execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
少し楽しいイベントのあった3月最終週のレイキャヴィク
 この週末のレイキャヴィクは、ちょっとした文化イベントが目白押しだったようです。その中のひとつは「デザインマーチ」と名付けられたイベントで、アイスランドのデザインを世界に広めようと、各国の報道関係者を招待し、各デザイナーがそれぞれに好きな場所で催しを行いました。
 日本からは、どうやらNHKの取材と雑誌『スカンジナビア・スタイル』が招待されて行ったようです。
c0003620_2355515.jpg

 ICELANDiaが扱うAURUM(アウルム)もデザイン・イベントの主旨に賛同し、3月27日(金)の夜、アウルム本店の広いウインドウを利用し、新コレクションとそのデザインにまつわるディスプレイを特別展開。
 そしてこの模様は、4月11日にNHKのBS1で取りあげられる予定。なので詳細が出てくるのを楽しみに待っているところです。


c0003620_23553678.jpg
 デザイン関係でイベントが行われたのと時を同じくして、音楽関係では、1982年から行われている毎年恒例のバンド・コンテストの『Músiktilraunir 2009』が開催されました。優勝者はどうやら本日(30日)に決定する予定。
 興味ある人はサイトをご覧ください(ほとんどアイスランド語)。丁寧に見ていけば、各バンドの音源を聴くことができます。

バンド・コンテストのアーティスト一覧(右のコラム)
http://www.musiktilraunir.is/desktopdefault.aspx/tabid-105/
***

 政治経済の動きでは、元首相のハーデ氏が独立党の総会のスピーチで「2003年に銀行を私有化した際、規制のかけ方に問題があった。あれは間違いだった」というような発言をし、やっと”謝罪”の言葉を聞くに至りました。
 が、その数日後にハーデ氏の前任首相であり、中央銀行の総裁だったオッドソン氏が、ハーデ氏のスピーチを猛批判。ハーデ氏はオッドソン氏の子分と言われているので、師弟対決という感じでしょうか。

 また、今年に入って破産したアイスランドの投資銀行を、フェロー諸島の会社が引き取りたいと申し出ているそうで、独立国でもなく人口約5万人のフェロー諸島にアイスランドは何かとお世話になっていきそうです。
 私の知り合いのアイスランド人がバブル中に、「僕らがアメリカ人(のように横柄?)になれるのは、フェロー諸島へ行った時だけだ」と言っていましたが、どうやらもうそのような感じではなくなっていくようです。 (小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



アイスランドの音楽がいっぱい!↓







  
アイスランド・ビジュアル・アート大賞受賞作家作品!
       aurumはピカ一のデザイナー・ブランドです!↓


[PR]
by icelandia | 2009-03-30 23:50 | Comments(2)
シガーロス、リサイクル・アルバム入荷しました
 うわぁ、こんなに更新をさぼっているのに、いつも律儀にICELANDiaブログにお立ち寄りいただき、本当に有り難う御座います。

 更新してないかなぁってみなさん見に来てくださるのか、アクセス数もさほど落ちないのが不思議・・・。有り難いです!

 6月末頃、アイスランドの温泉やスパをまわるツアーを作っていて、旅行代理店からの料金待ち状態です。モニター・ツアーとして、ごく小規模になりそうなので、みなさんと楽しく道中をすごしたいと今から楽しみにしています。

c0003620_2554155.jpg あとお知らせは、少し面白いアルバムが入ってくるのと、ずっと欠品していて、アマゾンで1万5千円くらいで出ていたシガーロスの『Von Grigdi』が入荷しています。これ、日本の一般店頭にはまず出てきません。小規模な通販ならオッケーということで、店頭販売をしないことを条件にアイスランドから卸してもらっています。

  出てくるのを待っていたファンはこちらから購入できます。
***

 本日は日本アイスランド協会の総会&懇親パーティ。前日の午後に突然、アイスランド大使スピーチの通訳を頼まれました。物販があるので行く予定にしていたので時間的にはどうにでもなりますが、スピーチ原稿もなく、下調べができない。去年の8月にいらした新しい大使なのであまりお話をしたこともないため、初めての相手の通訳がいきなり公式な場であるというのは、すごーくプレッシャーです。
 英語が話せるから通訳が出来るだろうと考えられているフシがあり、エンタメ系ならまだしも(昔やっていたし)、政治経済が絡む事柄は、素人のオバサンです。仕方がないので、訳語の下調べが必用そうな言葉は使うことを控えていただくよう大使にメールでお願いしました・・・・。
 ま、何とかなるでしょう!(小倉悠加/Yuka Ogura)
[PR]
by icelandia | 2009-03-28 02:57 | News | Comments(2)
アイスランド旅行は今年がチャンス!物価高世界第67位に転落
 今年のアイスランド旅行はお得です。なにせ半年前は物価高世界第5位だったレイキャヴィクが、今年の調査では大転落。英誌エコノミストの調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)によると、2009年3月9日に発表した世界の生活費調査で物価高第一位が東京、二位が大阪、そしてレイキャヴィクは67位。

 東京はただでさえ物価が高い上に、円高が進み現在1ドルが97円程度(80円台まで行った時には、私も頭がクラクラしました)。為替相場も手伝い、東京の物価が世界一。
 
物価高のトップ15都市は以下の通り。()内の数字は半年前の順位。
1. 東京 (6)
2. 大阪 (8)
3. パリ (2)
4. コペンハーゲン (3)
5. オスロ (1)
6. チューリヒ (7)
7. フランクフルト (4)
7. ヘルシンキ (4)
9. ジュネーブ (12)
10. シンガポール (15)
11. 香港 (28)
12. ウィーン (10)
13. ダブリン (11)
14. ブリュッセル (12)
14. ミラノ (12)
-------
レイキャヴィク(5)

 現在のアイスランドはインフレもひどいとはいえ、日本円は相変わらず強いため、現地ではかなりのお買い得感があります。

 それから、アイスランドは日本よりも安全です。その事実は全く変わりません。もちろん夜道を一人で歩かない等、ごく普通に考えられる安全対策は取るべきですが、ごく普通に観光する程度であれば、まず全く問題ないことでしょう。あくまでも私の憶測ですが、むしろバブル期に入ってきた窃盗団が国外に出たとにより、空き巣の件数は減少傾向にあるのではと思います。

 アイスランドは去年10月に経済が破綻し、激しいプロテスト運動の様子なども伝えられたため、国内が政情不安定で治安が悪いのではないかという印象を受け、旅行を控えた方がいいのではと考えた人もいるようですが、プロテストは政府に対してのプロテストです。今後そのような大きなプロテストがあった場合は、不用意に近づかない方がいいことは確かですが、治安には影響がありませんし、アイスランドがとても安全な国であることは変わりありません。
c0003620_19365338.jpg

 ICELANDiaでは、今年も音楽フェスのIceland Airwavesのツアーを10月に組みます。また、季候のいい時期に、音楽にはさほど関係なく、自然を満喫する方向での旅行を6月に実施したいと考えています。6月のツアーは今月末、10月のツアーは4月中旬頃発表しますので、興味ある方はぜひ楽しみにお待ちください。 (小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



アイスランドの音楽がいっぱい!↓







  
アイスランド・ビジュアル・アート大賞受賞作家作品!
       aurumはピカ一のデザイナー・ブランドです!↓








 Tokyo became the most expensive city to live in the world according to EIU. This is not a good new to me, and I feel sorry for those visiting Japan. Tokyo becoming #1 again is largely due to currency exchange rate. Reykjavik took a deep dip from #5 to #67. Good new for those who visit Iceland. Well, I have hard time deciding if I should be happy. Yuka
[PR]
by icelandia | 2009-03-14 19:39 | News | Comments(0)
イギリスのハイ・ファッションに打撃?アイスランドのバウグル・グループ倒産
 ボディブローのように効いてきたのでしょうか。政府が金融機関に対する手綱を締め始めたのでしょうか。ここ数日、アイスランドで大手投資会社の倒産が続いています。

 Baugur(バウグル)と聞いても何のことやら分からないと思いますが、アイスランドの投資会社です。そしてこのバウグルも倒産しました。今まではモラトリアムが認められ、何とかしのいでいたのが、ここにきてレイキャヴィクの裁判所がこの処置の延長を認めなかったため、会社は倒産。

 去年の10月、アイスランド経済が崩壊する前の2-3年間、私の目に一番派手に映ったのが、FLグループというアイスランド航空の親会社とBaugurでした。FLグループは、アメリカの航空会社なんか買ってたし、正気?って感じで、買収後どうやって買収した会社を動かすかということと(だって、そんなにたくさんアイスランドに人材がいると思えないし)、資金もゲイシールのように地下から資金が吹き出しているのかと思うほど。

 経済崩壊までにバウグル・グループはイギリス、スカンジナヴィア諸国、アイスランドの小売りチェーンを買いまくり、その店舗総数は3500店。従業員数約5万人。
 
 小倉@ ICELANDiaは、イギリスはよく知らないので、名前だけを見てもあまりピンとこないのですが、 バウグルはイギリスの20以上の小売りチェーン・ブランドを買収。例えばデパートのDebenhamsや、ファッション・チェーンのKaren MillenやOasis、靴のNine West、Bertie、それからファッション・デザイナーのMatthew Williamson、ガーデニングのWyevale Garden Centresなどなど(バウグル・グループ所有チェーンのリストはブログの最後につけました。)
 これってもしかすると、例えば韓国の投資銀行が日本の小売り大手の高島屋、ヨドバシカメラ、ダイエー、ユニクロ等々のブランドを20以上買ったというのと同じこと?

 バウグルの倒産でイギリスのハイ・ファッションと呼ばれる店舗の多くが、何らかの影響を受けることになるかもしれません。店舗は通常通りに営業しているし、バウグル側は影響は何もないと言っているものの、さて、どうなることやら。

 それからバウグルというのは金融や投資を専門としていた訳ではなく、元を正せばレイキャヴィクの個人商店(ディスカウント・ショップ)でした。

 面白いページを見つけました。以下のURLは英ガーディアン紙のサイトで、Baugurが所有しているイギリスの小売業を写真で写したもの。これだけの財産を、小国アイスランドの一企業が買い漁ったとことを考えるだけで頭がクラクラしそう。写真で見るとそれが余計に如実に感じられます。
http://www.guardian.co.uk/business/gallery/2009/feb/04/baugur?picture=342780520

バウグルが買収したブランド、チェーン店
ファッション関係:
French Connection
Mosaic Fashions
Coast
Karen Millen
Oasis
Odille
Principles
Shoe Studio Group
Warehouse
Whistles
Jane Norman
All Saints
Day Birger et Mikkelsen
Matthew Williamson
Steinunn
SD&R
Arcticgroup

デパート:
Debenhams
House of Fraser
Illum
Magasin Du Nord
Souk
Saks

専門店:
Hamleys
Aurum (アイスランドのAurumとは無関係)
Goldsmiths
Mappin & Webb
Watches of Switzerland
Wyevale Garden Centres
eCommera
***

 今週はたまたま倒産話になってしまいましたが、来週は音楽の話にしましょう!!! (小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



アイスランドの音楽がいっぱい!↓







  
アイスランド・ビジュアル・アート大賞受賞作家作品!
       aurumはピカ一のデザイナー・ブランドです!↓








 Baugur group filed for bankruptcy. Baugur group reportedly own over 20 brand retail chains in the U.K. Bagur was a family-owned Reykjavik discount store and they grew into a major retail group with 3,500 stores and some 50,000 employees. A dimise of another Icelandic investment empire.
Now I know something about my instinct. I felt something was way out of line when they were making crazy purchases especially between 2004- 2007. I am a dummy in economy and I was nowhere near understanding the logic behind it. Now I know why I felt that way: no logic needed.
I feel very sorry for people who lost their assets though. Yuka
[PR]
by icelandia | 2009-03-13 18:38 | News | Comments(0)
アイスランドの大手銀行4行目を国有化、経済破綻の調査に敏腕判事起用
 卒業式の季節ですね。出会いがあれば別れがあり、去る者も残る者も見守る者も、いろいろなことを考えさせられる時期ではないかと思います。学校等々を卒業されたみなさん、本当におめでとうございます。
 これから新しい生活に入っていくのですね。素敵なスタートを切ることができますように。

 ICELANDiaはいつもの通りのペースです。今回はアイスランドの経済破綻話の続き・・・。

 世界的に経済恐慌をもたらしつつある元凶となったアメリカ経済は、新しいリーダーシップのもと、様々な試みが始められようとしています。アイスランド経済は2008年10月に破綻し、残念なことに残っていた大手金融機関ストラウミュル・ブルダラスを2009年3月9日国有化しました。アイスランドで大手と言われる金融機関が、これですべて国の管理下に置かれたことになり、皮肉なことに、大きく儲けようとしなかった(=博打を打たなかった)小さな銀行だけが、私企業として生き残っています。

c0003620_20123562.jpg 大手金融機関全滅と同時に、アイスランド政府は今回の経済破綻の調査に関して、国際的に評価の高い仕事をし続けているフランスのEva Joly判事を特別アドバイザーとして任命したというニュースも入ってきました。彼女は経済の専門家であり、政財界の腐敗に深くメスを入れている人物です。
 暗殺の脅しにも動じない公明正大かつ崇高な仕事が評価され、2002年にリーダーズ・ダイジェスト誌からヨーロピアン・オブ・ジ・イヤー(最も優れたヨーロッパ人)という栄誉が与えられ、 現在はノルウェー政府からも経済関係の特別アドバイザーとして任命されています。

 アイスランド人だけでの調査は、どうしても癒着が気になるため(なにせ人口約32万人しかいない国なので、友人や親戚が多すぎる)、アイスランド人は彼女の起用に大きな期待をかけています。

 それから、アイスランドが経済破綻になってすぐに資金提供をオファーしてきたフェロー諸島から、今度はアイスランドに保険会社を設立したい、と。既にあるアイスランドの保険会社を買い取ることも視野に入れ、フェローが本社の保険会社が今年末までにアイスランドに現れそうな気配。

 うーん、うーん、こういったニュースは特に暗い知らせではなく、未来を築くための一歩であるとはいえ、なんかもっとパっと明るい話題がないかなぁ〜。
***

 売り切れと言われていたのですが、ダメモトでオーダーしたシガーロスのカレンダーが入荷し、一部のみ残ってます。購入希望者はお早めにどうぞ。ここにあります。
それから、福袋用に確保していたパラシューツの10インチがこれまた一枚あります。早い者勝ちです。
 
 あとは、ヴァルゲイルのサイン入りアルバムが再入荷したのと、ムギソンのサイイン入りもたくさん来ました。後日まとめてご紹介しましょう。 (小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



アイスランドの音楽がいっぱい!↓







  
アイスランド・ビジュアル・アート大賞受賞作家作品!
       aurumはピカ一のデザイナー・ブランドです!↓


 How I wish I can find something positive to write a blog about. Well, appointing Ms. Eva Joly as a special advisor is a great news for Iceland. Although I am very sorry to see Straumur-Burdarás nationalized, I guess it is necessary to save it. These are actually steps toward bright future, so I believe. Probably I should not mourn over such news just because they do not bring out a smile on my face.
I can not quite tell if the Faroese are trying to help Iceland or seeing this as an opportunity to expand their business by providing an insurance company to Iceland. Probably both. Go, Iceland! whatever that means. Yuka
[PR]
by icelandia | 2009-03-11 20:16 | News | Comments(0)
ビジネス代表団来日、歓迎レセプション@アイスランド大使館
 昨日、久々にアイスランドへ行ってきました。というのは半分ウソで半分本当です。行ってきたのはアイスランド大使館。治外法権なので大使館内はアイスランドの法律で物事が取り仕切られます。

 数日前、アイスランドからビジネス代表団が来日し、2009年3月4日の夕刻、記念レセプションが大使館で行われました。本来は首相も来日する予定でしたが、1月末に首相が急遽交代になったため、今回は商工会議所のトップを団長として、10数名来日していました。

 今日の ICELANDiaブログは、単にそのレセプションに行きましたというだけの内容です。
***

 私は未だこういう集まりにあまり慣れなくて、どーしていいか分からずウロウロします。それでも知り合いがあれこれの人を引っ張ってきて紹介してくださるので感謝(該当者のみなさま、本当に有り難う御座います)。特に観光関係者にコンタクトしたいと思っていたところだったので、グッド・タイミングでした。
c0003620_18333739.jpg
 上の写真は大使が歓迎の言葉を述べているところ。大使館はかなり満杯。私は真ん中よりも前に立っていたので、背後にはもっと人がズラリ。 

 大使のスピーチの後は適宜に飲んだり食べたり。大使館のキャラは大使が交代する度に変わります。大使が変わったことを如実に私が感じるのは、こういったレセプションの席での料理。
 初代大使の時は婦人がお料理上手で、大皿の手料理が多かった。私の好物は魚のグラタンで、チラリと本人に尋ねたところ、5種類のチーズを使うのがコツだとか。あれは未だに忘れられません。初代大使ご夫妻とはまだ交流があるので、いつかはレシピを教えてくださいと頼もうと思いつつずっと忘れている・・・。
 昨年の8月まで駐在した二代目大使の時は、アイスランドの素材を生かした料理を主に外注。小さな容器に盛られるオードブルっぽいものが主流で、味も全般的にソツがなかった。

 今回は大使が交代したせいか、またはアイスランド料理で固めようというプロモーションを兼ねていたのか、大皿に戻っていて、見た目よりも味重視だったようです。

 ここで、料理の写真があればいいけれど、食い意地が先走り皿の撮影を忘れました。料理テーブルもほとんど料理が無くなってから撮ったので、見た目が悪くてごめんなさい。例えば下の写真のような感じ。
c0003620_18342697.jpg

 とにかく昨日はアイスランド料理責めで、ラム肉のスープ、ラムのリブのロースト、ラムの顔の部分を固めたヤツ、ラム肉の塩漬け肉と豆の料理、スモーク・ラム、茹でた塩漬けラム、あと何品かラム関係。それからサーモン、ポテトとタラを合わせた料理、黒パン、ピタパン、干しダラ、うーん、あとは名前がわからないし、どう表現していいかもわからないものがいくつか・・・。
 
 それで本日のスペシャルはなんと、ハルカトルというものすごく臭い腐った鮫肉!そしてアンモニア臭が刺激的なサメ肉を胃に流し込むための、アルコール度40度の地酒(ヴレニヴィン)も出ていました。
 日本であんなに盛大にハルカトルを盛ることができる大使館は、まずアイスランドしかないな・・・・だってすごく臭いんだもん。

 久々なのでハルカトルをいただきました。ちゃんと地酒といっしょに。おいしいか?という質問は無しです。答えは容赦なくマズイ!!!発酵食品なので健康にはいいそうです。が、そんなにたくさん食べたいと思うものじゃない。

 どれもこれもアイスランド的なお味で、私はうれしかった。特に黒パンが非常においしく、アイスランド本国で食べた数々の黒パンと比べてもピカ一。余ったらちょっとチョーダイとわがままを言おうと思っていたのに、飲んだくれて忘れてしまったのが残念。
 あと、ラムについていたミントソースがすご〜く好きだった。クリスマスなどの時に食べる伝統料理です。

 と、夢中でラムに食らいつく私の前に出てきたのがヘンテコな恰好の人。これが季節外れのサンタでした。アイスランドのサンタは何名もいるので、どのサンタだったんだろう?
 サンタと私(地酒とワインで相当出来上がっている状態)。
c0003620_1836178.jpg

 サンタさんはアイスランド語で「大使はいい子にしてたか?」と尋ね、良い子にしていたらしかったので、プレゼントをあげました。日本式に有り難うとお辞儀をしているのが大使。
c0003620_18365223.jpg

 その後にデザート登場。どうやら、ブルーベリーのスキールに生クリームをかけてなかった?酔っていて、なんかキチンと覚えていないので、覚えている人は教えてください。

 私は久々にアイスランドの気分でうれしくなってしまったのか、地酒とワインを飲み過ぎていたのか、iPodでシガーロスを爆音で聴きながら帰ったら、2駅も乗り過ごした・・・。立っていたのに、どーやったら2駅も乗り越せるんだろう?
 iPodは爆音だったけれど、アナウンスが聞こえなくても、私の最寄り駅は大量に人が入れ替わる駅なので、気配を感じなかったのが不思議。なので、予定よりも40分も遅く家に着きました。あぁ終電前でよかった。

 ちなみに、観光関係者は本日本国への帰路につき、他の事業関係者は週末まで滞在しているそうです。 (小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



アイスランドの音楽がいっぱい!↓







  
アイスランド・ビジュアル・アート大賞受賞作家作品!
       aurumはピカ一のデザイナー・ブランドです!↓


A welcome reception for Icelandic business delegation was held at embassy of Icelad in Tokyo last night. Everything they served was almost all Icelandic including Harkarl. If you do not know what "Harkarl" is, it is super stinky rotten shark meat! And you are supposed to wash it down with Black Death, Iceland's own local liquor, and it hits you hard with 40% alcohol.
A surprise guest from the north arrived in time, and added a flavor of festive feeling in 2-3 months delay or maybe I should say 9-10 months in advance. It was a nice and relaxed reception. I got to meet some people in tourist industry and that should help planning my own tour this year.
Folks from Iceland, thanks for coming to Japan all the way from Iceland. I hope your visit here was successful. And to the people at embassy, "takk fyrir" for your hard work as always. It was very nice.
How much I enjoyed the occasion could be measured by the fact I missed my train station. I still do not understand how I could miss it as I was riding it standing. Probably a combination of consuming too much Black Death and a good dose of Sigur Ros on iPod did it. I was feeling just great. Yuka
[PR]
by icelandia | 2009-03-05 19:08 | アイスランドってどんな国? | Comments(0)
アイスランド音楽賞受賞者発表!動画満載!
 アイスランドのグラミー賞と言われるアイスランド音楽賞の授賞式の模様はこちらのブログでお伝え済ですが、今日は受賞者をキチンと書き出しますね。

 ン?書き出し始めて気づいたのですが、何だか賞の数が少ない!例えばヴォーカル賞は男女別れていないし、楽器別で、例えばギタリスト賞等々、細かいのが無くなってる!(少なくともそんな気がする)これも、経費節約の一環でしょうか・・・。

 文中のリンクは ICELANDia音楽ショップ内の関連商品です。そのものの作品にリンクっていることもあれば、アーティストだけが同じで作品が別の場合もあります。
 毎年受賞作品は必ず仕入れるようにしていましたが、クラシックやハード・ロック系はあまり出ないため、今年は仕入を控えています(ごめんなさい)。でも、アルバムが出ていれば取り寄せ可能なので、希望者は個別にお問い合わせ下さいm(__)m また、シガーロスやビョークのアルバムは特殊なものでない限り、お近くの音楽ショップで入手できます。

2009年アイスランド音楽賞受賞者
(受賞対象は2008年の作品)
Íslensku tónlistarverðlaunin fyrir verk ársins 2008


最優秀作曲家賞 Höfundur ársins Composer of the Year
 雑記:他の部門でもノミネートされているものがズラリ。特にBragiの曲が面白いので、シガーロスの次にYouTubeの動画を引いておきます。
 ノミネート:Bragi Valdimar Skúlason / Sigur Rós / Áskell Másson / Emiliana Torrini / Jóhann Jóhannsson
 受賞者:シガー・ロス『残響』Sigur Rós – for writing the songs of "Með suð í eyrum við spilum endalaust"

 受賞を逃した Bragi Valdimar Skúlasonの『Pabbi minn er ríkari en pabbi þinn』(タイトルの意味は「僕のパパは君のパパよりお金持ち」)

最優秀作品賞 Tónverk ársins Composition of the Year
 雑記:この部門に挙がったものはまだCDになっていない作品のようです。
 ノミネート: Karólína Eiríksdóttir 『 Stjórnarskrá Lýðveldisins Íslands 』/ John Speight 『Sinfónía nr. 4』
 受賞者:Áskell Másson「 Ora」

最優秀楽曲賞 Lag ársins Song of the Year
 雑記:2008年のアイスランド・エアウエイブスの音楽フェスの会場で初めてこの曲を聞いた時、キャッチーで楽しいメロディをすぐに覚えてしまいました。去年の大ヒット。オリジナルはパール・オスカルですが、(2008年新人賞受賞の)ヒャルタリンのヴァージョンも同時に大ヒット。去年のイチ押しの曲です。当初ヒャルタリンのアルバムにはこの曲が入っていませんでしたが、急遽ボーナストラックとしてデビュー・アルバムに追加しています。ショップにも入荷中。
 ノミネート: Sigur Rós『 Gobbledigook』/ Bragi Valdimar Skúlason『 Pabbi minn er ríkari en pabbi þinn』/ Sigur Rós『Inní mér syngur vitleysingur』/Múgsefjun『 Kalin slóð』
 受賞者:Toggi/Bjarki Jónsson/Páll Óskar「Þú komst við hjartað í mér」

 こちらはヒャルタリンのヴァージョン:

 受賞を逃した Múgsefjun の「Kalin slóð」

最優秀コンサート賞 Tónlistarflytjandi ársins Concert of the Year
 雑記:ビョークとシガーロスは世界ツアーではなくアイスランド国内での活動が評価されています。(ハード・ポップ・ロックの)ドクトル・スポックは見れば面白そう。授賞式で演奏して受賞したアンナのパフォーマンスのみが飛び抜けて異色の現代音楽。
 ノミネート:Björk / Þursaflokkurinn og Caput / Sigur Rós / Dr. Spock
 受賞者:Anna Guðný Guðmundsdóttir(ピアノ)
  「Tuttugu tillit til Jesúbarnsins」Olivier Messiaen作


最優秀歌唱賞 Rödd ársins Voice of the Year
 雑記:パール・オスカルは楽曲賞受賞者。エギル・オラフソンは大ベテラン。カトリナは注目のマムットのヴォーカリスト。最後はシガーロスのヨンシーです。
 ノミネート:Páll Óskar Hjálmtýsson / Egill Ólafsson /Katrína Mogensen /
Jón Þór Birgisson
 受賞者:エミリアーナ・トリーニ Emilíana Torrini


最優秀ポップ・ロック・アルバム賞 Popp/rokkplata ársins Pop/Rock Album of the Year
 雑記:個人的にはマムットにあげたかった賞。今回のマムットのアルバムは力強いしすごくいい。
 ノミネート: Dr. Spock 『Falcon Christ』/ Bubbi Morthens『Fjórir naglar』/ Jeff Who?『Jeff Who? 』/ Mammút『Karkari』/ Emilíana Torrini 『Me and Armini』/ Múgsefjun『Skiptar skoðanir』
 受賞者:シガー・ロス『残響』

最優秀クラシック&コンテンポラリー・アルバム賞 Sígild og samtímatónlist Classic & Contemporary Music Album of the Year
 雑記:ノージャンルと呼ぶべきカテゴリーで、ノミネートされている作品はジャンルがかけ離れていすぎて、同じカテゴリーに入れるのはいささか強引。ヨハンはアイスランドに居なかったようで、代わりに賞を受け取ったのがレイキャヴィクの有名な音楽ショップ、12Tonarのオーナー。
 ノミネート: Hugi Guðmundsson 『 Apocrypha 』/ Evil Madness『Demoni Paradiso 』/ Mógil 『 Ró』
 受賞者: ヨハン・ヨハンソン『フォードランディア』

最優秀ジャズ・アルバム賞 Djass Jazz Album of the Year
 ノミネート:Villi Valli 『 Í tímans rás』/ Sigurður Flosason 『Blátt ljós』
 受賞者:オマール・グジョンソン『 Fram af』

最優秀新人賞 Bjartasta vonin Brightest hope
 雑記:ノミネートはごく順当。(多分に年齢のせいで)私自身がさほどハードなロックについていけないので聞いていないけれど、確かに評判はいい。日本人は絶対的にKliveが気に入ると思います。Mugsefjunが入っていないのは、たぶん別部門でもノミネートされているから。DisaはJFMの娘のサラブレッド。ビョークの息子シンドリがヴォーカルのバンドは、来年のノミネート対象かも。
 Disaを除いてすべてKimi Recordsの配給。やっぱり去年、今年は何といってもKimiレーベルの年。あと一年くらいはキミ・アーティストが活躍しそうです。
 ノミネート:Klive / Retro Stefson / Dísa (Bryndís Jakobsdóttir) / FM Belfast
受賞者:エージェント・フレスコ 

最優秀ビデオ賞 Myndband ársins Video of the Year
 雑記:あれぇ、ノミネートが誰もいなくて、いきなり受賞でしょうか?
 受賞者:ビョーク&エンサイクロペディア・ピクチャー 「Wanderlust」
 c0003620_22564283.jpg 
最優秀アルバム・カバー賞 Plötuumslag ársins Album Cover of the Year
 雑記:左が受賞したアルバム・カバー。これはEvil Madnessの2枚目のアルバムで、1枚目のアートワークも凝っていました。ちなみにこのグループのメンバーのひとりがヨハン・ヨハンソン。
受賞者:Kate vonHarreveld & Helgi Þórsson for Evil Madness『Demoni Paradiso 』 下のビデオは彼らの音楽。

***

 YouTubeからの動画を多くしたので、読み込みが重くなっていませんように。授賞式はあと1-2週間アイスランドのテレビ局のサイト上にアップされているはずです。視聴したい人はアイスランド音楽賞に関する前回のブログ記事をご覧ください。
 動画を多くしたので、何となく楽しんでいただけたことを願っています! (小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




 I hope you enjoyed watching some Icelandic musicians on YouTube! Yuka.

アイスランドを代表するジュエリー・ブランド Aurum↓
 












  アイスランドの音楽がいっぱい!↓

[PR]
by icelandia | 2009-03-02 23:02 | Pops | Comments(2)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加が参加するツアー説明会、2017年は3月から5月までのみとなる予定です。それ以降は未定です。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム