execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
アイスランド・エアウエイブス・ツアー説明会4月30日、今年もムームが!!
 先日からチラチラとアナウンスしていますが、4月30日(水)に「アイスランド・エアウエイブス&オーロラ・ツアー2014」の説明会を行います。
 今年もまたまたムームのメンバーがこのツアーのためにスペシャルに何かをしてくれる予定です。

 近年は毎年ツアーは満員御礼で催行していますので、早めのお申し込みがお勧めです(早期申し込み特典もあります)。7日間と9日間のコースがあり、片方が売り切れてキャンセル待ちというのもここ数年の傾向です。
c0003620_2284246.jpg

アイスランド・エアウエイブス・ツアー説明会(参加無料)
アイスランド・エアウエイブス&オーロラ・ツアー・サイト
http://icelandairwaves.jp/
 現在、サイト内容の情報アップデートを行っています。更新が完了したセクションから開けていきますので、現在リンクを外しているところが多くて失礼します。
 「よくある質問」はご覧いただけますので、ご参照ください、

2014年版ツアーチラシPDF (547k)
 http://alljos.com/tours/IcelandAirwavesTour2014.pdf

2014年ツアー説明会:4月30日(水)19時30分から20時半
*場所 :(株)ツムラーレコーポレーション会議室
 〒105-0014  東京都港区芝1-7-17 住友不動産芝ビル3号館3階 地図
   最寄駅:「浜松町駅」金杉橋口 (JR、東京モノレール) 徒歩7分
      「大門駅」 A1出口 (都営大江戸線、浅草線) 徒歩7分
      「芝公園駅」 A1出口 (都営三田線) 徒歩10分

※お申込み方法(メール)
お名前とメールアドレス、参加希望日、参加人数、緊急連絡先電話番号を明記の上、iceland.airwaves.jpn(@)gmail.com までメールをお送りください。参加受付の確認をご返信致します。ツアーの内容についての質問等もこのアドレスで受け付けています。

説明会ですが、今後は5月17日(土)16時~17時/ 5月28日(水)19時半~20時半を予定しています。私はもうすぐアイスランドを出て日本に帰国します。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


日本での扱いはここだけ!というアイスランド満載!↓


[PR]
by icelandia | 2014-04-25 22:08 | News | Comments(0)
4月のアイスランド、晴天の絶景を眺めながらレイキャヴィク郊外へ
 現在ICELANDiaの小倉は、2008年ソトコトの特集の取材で訪れたソルヘイマルという共生コミュニティでまったりしていまして、お天気が冴えないこともあり、引きこもって室内に居ます。
 ここにいる間に、ばっちり周囲をハイキングしようと思ったのですが、明日のお天気もイマイチみたいだしなぁ。

 春の晴れ雪とでも言うのでしょうか。無風で天気は悪くなく、なのに雪がバサっと降ったり止んだりの天気が2日間ほど続いていました。ギェ〜雪だ!というのではなく、確かに結構どっさり降りますが、すぐに溶けるし、風もほとんど無いため、温水プールに入りながら雪を感じるという、かなり贅沢なこともやりました。

 さてさて、『残響のテロル』のレコーディング終了後、私は旅に出ました(アイスランドに来るだけで充分に旅なんですが)。
 最近ずっとあまり郊外に来ていなかったので、リサーチを兼ねて一週間ほどレイキャヴィクを離れることにしました。
 郊外に出た日がたまたますごく天気がよく、道中が絶景で素晴らしかったので、お裾分けしたくブログ記事にしますね。私は今回iPad miniしか写真を撮影できるものを持っておらず、iPad miniの写真で、どれだけ雰囲気を分かっていただけるでしょうか。

 まずはピカンピカンのお天気で、朝食時の日差しはこんな感じ。暑くてTシャツになりたいほどでした。
c0003620_6225953.jpg

 そして次の宿泊先のホテルにお願いしてピックアップしてもらい(私、車の運転できないんです・・・)、いざ郊外へ。昨日まで、スタジオに通うために通った道も、別の道かと思うほど山がクッキリ。
c0003620_6221698.jpg

 少し走ると視界が開け、雪解けのぶちまだらの景色が広がります。
c0003620_6221566.jpg

 もっと走ると、内陸部になるせいか一面の雪景色になるところも。
c0003620_6232623.jpg

 そして湖の近くまで来ると、対岸の山が見えてきて、これまたきれい。
c0003620_6233463.jpg

 ドドーンとこんなパノラマの景色が広がり続けます。
c0003620_6232136.jpg

 そして私はものすごく素敵なホテルに到着。このホテルについては後日しっかりとレポート予定です。で、情報筋によれば私が宿泊する隣の部屋に、なんとタランティーノ監督が宿泊しているということで、どこかで会わないかと思っていましたが、会いませんでした(お粗末)。
 お恥ずかしいことにタランティーノ監督の名前は聞いたことがあっても、何の映画を監督したのか知らなかったため、情報筋から情報を得て、急いでググった次第です。とりあえず『キルビル』は見ていました・・・。

 本当は到着翌日に周囲の観光をしようと思っていましたが、どうやら翌日は天気が崩れるようなので、到着当日周囲の探求をしようかとフロントデスクに相談すると、さきほど私をレイキャヴィクからホテルまで連れてきてくれた、素敵な男性がまたまたお相手してくれるとのことでした。いいじゃん(笑)。

 で、こちらがその男性。22歳の彼はヒップホップやラップが好きなのだそう。グループ名を教えてくれたけど、ぜ〜〜んぜんわからないし、アイスランドじゃなくてアメリカのインディーズだそう。なかなかコアだ。手強いわ(笑)。
c0003620_6233474.jpg

 ホテル関係で運転をしていると、ひたすらレイキャヴィクとホテルの往復が多く、別の場所を走れるというので、なんか自分も楽しんでいたみたいでした。その証拠に(?)、「湖の岸まで降りてみる?この先のゲート、この前来た時はゲートが壊れてたから、もっと先まで行けたんだよ」って、そんなところ普通連れていかないだろう(笑)。でも私、そーゆーの好きですから。
 結局そのゲートは修理されて無断侵入できなかったため、近くに止めてから結構な小高い山を下りて岸まで行きました。誰も居なくて、静かで、いいところでしたよ。
c0003620_624770.jpg

 その後、ずいぶんととアドベンチャラスな遠回りをして、以前取材で中に入った水力発電所の方まで行き、引き続きとても素敵な景色に出逢いました。
c0003620_624299.jpg

かわいいお兄さんが撮ってくれた写真をどーぞ。夕方だし日陰だったから暗いですね。それにしても私、年取ったなぁ・・・。
c0003620_624348.jpg

 雲と光線がとても幻想的でした。
c0003620_792070.jpg

 そこらへんで時間が来てホテルに帰宅。これはホテルの私の部屋からの景色。さすがお隣にタランティーノ監督がいらっしゃるだけある?!
c0003620_6244031.jpg

 この続きはまた後日。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




次回のアイスランド・エアウエイブス・ツアー
説明会は4月30日(水)
c0003620_23452794.jpg





 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by icelandia | 2014-04-19 00:19 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(3)
ICELANDiaの小倉がアイスランドでヒャルタリンのPVに出演!!
 速報です!ICELANDiaの小倉が、遂にアイスランド・アーティストのPVに出演!

 なんとアイスランド滞在中に私が大好きなグループ、ヒャルタリン(Hjaltalin)のビデオ撮影があり、マネージャー氏から「日本人女性に出てもらいたいんだけど、興味ある?」とのことで、友情出演しちゃいました!
  昼間は仕事があるため、「夜遅くでいいなら」ということで、私の分の撮影は夜9時半頃にしてもらいました。役どころは「落ちぶれて、悲しげに飲んだくれる女」(笑)。

 昔風のヨレヨレのTシャツに着替えたのはいいのですが、体型がスッキリしすぎていて、うらぶれた、落ちぶれた感がないせいか、「Tシャツのままだとかっこよすぎるから、コートを着てくれない?」ということで、ブカブカのコートを着せられました。

 未だにPVのコンセプトをよく理解していませんが、アイスランドの昔の冴えないテレビ番組と、現代の落ちぶれた人々を交互に出して行くような感じのもので、撮影現場にはリード・ヴォーカリストのホグニもいました。
 私とホグニは結構ニアミスが多いけれど、実は一度も話したことがなくて、ちょっと戦々恐々だったのですが、話しかけると意外にもフレンドリー。
 「ビデオに出てくれて有り難う」ということで、これが撮影現場での記念ショット。暗いのでiPadではこんなものが限界、みたいな写真で失礼します。
c0003620_9302365.png

 で、この低予算かつ撮影後一週間で出来ちゃったPVの曲は『Letter To […]』で、彼らの最新アルバム『Enter 4』に収録(ショップになくてすいません、仕入れておきます・・・)。
 ということで、ぜひ私の飲んだくれぶり(ほとんど地ですがw)をご覧ください。

 
***

大人気!アイス”ンド・エアウエイブス&オーロラツアー説明会
説明会日時:
 4月30日(水)19時半~20時半
 5月17日(土)16時~17時
 5月28日(水)19時半~20時半

ツアーチラシPDF (547k)
http://alljos.com/tours/IcelandAirwavesTour2014.pdf 

*場所 :(株)ツムラーレコーポレーション会議室
 〒105-0014  東京都港区芝1-7-17 住友不動産芝ビル3号館3階 地図
   最寄駅:「浜松町駅」金杉橋口 (JR、東京モノレール) 徒歩7分
      「大門駅」 A1出口 (都営大江戸線、浅草線) 徒歩7分
      「芝公園駅」 A1出口 (都営三田線) 徒歩10分

※お申込み方法(メール)
お名前とメールアドレス、参加希望日、参加人数、緊急連絡先電話番号を明記の上、iceland.airwaves.jpn(@)gmail.com までメールをお送りください。参加確認をご返信致します。ツアーの内容についての質問等もこのアドレスで受け付けています。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




次回のアイスランド・エアウエイブス・ツアー
説明会は4月30日(水)
c0003620_23452794.jpg





 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by icelandia | 2014-04-18 10:14 | News | Comments(0)
層の厚さを見せつけるアイスランドの新人発掘コンテストMusiktilnauir
 今回ICELANDiaの小倉は4月1日、つまりエイプリルフールからアイスランドに来ていまして、「残響のテロル」の音楽制作に関わらせていただく前後に、自分の興味も満たしています。
 そのひとつはアイスランドの新人発掘バンドコンテスト「Musiktilnauir (音楽実験)」を見ることで、ラッキーにも到着して翌日にセミ・ファイナル、数日後にファイナルがありました。なので、ファイナルをここにお届けしますね。

 会場はハルパのコンサートホール。オーロラ(ノルヅリョウス)と命名されたハルパ内のホールに椅子が置かれ、さすがファイナルだけあり、セミ・ファイナルよりもずっと多くの人が来ていました。

 開演は午後5時から。出演は10組で、持ち時間なのか曲数なのかわかりませんが、どうやら一組3曲のようでした。出場の権利は25歳までのアマチュアのミュージシャンです。このコンテスト出身のアーティストは少なくなく、一番有名なのはやはりオブ・モンスターズ・アンド・メンでしょうか。日本でもじわじわと人気がでているサマリスもそうですし、オーラヴル・アルナルズのヴォーカリストとして来日したアルノル・ダンも、このバンド・コンテストの優勝者であるエージェント・フレスコのメンバーです。優勝しなかったけれど、このコンテストをきっかけに頭角を現したバンドは数知れずで、例えばパスカル・ピノンやレトロ・ステフソンもこの仲間。
 シガーロスではありませんが、ヨンシーもこのバンドコンテストに出演したことがありました。
 アイスランド音楽シーンにとって非常に大切なコンテストであり、このコンテストを語らずに音楽シーンも語れないので、いつかはぜひと思っていたのです。

 まず最初に出てきたのは昨年の優勝者、VOKです。現在は3人組ですが、コンテスト出場時は2人組。去年11月に私のアイスランド・エアウエイブス・ツアーの打ち上げギグをやってもらったことは記憶に新しいところです。今回の演奏は新曲から始まりました。半年の間に、かなり経験を積み、それが身になってきたようで、堂に入ったパフォーマンスでした。
c0003620_931320.jpg

 そしてお待ちかねのコンテスト。以下、出場順にいきましょう。同じような写真ばかりで失礼。でも、一組写真を出して、他に出さないのも不公平ですものね。

 以下、現場でとっていたメモと、今でも覚えている印象で書きますが、出場バンド全部が、かなり練習を積み、いい演奏をしていたことは間違いありません。セミ・ファイナルは学芸会レベルもいましたが、それは全部ふるい落とされていました。

 トップバッターはKuraka(クーラカ)。セミ・ファイナルの時よりも大きな枝(角?)を頭につけてのギタリスト登場で、時々というか、案外よく出現する、奇妙な感じのバンドです。お遊びバンドなのかと思ったり・・・。レゲエ、スカ調のゆるめのリズムの曲をやったかと思うと、突然叫び初めて、その後はメタル。うーん、うーん、うーん。面白いと思えればいいのかも。
c0003620_933663.jpg

 Vio(ヴィオ)は3人組。たぶん歌っている子がソングライターのグループでしょう。演奏はシャープだし、曲の構成もしっかり。このシンガーソングライターの男子がどれだけ伸びるかが勝負。私は好きでしたし、セミ・ファイナルの時は一着で投票しました。
c0003620_934043.jpg

 Confliction(コンフリクション)はパワー全開。叫びまくり。曲もとにかく押しまくりのグループ。それだけといえばそれだけだけど、メロディは若干あったかな。どこまでが音楽性なのか良く分からないのですが、まぁそういうグループです。とりあえずパワーに関しては圧倒的なものはありました。
c0003620_934079.jpg

 Toneron(テネロン)はヴォーカルがサックスも演奏し、あとはドラムスという変則的な編成の二人組。バックトラックは電子楽器。ヴォーカルの音程が不安定なのと、なんかどこかちょっと物足りない風で、それで終わった感じです。
c0003620_9103613.jpg

 Lucy in Blue(ルーシー・イン・ブルー)はちょっと出来すぎだったかな。一番普通にかっこよく聴けるグループでした。特筆すべき点がいくつかあり、まずはギター・ソロがかっけ〜。アイスランドでなかなか聴けるギターソロをやる人がいなくて、そこらへんがエポックのフィールドですが、そこにスンナリはまる逸材。その上、このギタリストがヴォーカル上手!それも低音がとても魅力的。うっひょ〜。次に特筆すべきはキーボード。ジャズ的な要素も取り入れた、これも結構かっこいいソロを聴かせてくれました。で、キーボードはギタリストほどではないものの、キチンと歌えたし、ギタリストとキーボード担当でハモれるのも魅力。この日初めてここでハーモニーを聴きました。
 ここまでキチンと聴けると逆に困るのは、ちょっと出来すぎかなということ。すごく長い曲をやっていて、ギターソロとキーボード・ソロ、そしてヴォーカルにハーモニーなんだけど、どうしてもクラプトン(デレクという突っ込み無しね)のレイラを思い出してしまって、あの路線を狙いすぎてる気配。でも、非常によかった。私としてはイチ押し。
c0003620_911560.jpg

 ここで休憩です。私の中では最後のルーシーが一着。揺るぎなく一着。
c0003620_9114036.jpg

トイレに行く途中の景色。
c0003620_911399.jpg

 休憩後のトップバッターはTuttugu(トゥッツグ)。男女ヴォーカルとDJ。普通にいいし、ユニットとしても分かりやすい。発展性ということでは、さっきのグループにはかなわないけど。
c0003620_9122746.jpg

 Milkhouse(ミルクハウス)という5人組は、どうやらヴォーカルをとっている女子が中心になっているようで、彼女はキーボードを演奏して歌ったり、最後はハンドマイクでヴォーカリストとしてステージを務めていました。自分のヴォーカル・スタイルを持とうとしている姿勢はとてもよかった。発展途上だけど、この女子がどこまでがんばれるかですね。
 個性、独自性ということでは、非常にいいと思いました。うまいとか、どこまで聞けるかってところまでは到達してないけど。私は好きだった。
c0003620_9134716.jpg

 Ring of Gyges(リング・オブ・ギゲス)は、最初ごく普通のバンドで、演奏が普通過ぎてどーなのと思っていたら、突然豹変して、雄叫びをあげるメタルに変身!なにせヴァイキングの国なので、雄叫び系のパワーはすごいです。嫌いじゃないし、演奏のさわりの普通のロックポップみたいなのよりも、雄叫び系の方がいい。
c0003620_9232030.jpg

 Bad news(バッド・ニュース) は平均年齢めちゃ低そう。かつてのパンク・ムーブメントの名残みたいな感じで、私は好きでした。ポップとオルタナの中間あたりの演奏が心地いいし、ヴォーカルが上手。ハモれるし聞きやすい。普通と言ってしまうと普通だけど、断然楽しく聞けて、このまま使えるバンドでした。
c0003620_9143324.jpg

 Captain Syrup(キャプテン・シラップ) いろんな楽器ありで楽しいバンド。アイスランド的なお遊びバンドとも言えそう。ベースのチョップがなかなかいかしていて、がんばって練習すればもっとやれそうな気配。ポテンシャルとしては悪くないけれど、現時点ではこのベーシスト以外どうなんでしょうか・・・。
c0003620_915090.jpg

 これでファイナルの演奏は終わりです。審査員の意見と、一般投票も加味されるようで、セミ・ファイナルは紙に書くバロットがあったけど、今回は携帯でグループに割り振られた番号に電話して投票をする方式でした。私はルーシーに入れた!

 審査員の面々。知り合いわんさか。音楽業界関係者や、先輩バンドの面々ってところです。どうやら審査員はギャラではなく、スポンサーからのお食事券とか、そういういのがご褒美だった気配(当方アイスランド語わからないので、解釈が間違っている可能性大)。
c0003620_9253446.jpg

 表彰はよくある音楽賞と同じで、各部門と優勝から第三位までがありました。で、どうやらヴォーカリスト賞なのかな(?)ヨンシーがプレゼンターとして現れました。びっくり!
c0003620_925509.jpg

 バンド・コンテストの結果は、第三位がコンフリクション、第二位がルーシー・イン・ブルー、そして第一位がヴィオでした。過去のバンド・コンテストの優勝者を考えるとヴィオは異色。でも、異色だからこそ選ばれたのかもしれません。音楽的な発展性としては、たぶん誰が聞いてもルーシーだし、キーボードとギターとヴォーカルが揃って才能ありそうなので、グループとしての期待度は高いです。
 ヴィオは私もセミ・ファイナルの時に一着にしたくらいなので、意外だったけど、意義はないです。セミ・ファイナルではもうひとつ好きなバンドがあったけれど、あれは出来すぎていて、発展性と、このコンテストの趣旨である「実験性」に欠けるかなというのがありました。

 そんな訳で、やっとこのバンド・コンテストを見る事ができてとても満足。レベルの高い演奏と、自分達なりの音楽性、個性を出そうと試みている若者が多いことに感銘を受けました。
 セミ・ファイナルのことはブログにしませんが、そこでふるい落とされた中にも、私はとっても好きになったグループが数組いるので、今年のアイスランド・エアウエイブスで見つけたら、ぜひ聞きたいと思っています。

 レイキャヴィクでは小規模な音楽フェスのようなことを時々やっていますが(5月のMusic Messとか)、それよりも、たぶんこのバンド・コンテストの方が面白いです。セットチェンジも素早いし、ギュギュっと濃縮してあれこれ見聞きできるし、何よりも出演者が本当に一生懸命で、ものすごく見ていて気持ちが良く、全員を応援したくなっちゃいます。いえ、全員本当に応援していました。

 今回の出場者の中から、将来必ず話題になってくるアーティストが出現することでしょう。ホント、いい体験をさせてもらいました。出場者、そしてこのコンテストを運営している関係者に感謝です!Special thanks to Ólafur Páll Gunnarsson who let me see this wonderful contest.

***

大人気!アイス”ンド・エアウエイブス&オーロラツアー説明会
説明会日時:
 4月30日(水)19時半~20時半
 5月17日(土)16時~17時
 5月28日(水)19時半~20時半

ツアーチラシPDF (547k)
http://alljos.com/tours/IcelandAirwavesTour2014.pdf 

*場所 :(株)ツムラーレコーポレーション会議室
 〒105-0014  東京都港区芝1-7-17 住友不動産芝ビル3号館3階 地図
   最寄駅:「浜松町駅」金杉橋口 (JR、東京モノレール) 徒歩7分
      「大門駅」 A1出口 (都営大江戸線、浅草線) 徒歩7分
      「芝公園駅」 A1出口 (都営三田線) 徒歩10分

※お申込み方法(メール)
お名前とメールアドレス、参加希望日、参加人数、緊急連絡先電話番号を明記の上、iceland.airwaves.jpn(@)gmail.com までメールをお送りください。参加確認をご返信致します。ツアーの内容についての質問等もこのアドレスで受け付けています。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




次回のアイスランド・エアウエイブス・ツアー
説明会は4月30日(水)
c0003620_23452794.jpg





 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by icelandia | 2014-04-17 07:30 | アイスランドってどんな国? | Comments(0)
ノイタミナ『残響のテロル』の音楽はアイスランド録音!!
 フジテレビのノイタミナ枠で7月から放映になるアニメ『残響のテロル』の音楽はアイスランド録音となりました。ICELANDiaの小倉もレコーディング・コーティネイターとしてお手伝いさせていただきました。素晴らしいサントラになることを期待しています。
 詳細は正式発表待ちですが、ICELANDiaでも情報のお裾分けをしたいと思っています。

残響のテロル公式サイト
http://terror-in-tokyo.com/

残響のテロル twitter
http://twipple.jp/user/zankyono_terror

 正直なところ、私はアニメどころか、もう何年もテレビを滅多に見ませんが(見るのは年に2-3回とか?)これはアイスランド音楽ファンとして注目です!
 ぜひぜひお楽しみに!!
***

大人気!アイスランド・エアウエイブス&オーロラツアー説明会
説明会日時:
 4月30日(水)19時半~20時半
 5月17日(土)16時~17時
 5月28日(水)19時半~20時半

ツアーチラシPDF (547k)
http://alljos.com/tours/IcelandAirwavesTour2014.pdf 

*場所 :(株)ツムラーレコーポレーション会議室
 〒105-0014  東京都港区芝1-7-17 住友不動産芝ビル3号館3階 地図
   最寄駅:「浜松町駅」金杉橋口 (JR、東京モノレール) 徒歩7分
      「大門駅」 A1出口 (都営大江戸線、浅草線) 徒歩7分
      「芝公園駅」 A1出口 (都営三田線) 徒歩10分

※お申込み方法(メール)
お名前とメールアドレス、参加希望日、参加人数、緊急連絡先電話番号を明記の上、iceland.airwaves.jpn(@)gmail.com までメールをお送りください。参加確認をご返信致します。ツアーの内容についての質問等もこのアドレスで受け付けています。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




次回の説明会は4月30日(水) c0003620_23452794.jpg





 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by icelandia | 2014-04-15 01:40 | News | Comments(0)
4月のアイスランド滞在中
ICELANDiaの小倉はエイプリルフールの日からアイスランドに来ています。いえ、ウソじゃなくて本当です。
 こちらに来れば時間はあるだろうと思ったら大間違いで、今週から始まる仕事の前準備でほとんど忙殺されていた感じです。少なくとも心理的には全く余裕なし。
 と言いつつ、自分の中で絶対に逃したくないことは逃してはおらず、念願のアイスランドの新人発掘バンド・コンテストを見る事ができたので、これは必ずブログでキチンと書きますね。
c0003620_7124155.jpg

 まだ落ち着けない状態ですが、なるべくいろいろなことはツイートするようにしているので、ご興味ある方はぜひツイッターのフォローをお願い致します。

小倉悠加のツイッター
@YukaOgura

 鍵付きアカウントからのフォローは、外させていただいていますが、一言「ICELANDiaブログ見た」とかメンションをいただければ、外しません。

 それから、良くも悪くも普通の観光はしていないため(それでも、来週は郊外に出る予定なので、結構観光っぽくなる予定ですが)、観光情報はあまりなくてごめんなさい。一週間くらいの観光というより、少し長めに腰を落ち着けようかという方には、若干御参考になるかも、です。
 とりあえず、アイスランドってどんなところ?っていう興味をお持ちであれば、ぜひツイッターをご覧ください。
 今はアイスランドも春で、こんな感じでお花も咲いています。これは市内に植えられている外来種ですが、郊外に出たらアイスランド特有のちっちゃな花が見られるといいなぁと思っています。
c0003620_715417.jpg

***

アイスランド・エアウエイブス&オーロラツアー説明会
説明会日時:
 4月30日(水)19時半~20時半
 5月17日(土)16時~17時
 5月28日(水)19時半~20時半

ツアーチラシPDF (547k)
http://alljos.com/tours/IcelandAirwavesTour2014.pdf 

*場所 :(株)ツムラーレコーポレーション会議室
 〒105-0014  東京都港区芝1-7-17 住友不動産芝ビル3号館3階 地図
   最寄駅:「浜松町駅」金杉橋口 (JR、東京モノレール) 徒歩7分
      「大門駅」 A1出口 (都営大江戸線、浅草線) 徒歩7分
      「芝公園駅」 A1出口 (都営三田線) 徒歩10分

※お申込み方法(メール)
お名前とメールアドレス、参加希望日、参加人数、緊急連絡先電話番号を明記の上、iceland.airwaves.jpn(@)gmail.com までメールをお送りください。参加確認をご返信致します。ツアーの内容についての質問等もこのアドレスで受け付けています。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




次回の説明会は4月30日(水) c0003620_23452794.jpg





 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by icelandia | 2014-04-07 07:17 | News | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド音楽フェス独自ドキュメンタリー上映会&アイスランド・エアウエイブスツアー説明会6月24日
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム