execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ライヴで楽しみたい:アイスランドのトラッド

 ビョークやシガーロスがきっかけで、アイスランドの国に興味を持ったり、アイスランドの他の音楽に興味を持つ人も少なくないと思います・・・というか、そういう音楽ファンがたっくさん来てくれたのが、5月2日に行った『氷国』のイベントでした。みなさんどこから手を付けたらいいの?という感じでしたね。私自身もそういう思いだったので、その気持ちはよく分かります。
 もう少しディープにアイスランドの音楽を知りたければ、ビョークやシガーロス、またはムームが関わっている他のアーティストを聴くのも参考になるし、彼らのルーツを知る早道は何と言ってもアイスランドのトラッドを聴くことです。トラッド=民族音楽ではなく、「誰もが知るメロディ」ということで。
 というのも、アイスランドでは音楽が禁止されていた時代があるため、伝統音楽と言える特徴的な音楽に乏しく、その代わりに発展したのが、抑揚のついた語り部(リミュール)でした。リミュールについてはまた別の機会に取りあげることにして、今回は「アイスランド人が幼いころから親しんだメロディ、誰でも知っているメロディ」をトラッドとしたいと思います。そして現在のアイスランドで、最も親しみやすくオリジナリティ豊かなサウンドでトラッドを演奏するのがギター・イスランシオです。
 
 ギター・イスランシオはアコースティック・ギター3本(そのうち一本はベース)の3人組で、デビュー以来本国ではすごい人気。2002年、2003年と連続でレイキャヴィーク市を代表する音楽グループに選ばれた他、出すアルバムは全てゴールド。アイスランド音楽賞でも、メンバーがそれぞれに最優秀パフォーマー賞やコンポーザー賞を幾度となく受賞。名実共にアイスランドを代表する音楽家であり、結成以来、国家から駆り出されなかった万博は無く、それほどその実力は広く内外から認められています。
 特にリーダー的存在のギタリスト、ビヨルン・ソルオッドセンは北欧でも最高峰と言われるギター・テクニックの持ち主で、ギター・イスランシオの演奏自体とても切れがよく、すがすがしく爽やかなサウンドである上、ビヨルンがそこかしこに高度な技術でさりげなく楽しいオカズを入れて、実に楽しく聴覚をくすぐってくれます。
 愛知万博でたまたま彼らを見た人は、その演奏クオリティの高さに驚き、その後ギター・イスランシオのアルバムを探し回ってICELANDiaに辿り着いたり、やはり万博で見て、今度はぜひフルコンサートで見たいからと、東京公演のために新幹線に乗って上京してくださるという人もいるほどです。
 そしてこのグループの一員として来日するのが、前回のブログでご紹介したアイスランドのブライアン・ウィルソンこと、グンナル・ソルザルソン。ギター・イスランシオは北欧トラッドを演奏するグループなので、彼のオリジナル曲ばかりが登場するわけではなく、アイスランドが誇る大作曲家がこのグループに加わったのは、アイスランドや北欧のトラッドなメロディが大好きで、彼自身そんなメロディから触発されることも少なくないため、アイスランドの素晴らしい音楽を世界のみなさんに知ってもらいたいという一心なのだそうです。
 
 いろいろな音楽をアイスランドから取り寄せて聴いていると、そのすべてにそこはかとなく漂う共通の雰囲気があります。その雰囲気とは共通する音階でありメロディです。ビョークを引き合いに出すなら、彼女が作るメロディの中に、どことなくアイスランド的なものが潜んでいて、彼女の独特なサウンド作りに加えて、アイスランド的なメロディが他の英米のアーティストとの大きな差になっているように感じます。  
c0003620_2205298.jpg 特に彼女は最新アルバムの『メダラ』で、アイスランドで元も有名な女性作曲家ヨウルン・ヴィザールの「Vokuro/Vigil」を取りあげているので、それを聴くと少しだけその雰囲気がつかめることでしょう。そういえば、10年ほど前にHector Zazouのアルバムでビョークが歌った「Visur Vatnsenda-Rosu」もアイスランドのトラッドでしたね。GIも同じく、ヨウルンの曲を取りあげています。
 そんな聴き方がベストであるとは言いませんが、あるアーティストの背景を知ることはとても面白く知的にも刺激的で、私はアイスランドのトラッドに触れれば触れるほど、アイスランド出身のアーティストの奥深くを見るような気がしていますし、そういうのをみなさんとも共有したくて、ICELANDiaのショップには、クラシックから童謡、トラッドまで、アイスランドの文化的側面が見えてくるものを揃えるように心がけています。
 
 そんな音楽をみなさんに聴いてもらいたくて結成されたのがギター・イスランシオです。アイスランドのトラッドはほとんど知られていないため、生演奏に触れる機会は本当に貴重です。アイスランドのトラッドなんて聴いたことがないと思うかもしれませんが、聴けば日本の童謡などに通じる哀愁を帯びたメロディや、それこそビョークやムームに通じるものを見いだして、きっと驚かれることでしょう。
 
 ギター・イスランシオは2004年には上海音楽祭に出演し、近年は北米を制覇すべくまずはカナダからツアーを開始しているそうです。彼らの音楽をあえてカテゴライズするのであれば、フォーク・ジャズというところなのでしょうか?トラッドを基調とする演奏の合間に英米のポップ音楽ファンがよく知る曲を入れたり、オリジナル曲を入れたりと、内容はバラエティに富んでいます。
 
 そして、こうしてアイスランドのトラッドを名グループの演奏を日本で堪能できるのも、2006年に日本とアイスランドが国交50周年を迎えている特典。6月末に行われるギター・イスランシオの日本ツアーは、駐日アイスランド大使館公認の50周年記念行事でもあります。
 
c0003620_21594172.jpg
ギター・イスランシオ
  東京公演

6月29日(木)
テアトロ・スンガリー青山(表参道)
 前売り4,500円 
 当日券5,300円  
(*ワン・ドリンク、アイスランド食材試食アリ)

 
 チケットはICELANDiaのショップで扱っています。どうぞ生でアイスランドの息吹を感じるこの機会をお見逃し無く!(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  アイスランドの音楽SHOP、日本盤購入で送料無料!↓バナーをクリック!
c0003620_0434512.jpg
[PR]
by icelandia | 2006-05-29 18:06 | News | Comments(0)
来日決定!氷国のブライアン・ウィルソン?ポール・マッカートニー?
 ポール・マッカートニーといえばビートルズが生んだ大作曲家。ブライアン・ウィルソンはビーチ・ボーイズのブレイン、サウンド・クリエイターであり、やはり大作曲家です。そしてアイスランドにも、ポールやブライアンに匹敵する大ポピュラー作曲家がいます。彼の名はグンナル・ソルザルソン。

c0003620_154889.jpg アイスランドのポピュラー音楽事情は日本ととてもよく似ていて、進駐軍のラジオ放送からロックンロール、カントリー、ロカビリー、そして英国のヒット曲等が広まっていきました。その関係からかアイスランドの首都はレイキャヴィークでも、音楽の中心はアメリカ軍基地のあるケプラヴィク空港周辺で、アイスランドのビートルズと呼ばれたHljomar(ヒョルマル)も、ケプラヴィク出身の4人組。その中にいたメンバーが、昨年アイスランド・スーパー・ジャズの一員として来日したドラムスのピエトゥル・オストルンド。そしてその中で作曲家として最も脚光を浴びたのがグンナル・ソルザルソンでした。
 
c0003620_1545533.jpg グンナルはアイスランドが生んだスーパー・グループ、ヒョルマルの一員として精力的な活動を続け、ヒョルマル名義で(再結成アルバムも含め)10枚のアルバムを発表。自作曲でのソロ・アルバムも13枚。そうした活動を続けつつ、トゥルブロットやフラワーズというグループ等も結成してアルバムを発表する他、プロデューサーや作曲家として今までに関わったアルバムはなーんと150枚以上というもの凄さ!作った曲数は500曲以上で、自ら関わるグループに曲を提供する他、アイスランドの交響楽団用に曲を書いたり、映画、劇場劇、テレビドラマ等の音楽も担当。彼のジャンルを超えた華々しい活躍はアイスランドの国民の誰もが認めるところ、国家から栄誉あるファルコン勲章を受けています。
 
c0003620_155206.jpg では、グンナルはどのような音楽を作ってきたかといえば、ヒョルマルは見た目はビートルズでしたが、私が聴いたところでは60年代のサンフランシスコに代表されるフラワー・サウンド、ひいてはバーズやCSNYに代表される西海岸のルーツとも言うべきコーラス・サウンドで、それほどサイケではないにしろ、”あの”時代の雰囲気をよく出している音をしています。そこに少しどことなくアイスランド的なメロディが入り、摩訶不思議に魅力的な音作りとなっています。c0003620_1553257.jpg
 その後はイギリスの影響が強くなったのか、トゥルブロットではいわゆるプログレっぽい作りが中心となり、ソロはそれこそブライアン・ウィルソンのようにポップで楽しく耳障りのいい音楽を作っていました。もっとも過去40年間の音楽活動をこのように薄っぺらな表現で説明しようとしても、あまり意味はないかもしれませんが。
 
 ヒョルマルの音源は入手困難ですが、CDでリイシューされたものもあります。それは追ってICELANDiaのショップで取り扱いますので、どうぞ注目していてくださいね!

c0003620_15124568.jpg とにかく、グンナルはアイスランドで最も多産な作曲家であり、アイスランドのポピュラー音楽の生き字引であり、歴史そのものもを生きてきた偉大なミュージシャンです。そのグンナルが参加するグループが6月に来日します!!! これは、アイスランド音楽を愛する者としてはちょっと聞き逃せません。・・・ということで、続きはまた次回に。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  アイスランドの音楽SHOP、日本盤購入で送料無料!↓バナーをクリック!
c0003620_0434512.jpg
[PR]
by icelandia | 2006-05-22 15:15 | Pops | Comments(0)
アイスランドのおいしいもの(写真満載!)
 いつもICELANDiaのブログをお読みいただき有り難う御座います。いつも文章ばかり長いので、今日は趣向を変えて、ほとんどぜ〜〜んぶ写真とします。
 これからご覧になるのは、5月17日に駐日アイスランド大使館にいらっしゃった方々に振る舞われた料理で、アップになっているものはアイスランドの食材が使われています。写真には写っていませんが、この他にも数種類のパンやチーズ、サラダ等があり、かなりゴージャスなのもでした。
 はい、役得で私もお味見させていただきました(^.^) 今回はスモークラムがメインで、それほどスモーク臭の強くないマイルドな感じで、いつもながら肉はジューシーかつ柔らかく薫り高く、「あ〜〜アイスランドのラム肉ちゃん、愛してる!」モード全開で食らいついてきました。

c0003620_0212640.jpg

c0003620_0214477.jpg

c0003620_0215521.jpg

c0003620_0221913.jpg

c0003620_0223896.jpg

c0003620_023364.jpg

c0003620_0243644.jpg

c0003620_0231682.jpg

 
 あ!デザートを撮影し忘れました!残念!!アイスランドから直輸入したスキールと、パンケーキのポンヌコークルがあったのにぃ。ま、自分は食べたからいいか。

 アイスランドのビートルズ来日(<--種明かしは次回)の際にも、ラム肉やサーモンをご試食いただける予定です!!(小倉悠加)

  アイスランドの音楽SHOP、日本盤購入で送料無料!↓バナーをクリック!
c0003620_13213440.gif
c0003620_0434512.jpg
[PR]
by icelandia | 2006-05-18 00:26 | アイスランドってどんな国? | Comments(1)
レイキャヴィーク・アート・フェスティバル開催!
 アイスランドはもう夏気分です。5月も半ばを過ぎれば白夜の風情で、夜中過ぎても太陽は沈まず、人々は夜更かしを楽しみます。
 この夏の訪れを待って始まるのがレイキャヴィーク・アート・フェスティバルで、レイキャヴィーク市主催で毎年開催されるこの催しは今年で第20回。年々規模が大きくなり、今年は1ヶ月にわたり約50のイベントが催されます。
 
 日本人が「フェスティバル」という言葉を聞くと、どこか一カ所に大きな会場が用意され、そこでいろいろなイベントが繰り広げられることを想像しがちですが、アイスランドの場合はそれはありません。フェスティバルというのは総称で、イベントは市内の指定されたあちこちの会場で行われます。
 
 フェスティバルのオープニングはレイキャヴィークの旧中心部に特別設置された「REYKJAVIK 871 +/-2 The Settlement Exhibition 」という展示会で、フェスティバルの開始を記念して今週末は入場料が無料になります(それ以降は有料)。この展覧会は2001年にレイキャヴィーク市内で発見されたヴァイキングの住居跡をフィーチュアしたもので、930年頃に使用されていたと思われるものです。背後にアルシング(国会)を、前に広場を見て、斜め左手の奧の方が、ずーっと大規模な工事中でした。何か歴史的な発見があったということは聞いていましたが、それが博物館になるとは知りませんでした(きっと現地の人は周知だったことでしょう)。
 詳しいことは展示会のサイトでどうぞ(英語)
  
 この他にも国内アーティストによる展覧会やライブ音楽はもちろんのこと、海外からの音楽家や舞踏家を招待しての催しも少なくありません。アーティストの参加人数は全体で約600名。私は初めてアイスランドへ行った時がたまたまこのフェスティバル中で、マシュー・バーニーの『クレマスター』の公開を始め(マシュー本人もいました)、面白い催しをいくつか見ることが出来ました。
 
 フェスティバルは6月2日までなので、間もなくレイキャヴィークへ行く人は、お決まりの観光コース以外にも、市内でたっぷりと面白いイベントに出くわすこととでしょう。
 
 レイキャヴィーク・シティ・フェスティバル 公式サイトはこちらです(一部英語)。 (小倉悠加)

  アイスランドの音楽SHOP、日本盤購入で送料無料!↓バナーをクリック!
c0003620_13213440.gif
c0003620_0434512.jpg
[PR]
by icelandia | 2006-05-13 22:46 | アイスランドってどんな国? | Comments(0)
『氷国』イベントレポート
 一週間も遅れてしまいましたが、2006年5月2日に渋谷にて行われた『氷国X日本』の報告を簡単に。
 まずはご来場いただいたみなさま、本当に有り難う御座いました!!楽しい時間になったことを心より願います。それから、五感に訴えるというテーマでいろいろなかたちでアイスランドに触れる機会を作ってくれた主催者に心から感謝。有り難う!
 
c0003620_947428.jpg ということでやってきました渋谷はUPLINK。アイスランド映画祭で大使館主催のパーティが行われた会場でもあり、何となくアイスランドずいている渋谷。ちょうどタワー・レコードの3階の一角では、アイスランド・コーナーが作られてフリー・ペーパーも配られている時で、今年に入ってからなぜか渋谷とアイスランドの縁が深くなっている。
 
c0003620_9482660.jpg 主催者は開催5日前に、「調べましたよぉ。当日の天気は晴天。チケットは完売しているし、人が来すぎて混乱するのが一番怖いです」と言っていたにも関わらず、当日は久々の雨天。う〜ん、雨だとあんまり人が来ないかなぁ?と思っていたら大間違い。開場時間には会場内にも列!開場の外にも列!で、思ったよりもドド〜〜っと最初から人が入ったため、スタッフの数が足りず受付に手間取っていたようでした。
 
 私は、開場直後から物販で忙殺状態。アイスランド国内でしか入手できないレア音源を取り混ぜての物販はマニアックすぎてどうかと半信半疑だったし、お手伝いにひとりスタッフをお借りしたので、時々抜けてみなさんとお話できるといいなぁと思っていたら大間違い。開場と共に参加者は物販に押し寄せ、早くも人垣が。その後はもう、ペットボトルのお茶を2-3度口にするのがやっと。正味2時間半で、小物も含めて100点以上を販売。なので、写真を撮る余裕はゼロ。かろうじて撮ったものをここにアップします。
c0003620_949373.jpg それにしても、みなさんよく知ってたわぁ。とにかくレア盤から先に品切れ。この前来日したシガーロスの『Takk...』も持っていったけれど、これが売上ゼロ。なのに「そんなマイナーなのまで聴く?」(って仕入れたのは私だけど)というマニアックなものが先に売れていきました。
 当然、途中から品物が無くなり、「そのアルバムが欲しくて来たのに・・・」とがっかりする人もいて、申し訳ない限り。数は充分に取り寄せていたつもりが、即売前に既に通販で売れてしまい、とにかく早い者勝ちでした。
 
 アイスランドが好きな人って探求心旺盛だなぁと思ったのは、みなさんじ〜っとポップ(値札&解説)を丁寧に読んでいくこと。とても説明しがいのある質問をしてくださる方もいて、本当はもっと丁寧に、それも音を聴きながらご説明するとよく分かるのですが、なにせ1-2分に1点のペースで物品が売れていくので、二人で仕切っているとはいえ言葉を吟味して何かをお伝えする余裕はなく、せっかくの機会なのに、中途半端な答えしかできず自分の中で消化不良。
 イベントというより、アイスランド音楽を聴きながらゆっくりお話をするお茶会のようなものをやれないかと思っています。そうであれば、何人かのアーティストを取りあげて、じっくりとお話したり、聴いたりすることができるから。
 
 じっくり解説ということではなかったにしても、今回はDJががんばっていい選曲をしてくれたし、そのセットリストも印刷して配布され、それを見れば「へぇ、こんなアーティストがいて、こんな曲をやってるんだ」というのが分かるようになっていました。その半数は物販で入手できたので、セットリストを指さして「この曲って、どのアルバムですか?」という人も。
 
 という風に音楽を中心に時を過ごした人もいれば、大使館の協力でいろいろな資料を置くことができたので、資料や写真集に目を通して情報をインプットしていた人も少なくなかったとか。そうそう、この日のスペシャルなお土産は、何とDVD!! 愛知万博のVIP用に制作したDVDがまだ残っているので、若い人にぜひアイスランドを知ってもらいたいという大使館のご厚意で、入場者全員になんとアイスランドのDVDがプレゼントされました!!・・・これだけで入場料の元が取れるというおいしいイベント!
 
 今回も本当においしかったぁ〜〜。DJでの第一部が終わると、次はお待ちかねのビュッフェ。アイスランドのイベントにはアイスランドのラム肉!もうこれっきゃないでしょう。前回の日本アイスランド協会の総会パーティに引き続き、今回も、想像しただけで唾液が出てくるとびきり上等のアイスランドのラム肉が出されました。DJの間にレストランで提供されていたサンドイッチのサーモンもアイスランド産。
c0003620_9493814.jpg スーパーで売っているようなラム肉ではありません。グルメ系のレストランや一流ホテルに食材を卸している会社が選りすぐった食材なので、全くレベルが違う味。というか、これぞアイスランドのラム!という味。肉は豚でも牛でも、それぞれに香りがあり、ラム肉もあります。それがキツイと獣臭になり、ラム肉は臭いのが多いし、私も元来はラム肉が苦手。でも、アイスランドのラムは香りがいい〜〜〜ぃ。今回はリブとローストがあり、リブはアジアン・テーストな醤油ベースの味で、ちょっと甘めで、それがまたラムによくあっていました。ローストは脂身がカリカリっとしていて、この脂身が美味しかったなぁ。柔らかくて箸でも切れるのに、しっかり歯ごたえもあり、酸味の利いたフルーツソースとも合っていて、「あぁ至福の時だわぁ」状態。
 食べ物の話ばかりになるけれど、食材をご提供いただいたのはアイスランド産の素材だけではなく、フランスのエスカルゴ(エシャロットとにんにくが効いて食欲倍増)やキッシュ(チーズ好きの私にはたまらない)、カモ肉まで!シェフの腕前と高級素材のコンビで、すべて非常においしかった(アイスランドじゃないけど、レベル違いにおいしいからオッケー)。鳥の唐揚げや春巻きのような、お決まりのビュッフェ食ではなく、これでもか!という高級食材ビュッフェで、2500円でこのビュッフェが食べられて、しかもDVD が付いてくるって、とってもお買い得!
 
 ビュッフェの時に、このブログの読者の方からお声をかけていただきました。と〜ってもうれしかったです。有り難う御座います!ものすごい勢いで食べ物をむさぼっていた時だったので、ゆっくりとお話ができず失礼しました。シガーロスのコンサートの時は空腹から低血糖になって途中で会場を出てしまうという失態をやらかしたので、今回は失礼して食べることを優先させていただきました。また、タイミングよく割合ゆっくりとお話できた方もいらっしゃり、今年アイスランドを旅行する予定ということなので、私が知る限りの裏情報(?)を披露させて頂きました。
 
 うれしかったと言えば、物販のところで自分が誰であるかを名乗ってくださった方々、有り難う御座います!!何度かメールのやりとりをしたことのある方ばかりだったので、そのメールの続きを本当はお話したかったです。たぶん、何時間でもしゃべれるくらいお話したいことがいっぱいの方がいらっしゃり、それでも、一瞬でもお目にかかることができて本当にうれしかったです。
 
 それから手前味噌ですが、レア盤も含めてあれだけまとめてアイスランドの音源を揃えているところはないので、捜している人にとっては「夢みたい」だったそうです。アイスランドには本当にいろいろな音楽があるので、それを知っていただきたくてクラシックも含めて持っていきました。そんなアルバムを実際に手にとって見て頂けたのは、とてもよかったと思っています。よほど珍しかったのか、4-5枚まとめ買いをする人が少なからずいてびっくり。アイスランド通貨は一時期よりも安くなったとはいえ、アイスランド盤はまだまだ高値なので、もっと手軽な値段でお聴きいただければと願っています。
 即売はネットショップ価格よりも随分と値引きしたものもあり、お買い得ではあったはずですが、そろえでも輸入盤は高い。日本盤が出ているアーティストは、日本盤の方が断然安いので、日本のレコード会社から仕入れるようにもし始めていますし、今月はそういった日本盤を御購入の方は送料無料とさせていただいています。
 
 いろいろな話が入り交じりましたが、忙しなかったけれど、アイスランドという国に興味のある人々が集まった楽しいひとときでした。
 
 Takk fyrir(敬称略、順不同): ご参加くださったみなさん、主催者の若者、お手伝いしてくれた若者、計算の弱い私を助けてくれた物販の若者、おいしい食材提供のシンポフーズ、おいしいサーモン提供のアイスランディック・ジャパン、ご協力いただいたUPLINK、資料提供していただいた駐日アイスランド大使館、快く後援をしてくださった日本アイスランド協会。関係各位、本当にお世話になりました。有り難う御座います!!(小倉悠加)

  アイスランドの音楽SHOP、日本盤購入で送料無料!↓バナーをクリック!
c0003620_13213440.gif
c0003620_0434512.jpg
[PR]
by icelandia | 2006-05-09 10:02 | News | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム