execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
今年のアイスランド・エアウエイブスは凄すぎてどーすりゃいいの(独り言)
 いつもICELANDiaブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。少しの間更新をサボってごめんなさい!

 そして今回のブログは、もしかして支離滅裂かも。というのも、今年のアイスランド・エアウエイブスが凄すぎる!!私は2003年からずっとこの音楽フェスを見続けて来ましたが、なんか今年はモーレツ(←死語)にエキサイトしてしまっています。

 なので、以下の文章は、今年このフェスを見に行くとか、いつか見に行ってみたいとか、見に行ったことがあるとか、そういう人だけお目通しください。アイスランドについて興味がある・・・という普通の人には、暗号みたいで何も理解できないかもしれません。

 つーことで、今年のアイスランド・エアウエイブス。

 だってもう、本当に凄いんだもん。ハルパという国立劇場がこの春にオープンしたこともあり、なんと ビョークが出演!!!キャァ〜〜!!!思い起こせば去年、「ハルパがオープンして、例えばビョークが出たらみんな見に来るかな?」と、アイスランドで最もビョークから信頼されているという人から尋ねられたのですが、それが実現するなんて、本当にうれしい!
 え?私の答えは簡単で、「尋ねるまでのこともなく、当たり前。ビョークが出たら、外人テンコモリでワンサカ来るよ」と、私が英語でどう言ったのか知らないけど、そういうニュアンスで言ったつもり。
 来年はきっとシガーロスだな!(と、既に決めつけて、もう来年を楽しみにしている私。ダメだ、今日の私はうれしすぎる!)

 それだけで、このフェスがなんだか異次元の、別次元のものになってしまうのですが、その上に ヨハン・ヨハンソン 3年ぶりの教会ライブ!これはもう、決定的に金縛りライブでしょう。その上、ビョークのコラボレーターとして長年貢献してきたヴァルゲイル率いるベッドルーム・コミュニティ(BC) の面々( ヴァルゲイル、ニコ・ミュリー、ベン・フロスト、ダニエル・ビャルナソン、パズル・ミュートン)は、レイキャヴィク交響楽団と共演!ヴァルゲイルのところは、ポストクラシック、ダークノイズ、ネオフォーク等、最先端で斬新なサウンドをこれでもかと聴かせるので、交響楽団と共演なんて、もう涙、涙・・・ 
 そして涙といえば、BC&交響楽団を聴いていると、どうやらヨハンのライブに間に合わないかもしれないこと。

もうこれだけで充分に堪能して、帰国していいだろうと思える感じの内容。

でも、アイスランド・エアウエイブスの醍醐味というのは、聴く前から「絶対に感動するよね」と分かりきっているアーティストを探ることよりも、素晴らしい音楽を作っている無名アーティストとの出逢いにあります。なので、いつものクラブ・ホッピングも止めたくないし、特にこの2-3年で一度アーティストが主要な面々が固まってきたので、今年の私は若手を中心にあれこれ見聞きしたいと思っているのです。だから、絶対安全圏の大御所ばかり見るのは控えよう、とも。

 そうは言っても、やっぱりFor a Minor Reflection は見たいし(だって、音がメチャかっこいいんだもん)、デビュー当初から見てる関係で、娘のように思ってる Pascal Pinonの成長も見たいし、安全圏だけどOlafur Arnalds も漏らしたくないし(今の私には、ヨハンよりも実はオッリの方が見たい)、昔からシンガーソングライターが大好きな私はSoley がお気に入りなので、初ソロは見逃せないし、Yagya でチルアウトなんていうのもすごく素敵だと思ってる。

 アイスランドの音楽フェスなので、私はなるべくアイスランド勢を見るようにしているけれど、今年は始めて日本からのアーティスト、 mi-gu(荒木ゆうこ)さんが出るし、次には オノ・ヨーコさんのプラスチック・オノ・バンドまで!

 ムームは出ないみたいだけど、フロントで歌っているシッラのソロ(Mr.Silla )はいつも心暖まる演奏だし(たぶん、バックにグンニは出て来ると思う)、ムームということではオルヴァルが正式メンバーである FMBelfastは、アイスランドっ子の盛り上がりを体験するのに最高!(死ぬほど混む。会場が壊れるかと思った)あぁ、FM Belfastは想像しただけで楽しすぎる〜。Kimi Labelのアーティストがほとんど全員ステージに上がるくらいの勢いでやるし。

  Sin Fangことシンドリのソロも見たいし、え〜ヨハン・ヨハンソンの前は Hauschkaなのぉ。どうしよう・・・BCとモロ被ってる(身体がふたつなくて号泣)。

 個人的に大好きなのでMugison も見たいし、伝説の酔いどれバンドHAM の再結成も、アイスランド音楽オタクとしては見逃してはいけないと思ってる。そして、どう切り取ってもすごくいいライブをやる Agent Fresco, Mammut, Retro Stefson, Lay Low、Dikta等を見る余地がほとんど無い。もっとも、私は相当今まで見て来ているので、だからヨハンは飛ばそうかと少しだけ腹は括れるんだけど。

 今まではアミーナと出ていた Kippi君も今年はソロがあるし、去年登録し損なって非公認のオフ・オフ会場でやってた Hellvarも今年はメイン会場に登場。ヘイザのヴォーカルは大好きだし、第二のビョークになるか?と言われていたのも納得。

日経アメリカ人で、昼間は交響楽団のバイオリニスト、夜はロックンローラーになるローランド率いる Cynic Guruも個性的だし(ロックにしてはバイオリンの音がメチャクチャキレイ)、あぁSvavar のクマちゃんのような笑顔と暖かい歌声にノックアウトされるのも好き。ここ数年たっぷりと聴いたので今年はパスしようかと思ってるけど、 Hjaltalinはポップで親しみやすくライブもすごくいいので、彼らのライブ未体験者は是非。

で、アイスランド人以外は見ないようにしていると言いつつ、 Owen Pallettも見たい。でも、教会の シンニード・オコーナーはパスだと思う。

 え〜、とうとうメガス まで今年は出るの?!すごい!メガス大師匠!!ビョーク好きの人は見逃さない方がいいですよ。なにせビョークは、忙しくなっても出来る限りメガスのバック・ヴォーカルはやってたくらいの人。平たく言えば、アイスランドのボブ・ディランみたいに、一本調子の歌だけど、でも、絶対に一度は聴いておいて損は無いと思う(私は過去2度ほどライブを拝聴し、インタビューまでさせていただきました。酒臭かった(笑))。

 あぁ、今年は久々に GusGus見たいよねぇ。HjaltalinのホグニもGusGusのニュー・アルバムに入っていて、ヴォーカルがものすごくパワーアップ。 Daniel Agustさまとマエストロ・ホグニのコンビなんて、これも身もだえもの。 サミーのビッグ・バンドも、見た事ない人はぜひ!

 シュガキュ関係を網羅したい人はGhostigital は不可欠だし、去年Stafraen Hakon がよかったし、ハープを作ってくれるLarusも出てくるだろうから、見に行かなくちゃ。Q4U って80年代のバンドのあれ?というポップ・バンドも出て来るそう。これって半ば怖い物見たさに見てみたい!それに Pornopopまで!Pornopopは全アルバム持ってるんだけど、ライブを見た事がないし、エアウエイブスに今までは出てなかったんじゃないかな。
 おぉ、Ghostigitalの前に、話題の Samarisが出るじゃん。Elin Ey はMezzoforteのキーボードのEythorのお嬢さんのはず。
 
 そして 究極の親子対決が!それはビョークとシンドリ・エルドン。全く同じ日の同じ時間に別の場所で演奏。ビョーク・マニアはどちらへ行く?! 

 メイン会場で見られなそうな人は、なるべくオフ会場で捕まえようと思うけど、そんなに上手く時間調整がいくかなぁ。

 あぁもう、文字通り、ピンからキリまで、心躍るアーティスト満載で、今年はお茶を飲む時間も、食事時間もゼロにする覚悟か、と。いつも欲張りすぎて、バテで途中で投げ気味になる時があるので、今年はホント、ペース配分をよく考えなくちゃ。

 今までは、私が行きたい会場が固まっていたからいいけど(徒歩30秒から2分の範囲)、今年はハルパが出来て、ちょっと離れているので(5分程度)、それを行き来するのは辛いから、どう上手に各会場を回るかですね。どの会場も、ほぼ絶対に時間通りにいかないから。

 という、超独り言のブログでした。これを難なく解読できる方は、かなりアイスランド音楽を聞き込んでいると認定します。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




  アイスランドのトラッドもあります!↓


[PR]
by icelandia | 2011-09-28 01:06 | アイスランドってどんな国? | Comments(2)
続報:中国人が購入するというアイスランド国土0.3%の場所と写真
 昨日ICELANDiaブログのこの記事でお伝えした、中国人不動産王が狙っている土地についての続報です。この土地は中国側からの購入の申請が出ていますが、まだ政府は許可を出してはいません。

まずはGrímsstaðirの地図をご覧ください。 アイスランド北東部です。
http://www.accommodation.is/?gid=1496
c0003620_2334307.jpg

 これは画面キャプチャですが、実際に上記URLにアクセスするとGrimsstadirは紫色が点滅しています。
 どうやらヨーロッパでは、北極の氷が溶けて北方海路が拓けた際の拠点に使えるのでは、とか、近くに深水港があるとか言われているそうですが、私がこの地図を見る限り・・・直線距離であれば確かに港に近そうにも見えますが、山をぐるりと越える必用があるので、実際のルートとしてはかなり距離があるように思えます。
 この場所は、ミーヴァトンから45キロ程度ということで、車であれば1時間くらいですね。でも、山に囲まれていて、寒そうだし使い道があまりなさそうにも見えます。

 次に見つけたのが、アイスランドの新聞記事これ。以下はキャプチャです。
c0003620_23342476.jpg

 タイトルのアイスランド語は、2007年から23組の外国企業(外国人)に、不動産買収の許可が下りた、という意らしいです(「らしい」だけで、正確ではないかもしれません)。

 確かにだだっ広いだけで、何も無いといえば何も無い。風光明媚でもない、とも言えるし、日本人の私には、遠くに山が見えているだけで、かなり風光明媚な部類に入るんですが・・・。
 記事を直接見れば、写真が拡大できるので、興味ある方はぜひ見に行ってください。

 ここに高級リゾートねぇ。確かにゴルフコースは無理なく作れそうだけど、冬にも使えるのか疑問。この地方だと、10-11月頃から雪が積もるだろうし、5月初旬にミーヴァトンへ行った時は、まだたっぷりと雪があったもんなぁ。ゴルフコースが使えるのは、6-9月に限られると私は思うんだけど・・・。
 それに、万が一、アイスランドであるここに、中国お得意のディズニーもどきとか、ドラエモンもどきとか出てきたらどうしよう・・・。偏見で申し訳ないけど、中国は前科があるので、仕方ないです。あぁ、アップル・ストアもどきもありましたっけ。

 独り言が多くて失礼!

 大した情報ではありませんが、「アイスランドの全国土の0.3%」というのがどの土地を指しているのかを、具体的に少しでもご理解いただく助けになればと思っています。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




  アイスランドのトラッドもあります!↓


[PR]
by icelandia | 2011-09-15 23:37 | News | Comments(5)
中国人資産家が高級リゾートを計画 : それはアイスランドのどんな土地?
 9月も半ばだというのに、まだ日中は30度を超え、いい加減にしてくれぇ〜!とウンザリです。みなさんマメに水分補給をして、熱中症にならないように注意してくださいね。

 さて、前回、中国の富豪がアイスランドの土地を広大に購入したいと申し出ていることをお伝えしました。アイスランド国内の反応はといえば、大統領が歓迎の意を示し、政府は慎重な構えを見せています。
 
 ここでチラリとお勉強です。アイスランドには大統領と首相が存在します。大統領はシンボリックな存在で、政治的な権限はありません。国民投票を承認するとか、まぁそういったお役目はありますが、実務を担うのは首相であり政府なんですね。なので、アイスランドの大統領は、アメリカの大統領のような感じではないことを知っていただければと思います。

 で、一般国民はどう考えているのかといえば、マスメディアのリサーチによると60%近い人々が賛成だそう。中国との関わりにおいては、日本のような体験を持たない国民なので、まぁそんな感じなのかなぁというのが私の感想です。

 そんな時、アイスランド国民が信頼を置くジャーナリスト、エギル・ヘルガソン氏が、アイスランドの英字情報誌Grapevineに記事を発表。元記事の「Agents of World Domination?(世界征服のエージェント?)」はここにあります
c0003620_23322941.jpg

 政治的な部分は飛ばしますが、中国人が購入しようとしている土地について、興味深いことがいくつか書かれているので、ご紹介したいと思います。

 ヘルガソン氏によれば、件の土地は北東部に位置するアイスランド最大規模の農場で、過剰放牧のため荒れ地化、無人化している、と。気温は摂氏マイナス30度にまで下がる土地であり、風光明媚ということもない(註:アイスランド人は自然を見すぎているので、外人が見ると風光明媚だと思う可能性あり)。そのような場所に中国人のための豪華なリゾートを、ゴルフコース付きで作りたいとしている。
 いわば「興味深い計画」であり、そのような厳しい土地にリゾートを作る本当の目的は?と思わずにいられない。北京の北部であれば、似たような場所はあるだろうに・・・、とも。

 私もそうですが、極地の氷が溶けた場合、アイスランドは北極海路の重要な拠点になり得るため、その布石作りかとも思えたりしますが、どうやらこの農場は「いかなる港からも遠く」現実的ではない、と。
 そうなると、もしやこのリゾートなるものを隠れ蓑として、ボタンひとつで世界がどうにかなるようなものを置くとか?カメラをぶら下げた中国人観光客だと思っていたのが、「世界制覇のエージェント」に 豹変するとか?ーーというのがヘルガソン氏が書いていること。
 
 理由は私も知りませんが、中国はアイスランドに並々ならぬ興味があるようで、アイスランドに代表団を送り込んだり、中国にアイスランドの小説家や音楽家を招いたりと、かなりそれが盛んです。私の知り合いのミュージシャンも、毎年のように上海音楽祭に出演しているのは事実。
 アイスランドの大統領はアンチEU派でもあるため、今回のこと以外にも中国寄りの発言は少なくなく、この5年間ヨーロッパにはほとんど足を向けないのに、中国へは6回も訪問。この件に関しては私も興味あるので、来月アイスランドへ行った際に、外務省の知り合い(大統領のお付きで上海にも行ったことがある人)に根掘り葉掘り尋ねてみようと思っています。

 この件は「興味深い」としか表現のしようがありませんが、どうやら少なくとも、軍事的な拠点になりそうな場所ではなく、アイスランド人から見ると、使い道のない場所を買い取ってくれる、程度にしか見えていないのかもというのが、ヘルガソン氏の記事で何となく分かってきました。それをこのブログを通してみなさまにもお伝えしたかったのです。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




  アイスランドのトラッドもあります!↓









ビョークのライブ決定!エアウエイブス・ツアー!↓
c0003620_355719.jpg

 
[PR]
by icelandia | 2011-09-14 23:43 | News | Comments(2)
アイスランドのウォッカが国際コンテストでトロフィー獲得!中国人富豪がアイスランドの土地で娯楽施設?
 昼間は暑くても、朝夕が涼しく過ごしやすくなりましたね。台風も関東地方は大丈夫でしたが、水害が酷い地方が多いようで、とても心が痛みます。今年はどうしようもない災害続きなので、これ以上の災害が起きないよう祈るような気持ちです。

 さて、日本も少しずつ秋が近づいている気配ですが、アイスランドは秋から冬の空模様で、特に北部では道路の凍結等も出て来ているようなので、レンタカーなどで回られる方はぜひご注意ください。

 今回のブログは、楽しいニュースと、ちょっと心配なニュースをひとつずつお届けしますね。

アイスランドのウォッカが国際コンテストでトロフィー獲得!
 c0003620_23525239.jpg
アイスランドのウォッカ『Reyka(レイカ)』が、ロンドンで行われたインターナショナル・ワイン&スピリット・コンペティションのウォッカ部門でトロフィーを獲得!コンテストのサイトにも掲載されています。
 レイカはそれほど歴史のあるお酒ではありませんが、天然のきれいな水と、自然に囲まれた素晴らしい環境、手厚い扱いの元で生まれた、スッキリとしたのど越しのウォッカです。
 お土産としてミニボトルも出ているので、アイスランドへ行った際は現地で味わうと共に、ぜひお土産にもどうぞ。

このお酒については数年目に当ブログでもご紹介していました。それがこのブログ

Reykaの公式サイト
https://www.reyka.com/

中国人資産家がアイスランドの国土0.3%を買収?
 そうなんです。日本のいろいろなメディアでも報道されていますが、中国人の富豪・黄怒波氏がアイスランドの土地を取得し、そこに一大リゾートを作ろうという計画。
 まずは10億アイスランド・クローナ(約7億円)で アイスランド北東部の土地を購入し、100億~200億クローナを投て高級ホテルやゴルフ場、娯楽施設を建設する計画。地元にお金が落ちることは確かでも、他国民(それも中国人)がこれほど大規模な開発をして、将来不都合なことにならないのか・・・。
 それを懸念し、政府は割合慎重な構えですが、アイスランドのマスコミが調査したところ、国民の過半数(59.1%)がこの話に賛成という結果が出たそうです。

 正直なところかなり心配。アイスランドは北海航路の足がかりになる場所だし、中国が娯楽施設を作るとなると、ニセ・ディズニーとか、パクリ・ドラエモンとか、そういうのしか思い浮かばない・・・。
(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




  アイスランドのトラッドもあります!↓









ビョークのライブ決定!エアウエイブス・ツアー!↓
c0003620_355719.jpg

 



 
 
[PR]
by icelandia | 2011-09-09 23:55 | News | Comments(0)
ヨンシー&アレックスの限定Tシャツ入荷!数が少ないので急いで!ツアー空席あり!
 蒸し暑さがぶり返しジメジメしてどうも気分がシャキっとしません。台風の被害もまだ続いている気配で、早く、少しでも落ち着くといいのですが・・・。

 食欲の秋までもう一歩ということころで、この高湿度にさすがの私も負けたのか、食欲減退。みなさんはモリモリ食べて元気でいてくださいね。

 今日はちょっとしたお知らせです。ヨンシーとアレックスがデザインした超限定Tシャツ入荷!レイキャヴィクのデザイン工房(自室?)で生まれたと言われるTシャツが3枚です!
Jonis & Alex 限定Tシャツ!
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=34599929
c0003620_2226959.jpg


 制作されたのは84枚のみ!なぜ84という中途半端な数字なのかは不明。タグにはナンバリングがあり、こちらの手元に届いたのは24,28,30番で、入手できたのはLサイズが3枚。発売元では既に全サイズ売り切れています。
 本当はSやMが欲しかったのですが(私自身も欲しかったし・・・)既に売り切れていたので、Lが一番小さかったのです。
 Tシャツ自体はアメリカ製のオーガニックコットンTシャツなので、Lだと結構大きいですね。でも、女性ならダボっと着るのも可愛いかも!

 せっかくのチャンスなので、ヨンシーとアレックスが作った音楽も聴いてもらいたく、音楽CDをオマケとさせていただきました。
***

 お知らせをいくつか。

 *アイスランド・エアウエイブス・オーロラ・ツアーに2席ほど空きが出ました。そのため、希望者がいらっしゃれば、9月9日(金)に説明会を開きます。
旅行および旅行説明会のお申込み・お問い合わせ
株式会社エアー&トラベル・マーケティング
TEL:0422-24-7888
メール:help@a-tm.jp

 *お世話になっている写真家のシバノ・ジョシアさんが、ひょんなことから(?)仮店長を仰せつかり、二子玉川のカフェでアイスランド+北欧ウィークを開催中。アイスランド音楽三昧の日もありますので、お時間のある方はぜひ!詳しくはこちら→http://icelandia1.exblog.jp/16784237/
 次回のブログはアイスランドのニュースをいくつかご紹介する予定です。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




  アイスランドのトラッドもあります!↓









ビョークのライブ決定!エアウエイブス・ツアー!↓
c0003620_355719.jpg

 

 
[PR]
by icelandia | 2011-09-05 22:28 | News | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム