execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
遂に登場!ICELANDia共同企画、アイスランド旅行の決定版!
 
やっと ICELANDiaと旅行代理店共同企画のツアーの発表です!
文句なしにうれしい!!!



↓ ↓ ↓ まずはぜひ以下の旅行企画ページをご覧ください ↓ ↓ ↓ 

クリック ICELANDia x 時価旅 クリック

  ね! ね! ね!かなり良い感じでしょう!!!

c0003620_22274479.jpg

 今回みなさんにお届けすることになった『ICELANDia x 時価旅』は、アイスランド旅行企画の中で間違いなくピカ一です。
 なんといってもそれぞれのツアーに特徴があり、私自身の希望を多かれ少なかれ必ず盛り込んでいただきました。

*** ICELANDia x 時価旅企画の特徴***


ICELANDiaからプレゼントあり!
 ICELANDiaと時価旅の共同企画ツアーをお選びいただいたお礼の気持ちを込めて、ICELANDiaショップから音楽CDを1枚参加にもれなくプレゼント!どのアルバムかは届いてのお楽しみですが、現地のラジオから流れてくるメロディがわかったり、現地の人と話の種になったりという内容のアルバムをお届けする予定です(定価2500円前後)。

*担当者・企画者が無類のアイスランド好き
  この要素は大きいです。この担当者に出逢わなければ、これだけの企画は立てられませんでした。旅行代理店担当者や私自身が行きたい!と思えるツアーをご用意しました。それだけに内容も吟味してあります。

*これなら手軽に行ける!という抑えた価格
  昨今の物価の値上がりもあり、なかなか難しいところですが、お安くかつ充実した旅行をご用意することができました。ハッキリ言って自信アリ!

*趣味の世界を満喫できる楽しい企画
  ICELANDiaお得意のIcelandAirwavesツアー、それからジョシア・シバノさんのフォト・ツアーは、音楽ファン、アマチュア写真ファンに心から滞在を楽しんでいただけるよう、金額では買えない価値も含めて、あれこれと知恵を絞って企画しています。特にIceland Airwavesツアーは今年で3回目。座席は増やしましたが、売り切れ必至です。

*旅の前後も楽しい場を提供
  現時点ではIceland Airwavesツアーに限ってですが、mixiに参加者専用のコミュがあります。以前に参加した方々に質問したり、旅行中の行動を共に考えたり、旅行後のオフ会の連絡等々に使用したりと、現在もみな仲良く楽しくやっています(ツアー参加申し込み者のみ参加可能)。

 もちろんこれだけで終わりません。ツアー企画は常に現在進行形で、どうすればみなさんにもっと楽しんでいただけるか。アイスランドという国をよりよく知っていただけるかを常に考えて企画していきます。

 それで、時期が来ましたら、それぞれのツアーについてをブログでご紹介しますね!お問い合わせが大変に多いIceland Airwavesツアーに関しては、4月中旬に売り出し予定と担当者から聞いていますので、正式発表までもう少しだけお待ちください。
***


 アイスランドという国が大好きになり、文化全般や音楽の「勝手にプロモーション」を始めて4月で5年目に突入。書いたブログ記事も350件になりました。その間、 ICELANDia音楽レーベルやショップを立ち上げたとはいえ、ずっとワン・ウーマン・プロジェクトのままで、よくぞ潰さずに持ちこたえたとかなり感慨深いです。

 そしてさすがに継続は力なりというか、地道に活動してきただけあり、ブログも読者が増え、アイスランドに関するいろいろなご質問をいただき、ツアー企画により共通の趣味を持つ仲間が全国に増えつつあり、なんだかとても楽しくなっているところに、強力な旅行企画が登場して、本当にうれしい限りです。
 本当に行くとなると時間もお金も食いますが、サイトを見るだけはタダなので、ぜひ力作のこちらのサイトを見てくださいね。旅行企画らしからぬ(?)読み応えも見応えもあるものになっています。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif



         ICELANDia共同企画/アイスランド旅行の決定版! c0003620_22285641.gif




  旬のアイスランドの音楽を↓







  
 アイスランドのエコをシルバー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-03-28 22:50 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(8)
28日、銀座アップル・ストアでアイスランドの大自然を!
 パソコン(Mac)トラブル中で、気もそぞろな ICELANDiaでございます。なので、アップル・ストアのイベントはタイムリーかも?!

 明日(2008年3月28日)銀座のアップル・ストアで行われるイベントに、去年 ICELANDia企画のIcelandAirwavesツアーに参加した学生さんが発表します!
 その学生さんの発表内容はもちろんアイスランドで、音楽はビョーク!おぉ、モロだわぁ(笑)。アイスランドやアイスランドの自然に対する思い入れをたっぷり詰めた力作だそうです。発表は計18名なので、アイスランドは18分の1ですが、他にも素敵な画像が盛りだくさんということなので、お楽しみください。
 当日はアップル・ストアからのプレゼントもあるそうです。ぜひみなさま、金曜の夜を銀座アップル・ストアでお過ごしください!
***

「18人のPHOTOスライドショー 生」

多摩美術大学
PBL1-6 メディアデザイン研究プロジェクト受講生有志による
一夜限りのフォトスライドショー

c0003620_18401017.jpg

企画・監修 大野純一(写真家、多摩美大講師)

2008年3月28日(金)
17:00〜20:00
アップルストア銀座
入場無料

今回のスライドショーのテーマは「生」です。
メンバーそれぞれが受け止めた「生」をぜひご覧になってください。
"生"の読み方、教えます。


▼詳しい情報、メンバーの作品についてはHPまで!ブログ更新中!
パソコン http://pbl16photo.xxxxxxxx.jp/
携帯   http://pblphoto.xxxxxxxx.jp/
***

 ICELANDia 企画のIcelandAirwavesツアーといえば、4月半ばに発売開始になるそうです。アイスランド旅行のサイトやリンクもバッチリできました。それは今週末または来週早々、正式発表しますね!ぜひお楽しみに!!(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  旬のアイスランドの音楽を↓







  
 アイスランドのエコをシルバー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-03-27 18:43 | 日本の中のアイスランド | Comments(0)
2008年アイスランド音楽賞発表 / アマチュア・バンド・コンクール
 ICELANDiaブログにお越しいただき、いつも有り難う御座います。

 2008年3月18日アイスランド音楽賞が発表になりました!アメリカのグラミー賞などに比べればささやかな催しですが、この一年間の成果が何らかの形で見えてくる大切な賞です。

c0003620_22554389.jpg
 アイスランド音楽賞ってどんな感じなのかな?と思った方、以下のURLで、2時間スペシャルをストリーミングでフルに見ることができます。このファイルはたぶん、3月末頃までの限定だと思われますので、見たい方は早めにどうぞ。写真はストリーミング画面のキャプチャーです。


Íslensku tónlistarverðlaunin 2008(ストリーミング動画)
http://dagskra.ruv.is/streaming/sjonvarpid/?file=4401862

受賞者の一覧(アイスランド語)
http://islensktonlistarverdlaun.is/

第14回 アイスランド音楽賞受賞者発表

最優秀アルバム
 /オルタナティブ部門: ムギソン『Mugiboogie』
  ポップ部門: Megas og Senuþjófarnir『 Frágangur』
  その他の音楽: Ólöf Arnalds『 Við og við』
  ジャズ部門: Einar Scheving『Cycles』
  クラシック部門: Kammerkórinn Carmina『 Melódía』
 
最優秀パフォーマー
  多角的アーティスト ビョーク
  クラシック・アーティスト  Kammersveitin Ísafold
  ジャズ・アーティスト シグルズール・フロサソン
最優秀楽曲
  クラシック部門 Huga Guðmundsson(対象作品 Apocrypha)
  ジャズ部門 Agnar Má Magnússon (対象作品 Daboli)
  その他の部門  Snorra Helgason og Berg Ebba Benediktsson (対象作品 Verum í sambandi eftir)

最優秀作詞家 Bergur Ebbi Benediktsson(Sprengjuhöllin)
最優秀作曲家 Högni Egilsson (Hjaltalín)
最優秀女性ヴォーカル ビョーク
最優秀男性ヴォーカル Páll Óskar Hjálmtýsson

最優秀映像音楽 Petur Ben (対象映画『 Foreldrar』)
最優秀ビデオ
 Gísli Darri & Bjarki Rafn (対象作品 Mugison「The Great Unrest」)YouTubeの動画

最優秀新人 Hjaltalín
最優秀アルバム・カバー Mugison『Mugiboogie』

c0003620_22492163.jpg <雑感>この他特別賞が二つほどあり、音楽ファイル販売と人気者賞のどちらもPaul Oskarが受賞。Paul Oskarというのは80年代のディスコ野郎(もっとマシな表現はないのか?!)みたいな人で、国内で人気を誇ります。彼が4部門で受賞。その次に受賞が多かったのはMugisonとBjorkの2部門。

 Mugisonはレコード会社等を一切通さず、直販だけでニュー・アルバムを販売。売り上げの程はわかりませんが、アルバム内容の評価は悪くなかったようです。Mugisonの相棒としていつも演奏しているPetur Benも映画音楽で受賞。これは私もうれしかった。

 ビョークは授賞式には現れず、ビョークの変わりに賞を受け取ったのが元シュガーキューブスの仲間(上の写真)。最初の賞がドラマーのシッギで、次の賞がヴォーカルのエイナール。
c0003620_22495392.jpg 1月に母親になったOlof Arnaldsも受賞。シガーロスのキャータンのプロデュースでのアルバム『 Við og við』が対象でした。曲自体は2006年のAirwavesで披露されていたものです。久々に見た彼女はふっくらしていて、お母さんの貫禄。幸せそうでよかった。バックに写っている女性はRagnheidur Grondal。Raggaのアルバムは今年あたり出てくることを期待したいものです。
 新人賞のHjaltalin(ヒャッタリン)は妥当でしょう。個人的にはHrumでもよかった。個人的といえば、例えばMr.SillaやHellvarも素晴らしいのですが、年末年始に出てきたので、どうやらこれらは来年の受賞対象になるのではと思われます。
 あまり知識がないためさほど仕入れていないのがクラシックのアルバムですが、『Melodia』は素晴らしいと思ってショップにも置いていたら受賞。これもうれしかった。
 あれ?書いていて気づいたのですが、確かサミュエルソンのファンク・ビッグ・バンドも受賞していたような記憶が・・・・。ストリーミングを見ながら、「あぁ、あれは確かに楽しかったから、受賞して当然だなぁ」と思った覚えがあるので、なぜサイトに明記がないのか不思議・・・それとも私の脳内妄想?
 そんなところです。それにしても、海外の音楽賞の授賞式を見て、こんなに知り合いが多いって、あり得ない。そこが本当にアイスランドの面白いところです。来年は実際にあの会場で見てみた〜〜い!
***


 アイスランド音楽賞の3日前は、実はアイスランドのアマチュア・バンド・コンクールの最終日でした。
 アマチュアとはいえ、ここの優勝者はほとんどこの後CDアルバム・デビューを果たし、Airwavesで結構な人気を取り、そんな中から世界的なバンドがいつ飛び出すかと言われて出てきたのがJacobinarinaですが、ヤコビナリナ解散しちゃったんですよねぇ。残念。ビョークの息子シンドリが加入していたバンドも、数年前の優勝者です。今年の第一位であるAgent Frescoも、ぶっちぎりの音楽性です(まだちょっと荒削りだけど)。
 参加バンドは試聴ファイルを提供しているので、聴きたい場合は以下のサイトにアクセスし、「Dagskra」をクリック。Dagskraのページにズラズラっと出てくるのがバンド名です。そこからAgent Frescoを捜してクリックすれば、バンド・プロフィールの下にサウンド・ファイルへのリンクがあります。
 このページを見て分かると思いますが、「mars」というのは英語の「March」で、その前の数字が日付。ということは「15 mars」の下にあるバンドが、最終戦まで残ったバンドということになります。

Músíktilraunafréttir
  http://www.musiktilraunir.is/

 春分の日を迎えましたね。これから花粉が本格化すると思うと日本はちょっと憂鬱ですが、アイスランドは日照時間が長くなり、やっと暗い冬から抜け出せるというウキウキ気分でしょう。3月19日から一週間、イマジン・ピース・タワーが点灯されるそうです。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  旬のアイスランドの音楽を↓







  
 アイスランドのエコをシルバー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-03-20 23:03 | News | Comments(3)
チベットは独立国:Declare YOUR recognition of Tibet's independence
 基本的に娯楽の枠を出て思想問題が伴う物事は書かないのですが、これに関してはビョークの事件に関係なく書かずにいられない。一個人で収拾し得る情報は限られ、日本国内を含めて世界中に散らばる過去現在大小の不条理の全てに気を配ることはできません。 単なる自己満足は分かっていても、何かのきっかけで目につき、心を寄せたことに対して、何かをしたいと思うのが、ごく普通の人間ではないでしょうか。

 私にとってのそれが、チベットであり東チモールです。ふっと思い出しては、あちこちにネットサーフして、時々情報を見ていました。それは、少しの間会っていない友人がどうしているかと、そんな風に思うような感じと似ているかもしれません。

 非暴力を貫くチベット僧の平和的デモ(ハンストだったそうです)を阻止しようとして、結果的に暴動騒ぎにしてしまった中国側の声明や発表はスルーします。ダライ・ラマは中国がチベットにしてきたことを「文化侵略」であると表現していますが、私は実質的にチベットつぶしであり、大量殺戮(ジェノサイド)だと解釈します。事実、侵略時には120万人という信じられない大量虐殺が行われ、それ以外にも人道的にあり得ないことばかり・・・。考えれば考えるほど悲しくなり、胸が痛みます。

 胸が痛いのは、チベット人に対してだけではありません。中国人民に対しても胸を痛めるところです。約20年前天安門事件があのようになる前に、市民は軍を止めようと、兵士たちと話し合い、一旦心ある兵が引き上げたことがありました。その後、大殺戮が行われたことは歴史が物語る通りです。兵士とて人の子。人間としての心があり、どのような大義名分を提示されようと、一個人に戻った時、それは悔いる行為以外のなにものでもないことでしょう。

 軍に命令を出す中国政府高官は、「汚い仕事」は何もしません。実際に人を殺戮するのは雇われの身の兵士であり、例えばベトナムやイラン・イラク戦争に従軍したアメリカの帰還兵を見ても、アジア諸国で市民を殺した日本兵にしても、それぞれに心の傷を負います。ある人は、その気持ちを吐露し同じ過ちを繰り返さないよう世界に訴え、ある人は毎日悶々と悪夢に魘されているのかもしれません。そういう意味で中国人民もまた、中国政府の犠牲者のように、私の目には映ります。

 どちらにしても、殺戮を伴う争いに、勝ち負けはありません。国家という大枠では物事が見えにくくなりますが、個人レベルでは「負け」と「負け」しかないことでしょう。この「負け」とは、人間としての良心に従えず、国家の不条理な命令に屈した「負け」です。そういう意味では、チベットは「勝ち」なのかもしれません。非暴力を貫き、自分たちのアイデンティティを決して失わないチベット人。しかし、それが支配者の怒りに触れ、情勢としての「負け」にチベットを追い込んでいることを考えると、やはり勝ち負けなど無いのですね。

 そんな不毛を続けるより、何とか平和的な解決を模索したい。

 私はここに、日本国民のひとりとして、チベットが独立国であることを認め、それを明示します。他の誰がそれを認めようと認めまいと、それは私の思想と表現の自由であり、何人に侵されるものではありません。

「みんなが平和を思えば世界は平和になる」と歌ったのはジョン・レノンでした。本当にそうですよね。世界のみんながチベットは独立国であると認めれば、政府も認めざるを得なくなるでしょう。

c0003620_1657255.jpg チベットのみならず、周辺のウィグルなども含めて、不当な制圧を受けている人々に早く平和な日々が訪れますように。「Free Tibet」のバナーはネット上で拾いました。使用は自由だそうですので、みなさんもよろしければ貼ってください。(小倉悠加)

 I hereby recognize Tibet as an independent nation of sovereignty. Tibet can also stay as an autonomous community in China, if that is what Tibet wishes. I congratulate your independence.
     Yuka Ogura/ a Japanese citizen

[PR]
by icelandia | 2008-03-18 15:08 | Comments(3)
アイスランドと中国、アルミ工場と巨額投入のダム建設、バス停暖房等々ニュースいろいろ
 アイスランドのことしか書かないのに、いつも ICELANDiaブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。

 ゲ!もう3月も下旬ですかぁ?!時間が経つのが早すぎる・・・・。

 あれから中国vs.ビョークがどうなったのかと私もヤキモキしていますが、中国側はサラ暴動の火消しが先でビョークにかまっているヒマが無いことでしょう。それに、いくら身勝手な中国とはいえ、アイスランドには少し気を遣っておきたい。
c0003620_1657255.jpg アイスランドは確か去年中国と自由貿易を約束していたはずです。貿易相手としてのアイスランドには中国側がそれほど興味がないとしても、温暖化の影響で北極海の海路がひらけると、アイスランドは重要な拠点になることでしょう。中国は当然その海路を虎視眈々と狙っていると思われるので、(取るに足りない物事で)アイスランド政府の神経を逆なでするのは避けたいのでは?
***

 それでは、最近私の目にとまったアイスランド関係のニュースをあれこれを。

主要バス停に暖房!
 お〜〜、これはいい。主要なバス停に暖房を入れるそうです。みんなバスに乗るのは好きだけど、天気の悪い時に長時間バス停で待つのは苦痛。バス待ちが苦痛だからとマイカーを使用されたのではCO2削減によろしくない。
 なので、まずはレイキャヴィクの主要なバス停に暖房を入れましょう、と。これ、大賛成です!まだ具体策はなく、とにかく「暖房を入れよう」という話が決まっただんかい。都市部であれば、温水パイプはどこでも通っているので、近場から温水を引いてくればいいとして、外気はどう遮断するんだろう。出来上がってのお楽しみですね。

クリーン・エナジー、日本も早くやりましょう! 
 この度、アイスランドの大統領が初めてメキシコを訪問。アイスランドがメキシコにクリーン・エネルギー(特に地熱)の技術を提供することで合意。
 あぁそれから、二国間の租税も廃止だそうで。これは数年前から私も在日アイスランド大使館にはお願いしていて、大使館側も日本側に働きかけているとはいえ・・・。日本政府、物事遅いですから・・・。鯨の話も大切ですが、事務的な話だけで片付きそうなこういった物事はサッサと進めてほしい(と思うのは、私がシロウトだからでしょうか)。
 それで、メキシコとアイスランドは大学で共同研究を行い、メキシコ側は既に北米の大学との提携もあるそうで、益々地熱の研究が進みそうです。
 日本はといえば、火山国。利用できる地熱はたくさんある国です。しかし、火山周辺は国立公園で景観を崩せなかったり、熱湯は民間の利権が絡んだりして、地熱は国民全体が恩恵を預かるべきものという考え方がないため、なかなか進まないのでしょうか。地熱の安定度を測ることさえままならないのでしょうか。
 クリーン・エナジー最先端国アイスランドの地熱発電を支える心臓部は三菱重工製。日本に技術がない訳では無いことは明白なので、チーム・マイナス6%から一歩進み、国策としての具体案を早いところ練ってほしいものです。ガソリンは放置でいいから。

アルミ精錬工場でまた喧々囂々)
 何事にも光と影がある。アイスランドのクリーン・エナジー政策は成功しているし、外貨獲得を安定させ、経済発展を確実にするためには、どうしても・・・アルミ精錬工場が必要。
 アイスランドの国際空港ケプラヴィクも首都レイキャヴィクもレイキャネス半島に位置し、そのレイキャネスの先端の方(空港に近い部分)にアルミ精錬工場を造る許可を地元当局が出したという。
 決定権は地元自治体にあるものと見受けられますが、各省庁の大臣から「CO2の排出量が限られている時、そんなことを勝手に許可してもらっては困る」とか、「あの地域はアルミ工場など作らなくても開発できる機会があるはず」と、支援をしない風向き。環境大臣も「環境省での(CO2排出に関する)決定がくだされない前に許可を出すとは何事」と。
 しかし自治側は「安全かつ高給な雇用が増えて結構ではないか」という感じ。さて、どうなりますやら。

ナショナル・ジオグラフィクでKárahnjúkar特集(英語)
 http://ngm.nationalgeographic.com/2008/03/iceland/del-giudice-text
 Kárahnjúkarとは、様々な問題を含んだまま強行突破したアイスランドの巨大ダムのこと。水力発電プロジェクトといえば聞こえがいいのかもしれないが、アルコアというアルミ精錬会社だけのための環境破壊との批判も強く、年間の国家全体の電力消費量の半分を消費することになる。アルミ精錬工場がらみの公害問題も。
 上記はそれに関する割合くわしい経緯が特集されています。写真もきれい。興味ある方はどうぞお読みください。

読みが甘かった。概算を大きくオーバーのダム建設
 上記Kárahnjúkarダムの建設費が、予定よりもかかっていることは分かっていたが、実際どれほどオーバーしていたかの数字が出てきた。なんと約264億円!分かりやすいのように1ドル100円計算にしましたが、3ヶ月前だと日本円にして300億を超えていたということ。総工費ではありません。
 このプロジェクトのために借り入れられた金額が1500億円・・・(数字が大きすぎて実感無さすぎ)。これをアルコアとの40年間の契約期間の間に取り戻すってことらしいのですが、にわかには信じ難い・・・。
 新たな概算オーバーの数字と、この1500億と、自腹(?)で出した分を考え合わせると軽く2千億。それを40年で均等割すると年間50億円以上の利益をアイスランド側に渡して貰わないと割が合わない。
 数字が大きすぎてよく分からないとはいえ、とにかく、私なら数字を見ただけで逃げ出します。あのまま鳥とか鹿をあの場所で放し飼いした方がいいように思う。それだけの予算があるなら、無理してでもビョークとシガーロスでも呼んできて、コンサートをやった方が、よほどアイスランドの収入になることでしょう。少なくとも私は行きます。

アイスランドの天気予報サイト開通(英語)
 http://en.vedur.is/
c0003620_15292844.jpg これまでも「世界の天気」のような予報サイトでアイスランドの天気も知ることはできますが、各地の細かな天気予報をアイスランド語以外で伝えるサイトはこれが初めて。各地の地図をクリックすると、更に細分化された天気予報を見ることができます。うーん、これはいい!もちろん週間予報もあります。アイスランドの今週の天気をざっと見れば、水曜日の予想気温が5度で一番暖かいけれど、どうやら雨が降りそう。金、土と晴天にはなりますが、気温はマイナス1-2度なので、ちょっと寒い。
 単に天気だけではなく地震速報も兼ねているようです。これを見ると、確かに地震国であることがよく分かります。火山が多いので当然ですね。
 アイスランド旅行の際には、行く前数日程度でいいので、見ていればどの程度の服装を想定すればいいかの目安になることでしょう。

観光地としてのゲイシールが更に安全に)
 ゲイシールは間欠泉です。お湯が勢いよくドッカーンと吹き出すアレ。あの地帯は個人の所有地で、既に有名な間欠泉の部分はアイスランド共和国が買い取っていましたが、このたび他のエリアも買い取ることになりました。
 ゲイシールは熱湯が噴き出すにも関わらず、ほとんど柵も無いに等しい状態。時折観光客が近づきすぎて火傷を負うことも。近づきすぎる方がいけないとはいえ、風向きによっては全く予想外の方向へ熱湯が吹いてくることもあるため、あながち注意しているだけでは避けられない部分も。
 本来であればもっと早く安全対策をしたかったけれど、土地所有者の合意が得られず後手になっていたとか。もっともその土地所有者は安全対策に反対だったわけではなく、許可もとらずに物事を進めようとした国の「態度」が問題だったとか。
 この度やっと、国が周辺全域を買い取ることになったそうで、遅まきながら安全対策が進むことでしょう

UNIFEM/国連女性開発基金へユニークな貢献)
 女性に偏る貧困を減らし女性に対する暴力を終わらせ、途上国や戦争国の女性の自立を支援する国連の基金に、「バタフライ・ウィーク」と呼ばれる先週、アイスランドで約1千5百万円の寄付が集まりました。
 これはものすごい金額で、国民ひとりあたり約50円を寄付したことになり、日本の人口で換算すれば60億円相当!!
 ところで、先週の土曜日(3月15日)が国際女性デイだったことを、ご存知でしたか?私は知りませんでした(呑気で失礼)。この日、リベリアのキング=アケレレ外相(女性)がアイスランドのUNIFEMで記者会見をし、内戦が続いたリベリアで女性が虐げられてきたが、女性の力で国を復興へとスピーチしたそうです。
 男女平等感世界一のアイスランドですから、きっとその言葉が国民の琴線に触れたことでしょう。ニューヨークの本部からのサンドラー女史も、アイスランドがユニークな貢献をしてくれたこと、諸外国もそうあってほしいということを述べたそうです。
 日本は・・・男尊女卑の時代に生まれ育った世代が第一線から退けば、自ずと状況はよくなることでしょう。 考え方に個人差があるとはいえ 、実感としては、私の世代あたりが境目かなぁ。

アイスランドの春到来!
 3月第3週である先週、アイスランドに南西に春の到来を示す渡り鳥の群れが到着。天気や風の具合がよければ、イギリス島からアイスランドまで、6-8時間で飛んでこられるという。ロンドン->アイスランド間のフライトは約3時間。タクシーに要する時間も含まれているので、実際に飛行しているのは2時間強だと思われますが、それでも鳥の飛行能力ってスゴイ!

アイスランドの男性に最も多く発症するガンのトップ3
 アイスランドのガン協会が早期発見のための、男性の健康診断を呼びかけている。これは性差別ではありません。去年ガン協会は、乳ガン撲滅の大キャンペーンをやったので、次は男性ってことです。
 男性に最も多いのが、大腸ガン、肺ガン、前立腺ガンで、それぞれにブルー、ホワイト、パープルが割り当てられ、乳ガンはピンク・リボンでしたが、今回は3色のリボンで啓蒙したそうです。
***

 このブログを開始した時は、アイスランドというと「アイルランドでは?」と聞き返されることもしばしば。”なにそれ?”という顔をされることも多かったのですが、最近はアイスランドと言うと、「気になっている国です」という反応が増えて嬉しい限りです。遠く離れている国ではありますが、中身を知れば親近感もわき、「地球の住民」のお友達としてぜひいろいろなことを知っていただければ、です。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  旬のアイスランドの音楽を↓







  
 アイスランドのエコをシルバー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-03-17 15:36 | News | Comments(2)
"Army of Me"を地でいくビョークのチベット発言を考える
 日本語に「沽券にかかわる」という表現があります。面目や体面にさしさわりがあるという意味で、封建的な響きがあり私はあまり好きではなく、最近の中国のあれやこれやの動きや言動を見ていると、どうもこの(意味のない)「沽券にかかわる」が多すぎる。

 ギョーザ問題の次に来たのがビョーク。ギョーザとビョーク、似ていて妙(不謹慎でごめんなさい)。

 事の発端は、ビョークが「Declare Independence (=独立を宣言しよう)」を演奏した際、中国公演で「チベット!チベット!」と叫んだこと。東京で「コソボ!」と叫び、セルビア公演主催者から抗議とも解釈できる電話が入ったという情報もあったけれど、結局は主催者から政治がらみでアーティストを閉め出すようなことはしないし、したこともない、という連絡が正式に入って納まった。

 が、中国はやっぱり中国。在アイスランドの中国大使館が、中国公演でのビョークの発言に対して遺憾であるという声明を発表:
 
 ビョークさんが上海で取った行動に、中国の人々は強い憤りを感じている。中国は多民族国家であり、チベットは古代から中国の不可分の一部だ。これが国際社会の認識とされており、チベットを独立国家として認めている国はひとつもない。チベットを中国から独立させようとするいかなる試みも、中国人と正義を重んじる世界中の人々から、必ず反対を受けるだろうするすべての試みは、若干でも正義を持つ諸外国や中国人から自ずと抵抗されるであろう。


 というような上記の抗議声明に抵抗を感じる私です。第一、いちいちロック音楽のステージで起こったことに目くじら立ててどーすんの?表現の自由が保証されていない国であり、その国の中での「不適切発言」はいくら外国人といえども許し難い状況は、ある程度理解するけれど、でもそんな風にイチイチ反応するから、「いくばくかの正義を持つ諸外国」から胡散臭い目で見られるんだけど・・・。
 ということは若い世代の中国人は知っていても、上に古い世代がしっかりはびこっているだろうから、トップダウンしかあり得ない国では、そういうリアクションを世界に投げかけなければならないんだろうなぁ。

 というような動きがあることを見越してか、中国大使館の声明より一足早くビョークは公式サイトでやはり声明を発表していました:

 いろいろな機会で「Declare Independence」をコソボやチベット(その他のことも含めて)に捧げるようになると、多くの人から声明を求められるようになりました。
 ここで重要なのは私は政治家ではなく、終始一貫してミュージシャンであり、だからこそ人間のあらゆる情感を表現しようと試みることが私の義務だと感じています。独立の宣言を歓呼するのはその中のひとつにすぎず、また人生のどこかで誰もがそう感じる重要なことです。この曲はどちらかというと個人を想定して書かれたものですが、実際には制圧された国家の苦渋という一番広い意味での解釈がなされいるし、それはうれしいことです。
 独立のために戦っている個人や国家に幸多かれ。
 正義!

 心をこめて、ビョーク


 ビョークのこの言葉の方が、私にはしっくりきます。だからといってこれが正義だとは言いませんが、国際社会一般の理解は得やすいことでしょう。

 ちなみに、上海公演のDeclare Independenceの動画はYouTubeのここここにあります。上海公演を見た日本人のブログはこちら。

 アイスランドも約60年前までは植民地でした。ビョークの父親が生まれた年にアイスランドは共和国として独立したそうです。なので、植民地時代を知るアイスランド人はまだ沢山います。
 制圧された時代を体験したり、その雰囲気を色濃く残した時代に生きた人々に育てられた彼女が、他国に支配されている地域にエールを送るのは、ごく自然なことのように思えます。アイスランドが民主主義発祥の地であることもお忘れ無く。

 そういえば映画『スクリーミング・マスターピース』の中で確かビョークは、アイスランド人としてのアイデンティティとは何かを模索した最初の世代が彼女の世代であるというようなことを言っていましたっけ。
 それにビョークが言うように、独立は国家だけのことではなく、非常にパーソナルな部分での独立もあることでしょう。物理的なことにしても精神的なことにしても。
 それが国家であれ個人的なことであれ、独立と感情は密接につながっているため、アーティストとして具現化したいと思っても何の不思議もありません。

 中国としてはこれまでの理論を即座に変える訳にはいかないし、社会がオープンになってきているとはいえ基本は共産主義国。貧富の差は広がるばかりだし、20年前の天安門事件では自国の軍隊が丸腰の市民を容赦なく撃ち殺した国。教育はすべて有料。識字率80%。なぜ自治拡大を求めるダライラマがチベットへ帰れないのかetc。ビョークの発言を通して、多くのことは私は思い出し考えさせらています。

 もちろん日本だって掘り起こさなくても垢がボロボロ出る国ですが・・・。

 ・・・本当はこの辺でこのブログは書き終わる予定でしたが、その後、出てきた情報がまたまたふざけてる。
 憶測の域を出ていないとはいえ、中国が「ダライ・ラマがオリンピック破壊を口にした」と言いだした。あぁこの国は本当に嘆かわしい。虫一匹殺さないチベットの神聖な人物は、冗談でもオリンピック破壊など口にしないことでしょう。その位わかんないのか・・・。世界の反感を焚きつけてるとしか思えない。

 そして仕舞いには(たぶんこの辺で最後だと思う)、中国文化省がビョークの発言が「中国人民の感情を傷つけた」と非難し、今後訪中する外国芸能人の審査をより厳格化するとあります。私はこれを「ビョークは中国政府高官の感情を逆撫でした」と読みました。中国の一般人民は少なからず、ビョークの発言にある種のシンパシー(共感)を感じたのでは、と。

 ・・・これで仕舞かと思ったら「ビョークには法的措置をとる」と言っているそうで・・・。中国政府が許可した楽曲に「Declare Independence」は入っていなかったということであれば、まぁその国の中でのルール違反ということにはなりますね。でも「国民の感情を傷つけた」ってマジそう考える?その前に自国の軍隊が国民を大量に殺したことを反省したりしないの?チベットの人々の感情を傷つけていることは?・・・あぁ、私には理解不可能の国です。ごめん。

 アーティストというのは、表現の自由があってこそのものだと思います。もちろん人々を不快にするものは、避けるべきでしょう。でも、この場合はそれに当てはまるとは思えない。そんなこと言うなら、やはり中国は以前のようにぜひ国外からのアーティストは全面的に閉め出してください。・・と、言いたくもなる。

 中国は歴史も古く、素晴らしい哲学も生まれ、秀でた文化を持つ国です。日本がその文化の恩恵に預かっていることも動かし難い事実ですよね。中国の若い世代が、新しい政府 / 政治を育て、万人が幸せになれる仕組みを模索していくことを強く希望すると共に、ビョークが投げかけた一石が、人々の心に広がることを願わずにいられません。

I support what Bjork has done in China and I admire her courage. I consider myself to be a world citizen "who have a modicum of justice". Almost all opinion expressed in Japan has been favorable to Bjork. Let's imagine celebrating Tibet's independence. Then it will happen.

Declare independence!
Don't let them do that to you!

***

 昨日、日本アイスランド協会の総会へ行ってきました。外務省のアイスランド担当という若くて素敵な女性が声をかけてくださいました。お堅いイメージしかない日本政府の、それも外務省のアイスランド担当がとびきり素敵な女性で、ものすごーくうれしかったです。ぜひ仲良くさせて下さい。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  旬のアイスランドの音楽を↓







  
 アイスランドのエコをシルバー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-03-10 11:11 | News | Comments(5)
アクセス4万件!YouTubeシガーロス・デイの余波がICELANDiaに!
 昨日はビックリです。このブログのアクセスをチェックしたら、いきなり2万件になってる!悪い冗談か、Exciteが狂ったか、何だろうと不審を抱いて再読込したら、もう200-300件もアクセスが増えてる!

 何か悪いものにでもひっかかったのかとよく考えて、ハタッと気付いたことは・・・・

 YouTubeのシガーロス・デイの余波に違いない!

 前日にICELANDiaを読んだ方は、YouTubeの表紙が全部SigurRosになることはご存知だったわけで、その事情を知らない大勢の人々が、検索して ICELANDiaブログに辿り着いたものと思われます。

 まぁすごかったぁ。アクセスが1分間100件が数時間続き、それが納まったのが夕方頃。今日はもう、通常に戻っているようです。

 昨日のユニーク・アクセス数は
     44,388件!!! ヒュ〜ヒュ〜〜〜

どーせなら45,000件にしたかったとか、ダイエット・ビスケットのアフィリエイトになっておけばよかったとか、私は今日一日ブログの女王の仲間入りとか、理由にメドがついたところで安心して、軽口を叩いていましたが、とにかくびっくり。

YouTubeでの威力は、こういうところにも及ぶのですね。うーん、さすが巨大メディアは違う。驚きました。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  旬のアイスランドの音楽を↓







  
 アイスランドのエコをシルバー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-03-09 10:09 | News | Comments(0)
3月7日限定シガーロスが全世界のYouTubeを席捲!
 アイスランド音楽ファンに速報です!いつも ICELANDiaブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。

 アイスランドの風景が見たい!音楽が聴きたい!という方はICELANDiaが企画するスペシャルでお値打ちなアイスランド旅行をどうぞ。過去にはシガーロスのメンバーに会った参加者も少なくありません。実はまだ完成していないページですが、ぜひ以下のURLをご覧ください:
http://www.tour.free-bird.co.jp/campaign/Iceland/airwaves_column.php

c0003620_1756832.jpg 2008年3月7日、全世界のYouTubeの表紙がシガーロスに染まります!本当です!(エイプリル・フールにはまだ少し早いし・・・)
 
 これは一日だけの企画ですが、全世界のYouTubeの表紙(ホームページ)がシガーロスになるのに加えて、先日発売されたDVD『Heima』の全編97分がストリーミング放送されます。
この映画は一度見たら最後、絶対的にDVDがほしくなることでしょう。

 また、YouTubeとシガーロスが共同企画した「minn heima(私の故郷)」コンテストのトップ10やグループからのスペシャル・メッセージが発表されるそうです。

 ついでにシガーロス関係のニュースをお伝えすると、1月下旬から一ヶ月間ニューヨークでニュー・アルバム用のレコーディングをしてきました。11曲分の基礎的なレコーディングが行われ、これからはアイスランドのスタジオでレコーディングを続けていくそうです。リリースは初夏頃?
 例のSirkusの閉鎖(+閉鎖反対)ライブで初披露した曲が入っているそうで、すごく楽しみ!!!初夏にアルバムが出れば、きっと夏フェスあたりから大規模ツアーに入るのでしょうか。来日もぜひ〜〜〜ですよね(ワクワク)。

YouTubeでフィーチュアされたDVD『Heima/故郷』はこれ!

c0003620_14563987.jpg  左の写真が今回YouTubeでフィーチュアされたDVD『Heima/故郷』の豪華本付き限定版です。ショップで扱っていますので、ぜひお立ち寄りください。ここにあります。ツアーパンフや絵はがき、日本版もご紹介しています。
 ICELANDia音楽ショップでは、日本では唯一ここだけの取り扱いというアイスランドのコアなアルバムを集めてあります。シガーロスのメンバーが参加したり、プロデュースしているけれど、アイスランド国内のみでしか流通していないものが多数。
 そんなアルバムはここにありますので、ぜひ一度ご覧ください。別の場所においてあるものもあります。『Hlemmur』とか。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif


***

 追記:以下がシガーロスだらけのYouTubeのスクリーンショットです!

c0003620_1758189.jpg


  シガーロスが聴いている音楽なら↓







  
 アイスランドのエコをシルバー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-03-06 20:43 | News | Comments(5)
ニュース:ビョークのセルビア公演はアリ、その後のSirkus、ししゃも漁解禁等々
  今回のICELANDiaブログはアイスランドからのニュースのあれこれです。

 2月にお伝えしていたニュースの状況に変化もあるので、一応フォローを。

セルビアのビョーク公演、予定通りに開催
 東京公演で「コソボ!コソボ!」と叫んだことから、セルビアにおけるアーティストの安全が確保できないということで主催者から公演中止が伝えられたということでしたが(情報源はビョークのオフィシャル・サイトのブログでした)、主催者側がそのような事実は無いと正式に声明を出したそうです。ちなみにアイスランド政府はコソボの独立を公認しています。
 ビョークは北京公演で、やはり「Declare Independence (=独立を宣言しよう)」で「チベット!チベット!」と叫んだそうで、オーディエンスが中国人ではきっと複雑なリアクションだったことでしょう。

ししゃも漁 15万トンまでオッケー
 ししゃもの群れがいなかったという調査に基づきししゃもを禁漁としたのが2月の初旬。その一週間後にししゃもの大群が見つかり禁漁を解禁し、その後またまた大群がいたということで、漁獲量を約15万トンまで増やしたそうです。
 輸出先の主な相手は日本とロシア。これで日本の居酒屋も安心?!

アイスランドで人気の小説家は Arnaldur Indridason
 アイスランドは読書大国でもあり、国民ひとり当たりの書籍の発行率が世界一だとか。なので、文学賞はとても盛んで重要ではあるけれど、2007年に文学賞を受賞した小説家よりも、ずーっとずっと人気があるのが推理小説家のArnaldur Indridason。
 確かに彼の小説はいろいろなところで話題になっていて、私も一度は読まなくちゃと思っています(翻訳ものはないようですが)。
 推理小説が好きな方は是非どうぞ。アマゾンで彼の小説が何冊かと売っています。評判も非常にいいようです。
 それから18歳以上の800名におこなったこの調査で第二位になったのはEinar Már Gudmundsson で、フリドリクソン監督映画『Angeles of the Universe』の原作者でもあります。音楽はシガーロスとHilmar Orn Hilmarssonが担当していました。

トランス脂肪酸含有食品、販売制限発布
 トランス脂肪酸が何であるかは、すいませんが調べてください。要はこれを食べ過ぎると体内に蓄積し、心臓疾患、免疫低下、不妊、痴呆、アレルギーなどを誘発し、発ガン性もあります。何が一番いけないかと言えば、マーガリンやショートニング、植物性油脂で、ひいてはスナック菓子やインスタント食品等々。
 アイスランドでは、トランス脂肪酸の含有率が高い食品の流通を禁止(2%までは容認)。米国では表示が義務づけられ、ニューヨーク市は使用を実質的に禁止(違反すると罰金)。あのマクドナルドでさえ、トランス脂肪酸の少ないものを使用するようになっています。
 日本は規制がなくまったくの野放し。よくある話ですね。私はたまたま、ごま油、オリーブ・オイル、バターしか使わず、これが一番安全なのだそうです。

その後のSirkusどうなった?
 Sirkusというのはレイキャヴィクの中心街にある狭くて古くて汚いけえど居心地がよくミュージシャンが憩いの場としていたバーです。ビョークも常連。
 建物の老朽化に伴い閉鎖されるというので、閉鎖反対運動勃発。1月に来日したムームもインタビューで話していましたが、1月25-27日の3日間にかけてクロージング(&閉鎖反対)のライブが行われ、シガーロスも含め50組以上のバンドが出演しました。
 どうやら閉鎖を聞き、一度中を覗いておこうかというにわか観光客が多かったのか、客層がいつもと違ったということですが、まぁそれはどうでもいいことでしょう。
 現在の建物は閉鎖されたままで、取り壊されるまでにまだ少し時間があるような気配です。この建物をどこかへ移転するとか、レイキャヴィク市で何か考えていることがあるのかもしれません。続報が入ればお伝えします。

[ 再生エネルギーを推進するWIREC2008でアイスランドが発言 ]
 3月3-6日にアメリカのワシントンDCで現在開催されるワシントン国際再生可能エネルギー会(WIREC2008)に、アイスランドの通産大臣が参加。開催期間中に米国エネルギー省の次官との話し合いが持たれるという。こういった懸案についてアメリカは必ずしも積極的ではないので、何とか良い方向へ話をもっていってもらいたいものです。

***

 クション、クションと、クシャミと鼻水の季節に突入しています。アイスランドって花粉症知らずだろうなぁ。なにせ杉の木が無いから。
 あと1ヶ月くらいで、アイスランド音楽ファンに素敵なお知らせができるかも、という作業中です。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  なんたって旬のアイスランドの音楽を↓







  
 アイスランドのエコをシルバー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-03-05 22:25 | News | Comments(3)
久留米の新進ヘアーサロンでアイスランド体験!
 今年は日本の中で見つかるアイスランドもご紹介したいと思っている ICELANDiaです。いつもブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。
 「トキノ旅人」でメジャー・でビューしたシンガーの麗音さんが行きたい国がアイスランドだそうで・・・。そんな情報も集めているところですが、本日ご紹介したいのは、九州の中のアイスランド。それも快適な空間でヘア・カットをしていただける美容室です。
 
九州は久留米に息づくアイスランド的ヘアーサロン!

c0003620_1863869.jpg

 
 サロン・オーナーの田中氏は新進気鋭のヘアー・スタイリスト。そして音楽の趣味も新進気鋭・・・というか、カットも含めてサロンのあれこれが深くアイスランドになっています。

c0003620_18125013.jpg 田中氏はシガーロスやビョークのメジャーどころを始め、 ICELANDiaの音楽ショップで扱っているような超コアな音楽も大好きで、昨年10月に ICELANDia企画のIceland Airwavesツアーに参加。以来、頭髪の先からつま先までアイスランドに染まり、今やサロン内で流している音楽の半分以上がアイスランド産。置いてある雑誌や本もアイスランド関係が10冊以上あり、その中には現地でしか入手できない貴重なものもあります。

 店内は写真のようにセット面1席のゆったりと心地よい空間で、お客さまの希望をしっかりと聞いてくれます。このサロンは研究熱心なことでも有名で、東京で興味深い研修があれば店を閉めてでも参加し、レイキャヴィクでもあちこちのヘアー・サロンを覗き、現地の人の髪型をしっかりと研究していました。

c0003620_1873511.jpg そこで登場したのが(我々が言うところの)レイキャヴィク・カット!レイキャヴィクで一番流行っているのが、懐かしいおかっぱっぽい髪型。
 例えばムームの一員として来日したGudbjorgのこのヘアカットがそれ。ただ、あまりにも前髪パッツリなので、日本人用に田中氏はこれを少しアレンジしているそうです。
 
 去年のツアー参加者に20代前半の若い女性がいて、ムームの東京ライブ後に会った際、髪型がすごく可愛かった。その時に居合わせた(私も含めた)2-3名の女性が、

 「その髪型可愛いね。レイキャヴィクで流行っていたのに似てるけど、ちょっとアレンジしてあって」と言うと、
 「これ、九州へ行った時、XXちゃんのところでやってもらったんです」(XXXは田中氏のニックネーム)


 お〜〜、それは素晴らしい!ということで、今回ブログでご紹介することに相成りました。

 「XXちゃん、アイスランドとかレイキャヴィクのことがあまり話せなくて、すごくストレス貯まってるみたいです。私が行ったから、久々にアイスランドのことを話せたってすごく喜んでました。みなさんも是非行ってあげてください」と。

 なので、九州の特に久留米周辺で、アイスランドの話が出来ないとお悩み、お困りの方、ぜひ田中氏のヘアーサロンへおいでください。リクエストがあればアイスランド音楽もかけますし、現地のあれこれをたっぷりと話してくれることでしょう。

 もちろんヘアーに関しての腕はプロ中のプロ。クセ毛の方、ぜひご相談ください。特徴を生かしてカットしてくれます。雰囲気のいいところで、好きな音楽を聞き、アイスランドの話をたっぷりしながらカットしてもらえば、毎日ヘアースタイルを見る度に楽しくなることでしょう。詳しくはサロンのサイトをご覧ください。
 
c0003620_1883172.jpg sweet enough on hair
   http://www.sweet-enough.net

 〒830-0031 
 福岡県久留米市六ツ門町14-3 二階-1
 tel : 0942-38-2824
 営業時間 10:00〜20:00(予約優先)
 定休日 月曜
c0003620_1819982.gif

***

 ええと、私の方はショップの更新やメルマガ等々をサボっている感じになっていて申し訳ありません。決してサボっているわけではないのですが、物事がハッキリしてからと思っているうちに、後手後手になっております。楽しみにしてくださっている方々、ひたすらごめんなさい。でもショップの「新着」コーナーはある程度更新してあります。

 それから、本当は全面オープンしてからご紹介をと思っていましたが、前回のブログ記事にコメントしてくださった方がいらっしゃるので、ここでこっそりご紹介しますね。ICELANDia企画のIceland Airwavesツアー(10月実施予定)のサイトが更新されています。
 http://www.tour.free-bird.co.jp/campaign/Iceland/airwaves_column.php
http://icelandairwaves.jp/

 上記のツアーは今年、アイスランド旅行全般の共同企画の一部となるため、全面的にオープンするのを待っている状態ですが・・・。

 おかげさまでこのツアーは大評判。去年売り出して間もなく満席になったことは言うまでもなく、実施直後に今年の仮予約を入れる方までいてビックリ。今年は随分と枠を増やしましたので、それほど急いでいただく必用はないと思います。たぶん。この話はツアー・サイトが全面オープンになりましたらまた改めて。

 それから、禁漁となっていたシシャモ。6日後に解禁となりました。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  ビョークの故郷アイスランドの音楽を↓







  
 ビョークが愛する自然をシルバー作品で↓
c0003620_2575895.jpg

[PR]
by icelandia | 2008-03-02 18:18 | 日本の中のアイスランド | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム