execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:News( 648 )
ゆったり気分: 流行通信の特集
いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います。

c0003620_1220371.jpg 先週のBRUTUSに続き、今度は流行通信のアイスランド特集です!なんだかアイスランドって、急にメジャーになったような。これからは「アイスランドなんですが・・・」と言った時、「はぁ?!」みたいなリアクションは減るんだろうか。
 
 なかなかイけてる企画で、BRUTUSとはまた違った切り口で面白い。女性向きのきれいな写真が多く、アイスランドのノンビリ感もよく出ていて、とても素敵な感じです。私が実際に行く時の旅気分にそっくりで、流行通信は昼間ヴァージョンで、夜ヴァージョンはBRUTUSかな。流行通信が提案するものと、BRUTUSが書いているものを合体して楽しむことは充分できるので、アイスランドへ行かれるみなさん、この2冊はぜひ買って参考になさってください。
   
  レイキャヴィークは狭い街なので、今回もまた個人的な感慨にひたりながら、読み進めました。ダーグルといえば、子供はどのくらい大きくなったかなぁ、シグリズール(流行通信ではなぜかシグリース)のおばあちゃんが相変わらず元気そうでよかったし、あのネコちゃんも健在なのね。「お土産で貰った金の招き猫」 というのは、私が持っていたお土産で、まだオウチの中に飾ってくれているなんて感激!彼女も実は、隠れ(?)ICELANDiaアーティストで、私が以前ブログに書いていますので、ぜひご覧ください。流行通信の記事、シグルズールの年齢がかなりサバ状態なんですけど・・・(笑)流行通信に紹介されているものとは違いますが、彼女ご自身の選択でアルバムを何枚かICELANDiaのショップで直販 しています。
 
  細かく見ていくと、情報が古かったり、微妙な誤記もありますが、まぁ仕方のない範囲かとも思います。とにかく、こういった雑誌がアイスランドを見てくれたことだけで、うれしい!

 それに、個人的には金沢はマシュー・バーニーの展示会をやっているうちに行きたいと思っていたので、私にとっては二度美味しい旅特集でした。(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
[PR]
by icelandia | 2005-08-01 12:20 | News | Comments(0)
あっぱれ、橋田壽賀子さんのアイスランド旅行
 いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います。

 みなさんご覧になりましたか?7月24日(日)にTBSから放映されたアイスランドの旅番組。なーんと、あの渡鬼(「渡る世間は鬼ばかり」)の橋田壽賀子さんが「ぜひ!」ということで、アイスランドへ行かれました(大拍手)。

 感受性の強そうな方なので、きっとテレビに写されていないところでも、いろいろなことで感動なさったことでしょう。これで力強いアイスランド好きがまた一人増えたと、私は勝手に喜んでいます。
 アイスランドの大自然と平行して、橋田さんの素直な喜びと、旺盛な好奇心と、体当たりの実行力がよく現れていて、そんな姿も美しかった。とても80歳のご高齢には見えない足腰の確かさと、頭脳の切れも印象的で、90歳を過ぎた宇野千代さんにお会いしたことがありますが、日々世間と渡り合っていると、年齢には関係なくシャッキリとしていられるものだと、ひたすら感心。
 
 ただひとつ非常に残念だったのは、ヴィグディス前大統領との話が短かったこと。きっと実際意はもっといろいろと突っ込んだ話をされたのではと思います。関係者にぜひともお願いしたいのは、生のフッテージをお貸しいただき、テレビでは放映されなかった部分を、アイスランド大使館なりで公開していただけないか、ということです。
 それから欲を言えば、アイスランドにはアイスランドでしか見ることの出来ない素晴らしい美術品があるので、それもご覧いただきたかった。
 
 この番組紹介はTBSのサイトのhttp://www.tbs.co.jp/program/iceland20050724.htmlにあります。再放送希望です!>TBS関係者様

 また、番組内で「ただの水がとてもおいしい」と、水道水を喜んで飲んでいましたね。我が意を得たりでした。アイスランドの水大好き同盟会員増加!と、これまた勝手に喜んでしまいました。アイスランドの水道水が美味しいというのは、私だけではないことがしっかりと証明されて、うれしかかったなぁ。
 
 現地へ行って飲めない場合は、日本で発売されたアイスランドのお水を自宅でどうぞ。渡鬼ファン必飲?!先生への付け届けもこれでオッケー?!
 www.icelandspring.jp
 
 正直、アイスランドは「手軽に行けます!」という場所ではないので、こうして著名な方が旅行してくださると、何だか仲間が増えたような気がして(勝手に仲間扱いされるのは、ご本人にはご迷惑かと思いますので、比喩ということでお許しください)、心からすごーーく嬉しくてたまりません。
 
 橋田さん&関係者のみなさん、素敵な番組を有り難う御座いました。アイスランドでは素晴らしいオーロラも見ることができます。極寒地でふるえて何時間も待つ必要はないので、またぜひアイスランドへいらしてください。カバン持ちが必要であれば、アイスランド専用携帯電話なども持参して伺います!(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif

 
 
[PR]
by icelandia | 2005-07-26 19:19 | News | Comments(2)
VIPだけが手にするスペシャルな雑誌をプレゼント!
 いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います。

c0003620_11811100.jpg ICELANDiaからの特別プレゼントを現在Excite Womanに提供しています。アイスランド共和国が愛知万博を訪れるVIP用にお渡しする用に制作した『Icelandic Geographic』の特別編集版で、全100ページ、オールカラーで見ているだけでも素敵!知られざる神秘の国アイスランドのあれやこれやがいろいろと分かります。記事は日本語です。
 内容は、アイスランドの自然や政治、歴史のことから、もちろん音楽やアートのことも。村上春樹氏の原稿も特別掲載!かなりの読み応えで、内容の濃さが自慢です。
 
 今回ICELANDiaはアイスランド大使館との太いパイプを利用して、Exciteをご覧のみなさまにこの本を特別にご提供致します!ビョーク、カラシ、シガーロスの写真もありますよぉ!もちろん愛知万博に出演したシグルズール・フロサソン・アイスランド・スーパー・ジャズ・カルテットやクリスチャーナ、バングギャングのことも。

 応募方法等は以下からどうぞ。
http://happy.woman.excite.co.jp/prize/index.html

で、7月17日がアイスランド・ジャズ、東京公演最終です(詳しくは下のバナーをクリックしてください)。ぜひみなさんお見逃し無く!(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gifc0003620_20325550.jpg
[PR]
by icelandia | 2005-07-17 11:09 | News | Comments(1)
世界一ピュアな天然水!待ってましたぁ!!!
 いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います

今日は素晴らしいお知らせです。アイスランドの水が日本でも入手できるようになりました!世界一ピュアな天然水だと私は思います。すごくおいしいです!

 アイスランドの水は本当においしい!水道の蛇口でも天然水で、空港に着くやいなや私はトイレで水を飲みます。え?汚い?!ぜーんぜん。なんたって氷河の水混じりの天然水。そんじょそこらの水よりずーっときれいでおいしく美しい。そして、帰国時には、ペットボトルに空港の水道水を入れて持って帰ります。それだけ私はアイスランドの水の大ファンなんです。
 
 そんなおいしい水が当たり前のように使われているアイスランドでも、とびきりピュアでおいしいのがアイスランド・スプリングという水。言うまでもなく、マジに本当に、私、心から大好きです。
 
 それが日本で遂に正式発売となりました。これは私の念願であり快挙です!まずは、見ているだけで、爽やかな気分になるIceland Spring Waterのサイトをご紹介しましょう。

www.icelandspring.jp
 
  ね、ね、見てるだけでスッキリするでしょう。美しいし、画面からマイナスイオンでも出てるんじゃあるまいかと思うほど爽やか。

 ボトルに入っている水といえば、いろいろと有名なものがありますが、ヨーロッパからの水はミネラル(カルシウムとか)が多いため、個人的にはそれほど好きではないんです。それに、ミネラル水は、フィルターを通した水道水に、濃縮ミネラル(私はソルトレイクの濃縮ミネラルを使っています)を数滴入れれば済むし、その方がミネラルバランスもいいので、私はわざわざ買いません。買うなら絶対に軟水(ミネラル分の少ないもの)です。なにせ、料理とか、コーヒー、紅茶の味が断然違います。
 コーヒー、紅茶、中国茶が好きな方は、道具や茶葉や豆に凝る前に、水に凝ってこそ本筋でしょう。超軟水のIceland Springはその点、本当に最高です。そのまま飲んでもスッキリとした味わいだし、料理や飲料にはこれっきゃない!という決定版。
 
 アイスランドへ行くたびに楽しみなのは、美味しい空気と美味しい水。空気は運んで来られないけれど、水は運んでこられます。で、お水は重いので現在は通販だけなのだそうです。パッケージがお洒落で持ち歩いてもサマになりそうなので、早くコンビニ等で気軽に購入できるようになってほしいなぁ。
 ぜひみなさんも一度、このお水を試してくださいね。心も身体も、きっとアイスランドに飛んでスッキリさわやかになりますよ!(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
[PR]
by icelandia | 2005-07-11 23:11 | News | Comments(3)
ボス、空港で即席アコースティック・ライブ
いつもICELANDiaブログを読んでいただき、有り難う御座います。

  いわば辺境の地であるアイスランドは、有名人の隠れた避暑地であり(クラプトンは毎年夏になると釣りにやってきます)、そういった有名人の訪氷は地元では割と知られた話です。
  先日もこんなことがありました。プライヴェート・ジェットで移動していたボスことブルース・スプリングスティーンは、給油のためにヨーロッパとアメリカ大陸の間にあるアイスランドに一時停泊。6月28日にベルリンでライブを行ったため、ベルリンからアメリカへ移動中だったそうです。
  気取らない性格のボスは、居合わせた空港関係者と気さくに言葉を交わし、
「何か聴かせてもらうことってできる?」(って言葉使いだったかは分かりませんが)と言われので、ギターを手に取り、なーんと6曲もアコースティックで披露。演奏曲目は、 「Dancing in the Dark」、 「Bobby Jean"」、「This Hard Land」、 「Working on the Highway」、「Does This Bus Stop at 82nd Street?"」、「I'm on Fire」。真夜中2時過ぎのことで、たまたま夜勤だった職員は大喜び!
 演奏後、ボスは「ところで、アイスランドの典型的な食べ物ってどんなの?」と職員に尋ねると、その答えは
 「黒い死とサメだよ」
 
c0003620_17302149.jpg ”黒い死”とは現地語でブレニヴィンで、英語に訳すとブラック・デスと言われるアルコール度の強い酒で、フリーザーに入れてキンキンに冷たくしていただくのが流儀です。それといっしょに食べるのが、海岸に埋めて腐らせたサメの肉。伝統食ではありますが、日本のクサヤよろしく、サメの肉は臭い(健康食品らしいのですが)。
 ボスがこのコンビネーションを食したかは分かりませんが、ブラック・デスとサメの腐った肉というところに、ロックンロールを感じたかもしれません。 (小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
[PR]
by icelandia | 2005-07-07 20:26 | News | Comments(0)
がんばれ!燃料電池車アイスランド一周
 いつもICELANDiaブログを読んでいただき、有り難う御座います。

 本日6月11日、自然エネルギーの普及をめざす川崎市の市民団体、グリーン・エナジー・アドベンチャーのメンバーが、レイキャヴィークからアイスランド一周の旅に出発します。
 
 燃料電池を積んだ三輪車でアイスランドをぐるりとまわる、ちょっと夢のような企画です。三輪車といっても子供用の三輪車ではなく、大人がゆったりと座れるタイプなので(写真掲載の許可がいただければ、アップしますね)、見た感じは結構快適そうです。
 以前のブログに書きましたが、アイスランドは環境にやさしいクリーンなエネルギー社会を目指し、既に電力の大半を地熱発電で賄い、去年からは公共バスの一部が実験的に水素電気を使用し、世界で初めて水素燃料スタンドが作られたのもアイスランドでした。
 アイスランドは都市部を避ければ交通量も多くなく、空気もきれいで、風光明媚。クリーン・エネルギー社会の先進国でもあり、この企画にぴったりの選択です。グリーン・エナジー・アドベンチャーのメンバーは水素と大気中の酸素を反応させて電気を作って動かす車で、約140キロを走破する予定で、5人交代で運転し、夜はテントで過ごしますが、野営の祭も電気は太陽電池や風力発電で賄い、あくまでもクリーンなエネルギーでの旅を目指します。 
 
 朝晩は冷え込み、昼間は日差しが強いことでしょう。既に白夜の時期なので、照明用の電気はあまり必要ではないのが助かるかもしれませんね。
  メンバーのみなさん、素敵な旅を期待しています。どうぞ楽しんできてください!
  
 グリーン・エナジー・アドベンチャーのサイトはこちらです。
  
                (小倉悠加)

c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gifc0003620_20325550.jpg
[PR]
by icelandia | 2005-06-11 14:09 | News | Comments(0)
旅チャンネル(アイスランド編)も認めたポール・ライドン
いつもICELANDiaブログを読んでいただき、有り難う御座います。私も遅ればせながら『旅チャンネル:アイスランド編』を見せていただいたので、ちょこっとご報告です。

 いやぁ、すごくいい番組ですね。アイスランドというと、判を押したようにオーロラ、間欠泉、滝・・・のような大自然ばかりで、もちろんそれもスゴイことは確かですが、全部の番組がそれをやっても食傷気味になります。今回のこの番組は、確かに滝や間欠泉も出てきますが、環境保全のための水素バスや地熱発電の話、在氷日本人のお宅訪問、ニット工場訪問、ショッピング探索、福祉施設紹介等、市民の暮らしがよく見えてくるもので、とても好感が持てました。
 ブルーラグーンやオーロラも勿論紹介されていて、オーロラは寒い場所での屋外キャンプではなく、近代的な宿泊施設の玄関先でしっかりと見えていました。光が空でシュルルーっとダンスするようなあの感じ、本当に素敵です。
 
 この番組に、ICELANDiaの音源をかなり使っていただきました。いろいろな条件があったため、結局現在Excite Music Storeにアップしているものはありませんでしたが、ICELANDiaのアルバム通販で扱っているPaul Lydonがなぜか同じ曲で2回もかかっていました。このポール・ライドンのアルバムは、アイスランドの音楽業界人御用達アルバムで、なぜか「すごく気に入ってる」という音楽関係者が多く、実は私もハマッタひとりでした。それで、ポール本人にかけあって、アルバムを譲ってもらうことにしたのです。先日、ピーター・バラカン氏とお会いした時も、いろいろとお渡ししたアルバムの中で、ポピュラーではこれが一番よかったとおっしゃっていました。

c0003620_428167.jpg ほとんどピアノとヴォーカルのみの地味なこのアルバムに、みなさんなぜ惹かれるのでしょうか。私の場合は、このアルバムはレイキャヴィークの雰囲気、それも秋から冬にかけての時期にすごーくマッチすると思っています。日本の自宅でアイスランドが恋しくなった時も、まずはこのアルバムをかけます。話題が話題を呼び、アイスランドの雑誌で取り上げられたり、確かアイスランド航空の機内誌にも彼の記事が掲載された覚えがあります。
 それから、たぶん流行らせようとか、売ろうとか、そういう邪念(?)が一切なく、趣味で作ってみただけ、というのが、今の世の中ではほとんど存在しないほど珍しいのかもしれません。音楽の原点である、自己表現ということのみで作ったアルバムです。とにかく100%自分のやりたい音楽を作るというのは、簡単なようでいて難しいことです。
 70年代、私はウエストコースト系の音楽を事細かく聴いていました。バーズにさかのぼり、イーグルス系から、当時はまだ新人だったトトに至るまで全部聴いたものでした。東の方もバンドがディランのバックでがんばっていて、南部にはオールマン・ブラザースのような特色のあるバンドがかなりいて、音楽的に本当に活気があり面白い時代でした(そんな時代をリアルタイムで知っていると、今はねぇ・・・)。

 アイスランドの音楽が面白いところは、音楽がまだビジネスに締め付けられず、ピュアでいられる部分が残っていた時代の雰囲気を醸しているからです。そういう点でポールは、70年代のシンガーソングライター系の音楽にも通じるところが多分にあります。
 単なる個人的趣味で持ってきたポール・ライドンが、ピーター・バラカンさんにもよかったと言っていただき、『旅チャンネル』でも取り上げられて、どうやらみなさんの密かな愛聴盤になっていくのでは、という気配です。
 ポールについては、小さな独立サイトを作っているので(インタビューもあります)、ご興味ある方はぜひご覧ください。 (小倉悠加)
c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
[PR]
by icelandia | 2005-04-24 04:22 | News | Comments(4)
旅チャンネル:アイスランド編 あちこちの放送局で放映!
いつもICELANDiaブログを読んでいただき、有り難う御座います。更新をさぼり気味でごめんなさい。現在、アイスランド政府が作っている愛知万博用刊行物の編集お手伝いをしているため、なーんだか忙しないのですが、同時にアイスランドのいろいろな側面を読み知ることになり、とても勉強になっています。そんなところは、後ほどお裾分けできればと考えています。

さてさて、4月17日(日)に SKY Perfect! TV の「旅チャンネル」で、アイスランド編が放映されます。放送時間は21:00〜22:00。この放送を皮切りに、その後いろいろな放送局で放映予定だそうなので、アイスランド・ファンのみなさん、どうぞご期待ください。こちらで放送予定がわかりましたら、この欄に加筆するか、または別枠でご紹介します。

詳細はスカイパーフェクト・テレビのサイトにあります。
http://www.tabi-ch.net/overseas/special_euro/index.html

この番組にICELANDiaの音源を提供致しました。どのアーティストの曲がかかるかは見てのお楽しみ。スカパは見られない!という人もいると思いますが(=自分)、何とかどこかで見る機会を作ってくださいね! (小倉悠加)
c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
 
[PR]
by icelandia | 2005-04-16 01:35 | News | Comments(2)
3年でアルバム40枚以上発表!ビョークを魅了したその実力?!
 いつもICELANDiaのブログにおいでいただき、有り難う御座います。

 今日はアイスランド通しか知らないアーティストの話です。
 
 彼女の名前はシグリズール・ニールスドッティル。デビューして3年間でなーんと驚異の40枚以上のアルバムを発表。
 ごく普通の主婦だった彼女は、若い頃から誌や音楽を書きためていました。その曲は、彼女独特の楽譜(?)に記す他、あり合わせのカセットに録音してためていました。ある年のクリスマス、家族や友人用にその音楽をCDRに焼いて配り、その一枚をいつも録音用のカセットテープを購入していた音楽ショップのオーナーにもプレゼントしたことがあります。
 その音楽を気に入ったショップ・オーナーが、彼女の自主制作盤をCDショップに置くようになったのが約3年前。その後少しばかりの紆余曲折を経ていますが、彼女はいまや40枚以上のアルバムを発表する有名アーティスト(アイスランド国内だけの話ですが)。暖かな歌声、ゆったりと流れるメロディ、手書きのジャケットーーー話題が話題を呼び、彼女の熱心な音源コレクターにビョークが加わり、映画『氷の国のノイ/Noi Albinoi』のサウンドトラックに2曲が採用されるという快挙。
 
 そんな訳で彼女のことはまずアイスランド中に知れ渡り、次ぎにヨーロッパのスキモノ好きが目を付け、アイスランド航空の機内誌ではカラーで紹介されるわ、ヨーロッパ各国からも取材陣が押し寄せるわでたーいへん。さすがに「日本からはあなたが最初!」と言われましたが。アイスランド国内では、彼女のドキュメンタリーも撮影され始めています。
 
 そんな彼女の音楽は、まったりゆったり。どこか懐かしいメロディと暖かさが魅力で、その独特の雰囲気に包まれると、なーんとなく微笑んでしまいます。彼女については簡単なサイトを作ってありますので(Flashがないと見られません)、ご興味ある方は覗いてみてください。
  
 
c0003620_1258233.jpg

 「長い冬をいかに楽しむかがアイスランドで楽しく過ごせるかの鍵だから、お年寄りの励みになり、彼女の小遣いになればいいんだ」と現在レイキャヴィークで彼女のアルバムを取り扱っているショップ・オーナーは言います。そう、彼女は御年70歳以上!とても明るくさわやかな気質の女性で、アイスランドへ行く度に会うのが楽しみです。
 ちなみに、彼女の横にあるのは、これまで描いてきたアルバムのアートワークを全部集めたもの。手書きのアートワークにも味があり、ホント、その存在自体が心が和むアーティストです。(小倉悠加)
c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
 
[PR]
by icelandia | 2005-04-06 12:14 | News | Comments(0)
ボビー・フィッシャー氏、アイスランド到着
いつもICELANDiaのブログにおいでいただき、有り難う御座います。
世界のチェス王、ボビー・フィッシャー氏がアイスランドに到着しました。
c0003620_1463534.jpg

 到着翌朝、早速記者会見を開いた際、「アイスランドに来た感想は?」と聞かれて、「とってもいいよ。なにせこの前まで日本の収容所暮らしだったからね」と苦笑していました。アイスランドに不動産を購入するのかという質問には、まだ何も考えていないとの答え。
 「チェスはプレイしますか?」という核心(?)については。
 「どうだろうかぁ。まぁ、やれば出来ないこともないんだろうけど(笑)。昔式のチェスだから、覚えることが多くてねぇ。でも、やりゃできると思うよ」
c0003620_1465128.jpg
 アイスランドはかつてチェスが非常に盛んで、私の個人的な知り合いも、かつての世界ランキング保持者がいます(マジです)。でも、日常にテレビが入りこみ、テレビゲームが登場し、今は手軽に携帯電話でもゲームが楽しめる時代です。チェスもそのあおりをうけて下火になりましたが、それでもまだチェス人口は少なくないとのこと。
 フィッシャー氏の登場を受けて、チェスが再熱するのか?

 そんなことを考えながら聴くには、やはりギターイスランシオが最高でしょう。どうぞご試聴ください! (小倉悠加)
c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
[PR]
by icelandia | 2005-03-27 14:06 | News | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム