execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
アイスランド初の人工波プール、レイキャヴィク郊外にオープン!
 レイキャヴィク郊外のÁlftaneslaugに新しいプールがオープンしました。久々に明るい話題なのでICELANDiaブログでお知らせしますね。

 このプールはアイスランド初の人工波プールで、オープンしたのは5月23日の土曜日。Álftaneslaug市民のために無料解放したところ、宣伝もしていないのに初日の来場者は約3千人!ほとんどパニック状態だったとか。

 ここは人工波のプールの他にも、25メートルの屋外プール、温度の違うホットポット、サウナがあり、隣接してスポーツ・センターやレストランも完備。それから、高さ10メートル、スライドする距離80メートルという、アイスランド一のウォータースライドも!
c0003620_23452467.jpg

 上記の写真はオープニングの模様を伝えるFrettabladid紙。

 楽しそうですよね。今年は海外にヴァケーションへ出る人が減り、国内で夏の休暇を過ごす人が大幅にアップ。国内レクリエーションの充実は、そんな人達で大賑わいになることでしょう。
 そうなんです、国内旅行者が増えるので、今年の夏は観光関係業者は不況知らずみたいです。ひとつでも潤う産業があればいいですよね。よかった。
 アイスランドを旅行される方、時間あればこういった郊外の市民プールへ行っても楽しいことでしょう。
***

 みなさまお待ちかねのアイスランドの音楽フェスIceland Airwavesに参加するツアーは6月15日発表予定です。ブログでも発表しますが、以下のURLの方が先に掲載されると思いますので、狙っている方はぜひご覧ください。
ICELANDia x 時価旅のコラボツアー
http://www.tour.free-bird.co.jp/campaign/Iceland/

 毎年ですが、たっぷり見られる日程でのツアーは、早い時期に売り切れる傾向があります。絶対に行く!と決めていらっしゃる方は、早めの座席確保をお勧め致します。説明会もやりますね。発表は後ほど。(小倉悠加 / Yuka Ogura)

 10月の音楽フェス、Iceland Airwaves参加ツアーは間もなく発表です!c0003620_22285641.gif






2008年アイスランド・ビジュアル・アート大賞受賞作家ジュエリー↓
 





  アイスランドの音楽がいっぱい!↓

[PR]
by icelandia | 2009-05-27 23:46 | News | Comments(4)
シガーロスに続くか?!アイスランドからの新人Agent Fresco
 晴天が続きますね。小倉@ICELANDiaは数年前にサフィアの苗を買ったのがきっかけで、玄関先に花があるのはいいなぁと思い、それ以来ずっと花を絶やさないようにしています。そして去年、花が終わり叩き売りされていたサフィアを地植えにしたところ、今や1メートルの巨大な株に。やたら花が咲き乱れるゴージャスな姿を見せています。
 天気がいいと、そういった草花が鮮烈に目に映り、何となく幸せな気分。みなさんの近所には、どのような花が咲いているのでしょう。
***

『Agent Fresco/Lightbulb Universe』  ご購入はこちらから。

 このバンド、本当に大化けするかもしれません。今後どう続いていくかの勝負。とりあえずポテンシャルは高いと見ました。
c0003620_18502415.jpg 
 今回ご紹介するのは、2009年3月に行われたアイスランドのバンド・コンテストで優勝したエージェント・フレスコ(もしかするとアゲント・フレスコかも)。

 侮れないわぁ。最初は、なーんだ単なる上手な素人バンドじゃんと高をくくろうとすると、え?いきなりそんな滑らかフュージョン崩れのピアノのフレーズ入れる?といい意味でフェイントを喰らうと、続いてロックなのかバラッドなのかといった浪々としたヴォーカルが重なり、最初の印象とは全く違ったバンドに変貌。
 それだけでは終わらず、続いては変則リズムをはさみ、ジャズかプログレに走るのかと思うと、どう聴いてもヘヴィメタ?というギターフレーズ。これだけ詰め込んで、それでも散漫になっていなくて聴いていて面白い!

 さすがシガーロスを生んだ国だわ〜。実際はシガロスよりもずっとわかりやすいロック寄りのリズムだけれど、根底に流れる摩訶不思議感は共通。アイスランド・チックなメロディ・ラインと、哀愁。きれいにハモったかと思うと、それが雄叫びとなり、メヴィメタになったかと思うと、音に空間が出来て半ばプログレに突入。すると次は浮遊感のあるエレクトロニカに近いような音も飛び出す。

 シガーロスと同様にジャンル分けがはばかられるグループで、あえて言えばメロコアなのかなぁ・・・。すごく重いがこもっているのもよく分かるし、伸びて活躍してくれるといいなぁ。

 私がアイスランドに足を運び始めた頃、レイキャヴィクの有名な12 Tonarという音楽ショップのオーナーから「僕はこのバンドの音楽が、例えばシガーロスにも脈々と受け継がれている音楽の伝統みたいなものを持っていると思う。是非聴いてみて」というような言葉と共に手渡されたのがHinn Islenski Pursaflokkurというグループの作品で、Agent Frescoのこのアルバムを聴いても、やはりHinn Islenski Pursaflokkurとの共通項を色濃く感じます。

 一筋縄ではないバンドであることは確かです。聴けば聞くほど面白くて、こういった紹介文を書くために1度聴けばいいじゃなくて、個人的な興味からも、先ほどから3-4度回転させてる。ホント、アイスランドのバンドって侮れない・・・。

 憶測ですが、たぶんメンバーは音楽マニアで、70年代からのロック、ポップ、ジャズ、プログレ等々を網羅して聞いている気配あり。正直、あのバンドのあの曲のあの部分?と思われるフシがなくもないけれど、上手に煮炊きしてあるし、たぶんあれもこれもを聞いた結果、こういう形となって出てきたのでしょう。

とりあえずはMySpaceで聴いてください。 http://www.myspace.com/agentfresco

 ホント、感心しました。化ける可能性あり。今年のAirwavesでは要チェックです(行く人は必聴ね)。ライブが上手いといいなぁ〜〜。(小倉悠加 / Yuka Ogura)

 10月の音楽フェス、Iceland Airwaves参加ツアーは間もなく発表です!c0003620_22285641.gif






2008年アイスランド・ビジュアル・アート大賞受賞作家ジュエリー↓
 





  アイスランドの音楽がいっぱい!↓

[PR]
by icelandia | 2009-05-20 18:55 | Pops | Comments(2)
ジャケ買い大正解!超楽しく可愛いアイスランドの子供用アルバム
 今回の ICELANDia ブログはお約束通り、アイスランドからのニュー・アルバムのご紹介です。経済崩壊以来ニュー・アルバムがなかなか出てこないので、(商売上も)悲しい状況です。なので今回少しでも新しいものをご紹介できることを、とてもうれしく思います。ぜひアイスランドを、アイスランドの音楽を応援してあげてください!

『Gilligill / Bragi Valdimar og Memfismafían』 ご購入はこちらから。
 c0003620_16174040.jpg
  『Gilligill / Bragi Valdimar og Memfismafían』は見た目の通り、とびきり楽しいアルバムです!20ページ以上のカラー・ブックレットも激カワ!

 アルバム・タイトルはどう読むんだろうーータイトル曲を聴くと、普通に「ギリギル」と聞こえます。が、アイスランド語の発音の作法に則れば、「ギットリキットル」のはずなんですが・・・。でも、ギットリギットルを早く言うと、ギリギリとかギリギルに聞こえなくもないので、まぁそんなところか、と(苦笑)。

 まずはジャケがメチャ可愛いですよね。はい、ジャケ買いしてまず間違いありません。この雰囲気が、そのままアルバムになっている感じです。観音開きというのでしょうか、3面見開きジャケになっていて、20ページ以上のカラー・ブックレットが貼り付けてあります。これがかなりの激カワ!ジャケと同じイラストレーターだけでなく、バービーのコラージュっぽいデザインがあったり、カラフルな線画みたいなページもあったりと、かなりバラエティに富んでいて、見ているだけで楽しい。
 男子と女子が赤い糸で結ばれているイラストもあり、赤い糸の伝説って、世界共通なんでしょうか?
 
c0003620_16241456.jpg
ブックレットがあるということは、歌詞が印刷されているので、アイスランド語の学習にも使えそうです。

 子供の音楽(らしいの)ですが、歌手は全員アイスランドでは名前の知れた人ばかりで、前回のブログにも書きましたが、 例えばビョークが設立したレーベルからアルバムを出したことのあるマッガ・スティーナや、アイスランドピカ一の歴史的グループ、スツーヅメンのイギル・オラフソンなど。また、元シュガーキューブスのシグトリギュールや、当世切っての人気バンド、ヒャルタリンのメンバーなども入っています。ピアノには、フリスのダヴィッズの名前も見られます。
 
 明るい曲調の楽しげな歌が多く、数曲は「語り」に近い曲もあり、すべてアイスランド語なので、アイスランド語の響きもたっぷりと楽しめます。歌詞の内容は分かりませんが、なかなか楽しそうだということは、雰囲気から何となく感じとっていただけるのではと思います。

 CDのアルバムを見ているだけで、持っているだけで、超楽しい!ってアルバムはなかなかありませんよね。興味がわいたら是非どうぞ。プレゼントにも最適かと思います。こんなアルバム持っている人、日本には滅多にいないっしょ!よろしければ、ぜひ早めにこちらでゲットしてください。いつもの通り、入荷枚数が少ないです・・・。

『Gilligill / Bragi Valdimar og Memfismafían』
◇収録曲目
1. Gilligill - Sigríður Thorlacius
2. Hvað segja dýrin? - Sigtryggur Bladursson 
3. Afi minn og amma mín - Magga Stína
4. Mamma og Barbie  - Snorri Helgason
5. Laugardagur (korter yfir sex)  - Sigríður Thorlacius
6. Ævintýrið um Sipp  - Egill Ólafsson
7. Kallinn sem keyrir mig í skólann - Magga Stína
8. Innipúkinn - Guðmundur Pálsson
9. Pabbi minn er ríkari en pabbi þinn -  Egill Ólafsson, Björgvin Halld...
10. Skrímslin í skápnum - Sigtryggur Baldursson
11. Vögguvísa - Sigurður Guðmundsson
***

ICELANDiaブログ読者のみなさん、メタボは大丈夫ですか?
 痩せ過ぎの悩みはあまり聞かないと思いますが、太りすぎ同様、痩せ過ぎにも悩みはあります。私もそのひとりで、ただでさえ低体重なのに、フィットネスを始めてから太らないどころか、油断するとすぐに体重が減り、戸惑っている最中です。
 胃が重いのは好きではないため、軽く食べて終わりにしたくても、軽く食べるだけだと、運動量が多いためテキメンに体重が減少します。通常の2-3割増しで食べてやっと体重を維持できる程度。腹六部程度しか食べる習慣がないので、人並みに食べるには努力が必用なのと、胃に負担がかかるので、どうしたものか・・・。(小倉悠加 / Yuka Ogura)

 10月の音楽フェス、Iceland Airwaves参加ツアーは間もなく発表です!c0003620_22285641.gif






           アイスランドの素敵な音楽をぜひ〜〜!↓

[PR]
by icelandia | 2009-05-19 16:25 | Pops | Comments(0)
アイスランドからの楽しいアルバムを、いくつか間もなくご紹介
 10日間以上も更新していなかったにも関わらず、いつも ICELANDiaブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。

 アイスランドと日本のあるコーディネーションをしていて(内容はそのうちにお裾分けできると思います)、何がどーのとは具体的に出しませんが、何ヶ月も気を揉んでやっと連絡がついたら・・・ということがあり、どーも気もそぞろです。

 でも、アイスランドから久々に数タイトルほど新しいアルバムが届いたので、ニュースではありませんが、ボチボチご紹介しますね・・・ってこの前もそう言ったんでしたっけ。
  c0003620_2349145.jpg
数日前に届いたアルバムは、例えば子供用なのですが、大人が聴いてもとても楽しい『Gilligill』。歌っている歌手は(アイスランドでは)有名どころばかりで、例えばビョークが設立したレーベルからアルバムを出したことのあるマッガ・スティーナや、スツーヅメンのイギリ・オラフソンなど。歌手ではありませんが、元シュガーキューブスのシグトリギュールなども入っているのです。

 それから、去年の春にたまたまライブを見て、イケメンのヴォーカルが気に入った(こういう理由もアリということで)のSudden Weather Changeのデビュー・アルバム。このグループはかなり注目です!

 それから、今年のバンド・コンテストで優勝したAgent Frescoのアルバムも。順にテンポよくご紹介できる予定です。
***

  6月末に予定していたツアーですが、新型インフルエンザの影響もあり、旅行を取りやめたり控える方々が多いため、今回は見送ることになりました。楽しみにしてくださっていたみなさま、ごめんなさい。でも、10月のAirwavesツアーはやりますし、間もなく発表出来る予定です。10月のツアーは毎年恒例なので、問題なしです!(小倉悠加 / Yuka Ogura)

 10月の音楽フェス、Iceland Airwaves参加ツアーは間もなく発表です!c0003620_22285641.gif






           アイスランドの素敵な音楽をぜひ〜〜!↓

[PR]
by icelandia | 2009-05-17 23:50 | News | Comments(2)
ドクトル・グンニの会心作CD、72ページブックレット付!6月にアイスランドへ行きましょう!
 GWも最終日となりました。みなさんは楽しい時間を過ごされましたか?私は実家に帰った以外は、4月からのフィットネス通いが楽しいので、時間が許す限り午前中はジムに通っていました。
c0003620_18445163.jpg  重症の肩凝りがなくなり、小さなチカラコブまで出来て満足。思わず鏡の前でポーズをとってしまい、ボディビルダーの気持ちが分かってきました(笑)。

 さて、アイスランドからちょっと面白いアルバムが届きました。これがなかなか侮れない!素晴らしい!

ドクトル・グンニの新作『Inniheldur』は
72ページのブックレット付(写真も多数)。
300部限定、ナンバリングと直筆サインあり。18曲入り。

 アイスランド国内以外で扱っているのは例によってICELANDiaだけ!こちらにあります。

c0003620_18523872.jpg かなりの力作です!音楽評論家であり、音楽研究家であるドクトル・グンニは、これまでにも何枚かアルバムを出してきました。今まではSmekkleysa から出していましたが(アイスランドではビョーク等々と同じ)、今回はレーベル自体が発売タイトルを減らしているためか自主制作盤で、この人は本当に趣味がいい!

 音楽評論家だけあり、ツボを心得ていて、外すところは思い切り外し、まとめるべきところは上手にまとめ、オープニング曲だけはパンク?という感じの曲調で、中身はほとんどノリのいいポップ。ローファイなところもアイスランドらしくて二重丸。

c0003620_1852181.jpg 女性ヴォーカルとのデュエットもあり、メロディもどこかアイスランド的で、アイスランド音楽の歴史をよく知るグンニだけあり、必然的にそうなるんだろうなぁという曲調。
もちろん、そんな曲のハシハシには、現在のアイスランド・ミュージックの歴史や現在のシーンに通じるものがあり、当然シガーロスのルーツをうっすらと垣間見るようなところもあり、少なくとも私には非常に興味深く映ります。 

 スローブローとはベクトルが異なるとはいえ、ローファイなローカル感と、アイスランド語の響きに、アイスランド好きの人は強烈に惹かれるのではないでしょうか。

 モノクロなので見た目は渋く映りますが、音楽は・・・派手という言葉には当てはまらないとしても、結構気張っているというか、いい感じにチカラがこもっています。

 ジャケットのアートワークは、たぶん経済崩壊となり、工事中のクレーンがそのままになった様を切り取ったのではと思われます。自分には関係ないと、バブルには懐疑的な人だったので、案外これがアイスランド人の本来の姿だと思っているフシも・・・。

 アイスランド語が分からないので何とも言えないとはいえ、どっしりと地に足の着いた良質のアルバムであることは確かでしょう。これが自主制作でたった300部限定とは、実に勿体ない!

 興味ある方は、ぜひ今のうちにゲットしておいてくださいね。今はまだありますが、在庫が尽きると即入手困難になります。ドクトル・グンニの『『Inniheldur』』はこちらにあります。
***
 
 5月16日(土)にツアー説明会!
 6月下旬に出発予定の欲張り&スペシャルなアイスランド旅行の説明会を、5月16日(土)に行います。
 旅行に関してに加えて、アイスランドの今のあれこれもお伝えする予定です。ぜひ会いに来てくださいね!
c0003620_1844297.jpg◆説明会日時
1回目 4月23日(木) 18:30開場 19:00〜20:00 終了
2回目 5月16日(土) 12:30開場 13:00〜14:00
◆場所
ワールドトラベルシステム株式会社 本社 会議室
 (JR・地下鉄 飯田橋駅より徒歩3分)
◆説明会お申し込み方法
*メール予約
下記アドレスに件名を「アイスランド・ツアー説明会予約」として、お名前・電話番号(携帯電話可)・参加希望日を書いてお送りください。
メールアドレス:  tour@free-bird.co.jp
 *電話予約
03-5228-3565 にお電話いただき、アイスランド・ツアー説明会の予約をされたい旨、電話に出た担当者にお伝えください。 
   *説明会の定員はそれぞれ15名。定員になり次第締め切らせていただきます。
   *参加無料です。

ツアー参加申し込みも既に受け付けています。
時価旅X ICELANDiaの特別ツアー
 http://www.tour.free-bird.co.jp/desc.php?ti=6875
 
◆ツアー内容のブログ
 http://icelandia1.exblog.jp/11252729/

 みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!(小倉悠加 / Yuka Ogura)

 注目!6月末のわがままスペシャル・アイスランド・ツアー説明会は5月16日(土)です。c0003620_22285641.gif






           5周年記念セール間もなく終了!↓

[PR]
by icelandia | 2009-05-06 19:01 | News | Comments(2)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
小倉参加最終!5月13日Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加がアイスランドに拠点を移す関係で、小倉が参加するツアー説明会の最終は5月13日です。それ以降も説明会はありますが、小倉はビデオ参加等になる可能性が高いです。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム