execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ビョーク日本ツアー・セットリスト&雑記
 いつも ICELANDiaブログをお読みいただき有り難う御座います。以下は、個人的な雑記なので、セットリスト(演目)のみ見たい方は、少しスクロールしてください。下の方にあります。For Volta Japan tour setlists, scroll down this blog a bit, you will find it. Don't go too far.

 念願の初ビョーク・ライブに行ってきました!セットリストは異なっても2-3曲だろうと思って武道館1日分しか行かなかったら、7曲も変わっていて、後から泡吹きました。無理しても2日間行くべきだった・・・・orz
 武道館のポピュラー系コンサートに通ってン十年以上になるけれど、こんなにセットリストを変えたアーティストは初めて。たぶん、ビョーク自身が飽きないようにということなのでしょう。うーん、ビョーク・・・(意味不明)

 彼女のパフォーマンスはDVDやyoutubeでかなり見ていたけれど、やっぱり生ですよねぇ、ライブ。それに、今回のツアーはすごく「かわいい」!。ティーン・アイドルでもないのに、みんなに「かわいい」と思わせてしまうところがスゴイ。彼女はありきたりなセクシーや美形路線は念頭に全くないのでしょう。「自分をいかに表現するか」ということだけで。
 それが我々には「かわいい」と目に映るところがすごく得かも。オリエンタルな顔つきなので、日本人は特に親近感を感じるのかもしれません。

 そのライブの写真を掲載したいところですが、日本公演の写真は私も撮れないし持っていないので、主催者であるSmashのブログをご覧ください。
 ビョークのステージ写真はここにあります。

 ちなみに私はシガーロス結成10周年記念パーティの時にレイキャヴィクでビョークと遭遇していますが、ライブを生で見たのは今回が初めて。ファンとしては後発組です。

ビョークとアイスランドと雑感
 
 南国の島々の土着系の音と雰囲気を巧みに取り入れた最新アルバム『Volta』のツアーではあったけれど、演奏曲目を見ると『Volta』&グレイテスト・ヒッツであり、実際はみんなが大好きな『Homogenic』の曲が一番多かった。楽しく歌い飛びはね踊って、ファン・サービスというよりも、本当にうれしそうに歌っていたのが、私もうれしかった。

 なんでも、「アーティストとして初めてレスペクトされていることを感じたのが日本に来た時」だそうで。そういう日本のファンに対してのビョークからのレスペクトでもあったことでしょう。

 個人的にはビョークにアヴァン・ギャルドな音を聴かせてほしいので、彼女が踊っても踊らなくてもどちらでもよく、逆にもっと踊らないでストイックな感じにしていた方が、アーティスト然とするのではと思うほど。お客さんの喜ばせようというサービス精神と、彼女自身が音楽ファンだから、やっぱりポップっぽいノリの曲は楽しくてのっちゃうところがいい。私もずっと踊っていたクチだし。楽しかったです。自然体という言葉に尽きるのかもしれません。
 大げさなギミックは無用とはいえ、炎ボワァッとか、蜘蛛の巣シャラ〜とか、紙吹雪ヒラヒラもお祭り騒ぎで面白かったし、そんな華やかな雰囲気を素直に楽しみました。

 衣装に関しては、ビョークなのでビョークです(笑)。趣味がいいとかそういう次元の人ではないので、全般的な雰囲気が「かわいい」ということでよろしいのでは(でも、歌っている時はひたすらカリスマ)。バックのブラス隊の女子も含めて、バンダナを巻いているかのようで実は全部メイクというのも面白かった。バックの10本の管楽器はオール・アイスランディック女子のワンダーブラス(Wonderbrassって二重三重に掛詞?)で、やっぱり可愛く美形が多かった。

 大量の生楽器と、最先端の電子楽器が違和感なく融合していたことは、音楽雑誌等で詳しく書かれることでしょう(TENORI-ON欲しい!)。あまりにも巨大になってしまった国際的な超一流アーティストだけれど、ビョークはいつでもどこでもアイスランドなんだなぁと思わせるところがここかしこに。武道館の一日目はVokuroがアイスランド語曲、私が見た二日目はAnchor Songの二番がアイスランド語。

 そしてこの日はマーク・ベルの誕生日で、ビョークが歌う「ハッピーバースデー」のアイスランド語ヴァージョンが聞けた。超レア!そうか、私が初めてアイスランド語のこの曲を聞いたのは、それこそビョークに初めて遭遇した時のことで、シガーロスの”10歳”のお誕生会のことでした。なんだか奇遇。

 「みんなでハッピーバースデーを歌いましょう。私はアイスランド語で歌うから、みなさんは日本語で」と言われても、この曲の日本語ヴァージョンってあったっけ?

 印象に残ったのは何だろうか・・・。あの曲もこの曲も、それぞれ素晴らしかったけれど、個人的な思い入れの強い『Vespertine』からの「Unison」は感激だったし、「Cover Me」で芝居がかったビョークを見られたのもうれしかった。「Hyperballad」でいきなりLFOになったのは驚いたけど超かっこいいし、そこから「Pluto」のつなぎは圧巻・・・というのは誰もが感じたことでしょう。

 アンコールはアイスランディック女子のブラス隊に囲まれての「Anchor Song」をしっとりと歌い、その後はコソボ独立を言及しての「Declare Independence」。この内容は、かつてのアイスランドにも当てはまることで、 ビョークの父親が生まれた年がアイスランドが独立した年でもあり、 他人事ではないのでしょう。なので、行く先々で、独立を応援するいろいろな国の名前を言及しているそうです。日本にいると”植民地”と言われてもピンとこないけれど、日本のようにどこの植民地にもなっていない国の方が世界では稀な存在。
 独立を勝ち取った後、アイスランド国民として何をアイデンティティに生きればいいかを初めて迷ったのがビョークの世代だということを、何かのインタビューで語っていましたっけ。

 武道館初日2月19日は、その2日前に独立を宣言したコソボ独立を祝って、何度も「コソボ!」を連発したけれど、22日は最初にコソボの名前を一度叫んだだけ。なんでも、19日の東京での「コソボ!」連発が即座にセルビアの耳に入ったようで、その夜ビョーク側にセルビアから連絡が入り、セルビアでのコンサートがキャンセルになったことが告げられたとか。主催者側の説明によれば、社会が不安定であるため、コンサートの観客の安全が保証できない、と。

 それから、毎曲ごとに「アリガト」と言ってたのが、これも可愛かった。それも、普通に「アリガト」と言ったり、ささやくような早口での「アリガト」だったり、一度はごく日本語っぽく「ありがとう」というのも。
 ノドの調子がイマイチなのか、いつもそうするのか、ハチミツ(?)を舐めていたり、保温カップで必ず何かを一曲毎に飲んでいましたね。風邪や酷使してノドを痛めているというのではありませんように。最初の数曲は、武道館のミックスのせいか、どことなく声がイマイチだったような・・・。3-4曲目あたりから、ガンガン声は出ていました。

 今までは娘イラドラが幼かったためあまりツアーに出ず、この9月から彼女は小学校にあがるため、また少しの間長期ツアーに出るのは難しいだろう、と。その合間を縫ってのVoltaツアーであり、久々のツアーなので非常に楽しんでいるということも。

 初の生ビョークは、あまりにも期待が大きく、セットリストを見て号泣した割には、本番はかなりアッケラカンと見たかもしれません。武道館に向かう前は、ドキドキソワソワで、好きな男性と初めてのデートに出かける前のような心境。マジにそんな感じでした。少々ジワリときたのは「All is Full of Love」から「Unison」のあたりで、「Hyperballad」はノルか泣くのどちらかにしようと前者に徹底。かなり現地爆発したので、気持ちよく楽しんで、なんだか後はスッキリしました。翌日は足腰が痛くなるかと思ったら、そのようなこともなく、なんだか私・・・・元気。
***

Bjork『Volta』日本ツアー 、セットリスト
Bjork [Volta] Japan tour setlist


2008年2月19日(火)日本武道館
 Feb. 19,2008 @ Nippon Budokan
01. Intro - Brennið Þið Vitar
02. Earth Intruders
03. Hunter
04. Aurora
05. All Is Full Of Love
06. Pagan Poetry
07. Unravel
08. Vertebrae By Vertebrae
09. Jóga
10. Desired Constellation
11. Army Of Me
12. I Miss You
13. Five Years
14. Vökuró
15. Wanderlust
16. Hyperballad
17. Pluto

encore
18. Oceania
19. Declare Independence

2008年2月22日(金)日本武道館
 Feb. 22,2008 @ Nippon Budokan
01. Intro - Brennið Þið Vitar
02. Earth Intruders
03. Hunter
04. All Is Full Of Love
05. Unison
06. Immature
07. Vertebrae By Vertebrae
08. Jóga
09. Hope
10. Desired Constellation
11. Army Of Me
12. Bachelorette
13. Who Is It
14. Cover Me
15. Wanderlust
16. Hyperballad
17. Pluto

encore
18. Anchor Song
19. Declare Independence

2008年2月25日(月)大阪城ホール
 Feb. 25,2008 @ Osaka Castle Hall
01. Intro - Brennið Þið Vitar
02. Earth Intruders
03. Hunter
04. Pagan Poetry
05. Immature
06. Undo
07. All Is Full Of Love
08. Pleasure Is All Mine
09. Hidden Place
10. Desired Constellation
11. Army Of Me
12. I Miss You
13. Who Is It
14. Vökuró
15. Wanderlust
16. Hyperbalald
17. Pluto

encore
18.Oceania
19.Declare Independence
***

アイスランド語のハッピー・バースデー・ソング
Happy birthday song in Icelandic
 「Happy birthday to you」と同じメロディ
Hun a afmaeli i dag
Hun a afmaeli i dag
Hun a afmaeli hun, 名前
Hun a afmaeli i dag



ICELANDia独占?アイスランド人だけが知るビョーク
c0003620_23452611.jpg『Hvit eg borg og baer』
 アイスランドのクリスマス・ソング集。ビョルク・グズムンズドッティル参加。ン?ビョークのことです。このアルバムしか収録されていない曲が一曲。子供を食べてしまう怖いグリーラおばさんの歌で、これが芝居がかった歌が上手なビョークにぴったり! ICELANDia音楽ショップで御購入できます。


c0003620_23461951.jpg『GREINILEGUR PULS』
 ビョークが敬愛するMegasの2枚組ライブ盤。ビョークがバック・ヴォーカルを務めるメガスのアルバムは他にもありますが、このライブ盤が一番ビョークのヴォーカルが顕著。デュエット曲のような感じのものもあります。 ICELANDia音楽ショップで御購入できます。在庫少

***

 It was really great to see you perform in Japan, Bjork. It was awesome! Thanks for bringing your tour and I hope your whole group enjoyed being here as much as we enjoyed your performance. (小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  ビョークの故郷アイスランドの音楽を↓







  
 ビョークが愛する自然をシルバー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-02-25 23:49 | Pops | Comments(11)
ビョークとアイスランドの国内ちょいニュースあれこれ
 最近の ICELANDia ブログは日本国内でのアイスランド関係の話が続いていましたので、今日はアイスランド国内でのニュースをいくつかまとめて。

 と、その前にビョーク!!!私は明日(22日)に行く予定ですが、前日のセットリストを見て泣きました。マジに。セットリストだけ見て泣くヤツもいないだろうと自分で突っ込んだものの、見れば見るほど、想像すればするほど感動します。異常です。認めます。お薬ください(笑)。
 なので、実際明日武道館で号泣して周囲からヒンシュクを買わないよう、ネタバレでも何でもいいからブログなどを読みまくり、事前に感動して泣いておき、当日は冷静に(あり得ないが)見られるようにしたいと思っています。

 ちなみに駐日アイスランド大使ご夫妻と娘さんは19日に既にご覧になったようで、みなさん口を揃えて非常によかったと絶賛。たまたま武道館公演初日の翌日、大使館でのパーティのお手伝いをしたので、おいしい残り物にありつき、その時にお話する機会がありました。

「大使といっしょならバックステージに行けるかと思って、実は同じ日に行きたいと狙っていたんですけどね」
「いや、バックステージ・パスは貰えなかった」(残念そう)
「私なら、”私はアイスランド国家を代表する大使で、ビョークは我が国を代表するアーティスト。ぜひ挨拶を”って、ゴネますけどね」
「君ならやりかねないね(笑)」

 でもきっと、在日アイスランド人であれば、誰かしら知り合いは内部にいたでしょうから、バックに入った人も少なくなかったのでは。それよりもセットリストを見て、19日も行かなかったことを激しく後悔。やっぱり次回は全公演(少なくとも東京は)だな。
***

   今年に入ってからのアイスランド・チョイ・ニュース

ししゃも禁漁ショック!
 アイスランドはタラの大国です。そしてアイスランドは外貨獲得の70%近くを漁業に頼っています。しかし最近のリサーチ結果によれば、日本へ多く輸出しているししゃもが近海にほとんどいない・・・。
アイスランド現地ではししゃもは人間の食べるものではなく、タラのエサです。なのでアイスランド国内の食用での需要はほとんど無いとはいえ、ししゃもがいないということは、タラが危ない。タラは国内で一番重要な魚なので、国内にショックが走っています。

 日本への輸出を多く占めるとはいえ、ししゃもの外貨獲得高は漁業での外貨獲得の20分の1程度なので、ひどいダメージではないとはいえ、それでもショックですよね。
 なにせ『In Cod We Trust/我らタラを信じる』なんてアルバム・タイトルが出てくる国ですから(これはアメリカのコインに刻まれている「In God We Trust/我ら神を信じる」のパロティです)。

ボビー・フィッシャー死去
 チェスの元世界チャンピオン、ボビー・フィッシャーが2008年1月17日、レイキャヴィク国立病院で死亡。享年64歳。
 アメリカ国籍の彼は92年に経済制裁下のユーゴスラビア(現セルビア・モンテネグロ)で行われたチェスの対局で賞金約3百万ドルを稼いだことで、制裁違反の罪に問われていた氏はアメリカへ帰れば犯罪人。日本滞在中にパスポートが切れて日本の入国管理センターに収容され、アイスランド政府が本人の希望を聞き入れてアイスランドの市民権を与えることで、氏はアイスランドへ。それが約3年前のことでした。
 アイスランドの国民はチェス・チャンピオンとしてのボビーを敬愛し、その他のことは個人の問題として気にせず、日本の留置場からアイスランドへ移った時から、彼を暖かく見守ってきたそうです。 腎臓を患っていて、西洋医学を信じない彼は患者として非常に扱いにくかったと病院関係者は話しているので、もしももっと西洋医学を信じて任せていれば、もう少し長生きしたのかもしれません。葬儀は2月14日でカソリックとしてレイキャヴィク郊外の墓地に埋葬されたということです。
 下世話ですが、彼には日本人のフィアンセがいて、フィリピン女性との間に7歳の女の子がひとり。遺産相続の件が話し合われているということもチラリと耳にしています。何事もスムーズにいきますように。心よりご冥福を祈ります。
 
   
 禁煙条例の禁を破ったバーのオーナーを告訴
 2007年6月から室内全面禁煙に踏み切ったアイスランドですが、さすがに冬に外でタバコを吸えというのは酷なのか、レイキャヴィク市内のいくつかのバーやクラブで規則違反が目立ち始めています。一定のルールを守れば室内での禁煙オッケーのマイ・ルールでの違反をしているところもあれば、あまりにも気候が悪い時だけ、そっと内緒で吸わせているところもあり、その内容はバラバラでも、規則違反には変わらないため、今後どうなっていくかが興味深い。

アイスランドはやっぱりEUに加入しない?!
 ホルデ首相が最近行ったインタビューによれば、アイスランドはEU未加入である方が経済発展のためによいとしたそうです。この件は、首相が代わる度に意見が違うんですよねぇ。
 ハーデ首相の主張ももっともで、現在は欧州経済領域(EEA)に参加しているため商品、サービス、人、資本等の自由な移動が保証されているため、実質的にはほとんどEUの恩恵を受けているといえます。同時にEUに加入していないことにより、中国やインドなどの現在急激に経済成長する国々とも自由に話し合いができることから、それが大切であろうと。
 記者が「それで、EU加盟にイエスなのですか、ノーなのですか」と迫ると、「今期は意志決定しない」と言ったそうで、どこの国でも明言は避けるものなのでしょうか。

ビール値上げ!
2008年3月1日から、アイスランド国産ビールが値上がりします。どの程度値上げされるかは、当日になってみないとわかりませんが、原料の高騰が原因だということ。それから、海外になりますが、カールスバーグも値上げされるそうなので、日本のビールもそのうち・・・。

世界初のヒツジ・サイト、オープン!
 羊やヒツジ関係の製品を売買するサイトがアイスランドにオープン。ありそうで無さそうなサイトで、これが世界初だそうです。
 日本で言うオーナー制度のようなもので、ヒツジの里親になったり、雌羊を購入してどの雄羊と交配させるかを選択したり・・・(変な趣味に走りそう?!)
 http://kindur.is/がそのサイトですが、アイスランド語だけなので、さっぱり理解できない。どうやらこちらのページが、売りに出されているヒツジさんのようです(あくまでもそのように”見受けられる”ということでお願いします。アイスランド語勉強中・・・悲)。
 
***

 
 レイキャヴィク中心街の古い建物があれからどうなったかというレポートが見つけられないので、ちょっとヤキモキしています。どうなったか・・・。
 とにかく明日のビョーク、すごく楽しみです!(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  ホワイトデーはアイスランド音楽で!↓







  
  自然をアイスランドのデザイナー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-02-21 23:31 | News | Comments(0)
ガイドブックよりも参考になる?!抱腹絶倒&涙のアイスランド紀行マンガー
 バレンタイン・デイの今日,ICELANDia のブログはアイスランド紀行マンガのご紹介です。その前にアイスランドとマンガといえば、思い出すのは数年前んにアイスランドで、「日本文化」についてのラジオ・インタビューを受けた時のこと。

 なぜアイスランドに興味を持ったのか、日本ではどんな事が流行っているのか等々の質問の後、
 「あなたはマンがーをどう思いますか?」という質問。うーん、こうして文字にすると何が問題なのか分かりにくいかと思いますが、「マンがー」が何かが分からなかった。マジンガーZのジをとって、マにアクセントを置いて「マンガー」と読む発音がそのもの。英語のManにガーを付けても同じです

 質問の意味が全く理解できず、「もう一度」と尋ね直し、それでも「マンがー」なるものが分からない。

 「すいません、マンがーって何のことでしょう?」
 「マンがーは日本の言葉のはずですが」

 え〜〜、そんなぁ〜〜。私、生まれも育ちも日本ですが、マジンガーZなら知ってるけど、マンガーっていうのは知らない。なので、もっと詳細を尋ねると。

 「マンガーとは、日本人なら誰でも知っている言葉だと思っていました。カートゥーンの一種で・・・」の「cartoon」でピンときました。そうか、マンガね、漫画。それなら、お手の物です。少女漫画を読み漁った時期がありますから。マーガレットやリボンの創刊って、私の時代だもん。

 という前振りは本日の話題にはほとんど関係ありません。が、アイスランドへ行き、日本のポップ・カルチャーの話になり、「マンガー」なる単語が出てきたら、「漫画」だと思いましょう。それも「マ」に強いアクセントがくる「マンガー」です。
 それでは本題に・・・・。このマンガ、本当に面白いですよ!!
***

    行ってきました!!!
     親子でアイスランド プチッと探検親子編

           by ぺっぱー VIVIO

c0003620_22345860.jpg 2歳に満たない小さな子連れで、どんな風にどれだけ驚異的に楽しんでしまったか、という漫画。実体験に基づいてというより、2006年9月アイスランドを旅行した記念に描いた作品なので、実体験そのものですね。

 作者は同人誌で活躍のペッパーVIVIOさん。自分はぜ〜んぜん行きたくなかったけれど、友達からうらやましがられて行く気になり、心配していた子供のことも無事に切り抜け、アイスランドへ到着してあれやこれやとドタバタしながらも、最後はとっても感動的。

 道中のこと、食べ物のこと、物価のこと・・・などなど、旅行者として、特に小さなお子さん連れだと、知りたいことが沢山詰まっています。
c0003620_22352994.jpg アイスランド旅行をお考えの方にはとても参考になることでしょう。旅行ガイドブックではないため、あれもこれも網羅されているわけではありませんが、子連れでも子連れでなくても、イメージとしてアイスランド旅行がどんな感じなのかは、かなり正確に掴めると思います。 事前にあれこれを知っておくことは大切なので、ガイドブックや参考になる文献が少ないアイスランドですから、マンガとして楽しんで、しかも実用ガイドとしても参考になり、かなりお勧めです。
 
 初めて読んだ時、涙を流して笑い、身につまされて納得し、とても面白く読むと同時に、旅行の参考にもなるなぁと思い作者に連絡を入れました。私のお願いを快く聞いていただき、みなさんにご販売できるようになりましたので、ご興味ある方はぜひ手にとってお読みください。楽しいし面白いです! ICELANDiaショップのここにあります。
***

 それにしても寒い毎日が続きますね。私が住む横浜の最低気温が、今週はだいたいゼロ度とか2-3度のようです。アイスランドの冬の平均気温がゼロ度程度なので、朝晩の冷え込みがアイスランドの冬だと思えば、それほど外していません。ーーーって、案外暖かいと思いませんか??!! (小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  バレンタインにアイスランド音楽はいかが?↓







  
  自然をアイスランドのデザイナー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-02-14 22:49 | News | Comments(4)
話題の映画『フローズン・タイム』にアイスランドのバングギャングの曲が!
 本当は実際に映画を見てから書きたかったのですが、その時まで待っているとタイミングを逃してしまいそうなので、ここに軽くご紹介しますね。

c0003620_16225795.jpg 1月末から渋谷Q-AXシネマで公開中の映画『フローズン・タイム』に、バングギャングの楽曲が使われています!

 というか、映画の中で非常に印象的な使い方をされており、映画の公式サイトでもそれが、たっぷりと流されています。バルディ・ヨハンソンのプロジェクトであるバングギャングや、バルディのことについては、以前にここここで書いていますので、興味ある方は遡ってお読みくださいね。

時間が止まった世界。
ボクの恋は加速する。

 ・・・というキャッチの映画『フローズン・タイム』はアカデミー賞短編実写賞にノミネート作品『Cashback』を長編映画化したもので、監督はスティール・カメラマンとしてもキャリアを積んだショーン・エリス。ストーリーはガールフレンドに降られたことがきっかけて不眠症に陥り、不眠になった時間をスーパーの夜勤で売る(キャッシュバック)ことになり、そこから起こる三角関係のラブストーリー。・・・と私が書くと陳腐ですが、映像はきれいだし、やるせなく甘酸っぱい想いが予告編からも伝わってくるので、詳しくはぜひ公式サイトをご覧ください。
 『フローズン・タイム』公式サイト http://www.frozen-time.jp/

『サムシング・ロング/バングギャング』ISLP-1001  
c0003620_15323057.jpg
 そしてこの映画に印象的に使われているのが、 ICELANDiaのアーティストであるバングギャング。アルバム『サムシング・ロング』の一曲目「インサイド」が映画に大きくフィーチュアされています。

 この曲の評判がすこぶるよく、お客さまから問い合わせがあったため、劇場側で発売元の ICELANDiaを探し当てて連絡をくださり、それで私自身も知るところとなりました。

 せっかくの機会なので劇場側とも相談し、ひとりでも多くのみなさまにお聞きいただけるよう、渋谷の大型音楽ショップよりもお安く劇場(渋谷Q-AX)でこのアルバムを販売中!
 これが結構話題になりつつあり、劇場では非常によく売れて、最初は「XX枚送っていただければいいです」というのが、公開一週間後には「1箱(100枚!)送っておいてください」という言葉に!

 また、この曲はJ-WaveのRadio DonutのHouse Mateというコーナー(9:10 - 9:40分の間くらい)で2月16日にオンエアー予定なのです!!

 何とか時間を作って、今週中には一度映画を見たいと考えています。それから、このアルバムはもちろん ICELANDiaの音楽ショップでも入手可能。こちらにあります。クオリティの高い作品なので、アルバム全体をぜひお楽しみください!
***

 今年のアイスランドはとても寒く、現在はドカ雪の嵐であちこちの道路が閉鎖中。先日ウィンター・フェスティバルが開催となり、来年は光りと食の祭典であるこの時期にツアーでも組んで行こうかと思っていたので、さてどうしましょうか。
 ICELANDiaと旅行代理店の共同企画は現在サイトを制作中。かなりゴージャスなサイトになる予定で、私自身オープンをとても楽しみにしています。

 しかしアイスランドでドカ雪とは・・・。春になったら行く予定なのですが、その頃までに道路がまともな状態になっていますように! (小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  バレンタインにアイスランド音楽はいかが?↓







  
  自然をアイスランドのデザイナー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-02-10 16:27 | Pops | Comments(8)
アイスランド人が日本の少子化対策に立ち上がる?!無料ご招待です!
少子化にあえぐ日本を救うため、アイスランド人が立ち上がった!

 ーーってどういうこと?と思われるかもしれませんね。本当にそうなんです。世界各国で大人気の劇場劇『ーDefending the ーCaveman(愛しのケイブマン)』が遂に日本上陸。それはアイスランド人プロデューサーの大活躍によるもので、彼は自分の息子のルーツの一部でもある日本の少子化を杞憂しているのです。

 それで、日本でアイスランドといえば、 とにかく ICELANDia。来日中のプロデューサー氏がアイスランドへ帰国する前夜の2月2日、やっと会うことができました。その話の前に、『Caveman』の無料招待情報ををまずどうぞ!

***
ブロードウェイ・ワンマンコメディ☆ケイブマン☆
特別無料公演決定!
お友達、ご家族を誘ってぜひどうぞ!!


男女の違い・勘違いをユーモラスに描いたブロードウェイ史上最高ロングランコメディの『ケイブマン』が日本に上陸!4月からの有料公演に先立ち、とにかく見ていただきたく特別無料公演を開催します! 損はさせません!笑わせます!
c0003620_152821.jpg

公演スケジュール
2月4日(月)タワーホール船堀
2月5日(火)築地ブディストホール
2月15日(金)恵比寿ガーデンルーム  <--私はこの日に見に行きます。
3月5日(水)浜離宮朝日ホール
3月12日(水)北とぴあ
3月19日(水)新宿シアターサンモール
3月21日(金)アミュー立川
3月25日(火)タワーホール船堀
 無料チケット予約は公式サイトからできる他、代表者のフルネームと参加人数を明記の上、ticket@caveman.jpへメールを出してもオッケー。

*各会場で上演時間が若干異なる他、託児付きの公演もあるので、詳しくは以下の公式サイトでご覧ください。
www.caveman.jp

世界各国で大人気。男女の勘違いを描くホロリと心あたたまるコメディ
Cavemanはこんな風に始まったそうです。
 ーーアメリカのコメディアンが男女の違いを調べたところ、その傾向は原始の時代の役割分から来ていることを発見。それをコメディにしたところ大ウケだったので、オフブロードウェイに持ち込んだところ、劇場の空きが無いからと断られた。 そしたらちょうどその時オフじゃないほうの本格的なブロードウエィで空きがある!やる?・・・やる!

 蓋を開ければロングラン!アメリカ国内各地で複数の人がケイブマンを演じて、各地同時公演勃発。世界各地で上演されるようになり、現在では2カ国で上演されるほどに。各国でウケた。宗教が違ってもウケた。

 人間であれば誰でも面白いと感じてしまう話。結婚してる人。同棲してる人。恋人がいる人。恋人がいないけど、恋人が居たことがある人。恋人がいた事がないけど、異性と接したことがある人。異性ってのがいるってのを知ってる人。 最近うまく行ってないカップルなどが観た場合、手をつないで帰れる恐れがあります!?!
***


ニューヨークはブロードウエイでの劇がなぜアイスランド人の手で日本へ?
なんだか不思議ですよね。ニューヨークで超ロングランになったコメディなので、普通アメリカ人の大プロデューサーなんからが日本へ持って来ちゃいそうな感じですが。
 でもアイスランド人なんです。アルニ・ソールさんは若き成功者で、まずはアイスランド国内の劇場劇等のエンタテイメント関係の制作を手がけ、それを足がかりに、アイスランド初の無料テレビ(購読しなくても見られるテレビ=日本ではNHK以外がそれに当たります)を作り大成功。若き成功者です。
 彼はCavemanのチラシをたまたま目にして、面白そうだと思い、北欧諸国での上映権を買い取り、北欧で大成功を納めたところ、フと気づくと誰も日本でこの劇を上演していない。
 
 そしてこのアルニさんの奥様というのが、アイスランドで大活躍しているテレビ・キャスターである日氷の混血女性で、二人の間に生まれたお子さんは、フジオ君。「フジオのフジは富士山の富士」というほどの日本びいきで、息子を通じて日本人と血縁関係にあるってことですね。

 「日本とすごく縁が深いし、日本って今は少子化で悩んでいるだろう。アイスランドなんて今やベビーブームだ。ベビー作りには、男女が仲良くしなくちゃダメだし、このコメディはその男女の考え方の違いや誤解を面白く描いて、最後には仲良くしようねっていう、心温まるメッセージが満載だから、ぜひ見て欲しいんだ。そしたら少子化にも寄与できるかもしれないからね」ということ。

 10月に日本で初上演された際、私はアイスランドへ向かっていて見れず、実は1月30日に大々的なプレミアがあり、しっかりと予定には入れていたものの、あまりにも忙しい時期と重なり最後の最後に断念。「ごめん、どーしても行けそうにない」とメールを出したところ、「2月3日の日曜に帰国だけど、その前になんとか会えないか」というので、帰国ギリギリ前の2月2日の夜、お会いすることになりました。

 アイスランド人コミュニティというのは、本当にファミリーなんだよなぁ。・・・というのも、アルニ氏に会ったのは初めてだけど、奥様には数年前アイスランドでお会いしていました。日本国内で強力にアルニ氏を助けている日本女性がいて、彼女の夫はアイスランド人。彼女に会ったのも昨日が初めてだけど、彼女の旦那様にも数年前にお会いしていました。そしてとにかく、アイスランド人であれば誰でも何かしてあげたいと心から思ってしまう私。

 それから、結局みんなで食事をということになり、その場にはこの劇の演出を手がけるマイケル・ネイシュタット氏も加わって、(若干下品なのも含めて)冗談勃発のとても楽しい時間を過ごしました。

 内容は男女の違いを面白おかしく描く一般的なもので、アイスランドには直接関係がありませんが、アイスランド人が日本の少子化を心配して(?)この劇を日本に持ち込んだというが私にはキモ。

 首都圏近郊にお住まいのみなさん、このアイスランド人の心意気を受け止め、ぜひ無料公演においでください。
4月以降は有料公演になりますが、地方も含めてこの『Caveman』が日本を席捲していく予定です。でもって、少子化にも歯止めが?!(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  2008年も音楽をアイスランドから↓







  
  自然をアイスランドのデザイナー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-02-04 01:09 | News | Comments(7)
ピースボート、7月にアイスランドに初寄港!というトークの場を有り難う御座いました
 いつも ICELANDiaのブログにお寄りいただき有り難う御座います。。

 昨日はピースボートのテラコヤでアイスランドの話をさせていただきました。
 テラコヤは満員御礼状態。多くの皆様にお越ししただき、本当に有り難う御座いました。また、そこでいろいろなお手伝いをしてくださったボランティアの方々、中心となって仕切ってくださったFさんとNさん、それから、上記プロデューサー氏との約束のため、その場で頂けなかったオニギリをお土産に持たせてくださったりと、いろいろと有り難う御座いました。オニギリ、すごく美味しかったです!あれ、全部玄米ですか?上手に炊けてましたね。感激しました。毎食食べたいくらい(笑)。
c0003620_1613429.jpg

 これをきっかけに、ひとりでも多くの方々にアイスランドを知っていただければと希望しています。機会があれば、ぜひまたお呼びくださいね!簡単ですが一言お礼まで。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  2008年も音楽をアイスランドから↓







  
  自然をアイスランドのデザイナー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-02-03 16:17 | News | Comments(0)
もしかして、Sirkusも救えるのか?!取り壊し前日、署名を持って市に直訴
 日本にいながら、北極圏に国土がかかる遠い国の、朽ちそうなバーの運命に一喜一憂するのもなんだか変だと思いつつ、やはりどーしても気になる。

 以前取りあげたSirkusの取り壊し予定が明日に迫るこの時に、Mr. Destinyが立ち上がりました!Mr.Destinyというのは、アイスランド最大の音楽フェスIceland Airwavesの主催者です。

 先週末には文字通りレイキャヴィク内の、アイスランド内の全てのミュージシャンが集まり、Sirkusで「壊すな!」のプロテスト・ライブを行っています。欠けていたのはワールド・ツアー中のビョークくらいのもので、シガーロス、ムーム、ムギソンといった国際的に名の通ったグループを始め、とにかくズラ〜っと延々と演奏が続いたそうです。ちなみにシガーロスはその翌日、レコーディングのためニューヨークへ。

 Mr.DestinyはSirkusの建造物が1917年の古い建造物であり、その上にアーティスト達の音楽文化における中心地としての価値が非常に大きいということをレイキャヴィク市の当局へ声明を出して訴えました。それから、Svavar Petur Eysteinsson(先日MUMと共に来日したSkakkamanageの中心人物)がアーティスト代表として約2千名の署名を市長に手渡しています。

 で、明日取り壊しというタイミングで声明を出すのかと思われるかもしれませんが、これに関しては現地在住の日本人の方から”アイスランド人の時間感覚とはそういうもの”ということを教えていただいています。

 私自身が少し付け加えれば、Sirkusには裏庭みたいなところがあって、そこでライブが行われたり、フリーマッケットがあったりと、何かと使い勝手もよかったので、取り壊しとはイコール裏庭も無くなっちゃうということなんです。

 音楽ファンにとっては、シガーロスやムーム発祥の地であり、ビョークの憩いの場でもあり、そういう場所が無くなってしまうのは、何とも寂しい。ビョークが2004年に作った「Triumph of a Heart」のPVの舞台がSirkusです。

 1980年頃、ボブ・ディランがデビューしたというニューヨークのFolk Cityというカフェに何度か足を運んだことがあります。60年代にはフォーク・シンガーの殿堂、メッカとして黄金期を過ごしたそのカフェも、80年代にはフォークは既に時代遅れで廃れていました。だから出ていたシンガーも特に印象的ではなかった。でも、くすんだ壁に囲まれた独特の雰囲気の中で、フォーク全盛時代に思いを馳せるのは楽しかったし、居心地がよさそうな雰囲気は充分に残っていました。そのフォーク・シティがいつ取り壊されたのかは知らないけれど、次に・・・80年半ばにニューヨークへ行った時には、もう無くなっていた。時代の流れとはいえ、寂しく感じたことをよく覚えています。

 で、Folk Cityは確かに廃れていた感がありありと出ていたし、周囲の新しいビルともミスマッチだったけれど、Sirkusは現在もみんなが大好きで利用している場所です。クリエイティブ・エネルギーの中心地として真っ盛りなのに、取り壊す?ピカピカのショッピング・センターの方が周囲とミスマッチだと思うけど etc etc。

c0003620_21455333.jpg 観光客の常連として、(ツアーを企画する)観光客の親玉として言わせてもらえば、Sirkusは残すべきです。古いものは全部残せと言っているわけでは決してないけれど、Sirkusは音楽ファンには超超重要なスポットなので、取り壊されたら大きな楽しみが減ってしまいます!いえ、百歩譲って取り壊してもいいです。でも裏庭付きで、同じようなものをまたあそこに建ててほしい。ピカピカのショッピング・センターだけはどーしてもイヤ!

 文科省大臣(左の女性)の「保存するよう文科相大臣として命令する」の一声が決め手になります。(小倉悠加)
[PR]
by icelandia | 2008-02-01 00:06 | News | Comments(7)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム