!:今後のアイスランドは?
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-05-01/#6081697
音楽アーティストも出馬していたアイスランドの国会議員選
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-05-01/#6170309
 
◆アイスランド旅行関係 
消費税値下げ!アイスランドの物価が少しばかり旅行者にやさしく
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-03-01/#5648183 
アイスランドへ行く航空会社はどこがいい?
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-05-01/#6131887
アイスランド旅行便利帳:その1 
 http://icelandia1.exblog.jp/m2006-08-01/#4354419

◆福祉・男女平等
アイスランド、ベビーブームと「母親になるのに最も適した国」の相互関係
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-05-01/#6061620
ヤボですが、アイスランド美人大臣名鑑 
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-01-01/#5394787
無意識の中に潜む男女差別:ジェンダー・ギャップのないアイスランド
 http://icelandia1.exblog.jp/m2005-05-01/#1913680
 
◆イマジン・ピース・タワー 
アイスランド現地速報!イマジン・ピースタワー点灯式
 http://icelandia1.exblog.jp/7152035/
 
 1ヶ月に一度くらいはなるべく時事経済ネタを入れていますが、本来ICELANDiaのブログは音楽関係が中心です。ビョークやシガー・ロスの話はそれほど多くはありませんが、音楽についてを書いている場合はやたらコアなので、音楽ファンのみなさんは丁寧にこのブログ内を捜してみてくださいね。

◆ Iceland Airwaves 
 アイスランド最大の音楽フェスIceland Airwavesはこの上なく音楽ファンの心をそそるフェスです。2006年、2007年とICELANDiaが企画したこのフェス参加ツアーは大好評で、音楽をあまり知らない方でも大いに楽しんでいただけました。コアな音楽ファンであれば、天国みたい!
 以下がレポートです(長文)。
 
 2006年ツアーレポート http://icelandia1.exblog.jp/m2006-10-20/
 2007年ツアーレポート http://icelandia1.exblog.jp/m2007-10-05/
 
  2008年のツアーに関しての情報はこのブログや、メルマガ等に流しますので、ぜひご注目ください!

◆知られざるアイスランドの音楽やデザインをぜひ!
 アイスランドにはとても個性的な素晴らしい音楽がたくさんあります。あなたの知らない素敵な音楽をぜひICELANDiaウエッブショップで捜してください。
 また、今年の秋からアイスランドのデザイナー製品をご紹介するIcelandCafe.comもオープンさせています。来週、駐日アイスランド大使館で展示会も行いますので、詳細はこちらで
c0003620_22454499.jpg

◆仕事依頼 
 アイスランドの全般情報や文化関係、エネルギー政策等々の講演、記事執筆等の依頼は歓迎です。このブログのプロフィールにある連絡先まで気軽にお尋ねください。または、非公開コメントを残していただければ、こちらからご連絡致します。 (小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  アイスランドの音楽が200種類以上↓







  
  11月29日アイスランド大使館展示会↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2007-11-22 23:07 | 環境・エネルギー関係 | Comments(5)
水素によるクリーン・エネルギー模範国アイスランドについて
 アイスランドのことばかりを書いているICELANDiaのブログへようこそ。
 
当ブログに初めて来られた方へ:
 ICELANDiaというのはアイスランドの音楽を専門に扱っているレーベルでありウエッブショップです。このブログはICELANDiaの代表である小倉悠加(日本在住)が、日本のみなさまにアイスランドという国を、その素晴らしさを知っていただきたく、書いているものです。

c0003620_10553598.jpg
 
 さてさて、先日、日本テレビ系列全国28局ネットで『菊川怜・アイスランドから白神へ! 〜エコと出会いと冒険の旅〜 』という特番が放映されたためか、このブログへのアクセスがとても多くなっています。きっと「アイスランドってどんな国なの?」と思われた方が多いのでしょう。なので、以下に少しまとめて過去のブログ記事のリンクを。
 
水素燃料他、エコ関係について
見応え充分:『ニュース23』アイスランド特集の感想
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-05-01/#5992491
経済発展と自然破壊の狭間でゆれるアイスランド 
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-04-01/#5890472
エコ・コンシャス最先端:水素バスの走るアイスランド
 http://icelandia1.exblog.jp/m2005-02-01/#876213
ビョーク、シガー・ロス他 自然破壊反対コンサート
 http://icelandia1.exblog.jp/m2006-02-01/#3561383

2007年5月に行われた4年に一度の総選挙について
4年に一度の総選挙,結果速報!:今後のアイスランドは?
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-05-01/#6081697
音楽アーティストも出馬していたアイスランドの国会議員選
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-05-01/#6170309
 
アイスランド旅行関係 
消費税値下げ!アイスランドの物価が少しばかり旅行者にやさしく
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-03-01/#5648183 
アイスランドへ行く航空会社はどこがいい?
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-05-01/#6131887
アイスランド旅行便利帳:その1 
 http://icelandia1.exblog.jp/m2006-08-01/#4354419

福祉・男女平等関係
アイスランド、ベビーブームと「母親になるのに最も適した国」の相互関係
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-05-01/#6061620
ヤボですが、アイスランド美人大臣名鑑 
 http://icelandia1.exblog.jp/m2007-01-01/#5394787
無意識の中に潜む男女差別:ジェンダー・ギャップのないアイスランド
 http://icelandia1.exblog.jp/m2005-05-01/#1913680
 
 最近は時事ネタが増えていますが、本来ICELANDiaのブログは音楽関係が中心です。ビョークやシガー・ロスの話はそれほど多くはありませんが、書いている場合はやたらコアなので、ファンのみなさんは丁寧にこのブログ内を捜してみてくださいね。
 
 それから、アイスランド最大の音楽フェスIceland Airwavesはこの上なく音楽ファンの心をそそるフェスです。去年ICELANDiaが企画したこのフェス参加ツアーのレポートも、ぜひぜひ合わせてお読みください。やたら長いので、メインパートっぽいところだけを以下に。
 http://icelandia1.exblog.jp/m2006-10-01/#4827754
 http://icelandia1.exblog.jp/m2006-10-01/#4827754
 http://icelandia1.exblog.jp/m2006-11-01/#4886374
 http://icelandia1.exblog.jp/m2006-11-01/#4898355
 
 そして最後になりましたが、アイスランドにはとても個性的な素晴らしい音楽がたくさんあります。ぜひICELANDiaウエッブショップにお立ち寄りください。お待ちしています!(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  アイスランドの音楽が200種類以上↓

アイスランドについてのブログを表示する.

[PR]
by icelandia | 2007-06-11 10:52 | 環境・エネルギー関係 | Comments(3)
経済発展と自然破壊の狭間でゆれるアイスランド
 いつもICELANDiaのブログにお越し頂き有り難う御座います。
 
 まずはICELANDiaの母体である(有)アリヨス・エンタテイメントがこの4月で3周年を迎えたことをご報告致します。これまで支えてくださたったみなさま、本当に有り難う御座います。そして引き続きどうぞよろしくお願いします!!
 アイスランドからの新しい音楽はコンスタントに入荷していますし、無名でもクオリティの高い素晴らしいアルバムも多く、またマニアが驚くようなレア盤も入手できた時は出していますので、ぜひショップへお立ち寄りください!
 
               
            
 ここからガラリと話題を変えます。2週間ほど前、TBS系『ニュース23』の筑紫哲也氏がアイスランドへ行き、全国的にエコ大国としてのアイスランドの側面が報道されました。アイスランドがエコ・コンシャスな国家であることは確かであると私も思います。しかし何事にも光と影があり、この国も全てがすべて、エコ意識満点の優等生ではありません。端的に言えば、アイスランドとて国家利益と自然破壊のジレンマの渦中にいます。
 
 以下、あまり脈略はありませんが、最近の動向などをーーー。
 
 まずは音楽ファンであれば、昨年1月にビョークが出演した自然破壊反対(ダム建設反対)コンサートを思い浮かべるかもしれません。ここにそのブログがあります。それから、今年2月にも、シガーロスのスタジオの近くに高速が通るかもしれないというので、原野を破壊しないルートに変更してほしいというアピール・コンサートを開いています。それについてのブログはここ。
 
 上記はすべて、経済性を重んじての政府の政策です。以前も書きましたが、アイスランドは外貨獲得の大半を漁業に依存しているため、自然資源には様々な制約やリスクがあり、国民の生活を保障するためにも、国家としてはもうひとつ経済の柱がほしい。そこで、(石油ではなく)地熱や水力からのエネルギーで電力を起こし、アルミ精錬を第二の経済基盤としたい、というのが国家政策です。そしてアルミ工場を稼働させるための発電所を建設するためには、自然を破壊してダムを作らなければならない・・・・。
 それから、ダム建設は環境問題だけではなく、海外からの労働力”輸入”に伴う人権問題等々も絡んできます。

 それでもって最近行われた職業意識調査によれば、こういった工場で将来働きたいと思っている若者(15歳)はたったの2%。同時に、彼らは重工業やアルミ精錬工場の建設に重きを置く近年の政府政策には感心していないという結果も。15歳の彼らが現在思い描いていることと将来の現実とは異なるであろうとはえ、国家的なプロジェクトにしては、若者の関心も理解もごく低いとしか言いようがないのはなぜか?
 
 アイスランドは世界でいち早く水素エネルギーによる公共バスの試運転を始めた国でした。確か2005年の夏頃だったでしょうか。このまま恒久的にそのバスは走るのかと思っていたら、どうやら公共バス(3台)の走行実験は今年1月で終わったそうで、その後はどうなるか情報がありません。
 しかし今年秋には30台の水素自動車を輸入し、まだまだ高値の水素自動車とはいえ技術革新は早いので、一般化が加速することを願っている、とも。
 
 ゴミのリサイクル関係では正直、遅れている国です。だって、今はまだほとんど分別してないんだもん。不法投棄も多いみたいだし(というか、国土が広すぎて人口が少なすぎて、不法投棄というコンセプト自体が存在しないのかもと思います)。
 しかしゴミの分別やリサイクルも足早に変わろうとしていて、2009年には紙だけを集めるごみ箱を各家庭に支給することから開始し、その後、他の資源も細かく分別できるような容器を配る予定。それからどうやら病院等から出る破棄物の分別も2013年からだそうで・・・。使用済みの注射針等はどう処理してるんだろう???
 
 さてさて、環境問題と経済成長の狭間で、4月に入ってからレイキャヴィーク郊外のハフナルフョルズで、アルミ精錬工場の拡張に関する住民投票が行われました。この工場は国際空港からレイキャヴィークへの海側の道沿いにあるので、アイスランド旅行経験者であれば、チラリと見た覚えのある方もいることでしょう。
 住民投票の結果は、投票率80%、工場拡張反対50.3%、賛成49.7%。僅差ながら反対派が勝利。
 
 『ニュース23』では筑紫哲也氏が3月末にヨーロッパへ飛び、環境問題への取り組みに関し手を現地取材しています。一部は現地からのレポートが既に放映されアイスランドからの「多事争論」は、動画も含めて『ニュース23』の公式サイトのこちらでご覧になれます。
また、今回の取材の総括をこれから放映し、アイスランド関係は4月末日の放映になると聞いています。
 アイスランドからの電話速報(?)では、「アイスランドは環境に関してとにかくいろいろなことをやっています」と異口同音に、「いろいろ」を何度も強調していました。正直、そんなに「いろいろ」ってあったっけ?という感じですが(それとも私がアイスランド慣れしていて、微妙に一般感覚とずれているのか)、とにかく、総括を楽しみにしています。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  アイスランドの音楽はここ!↓バナーをクリック!
c0003620_1544764.jpg
[PR]
by icelandia | 2007-04-14 12:51 | 環境・エネルギー関係 | Comments(0)
3月28日ニュース23はアイスランド現地レポート
 いつもICELANDiaのブログにお寄りいただき有り難う御座います。

  明日(3月27日)ニュース番組『ニュース23』での特集がアイスランドになります。そういえば、日本アイスランド協会の総会パーティで、ニュース23の番組制作者に尋ねられましたっけ。アイスランドはどのようにして環境問題に関する意識を高めているのか、生まれた環境や神話等に、そのようなことを示唆するものがあるのか等々でした。

 私個人の印象は・・・ここで正直に申し上げれば、アイスランドは国民の健康等を害しない限り社会保障・生活水準を守るために自然破壊をしていく道を選んだと感じています。確かにアイスランドはエコ・コンシャスであり、海外のメディアの目にそのように映るプロジェクトも行い(世界で初めて公共の水素バスを走らせたのも、多分にそのような思惑があるかと思います)、実際にクリーン・エネルギーだけの使用を目指してはいますが、彼らが選んだ道は自然破壊を全く伴わない行為ではなく、残念ながら、どうしても自然は犠牲になります。

 筑紫氏がその辺をどう取りあげるのかとても興味があるところですし、ちょうど自然破壊を阻止するための新しい政党も生まれてきたので(実はそのことを本当は次にブログに書きたいと思っていました)、どのようなレポートになるのか、とりあえずは楽しみにしたいと思います。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  シガーロスのレア・アイテム入荷!↓バナーをクリック!
c0003620_1544764.jpg

  
[PR]
by icelandia | 2007-03-27 23:48 | 環境・エネルギー関係 | Comments(0)
危うし!シガーロス・スタジオ&ムームの新譜を先取り
 いつもICELANDiaをお読みいただき、有り難う御座います。毎2回の更新を目標にしているのですが、2月はサボリ気味になってしまいました。楽しみにしている方々、ごめんなさい。
 
 今日はシガーロスとムームの話題です。で、まずはシガーロスの前にちょこっとだけ基礎知識を。
 
 最近はどうも自然破壊の話題がアイスランドでは多く、第三者としては心が痛みます。アイスランドはエコ・フレンドリーの国のはずが、なぜこの21世紀に自然破壊を?と思いますよね。
 
 外貨獲得の70%近くを漁業に頼るアイスランドでは、漁獲高の確保が国民の生活水準や国家運営を決定づけます。でも漁業は自然資源であり、このままずっと漁獲高が安定してとは限らない。そこで資源の少ないアイスランドが考えているのが、地熱や水力での化石燃料に頼らない安く安全な電力によるアルミの精錬。
 アルミの精錬はものすごく電力を食うので、安い電力を使って生産したアルミを輸出し、外貨獲得の道筋を、漁業とアルミの二枚巌にしたいわけです。
 既にアルミの精錬工場はレイキャヴィーク近郊にあるけれど、もっと郊外にダムを建設して電力を増量し、そこに工場を建ててしまおうという計画が去年から開始されています。去年2月にビョークを筆頭に行われたチャリティ・コンサートは、そのことを反対するものでした。去年のことはこちらのブログでお読みください。ちなみにダム計画は着々と進行中です。

 近年のアイスランドはそのめざましい経済成長と共に、こうして自然破壊やら生産効率やら、そういうのを重視する傾向にあります。国家の運営がかかっているということは、国民全体の利益にも関わるので、何が良いか悪いかを軽々しくは語れませんが、私はお気楽な立場の第三者なので、自然は残してほしい。
 
c0003620_246161.jpg で、今回はシガーロスのお膝元に直結する自然破壊の話。何と当局は、現在ハイウエイの建設を計画中で(どうやら決定しているらしい?)、この道路はモスフェルスビャル(Mosfellsbセr)の一角にあるヴァルマ(Varma)と、シガーロスのスタジオがあるアラフォス(Alafoss)の自然が残されている美しくかつ由緒あるエリアを突っ切るというもの。それも、計画では彼らのスタジオの真横にそれが通ることになっているという。
 
 アラフォスはレイキャヴィークからごく近い割には、牧歌的で落ち着いた雰囲気の街であるため、多くのアーティストやミュージシャンが住んでいる。なので、そんな道路が街を突っ切られては大問題。そこで2007年2月18日に、レイキャヴィークのヘディンズフスでプロテスト・コンサートが行われました。開始時間は20時からで入場料は3,200isk(5,500円程度)。

 参加アーティストはシガーロスの他、ボグミル・フォント、フリス、ピエトゥル・ベン、アミナ、ベンニ・ヘム・ヘム等。(<--リンクで彼らのアルバムを試聴できるものもあります。)
   
 プロテストとはいえ、コンサートはこの計画を頭ごなしに反対するのではなく、「もっと破壊の少ない場所へのルート変更」をアピールするためのもの。収益は自然保護活動をしているヴァルマ・オルガナイゼーションに寄付されます。
 
 そうそう、ヨンシーのアート本、またまた在庫が尽きてきましたが、まだ入手可能です。迷っている方はぜひ早めにどうぞ!ここにあります。
 
 -----------
 
 次はムームです。関連性がない話題なので、ちょっとどーかと思いつつ。シガーロスもムームも共通ファンが多いので、ま、いいか、と。
 
 なんと、2月13日に地元アイスランドのラジオ局の「Hlaupanotan」という番組がレコーディング中のムームのスタジオを訪れ、新曲やらラフ・ミックスを放送したそうです!!いいなぁ、いいなぁ、聴きたいなぁ。・・・・て、それが聴けるんです!!
 
 その時の写真はここで見ることができます。それから、その時の音はここで聞けるそうですが、Mac+Firefoxの私はプラグインが分からず聞くことができません。どなたか、プラグインがどれなのかを教えてくださ〜い。ぜひ御願いします!
 
 ちなみに、現在レコーディングしているのはムームの4枚目のアルバムにあたり、発売は秋を予定しているそうです。
 
 ICELANDiaの音楽ショップには、日本ではまずここだけしか置いていないであろうムーム関係のレア音源もあるので、ぜひお立ち寄りください!(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  2月はヨハン・ヨハンソン月間!↓バナーをクリック!
c0003620_1544764.jpg
 
[PR]
by icelandia | 2007-02-20 02:48 | 環境・エネルギー関係 | Comments(6)
ビョーク、シガー・ロス他 自然破壊反対コンサート
 風邪にやられて、ブログ更新を少しさぼっていました。熱で頭をやられたわけではありませんが、本当は1月に書こうと思っていた話題を、すごーく遅れて本日ご紹介します。
 
 2006年1月7日 アイスランドの自然を守ろう!コンサート in Reykjavik
 
 アイスランドは世界の手本となるべくエコ大国を目指しています。電気は化石燃料(石油)には頼らず地熱で発電し、発電時に発生した温水を各家庭に配って暖房等に利用したり、街には水素バスを走らせる実験を世界に先駆けて行ったり、と。かなり躍起になって「世界一」を目指しています。
 
 そんなエコ・コンシャスのアイスランドなのに、地熱で生み出される安い電力を使ったアルミの精練が産業として数字を伸ばしているため、更に発電所を増やし更なるアルミの精練を、という考えも一方にはあり、実際、物事はそのように動き始めているようです。
 
 でも、そんなことをすると、自然が大ダメージを受けるというので動き出したのがビョークを始めとするアイスランドのアーティスト達。数年前、新たな電力発電所の建設を反対して、ビョークの母親が3週間のハンガーストライキを行ったことを、覚えている人もいるかもしれませんね。ビョークの母親が行ったことの延長上にこのイベントもあります。
 
c0003620_2249554.jpg もしも現時点での計画に沿い電力発電所やアルミ精錬工場が建設されると、ダメージを受けるエリアは左の地図の通りです。ここに記されるどの地域も、素晴らしい大自然が広がり、世界的に珍しい動植物が生息しています。この自然を何としても守りたいと、アイスランドの超有名アーティストが結集して行ったのが、「Ertu ad verda natturalaus?」と題された今回のコンサートで、レイキャヴィーク市内では一番大きく、5500人が収容できる体育館で行われました。このタイトル、英語に訳せば「are you becoming nature-less?」で、「あなたは無自然になっていく?」という感じでしょうか。このタイトルは言葉遊びでもあり、アイスランド語のインポテンツに当たる言葉に掛け合わせてあるそうです。ちょっと性的なところが、な〜んともアイスランド的?!
 
 出演者はビョークシガーロスムーム、ムギソン、といった日本で名前が知られたアーティストをはじめ、アイスランドではビョークよりも格が上のブッビ、伝説的ロック・バンドのハム、ここ数年夏になると必ず大ヒット曲を出すヒャルマール、元シュガーキューブスのメンバーでもあったエイナール・オウルンのゴースティギタル、昨年上海音楽祭にも出演したKK(カオカオと読みます)、ビョークのレーベルからアルバムを出したマッガ・スティナ、それから海外からのオトモダチでデーモン・アルバーン、ダミアン・ライス等も。
 
  http://this.is/naturel
  
  上記がこのコンサートのURLで、ページの右側の「damnation.tv」をクリックすると、このコンサートのウエッブキャストの予告編を見ることが出来ます。予告編はKKから始まって、ビョーク、シガーロス、マッガ・スティナ、ムギソン、ヒャルマール等が出てきます。最後に観客が叫んでいる「meira!(メイラ)」というのは、英語の「more!」ですね。
  
 話は飛びますが、シガーロス・ファンのみなさん、4月のコンサートの最後はぜひこの「メイラ」コールをしようではありませんか! (小倉悠加)
 
 どうぞICELANDiaのショップにお立ち寄りください。
 ICELANDiaの母体、アリヨス・エンタテイメントのサイトはこちらです。c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
[PR]
by icelandia | 2006-02-21 22:50 | 環境・エネルギー関係 | Comments(0)
エコ・コンシャス最先端:水素バスの走るアイスランド
c0003620_1445443.jpg アイスランドはエコ・コンシャスの最先端を歩む国です。例えば、現代社会に欠かせない電気を供給するための発電手段としては、火力発電、水力発電、風力発電、原子力発電等が知られていますが、地熱発電をご存じでしょうか。地熱発電とはマグマの熱を生かして発電する方法です。地熱の発電とて害が全くないわけではないそうですが、それでも石油を燃やしたり原子力を使用したりするよりはずーっと安全で環境に優しいことは明白です。
 そして環境保全を国が積極的に取り組んでいるアイスランドは、この地熱発電を主な電源にしています。地熱は火山国であればそこらへんにあるので(ありますよね)、戦争をしているような国から石油を購入する必用も、プルトニウムを扱う必用もありません。

  クリーン・エネルギーを旨とするアイスランド国内で、石油に頼らざるを得ないのが自動車等の燃料。そこで登場したのが水素バスです。世界で初めて公共バスに水素バスを導入したのがアイスランドで、現在では3台のバスが活躍しています。まだ試運転中ですが、実際にバスルートを毎日走っているので、ラッキーだとこのバスに乗ることができるそうです。
 バスが走るくらいなので、ガソリン・スタンドならぬ水素スタンドもあり、こちらは2004年4月にレイキャヴィーク市内に世界初オープン。世界初にオープンしたところで、個人的に水素自動車を持っている人が果たしてレイキャヴィークにいるのか・・・。デカプリオやハリソン・フォードのようなハリウッドの大スターは、早々とこの水素カーに乗り換えているそうですが。

 水素バスはレイキャヴィークだけではなく、現在ヨーロッパではアムステルダム、バルセロナ、ハンブルグ、ロンドン、マドリッドなど10都市が走らせています。メルセデス・ベンツ社のバスが主流で、ダイムラー・クライスラー製もあるそうです。その評判はといえば、「ジーゼル・バスはうるさくて、9時間も座っていると頭痛がしてくる時があるが、水素バスはその点静かでいい」とは、レイキャヴィク市のバス運転手の言葉。

 アイスランドでは2030年までに化石燃料を一切使用しない国造りを目指しています。日本ではどうなのでしょうか。ちなみに、アイスランドで取り入れられた地熱発電の心臓部であるタービンの多くは三菱重工製。日本の技術がアイスランドの自然環境に寄与しているなんて、うれしいと思いませんか?
 アイスランドへ行くと、空気が軽くさわやかに澄んでいて、とたんに呼吸が楽になります。日本の首都圏にいると、そこに空気清浄機が入っていても、なんだかドロンと濁った空気を吸っている感じがぬぐえません。考えると不気味なので、あまり考えないようにしていますが、早く空気のきれいな世界になってほしいものです。アイスランドの空気がおいしい理由は、国をあげての努力にあるんですね。

 
この試みに弾みがついて、世界中で水素燃料の自動車が走る日が来るまでは、ICELANDiaの音楽を流して、アイスランドの空気を感じ取ってくださいね。お勧めはオスカール・グジョンソンのアルバム『静寂の余韻』の11曲目「Saetti/満ちたりて」です。ちなみにこの曲は私の着うた。着うたはモバイル・コロムビアから購入できます!   (小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif


[PR]
by icelandia | 2005-02-27 01:45 | 環境・エネルギー関係 | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム